こころのかけはし祈りの和~現在の状況とこれからの行程について

2015.10.27.09:00

いつもお力添えいただきまして、ありがとうございます
大国ミロク大社の比嘉良丸です
9月13日に本州に上がり、14日の0時から移動を開始し御神事をはじめまして、北は北海道から本州、四国、南は九州まで、関東 東京、奈良を中心に
日本列島を、今、巡っております。
10月27日の満月の御神事を、私 比嘉良丸は富士山麓から、妻 りかは我が宮の祭壇前から、日の出、正中、日の入り、夜、と4回の御神事を行います。

今、世界中で戦争へと流れる負の連鎖が起こっております。
その負の連鎖に政治経済の混乱、自然災害の動き、意図的自然災害の動き等が連鎖の中に組み込まれてしまい、政治経済 及び自然災害のどのような動きが起こっても第3次世界大戦を引き起こす負の連鎖の要因になります。
それらの動きを、負の連鎖を断ち切る為、今現在御神事を、私 比嘉良丸と妻りかとで日本列島を祈りながら、まず自然災害の完全回避、鎮魂の御神事、政治の混乱の回避、経済の混乱の回避、そして感染病、伝染病の広がりの回避、戦争へと流れるすべての負の連鎖の断ち切り、戦争を完全回避する御神事を行っております。

まず、10月27日の満月の御神事は、いかなる負の連鎖を断ち切り、全ての災いを完全回避になる魔なる物・邪なる物を祓い断ち切り、より分け、そして良きものを繋ぐ、という御神事になります。
27日の御神事が終わりましたら、28日に富士山の麓から浜岡原発に向かい、太平洋側を海岸沿いに北上し青森の大間から北海道の函館に入り、時計回りで北海道を海岸沿いに一周します。
北海道の中心の旭岳、黒岳で御神事を行い、また海岸沿いを通って函館に行きフェリーで青森に渡り、津軽 竜飛岬から日本海側を南下していきます。
石川県能登半島の先端を始め、京都 舞鶴まで行きます。
舞鶴から京都、大阪までの御神事を11月12日まで行い、その後、13日に沖縄へ戻ります。

今回、自動車を修理に出す予定でしたが、このまま続行いたします。
これまでの9月からの御神事は、大きな自然の動き、前震となる地震を先送り、分散分割として、なんとかしのぎきっております。
その事については、改めて地図と地震の場所と照らし合わせてご報告させて頂きます。

そして、11月15日は沖縄の我が宮の艮祭です。
これは、我が宮にて艮光明大神様の封印を解き、この世に改めてあらわれて頂いた復活祭になります。
その為、この日向けての御神事をも改めて行いまして、本当の意味の立て替え立て直しの為の仕組みづくりを行ってゆきます。

今回は、出来る限り動画配信を含めた祈り合わせの呼びかけの呼びかけをしたいと思います。
その際には、メルマガ。ブログにて呼びかけさせていただきます。
どうか多くの方々の祈り合わせの賛同をお願いいたします。
また、ご支援、ご協力を頂けますようお願い申し上げます。


地震一覧表
10月27日

情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR