現在の状況と伝えられた御言葉

2016.11.03.20:20

新暦11月3日(旧暦10月4日 つちのと 丑 先勝)

いつも真心のお力添えありがとうございます
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
昨日は、イスラエルから地中海を移動しておりました。かなり風が強く、波も高い状態、強く波が船体を打ち付ける音が聞こえる航海でした。途中、波のせいでしょうか急患が出たとの事で、陸からヘリコプターが来て患者さんを陸地の病院へ運んだという放送が流れ、少しの間船は止まっておりました。その為、少し陸地に近づきました事もあり揺れは少なくなりました。
現地時間のお昼12時(日本では、夜7時頃)にギリシャに到着しました。今は、昨日とはうって変わっての穏やかな気候となっております。

さて、今日は、昨日2日と本日3日の祈り合わせの際に伝えられました御言葉をお伝えさえていただきます。

****

新暦11月2日(旧暦10月3日 つちのえ 子 赤口)

地中海海上にて時間を合わせて>
伝えられた御言葉

一つ一つの先が見えてくれば
その整理 整えは容易になろう
問題はそこまでに行き着けるかである
辛抱や根気といった
信念が必要になろう
それは 双方におけるもの
双方においての力 働きによって変わる物事である


11月3日(旧暦10月4日 つちのと 丑 先勝)

ギリシャ沖合にて

戦 争いの元種はなんだ
人の心や精神でもあろう
戦 争いの憎しみは 今もなお続いている
平和を壊すも 人間
調和を壊すも 人間
人が心を失う前に 取り戻さねばならぬ
人の心
命達を守り 星を守りゆくための
大切な心 精神を
失わぬように
向き合うは 自分自身
忘れてならぬ この星の子であること
忘れてはならぬ



**以上**

厳しい御言葉が続きますが、誠真心の方が多くいることを神々様にお伝えし、一人一人が善き流れになるよう努めていること等もお伝えしております。

長い歴史のあるこの地域は、古からの人々の争いが、人の心だけではなく、土地や周囲に傷を残しています。

それは、昼夜問わず常に厳しいやり取りが続いる夫のやり取りにもその影響が出ております。
今回の航海上の近隣にあるシリア、イラクといった国々では、テロ国家との戦いが繰り広げられておりますが、これがまた新たなテロ国家を生み出し際限のない泥沼化が続いてゆく状況が伝えられているという事。
来年1月、新しいアメリカ大統領の正式な承認式が終わった後、また、次なる戦争が起きる伝えられているといいます。
アメリカの大統領が就任するたびに新たな戦争が勃発する世の中。今回のテロや中東での混乱の根源の多くは、アメリカにあるといっても過言ではありません。EU諸国とアメリカでの対応が深刻化させ、そこにロシアまで加わり、内容はいい方向に見えても、逆に内面では深刻化していると伝えられているとの事で、このような内容を、昼夜問わず厳しい状況を伝えられ続けております
そして、そこに日本の自然界の動きや、日本でのテロが起きる状況が高まり続けている事も伝えられ続けているといいます。
日本も国内、国外の政府機関、公共機関、民間の企業、観光局も本当に油断できない状況が高まってきているという事。テロをたたけば、たたくほど、日本人の誘拐や身代金のテロの誘拐も増えてくると伝えられると、夫は話してくれまして、このような情報が伝えられ、善き流れとなるようにやり取りしているようです。

私がわかりますのはこれぐらいで、詳しい内容につきましては、まだ、お伝えできないようですが、やり取りが落ち着きましたら、お伝えしたいと思っているようです。


このように各地の神々様達からその教えや状況、内容をお伝えいただけますのも、日本にいては難しいものでございます。こうやってここに来れ、そして御神事が出来ますのも、ご支援くださいます、支えくださいます方様のおかげでございます。本当にありがとうございます。
心から深く感謝申し上げますと共に、善き世となるよう、努めてまいります。
本当にありがとうございます。

明日は、イタリアに戻るため一日航海日となります。また、明後日の下船後は、すぐに帰国の為に飛行機に搭乗となりますので、メルマガやブログのご連絡はできませんが、祈り合わせの時間には、いる場所から共に願い祈り致します。


比嘉良丸
比嘉りか
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR