本日アメリカにまいります

2017.01.13.09:00

皇紀2677年 西暦2017年 平成29年 ひのと酉年
新暦1月13日 旧暦12月16日 かのえ 子 先負

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日13日アメリカ、ニューヨークとワシントンに渡ります。

今月アメリカでは、新しい大統領の就任式が行われます。アメリカ大統領の影響力は、アメリカだけではなく、世界の情勢、政治、経済を含めたあらゆる分野に大きな影響を及ぼす だけの権力があります。
この度の大統領が、一国主義、ブロック経済に走らず、世界規模での調和とバランス、政治経済、平和のバランスを取れるように願い祈り御神事をしてきます。
もし、アメリカの大統領が、一国主義、ブロック経済に走り、宗教、民族への偏見と締め出し、弾圧の方向へ流れるとこの流れはヨーロッパをはじめ世界中に確実に飛び火し、最終的には、第三次世界大戦に導く可能性があります。
今世界の情勢が、確実に最悪の状況へ流れております。
これは、今回のアメリカ大統領の就任ではなく、これまで数十年の流れが、このように確実に最悪の状況へ進んできましたが、今回の大統領によって一気に進むのか、逆に善き方向へ流れるのかを確認し、善き方向へ進むよう御神事を行ってまいります。
また、今アメリカ(アラスカやハワイといった場所ではない部分)のイエローストーンや活断層での地殻変動は、一気に地球の地殻変動と地球規模での環境変化をもたらし、地球上の生命を絶滅に動かすだけのエネルギーがあります。
その状況も一気に動く事が無いようにとの祈りも含めて、自然の祈り、政治経済すべての分野での平穏、平和、安定を願い祈り御神事してまいります。

日本がきちんとアメリカと正しい同等、対等の両国関係で、平和と調和をもたらすことが出来ますよう、世界中の国々と調和をもたらすことが出来るように願い御神事してまいります。
帰国しましたら、下記の行程を移動して、沖縄に戻ります。

このように国外、国内の御神事が行えますのも、ひとえにご支援くださいます方様のお蔭でございます。本当にありがとうございます。
善き流れとなるよう、努めてまいります。本当にありがとうございます。

下記は、行程や地震の地図と昨日12日の3時の祈り合わせの際に伝えられました御言葉とその折に比嘉良丸よりありましたお話を書き起こしし補足しました内容をお伝えしております。こちらも合わせてご一読いただけますと幸いです。

比嘉良丸
比嘉りか

*アメリカ、ニューヨーク、ワシントン*
1月13日 アメリカ御神事行程

*帰国後の行程*
帰国後の移動行程
・北海道旭岳→成田にて乗り換えて、鹿児島へ移動→鹿児島からフェリーにて奄美諸島を経由し沖縄那覇へ

こちらは、1月12日の3時の祈り合わせの際に伝えられた御言葉とその折に比嘉良丸よりお話がありましたので、その内容を書き起こしまして補足した内容になります。ご一読くださいませ。

2017年1月12日 3時の祈り合わせより

(良丸氏)

これから仙台の牡鹿半島をお祈りし、今から太平洋側を南下してく途中のパーキングにてお祈りをさせていただいてます。
今日(12日)夜遅く千葉に戻る予定でございますが、明日(13日)からはアメリカ、ニューヨーク・ワシントンに、今の新アメリカ大統領の就任式の前に御神事として参ります。
それとは別に、昨日伝えられてきた内容の中で、日本列島とはまた異なりますが、南極のことを強く伝えられてまいりました。今、南極では亀裂が走り、福岡県と同じぐらいの広さの氷河が南極大陸から分裂しようとしてるとゆうことはニュースなどで知っておりましたが、真に起きるはわかりませんが、神様から伝えられてきた内容をそのままお伝えしますと、その後、亀裂は徐々に広がって行き、このまま次の亀裂が生じることになれば、オーストラリアと同じ面積の氷河が亀裂すると伝えられて参りました。とんでもない面積です。日本の7倍の面積に当たる氷河が崩れ落ちると海面の上昇だけではなく、その落ちた勢いで起きた津波が南極から環太平洋全域に広がり、北半球までに及ぶ津波となる。その津波の規模は3.11東北関東大震災の津波を超えると伝えられて参りました。これまで神様が言って来た事は何らかの形で現実になったり、なろうとしたのは事実です。しかし、今回余りにも規模が大き過ぎるため、実際にどういう状況で起こり得るかと確認の質問をしたところ、言われた言葉はちょっと意外で、本音ちょっと途方に暮れる内容でした。
自ら南極大陸に渡れば分かると言われました。
とんでもない事をおっしゃるなと感じました。何故なら今までも以前よりも海外御神事が増え、何とかご支援、支えていただくことができ、これまで行ってこれましたが、今後海外御神事もかなり増え、更に経費がかかる状況の中、それに加えて南極まで行けと言われると、最終的には南極・北極の結びをせよと言われると、昨日は私自身かなり途方に暮れた状況になりました。
今年中にそこまではたぶん行けないかとは思うのですが。何故昨日の段階でそれを伝えてくるのか、これからまたやりとりをして確認をしているところですが、どうしても行くべきとゆう判断に陥った時には、やはり行く状況になるかと思います。
改めてまた南極・北極の意味はお伝えしますが、現在はまず日本列島の状況を伝えられ、それを今大きく分散分割を神々様と共に行っておりますが、東日本と西日本の状況がやはり厳しい状況にあります。それはもう間違いありません。いつ大きな地震が起きて地殻変動に繋がってもおかしくない状況は、すぐ目の前にあります。それを何とか凌ぎながら力を分散していき、最終的には違う仕組みに変え、地球全体の地殻変動の動きを穏やかにしていきながら、政治や経済を整えてく御神事を続けて行く事はこれまでと変わりません。ただ、神々様から伝えられてくる内容は、かなり厳しい状況であるのは間違いないという事です。それでも、それを凌ぎながらどのように御神事をして善き流れにしてゆくかということが重要になってきます。これはまたアメリカの状況も踏まえてお伝えさせていただきます。
この数ヶ月間、新しい世の仕組みづくりを始めるに至り、最終段階の仕組み作りをどのように作るかを今詰めてるところでございます。そこがはっきりしてくればきちんとした動きになると思いますが、今はとにかく目の前の厄災を祓い、清め、分散分割、先送り、完全回避という形で行っております。ただそれでは解決になりません。世の中できちんとその形の仕組みを作り、地球内部の力、溜まってるエネルギーを抜きながら、新しい未来へ突き進む。政治経済、様々な進化させてくという形になります。
これからも皆様の真心がどうしても必要になって参ります。皆様の真心の祈り合わせの力添え、どうかよろしくお願い致します。

2017年1月12日の祈りの際に伝えられてきた御言葉

人々よ 善き流れとは どのような事柄であるのか
調和とは 何であるのか 協力とは 支え合いとは 何であるのか
如何な状況に於いても支え合うこと 助け合うこと 命を大切にすることは 忘れてはいけない
命達と共に歩みゆくとゆうことは 命を大切にするとゆうことでもある
如何な状況に於いても 忘れることなく 務めゆかれよ
護ること 命を大切にすること
日々の暮らし生活の中 その流れが 慌ただしく 忙しく 目まぐるしくなったとしても
それでも 忘れてはいけない
根本である 根源である
命達と共に 歩みゆく未来のために 支え合い 協力し合い 助け合うことを 忘れずに 生きゆかれよ


ありがとうございました


*昨日1月12日の地震
2017年1月12日の地震
2・2017年1月12日/9時36分頃/ 茨城県南部/M3.7/震度2
1・2017年1月12日/2時12分頃/福島県沖/M3.9/震度2

※番号は発生順であり震度は関係ありません。

1月12日 2時12分発生 1月12日 9時36分発生


情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR