8月3日4日の祈り合わせについて

2014.08.05.09:00

新暦8月5日

8月3日4日の祈り合わせをありがとうございました。おかげさまで大きな災害を
回避することができました。回避といっても数週間から数か月の先送りですが先
送りをすることができました。然しながらその先送りする為に神の意志で9時の
配信をずらされる事になりました。急な事で皆さまへの連絡の対応が遅れ大変失
礼いたしました。

4日の3時の祈り合わせについてもインタ-ネット状況が良い場所で配信を行った
にもかかわらず、祈りの後のお言葉の部分の配信が放送できていなかったことを
お詫び申しあげます。これも神々の駆け引きの中での事で私達人間にはどうしよ
うもない状況でした。然し3日の祈りをもって神の御心をもって大きな災害を回
避することが出来、対極へのメッセ-ジとなりました。3日4日のお祈りで大きな
災害を回避できましたことに感謝申し上げます。

祈り合わせについて

祈り合せとは、同じ時間に共に願い祈りを行っていただくことによって、私達の
行っている御神事、見えない存在、神々と世の中をよい方向へと進ませるという
働きに対する後押し、エネルギーです。
※補足※
◎同じ時刻を合わせていただく事は、その見えない後押しの大きな力になります。
◎下記理由において、同じ時刻に中継配信が出来ない場合があります。
・予定していた場所が、電波状況が悪く、ネットに繋がらない
・神々の意図により、配信出来る状況でありながら、どうしてもネットに繋がらない

出来るだけ多くの方に願い、祈りいただきたいという事から、ブログ、
メルマガ、フェイスブック等で呼びかけております。その為、この祈りを快く
思わない方や快く思わない見えない存在からその中継配信を妨害される場合
があります。

また、当方の神々からの急な指示により、どうしても配信を遅らせないとならな
い状況が生じる場合があり、当初告知されている時間に中継配信が出来ない場合
があります。

出来るだけメルマガ、ブログ等で時間変更のご連絡をさせていただきますが、祈
りに合わせ場所を移動され、変更が確認出来ない、解らない方もおられるかと思
います。もし時間変更が解らなかった場合、当初決められた時刻に願い祈りいた
だけますようお願い致します。私共の御祭神であります陰陽結大神様が、きちん
と皆様の祈りを繋ぎ結び、後押しとなるよう結んでくださいます。

8月3日(日)祈りの時間をずらした事の意味
合同祈り合わせの日ですが沖縄で昼と夜に久米島と与論島の間で大きな地震があ
り、九州、四国から関東まで繋がるのを避けるための時間をずらすという意味で
した。

久米島と与論島の間で起きることで琉球プレ-ト西側の火山帯を北上し、火山帯
は琵琶湖に中央構造線に沿っては大分、四国、群馬、栃木に、プレ-ト型は南海、
東南海伊豆大島、フィリッピンプレ-ト、太平洋プレ-トに繋がる恐れがありま
した。

午前9時に、又10時にお祈りして頂いた皆さまの祈りは陰陽結びの大神様によっ
て結ばれ、この災害を避けることができました。ありがとうございます。

みろく会
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR