大統領選挙と今後の未来について

2016.11.11.01:33

新暦11月11日(旧暦10月12日 ひのと 酉 先負)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
本日は、昨日11月10日に放送しました動画を書き起こししていただきまして、その内容に更に補足を加えた文章をお伝えさせていただきます。
お伝えしております内容は、神々様から伝えられております内容でもありますので、動画での話言葉をそのままにしている個所もあります。何卒ご了承いただけます様お願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

****

(良丸氏)
おはようございます。大国ミロク大社の比嘉良丸です。
今日(10日)、これからここ成田より大阪に入りまして、関西の御神事を行って13日に沖縄に戻ります。12日には奈良での打合せと、その後奈良での御神事及び関西近郊での御神事を行います。
6日にイタリア・地中海・アドリア海を渡り4ヶ国を周って御神事を行って参りました。帰国後は、まず関東における自然災害と政治経済の御神事を行い、これから関西の自然災害と政治経済の御神事を行って沖縄に戻ります。15日にわが宮の大祭がありますが、ぎりぎりまで本州、関東・関西で御神事を行って、取り敢えず今の状況を抑えて沖縄に戻って艮金神様を神開きした艮祭、大祭を行います。
今回のアメリカ大統領の選挙結果ですが、実は今年ニューヨークに行った際、色々啓示で伝えられ、先月はワシントンまで行って参りました。今回の状況について、こうなることはかなり啓示で伝えられておりました。昨年本格的な大統領選挙が始まる前までは、クリントンが勝つだろう。トランプ氏が立候補になった時点で、番狂わせもあるがこのまま彼が大統領選挙に勝利するようなことがあると大変な状況になるという啓示が、トランプ氏が大統領選挙の共和党の代表になる前まで、昨年まではそう伝えられておりました。
しかし、今年の御神事でニューヨーク、そしてワシントン、ロシア、中国、韓国、台湾など数か国で行う中、月が経つにつれて伝えられてくる状況がかなり異なってきました。特にそれは今年からです。そして、どう説明したらよいのかわかりませんが、先だってのワシントンでの御神事の際には、クリントン女史がいいとかトランプ氏がいいという内容の祈りは一切出来ない、させてもらえませんでした。
以前のワシントン、今年のロシア・サンクトペテルブルグ、モスクワ、そして先だってのワシントンと御神事でまわった際、教えられた啓示があります。クリントン女史が大統領選出になると来年2017年の3月か4月に新たな国際情勢の中で、新たな紛争から戦争へ大きく広がる。これも中東・アフリカ、そしてそこにはヨーロッパまで巻き込んでのとんでもない状況に、どんどんどんどん深みに嵌って行くと啓示がありました。最初からいきなり大きな戦争にはなりませんが、今回のシリア・イラクのテロとの戦いの延長からアフリカ諸国の中での民族紛争、宗教、そしてテロ。それらがどんどんどんどん泥沼化してくと伝えられました。今、ISというテロ国家を消滅にするために有志連合という形でかなり大々的に勝利しているように見えますが、それは消滅しているのではなく、逆に表に出ないよう内に潜り、ヨーロッパへ難民として難民に混ざりテロ組織の人達がヨーロッパ全体へ移動し、テロ行為や事件を起こし始める。そして、これまでおとなしくしてるイスラエルなども含む、他のアラブ諸国、サウジアラビアやアラブ首長国連邦、エジプト、アフリカ等のイスラム教国家、ユダヤ教国家、キリスト教国家の中でもかなり問題化し、かなり深刻な状況に陥って行くということを伝えられました。難民の救済に対する自国の税金や国内の雇用といった、現在のアメリカが抱えている問題と同じような事がヨーロッパ、中東に広がり、深刻化する。
そのような中、クリントン女史が大統領になった場合、アメリカ国内での不満、混乱も大きくなり、クリントン女史が大統領として様々に政策方針を変え、結局トランプ氏とそんなに変わらない経済、国際情勢、政治の方向へ変わっていく。それはアメリカ国内の世論の風当たりに方向変換をしなければ、国内を維持してゆけないという状況に追い込まれアメリカ全体の動きが国際情勢をもっと複雑に悪化させてくということを伝えられておりました。
だからと言ってトランプ氏が本当に良いのかということ、それはまた別でございます。
見せられたビジョンの方は、クリントン女史の方が大統領になると、確実に世界は悪い方向へ流れてしまう。逆にトランプ氏の方が間違って勝ったらいい方向へとは言わずとも、今の流れを変える起爆剤となり、2020年、2021年あたりから次のアメリカ大統領や他の国の次の首相達の方向性が、この世界の情勢を修正し善き方向へ持って行く流れが出来る可能性も高いということも見せられておりました。
しかし、今回心配な事があります。イギリスのEU離脱、フィリピンの大統領の過激な行動発言・行動等、世界中のリーダー達がこれまでにない動き、決断と実践を伴った政治を行い始めております。それが確実に自分の国を守る、自分の身だけといった、国を、自分だけを守る、外からブロックするという方向性へどんどん進む流れがあり、そう伝えられております。今後、国の対立ではなく、民族、宗教の対立の悪化を伝えられております。宗教の教えからの調和ではなく、自分の信じる宗教や自分の民族などを中心に偏った意識が強くなっていくと伝えられております。 
トランプ氏の大統領就任は、実際にその部分に拍車がかかる可能性も凄く高く、恐い面が今後にあります。しかしこれはトランプ氏の発言やアメリカだけの問題ではなく、世界中でそういった流れが起きているということです。日本でも先だって、沖縄北部でのヘリパッド反対派に対し土人発言がありましたが、それに対しての対応はきちんとしたものではありませんでした。このような事が今起きるということは、今後の流れとして差別的な意識が広まるという事やたった一言が思わぬ波紋を呼び、大きな問題になってゆくという事を、世界、そしてここ日本でも起こりうることが示唆されています。

先だってのワシントンでの御神事の際に実際に伝えられてきたのは、誰が勝つとか、誰がいいというのではなく、ただただ善き方向へというお祈りをする事。大統領選の結果が出たらそれに基づきその後の御神事を組み立て行ってゆく事が重要だということを言われておりました。
今回のアメリカ大統領選の結果というのは、それまでアメリカ国民が持っていた感情現れた結果。国際世論や政治、政治的な判断ではなく、自分の身、自分を中心に考えた結果の判断、国民の決断と云う現れになります。もちろんアメリカ国民全体が自分中心の考え方ではありません。しかし、自分の国、自分自身、自分の生活というものを中心に考え、その中でも人種・宗教を強く意識した結果が今回の大統領選の結果に結びついたということになり、この結果を踏まえて、私達としては善き流れを活かしてゆけるようどの様に御神事を行ってゆくのかというのが今後の課題となります。すいません、説明が下手で。
簡単に申し上げますと、クリントン女史が大統領になれば、世界情勢、世論、アメリカ国内の世論の動き、色んなものから確実に大混乱に陥ると言われてたという事。トランプ氏がよいかというとそれは本当に危ない賭けであるという事。余計悪くなるかもしれませんが、逆にその先、次にいい結果を目指す流れが生まれてくる可能性があるという事です。どう判断していくかは分からない状況の中で、まずアメリカ大統領選挙の結果、アメリカ国民の決断の結果によって、その先を見据えて御神事を組み立ててゆくという形です。

今回この選挙前にイタリア、ギリシャ、トルコ、イスラエルの4ヶ国の御神事でも様々な教え、啓示を受け取って参りまして、一部はブログにも掲載致しました。その前にはロシアや中国へも参りました。その中で教えられてきた流れとしては、アメリカ国民の意識の中、内なるものが出ればトランプ氏が勝つだろうと教えられてもおり、そうなるとそれを見据えた上で、アイスランド、ロシアへ御神事を計画しておりましたが、変更し来年に持ち越すことになりました。
その代り国内の自然の動きも凄く不安な動き、危険な動きをしていることから自然界のバランスを整えるための御神事となりました。自然の動きに関してと同時に日本全国を回り、北は北海道から本州・四国・九州・沖縄琉球まで日本列島を飛び回り、自然の整えと政治経済の混乱を何とか最小限になるようにという御神事を行います。それは政治や経済や防衛、国防といった様々な分野に亘る御神事を、1月・2月・3月辺りまで集中して行うことに変更させていただきました。
11月から12月にかけては中米グァテマラに行きます。それは環太平洋の中での自然の動きでどうしても重要な御神事になります。それは自然界だけではありません。自然の動きによって政治や経済が大きく異なった動き、全く違う流れになり兼ねない可能性もあり、それらも含めて環太平洋の東西でのまず御神事をしっかりするということが重要になってきております。そこで今回も中米の方へ行って参ります。
12月1日に中米グァテマラから戻りますが、今の予定では12月3日から改めて中国の方へ飛ぶ予定をしています。それは洛陽・成都・西安・北京といった地域を改めて御神事をしてくるという形になります。帰国しました後、私はまず車で北海道まで移動し、北海道から日本海側を移動し御神事を行って参ります。

今言われてる中ではそこまでしか言えません。
ただ今一緒に御神事を行っている神子の方々にお伝えしたいことがあります。御神事を行う人達の様々な事柄、その方々の言動・行動・感情は、やはり世の中に反映するというよりも世の中を反映してます。今の世の中を反映してる。ですから今、一緒に御神事を行う神子の方々へ、私の御神事の動向は伝えられない状況にあります。一緒に御神事を行う神子の方々に今の状況がきちんと伝えられない中で、御神事を行っています。
神子一人一人、自ら自分の今の状況を、自分自身で内面を見つめて方向を変えていかなければ、本当に御神事で世の中を変えてゆくことは難しいです。これらをやはり言葉で説明しても中々分かり辛いとは、分かり辛いではなく実際には分からないことでもありますが、自覚すら難しいかもしれませんが、やはり一人一人が今の現状、状況、内面、今いる御神事を行う神子同士のヨコ・タテの繋がり、意識の合わせ。その意識合わせをする前にきちんとした個々の知識・認識・意識。そして自分の生活や自分を中心にではなく、どのようにその活動から世の中へと意識を向けていけるかは大きな重要な課題ではございますが、今の現状では程遠い、御神事を行うには程遠い、本当に程遠い状況になっております。このような事を全体の動画配信で言うことではないのですが、でも、本当に理解していただきたい。一人一人が。御神事をするために必要なことを何をやらなければいけないのか。そのためにはどういう知識を得ないといけないのか。どういう情報を得るのか。どういう意識を持たないといけないのか。どういう協力をしないといけないのか。様々な面をみていただかなければいけませんが、今正直御神事がやり辛いです。共に行う仲間に対して、御神事の内容が伝えられない。これを言っても始まりませんが。
今後ですが、神子の方々、本当に御神事を行うという意識があるならば、自分自身をもう一度、共に歩む人達ともう一度しっかり今の状況を腹を割って話し合い、今の状況を本当に理解した上でどういう知識が必要なのか、情報を纏め何をしないといけないのか、何を協力しないといけないのかを考えてほしいです。今の段階では程遠い状況にあります。
今後の御神事の中で、アメリカの大統領選挙が終わり、大統領が決まり、これからどのような流れが起こるか。大統領が決まった後にまた大きな波乱が起きる可能性もあります。前代未聞の大きな波乱、問題が起きる可能性もあります。それが表に出てくるとまた世界中が、というよりもアメリカが大混乱に陥る可能性もあると伝えられており、詳しくは伝えられませんが、それは避けたい事です。そういった事柄も含めて、今私が出来る御神事、新しい仕組み作りというものをしっかり組み立てていかなければなりません。神子の方々に伝えます。自分の天命使命としてかかわるならば、それなりの覚悟をして、自覚してかかわってください。それが出来なければ、祈り合わせとして参加してください。これから更に全力投球で突き進みます。ついて来れない人をついて来れるようになるまで待っている時間は今後はありません。
それだけ覚悟をしてかかわってください。

さて来年の9月に予定しているセレモニーがあります。以前山中湖で行いました聖なる杖のセレモニーで、来年の9月にはその杖の継承者の方々をお招きする計画でおります。杖の継承者は女性ばかりで、現在は10人目となっているといいます。その女性10名を中心に、これまでの世の中の立て直し、立て替えではなく、今の世の中をこう変えてゆく、状況を改めるというのではなく、今をしっかりと把握し、新しい世の中に作り変えていく、新しい世造りを始める御神事を来年の9月、日本で最初のスタートをしようと思っております。それをスタートするのには、本来女性が持ってる女性性、母性を中心に、女性が妻として、母親として、祖母として、家族、夫を支えてきたその女性の本来持ってる底力、そして本来持ってる深い母性愛、そしてそれらを支える底力。それは、男性に代わる力や権力などという力ではありません。これまで女性が、男性を支えてきましたが、これからは逆に男性が女性を支えるということをおこなってゆかなければいけません。
本来女性が持っている包み込む、その深い母性愛というものを表に出した新しい仕組み作り、世造りをスタートしようと思っております。その御神事がしっかり行えるよう日本国内、国外を御神事しながら、改めて日本からスタートし、新しい世を、世の中を、世界を作っていくための、新しい仕組み作りを行っていきたいと思っております。

現状、本当に厳しい世の中にどんどん陥っています。
最悪にゆく流れをなんとか駆け引きの中でとどめている。最悪に見えてもそれは闇だけではなく、そこにはやはり光もあり、両方の対極があります。それをどのように新しい世の中へ、新しいものの考え方、新しい進化した未来へ進むか、それはこれからが重要な御神事の始まりとなります。一日一日が本当に大事な日であり、その一日一日が大事な時を刻み、その一日一日の時、時間が凄く重要になって参ります。
そして、この地球、人類、全ての生命、命を本当に守るのは人間しかいません。地球自身も、地球に住む全ての生きとし生ける命を守り、次に繋ぐ。未来に全ての命、そして希望、夢、全てを繋ぐ。全てを守り、そしてその全ての命、夢を繋ぎ、導く者は実践して行い、その命を守るのは人間しかいません。人間の意識・考え方で、本当に未来が変わります。人間の手によって新しい未来を創り上げる、新しい、素晴らしい世の中を進化させながら、時を刻み、素晴らしい世の中が作り上げることが出来るのも人間しかおりません。我々一人一人の意識でしかございません。それが確実に出来るよう努力していきたいと思っております。
私がお伝えしますこのようなことに、賛同して下さる方はどうかお力添えいただきたいと思います。私みたいな者がこのような発言をしても、やはり胡散臭いと思われる方も沢山おります。自然、女性性、母性、バランスとか、整えるとか、回避するとか、祈りで政治を何とか等、私がブログや放送で流しますと、訳のわからない事を言っているとか、散臭いと思われてもこれはしょうがないです。私の母親も神事をしてきて、その跡を私が継いでおりますが、物事ついた頃から一人一人、御神事、祈りというものに対しての考え方、全て物事の考え方が違います。特に精神世界とか祈りの世界、神事の世界をよく思っていない人達が多くいるのも事実ですし、やはり思われても仕方のないところもあります。
しかし、ほんとに祈りという行為は素晴らしいことです。そして本当にその人の想いというものは、世の中に大きな影響を与えます。目に見えない力を発揮します。どうか自分自身のために、自分自身の家族のためを思うならば、まず自分自身だけではなく、全体を幅広くものを見据え、その先をどのように行った方が未来が明るくなるのか、自分の生活、自分の家族、子供達が善き方向へいくのかを幅広い視野で見ていただき、そして出来ましたら、やはり心から善き流れを願い、祈り、そして自分の出来ることを、出来る範囲で構いませんから、実践、実行していただければと思います。それは神事をしてほしいということではないです。祈りと神事とは違います。心からの願いを祈り、それを叶えるために日々の生活で出来ることを実践していただければ有り難いです。それは確実に世の中に反映し、世の中が変わっていきます。
これからどのような世界に流れてゆくか、ヨーロッパも中東もアフリカ、アジア、アメリカ北・中央・南、オセアニア、世界といった地球のその全ての国々、人類、民族が、どのようにこれから進むか。進む方向性を間違うと本当に破滅の道へ行きます。今、大きな流れはそこへ向かおうとしております。それをどのように善き方向へ流れを作ってゆくか、大変重要な時期に来ております。その先に明るい未来は必ずあり、そこへ繋ぐことが重要になります。だからこそ一日一日の時が重要になってまいります。だからこそ一人ひとりの知識と意識と、それをどのように様々な民族、国と協力し、力を合わせてその先を善くしていくか。この今だからこそ、その目先ではなく長い未来を、先を見据えていく時期にきております。
今回のアメリカ大統領の選出に当たっては、色んな想いを持った人たち、不安を抱える人もいれば、アメリカでは自分の生活が良くなると、逆に本気で思っている人達もいます。本気で悪い流れになると思っている人達、良くなると思っている人達、やはり対極の考え方が生まれて参ります。しかし、決して悪い方向へだけではなく、その先にはいい方向へ流れる道筋もあります。どのように行くかは、一人の大統領が導く、見出すものではなく、一人一人の意識が世の中へ反映させて作っていくことが出来ますので、今、大事な時期に立っています。どうか改めて、自分自身の内面から、目先ではなく、目先の現状だけではなく、その先を見据えたところから意識を持っていただきたいと思います。
すいません、私の言ってる言葉が言葉足らずで分かり辛いかもしれませんが、もし言ってることに少しでも理解して賛同していただける方がいれば、共に未来を創るために、世づくり、国づくり、新しい仕組み作りを共に作っていただければ有り難いと思います。
このような私が世界中を飛び回り、日本中を飛び回り御神事出来るのも、やはりご支援して戴いた方々のお力添えがあってこそ出来る賜物でございます。本当にありがとうございます。心から感謝しても、言葉だけではほんとに感謝し切れないほど思っておりますが、本当に色んな言葉だけしか言えませんが、ただそれに報いるようにしっかりと御神事は行っていきたいと思います。
今、流れは悪い方向へ行っているように見えるかもしれませんが、御神事的には最悪の流れの中でも、先を見出すことが出来る流れにもなっております。今、最悪になったと思われる方も多くいるかもしれませんが、信じていただきたいのは逆に、一番の最悪の事態になることは避けられた。しかし、だからじゃあ善き方向へ行くかという簡単な事ではございません。まだ、最悪になる可能性はなくなったわけではありませんが、それでも何とか、先を見出すことが出来る流れになっているという状況です。理解は難しいかもしれませんが、信じていただきたいと思います。
私に伝えられている啓示の流れでは、一番の最悪の事態は避けられ、その最悪の事態は避けられたが悪い状況は全然変わりません。ただその先にまだ明るい未来を見据える、先に繋がったということは言えます。
ここまで本当にありがとうございました。これからまた飛行機に乗らないといけないので、それでは終了させていただきます。ありがとうございました。失礼致します。

**以上**

ここまでの長文をお読みいただきまして、ありがとうございました。

比嘉良丸
比嘉りか
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR