こころのかけはし祈りの和~現在の状況について

2015.10.08.10:32

新暦10月8日(旧暦8月26日 丁 巳 先負)

皆様 日々の祈り合わせに誠真心をおよせいただきありがとうございます。
本日は、比嘉御夫妻の現在のまでの行程とこれからの予定、
10月5日3時の祈り合わせで伝えられたお言葉を紹介させて頂きます
こころのかけはし 事務局
*********************************************************************************************
いつも真心のお力添えありがとうござます
大国ミロク大社の比嘉良丸です
10月に入ってから東北での地震が多く、宮城県沖だけで震度1~3の間ですが、
10月3日:1回/4日:3回/5日:1回/6日:4回/7日:2回と
頻繁に起きております

今回、東海第二原発に行く前に、女川原発に行った方が良いのではないかと
神々と相談しておりましたが 
東海第二原発の朝日に合わせて動くようにと強い支持を受け、
そのように致しました。
東海第二原発にて朝日の御神事を行い、その後、大洗・千葉の犬吠埼、
九十九里浜、野島岬、海ほたると
御神事をしながら移動しました。城ヶ島までは、体力も限界にきており
行くことが出来ませんでした。
妻と合流し、御神事を行い、6日の晩は、一旦宿を取りましたが、
結局、一晩中神とのやり取りとなりました。

何故なら、先ほど書きました、宮城県で地震が群発して起きていることに
私自身不安を取り除くことが出来ず、妻も合流した事ですので
女川に行った方が良いのではないかと思い、そのことを神々に打診しました。
すると、東海から東南海に向けての御神事を伝えた指示通りに動けという
返答が返ってきました。
野島岬・海ほたる・城ヶ島・真鶴・熱海・下田・石廊崎・堂ヶ島・富士川河口・
三保の松原・御前崎・浜岡原発・
天竜川河口・渥美半島伊良湖のルートを行えと強く伝えられてきました

しかし、どうしても宮城県が心配だという事を伝えたところ、では、
お前は宮城まで行ったら北海道まで足を延ばすことが
出来るのかと聞かれました。
北海道まで足を伸ばして、10日には奈良に戻るという事は
可能なのか問われました。
10月中旬には、何かが起きる可能性が高いと伝えられておる。
根室や釧路、襟裳、有珠山辺りで動く事が連鎖となり、泊原発が大爆発すると
啓示で伝えられているのは忘れたのか。
肉体が一つしかないのに奈良と北海道と同時に出来るのか。
今回我らが、台風等の形で清め改めを行おうとしている。と伝えてきました。
これに対して私は、茨城・常総では、あれだけの被害が起き、
その被害が収まっていないのに台風の清めの働きが動くと、
人間の希望の心を折ってしまいます。
北海道は、きちんと行きますので、清めをあまり強いものと
ならないようにと願いました。
すると、本当に、緩やかなる動きにして、それで今抱えている自然災害の回避
、先送りと政治の混乱、経済の混乱の回避し、
善きものにするという事が出来るのか。
事前に台風の動きというのは予測がつき解るのであるから、
自らの命、大切なものを守る、
防災という事を行う事で被害を小さくすることが出来るであろう。
今の形では出来ないのでやり直しを伝えられたのに忘れたのか。
つべこべ言わず、指示した場所を動け、と神からたしなめられました。
その為、女川原発は、断念し、伝えられている東海、東南海、南海地方、
四国と残りの西日本の全体の動きを先に行う事となりました。

さて、北海道には18日の大阪の勉強会が終わった後、
19日は病院で、その後、向かう事になります。
北海道を一周し、本州に戻り東日本を太平洋側から時計回りに一周し日本海側、
竜飛岬へと上がる御神事になります。

神々より、台風という形で自然災害や人災、政治経済の混乱などの要因を、
まず先送りしておくから、今言われていることを行いなさいと、
改めて強く指示され、その通りに行動御神事しておりますが、
宮城県沖の地震の群発が大変心配なので、
私たちは毎日の祈りの際に、無事を祈っております。
皆様には、どうか共に平穏・平安・安定の祈り合わせに
参加していただけますようにお願い致します。
呼びかけました時間に、いる場所からでかまいませんので、
どうか、お力添えいただけますようお願いいたします。
ご支援、ご協力を頂けますようお願い申し上げます。

走行距離
東海第2原発 ~ 千葉県犬吠埼 100 Km 2時間21分
千葉県犬吠埼 ~ 九十九里浜  49.9 Km 1時間12分
九十九里浜 ~ 野島岬       107 Km 2時間30分
野島岬 ~ 海ほたる(東京アクアライン)  163Km 4時間 6分
海ほたる ~ 神奈川県城ケ島  82.8 Km 2時間40分
城ケ崎 ~ 静岡県錦ヶ浦     89.2 Km 2時間54分
錦ヶ浦 ~ 静岡県石廊崎     87.7 Km 2時間16分
石廊先 ~ 富士川河口      112 Km 3時間 2分
富士川河口 ~ 静岡県御前崎 99.1 Km  1時間57分
御前崎 ~ 浜岡原発       11Km       19分
浜岡原発 ~ 静岡県天竜川河口 35.2Km   52分
天竜川河口 ~ 愛知県伊良湖 80.1Km 1時間40分

総走行距離  927.8Km

10月8日地図


比嘉良丸
比嘉りか

10月5日 3時の祈りのお言葉

今は正に 正念場の時 
善き未来へと願い 祈る 人 未来 決して忘れることなく 進みゆかれよ
きちんとした 日々の暮らし 歩みなれば 
人の子の 日常 当たり前のように 思えるその日常が 大切なことである
それを 決して忘れることなく 歩みゆかれよ
それが 今を以てしても 分からないとゆうのであるならば 人々は 自らにおいて それを知るための 
恐ろしき状況へと 進みゆかなければなるまい
けれどもそれは 人のみならず 多くの生きとし生けるものをも 巻き込み しいては 地球をも 巻き込み 
混乱を 招きゆくものとなるのだ

これには 傍観視するものはなく もれなく皆 巻き込まれゆくことに繋がるであろう
人々よ 善き未来へと 進みゆくにあたり 大切な物事が 何であるのかは 決して忘れてはいけない
しっかりと 物事に 目の前にあるものや うわべだけのもの
それらに 踊らされることなく 真髄 真偽を しっかりと見極めることは大切である
惑わされることなきように 本来 一体 何故そのようなことが起きたのか 
その真偽 真髄は 理解 知らなければいけない

よいか 善き未来へと 進みゆく道のりを 
生きとし生けるものと共に 歩みゆく未来を 決して忘れてはいけない
そこから離れた後に 人々は まるで浮き草のように 方々へと 根無し草のように 漂いゆく
掴まる所も 根を下ろす所もない場所 そのような世の中 そのような未来に ならないためにも
目指す未来へ向かうための 今を準備すること 大切であろう

人の子らよ
自尊心 プライド
それらに 流されることなきように
謙虚さと 慎ましやかなるその心 精神 意識は
しっかりとした土台と 希望を作りゆくものでもある

今日が 学びであろう
人の子らは 生涯 学びであろう
善き未来を 見失うことなく しっかりと 進みゆかれよ



情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR