5月19日から6月2日までの御神事について

2015.05.08.17:45

5月19日から6月2日にかけて沖縄で行います御神事をお伝えいたします。
これは、2000年から2001年にかけて、9・11を抑える為に、東と南の争いを西で治めるという啓示があり、その御神事を行った事があります。今回は、東と西の争いを南で治める。日本(東)とアジア近隣諸国(西)の争いを沖縄で治めるという啓示の意味から行います。6月2日の御神事までこの内容の祈りは続き、大きな戦をおさめる御神事であるとともに、自然の動きの調整を行う御神事でもあります。
下記は、各日付毎の訪れる聖地と御神事の意味になります。

その時間共に祈りいただけます方は、どうか、祈りいただけますようお願いいたします。

5月19日(火)安田ヶ島にての御神事
関東と奈良での歯車の仕組みをしっかりと回して行く為に 安田ヶ島の竜宮城にて
後押しをしていただきますようにと御神事を行います。

5月20日(水)
沖縄の東西の歯車の場所である 西の白龍・黒龍・東の金武湾の歯車の聖地にて
御神事を行います。

5月21日(木)沖縄の西にて船の御神事(チービシ)
※政治経済と自然災害に対しての御神事になります。
皆さまへの祈り合わせの呼び掛けを行います。
西日本火山帯・沖縄トラフが動き琉球海溝に繋がらないように。南海トラフが動き琉球海溝に繋がる事がなきように杭打ちをする為の御神事になります。
 
5月28日(木)陰陽祭
当日は皆さまに祈り合わせの呼び掛けを行います。
時間と奏上していただきたい祝詞は改めてご連絡致します。
5月24日(日) 9:00より 陰陽祭を前に御宮周辺の聖地の草刈作業を行いたいと思います
ご協力して頂けますようお願い申し上げます。

陰陽祭とはこの日は、当神社の御神体でもあります陰陽石が、掘り起こされた日です。1952年に比嘉ハツが、「この世をすくう宝」という啓示を受けたことから、啓示で指示された場所を、東西南北囲み、三尺三寸堀りました。この時掘り出されたのが、大国みろく大社のご神体であります陰陽石です。

5月31日(日)沖縄のお宮の聖地にての御神事(東西南北と中心を結ぶ)
朝日が東の歯車となり 昼(13時)が結び 日の入りが西の歯車となります。
当日は皆さまに 祈り合わせの呼び掛けを行います。

※※これまでの動画配信です。良丸氏のお話も入っています。どうぞご覧ください※※

2015/05/03 合同祈り合わせsyousai.jpg

2015/05/04 3時の祈り合わせsyousai.jpg

2015/05/05 3時の祈り合わせsyousai.jpg

2015/05/06 3時の祈り合わせsyousai.jpg
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR