本日の御神事の行程と3時の祈り合わせの御言葉

2015.12.25.09:15

新暦12月25日(旧暦11月15日 きのと 亥 先勝)

いつも共の願い祈りのお力ありがとうございます
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

昨日12/24日に九州から成田へと戻り、その後、石川県狼煙町能登半島先端禄剛岬へと向かいました。
禄剛岬へは、途中で3時間程仮眠を取り、午前3時30分に着き早朝4時から6時の間を満月の祈りを行います。
20時からも共に御神事を行って下さる神子の方々が各地域から参加され、御神事を行います。
神子の方々は、それぞれの居る場所から、5時30分、12時、20時と行います。
私は、朝、石川県狼煙町能登半島先端、禄剛岬での御神事を行い、千葉県の銚子の犬吠崎で20時に神子の方々と御神事を行う為、犬吠崎へと移動を行いまして、この度の満月の御神事は、日本海側と太平洋側で行います。
今回の北海道、九州、日本海側石川県能登半島先端禄剛岬、千葉県銚子犬吠崎と日本列島東西南北での御神事を行う意味の内容は改めて12/31日大晦日にお宮からお伝えします。
※下記に本日の行程を大まかですが載せてあります。

最後に本日は、12月16日に妻の3時の祈り合わせにて伝えられてきた御言葉を掲載いたします。
命の循環の祝詞の奏上と命の循環の意味を込め水甕の歌を奏上した後に伝えられて来た御言葉の2つを掲載いたします。

本日も真心のお力添えの程をよろしくお願い致します。

比嘉良丸

本日の行程
12月25日 良丸行程

<祝詞奏上後に伝えられた御言葉>
迷いは どこから来るのか
信ずること 見失いし時
確信 見失いし時
未来 見失いし時
希望を 見失いし時
揺れる心 揺れる精神 揺れる考え
揺れ過ぎ 定まらず 決まらず
人はその時に 見失いし時に 不安に煽られ
目指す方向を 見失うことにもなろう
しかし 自らの行動 自らの行い しっかりと努めゆくことにより
人々よ その未来や 展望は きちんと 見て取ることが出来よう
変えることは出来る筈である
自らの行い 行動によって 信ずることの出来る 希望を持つことの出来る未来へと
変えゆくことは 出来る筈である
人がこの世を造っている
共存することが出来るか 出来ないか
これも 人間の 意識や 考えにより 変わりゆく
見る方向を 自然環境へ
見る方向を 多くの生きとし生ける命達へ
見る方向を この星へ 共に生きている命達へ
少し その角度を 変えることにより
共に歩みゆく 命達との未来を 切り開きゆくことが 出来る筈である


<命の循環の意味を込めた歌の奏上後に伝えられてきた御言葉>
願いより 発せられる 力
思いより 発せられる 力
人の子の内側より 溢れ出づる 力
調和と協力 支え合い 導き合い
共に この星の命達と共に 歩みゆくこと叶うように
人は この星の生き物である
皆 この星の 生き物である
皆 命 分かつ 共に 分かち合った 命達である
皆 共存することは 叶う筈である


<*昨日掲載出来なかった12月15日の命の循環の意味を込めた歌の奏上後に伝えられてきた御言葉>
願わくは今 命達と共に 誠 真心の願い 祈りと共に
護りゆこう 進みゆこう 命達の未来を 皆の未来を
生きゆくもの達と共に 進みゆこう


**以上**

ありがとうございました

比嘉良丸
比嘉りか
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR