動画掲載~12月6日 赤根より朝日のの祈り合わせ

2014.12.11.14:33

新暦12月11日

いつも真心のお力添えありがとうございます

本日は、12月 6日 沖縄の赤野、上江洲バンタ、二箇所の朝日の祈り合わせの動画と放送内容の書起し
を掲載させていただきます。

尚、本日の3時の祈り合わせ動画配信は、飛行機での移動中の為、配信出来ません。
機内にて祈らせていただきます。
ご了承ください。
こころのかけはし事務局


(以下、「伝えられた言葉」書き起こし)

12月 6日(画像をクリック)
赤野


~赤野にて~

天なるもの 地なるもの 大地なるもの
全ての生きとし生けるもの達に 告げゆく
自然災害 我ぞと思うものなり それを 動かしゆこうとするものなり
そのもの達 淘汰されゆくことを しっかりと 理解しゆくがよい
安心 安定の世の中に於いて
人々の心 緩やかなり 穏やかなりゆくもの これ 大切なるものであり
この心 儘ならぬこと その想い その意識に於いて 混濁 混沌とし
金輪際この地球が 住みゆくことの出来ないものとなりゆくであろう
そのためにも 一致団結し 協力してゆかねばならぬものである
きちんとした理解 きちんとした想い 
そなた達皆にも 様々なる想いがあるであろうが
けれども決して この世を破壊させてはならず 
また この世を 共に生きゆくもの達を守りゆかねばならぬものである
天なるもの 地なるもの 大地なるもの 全てなるもの達を
きちんとした意識の下 統合され そして纏め上げ一つとなりゆくのは 難しいことはよく分かっておる
けれども しかしながらそれでも 今一度しっかりとした団結と その 心合わせ 意識合わせは大切なものとなりゆく
しっかりとした意識の下 集いゆかねばならぬ者達であり 
それを統合し 纏めゆかなけければならず
その纏めゆく長(おさ)として しっかりとしたもの その存在としてゆくならば
創造神 そして 艮光明大神 大国みろくの大神 共に纏め上げゆくものぞ
きちんとした意識をしっかりと皆持ちゆくがよい
淘汰しゆくのではない
また 皆 淘汰されゆくのではない
共存してゆく道をしっかりと見つけゆかば
この星 この世の中こそが 我の皆の天国 皆の共に在りゆく 創造主と共に在りゆく 想像豊かなる楽園と化することが出来る筈なのである
きちんとそれを忘れることなく 進みゆかれよ

安定 安心の中に於いて 政治 経済 これ 揺るがすことならず
皆共に 抑えにかからんとする
そして 共に皆 安定と導きを得ることが出来るよう 人々共に しっかりと
いや人々が 安定 安心の世の中を送りゆくことが出来るよう 生きゆくことが出来るよう働きゆかねばならず
きちんとその安定 安心 揺るぐことが無きよう 落ち着きゆくことが出来るよう
皆の安定となりゆくその価格 その価値 その流れ その定価 その値値(あたいち)まで下げゆくこととする
皆 一厘の真と共に進みゆくがよい
大切な真の心 決して忘れてはならない


12月6日 画像をクリック
上江洲バンタ


~上洲バンタにて~

大地には 兼ね備えられている
自浄作用 
自らで自らを 祓い 清め
清め 祓いゆく力である
人々よ どこへと進みゆこうとしているのか まだ 分からないのか
自分達が どこに歩みゆこうとしているのか まだ 分からないのか
人々よ 今 何を為さねばならぬのか 分からないのか
未来は 自分達の手で 創り上げてゆくもの
だからと言って 最初から ゼロから 全てこの世の中を造りゆくことは どれだけの年月をかけても難しいものである
善き流れへと 改善 改良し 変えてゆくことこそが 更なる善き未来を迎えゆくことにも繋がるであろう
善き方向へと変えゆくためにも 問題となっている箇所に対し しっかりと 目を向け そこを改善してゆくことは大切である
が しかし 歴代の歴史の中において 学び そしてそれをしっかりと理解し その経験から蓄積されてきたもの
揺るがないもの 守らなければならぬ事に対しては 決して手を入れてはならない
平和であるとゆうこと 共に共存しゆく 守りゆかねばならぬとゆうこと
共に手を取り 助け合いながら生きゆかねばならぬとゆうこと
共に助け合いながら 成長してゆかなければならぬとゆうこと
争いから 生まれるものは何もない
しかしながら 歴史の中で争ったその 戦争 戦 争いの中から 学んできた事は多い筈である
同じ事を二度と繰り返すことが無きようにするためにも 戦争から学んだことは しっかりと 理解してゆかなければならない
同じ轍を 二度と踏んではならない
争いの先に来るものは何もない
憎しみ 悲しみ 絶望と後悔である
決してこれを繰り返してはならない
戦 争いは 決して 起こしてはならない

政治も 経済も 人々が 心安く 安定してゆくためにも 欠かせないものであることは 十分理解している
しかしながらそれを 面白く また 自分達の私利私欲のために動かしているものがいることも 十分 分かっている
それならばどの様にしてゆけばよいのか
その 心無いもの達が少しでも 少なくなること
少しでも 皆のことを考えて動くことが出来るように心を変えてゆくこと 意識を向き交わせゆくことは 大切である
この働きは 人々の関わりからも出来ゆくものである
無論 見えぬもの達との働きも関わりゆくものである
双方からの意識がなければ 変えゆくことは難しい
善き 善き心を持つことが出来るように
慈悲 慈愛の心を持てることが出来るように 慈しみの心が持てるように
人々の心の変化は 大切なものとなりゆく
人々の心の変化は 世の中の変化へとも 変わりゆく
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR