現在の状況と御神事について

新暦4月14日(旧暦3月18日 かのと 未 友引)

*友引(ともびき)とは
「凶事に友を引く」の意。朝は吉、昼は凶、夕は大吉。可もなく不可もなくの日。
現在あることが継続・停滞することを表し、良き事象なら継続を、悪き事象なら対処することとし、「状況を推し量り行動する日」。
*辛(かのと)とは
金(五行) 
加工された金属・貴金属を意味。成長を極めて変革する状態。(十干の意味)


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

現在、北海道の北で御神事をしております。昨日、ノシャップ岬から朝日と共に神々様とやり取りがありまして、そのあとに重要な内容、来年のセレモニーに関して神々様の思いが伝えられそのやり取りとなりました。少し皆様にもその内容をお伝え致します。
まず、来年の夏至のセレモニーに対して、北海道の知床の神様が中心に神々様をお呼びになりまして、次の様に伝えられました。

夏至ではなく、春分か秋分に変更するのが望ましい。その聖なる杖の継承者を呼んでのセレモニーの意図としてはその時期が御神事の意味としてかみ合う。本来、秋分の日に、昼と夜、 光と闇の調和、統合、人間一人一人心の中には闇と光があり、それを統合することにより 使命天命、本来の気づき眼ざめとなり、これから新しい世のはじまり、世づくり、国づくり 、未来づくりが始まるスタートの儀式である。
それが行う者の意識の足りなさによって、儀式(セレモニー)の変更となったが、とりあえず今年の秋分は、民族の調和統合という儀式(セレモニー)に変えなさい。一部の神々の思いで火と水の儀式を重要視し太陽の一番強い夏至の日を伝えられていたが、火の力で全ていらないものを焼き尽くし、水の儀式でそれを洗い流し、パイプのセレモニーで大地と結ぶ。そして、種の儀式で新たな、命、仕組みを生み出すという内容に変えたが、それは、一つ間違えば、環太平洋の現状から大地が揺らぎ、火が噴出し、水の浄めで洗い尽くされ、大混乱となる。それはあまりにも強すぎる為、逆に怒りのエネルギーになりかねない。まずは、当初の目的に御神事を行うべきである。
心の闇と光の調和統合から使命天命の気づき目覚めを先に行う事が、本来の仕組みの流れとして今後の御神事や世の中に対して良い形に流れる。本来は、来年の3月春分が望ましい。3月の春分に行い、次夏至に行う事が世の中へ一番良い影響を与える流れではあるが、今それを儀式として行う者達が、まだ、祈り人としての意識が到底及ばない。その為、そなたを通してかなり厳しく、一から祈り人としての意識を教え直す。教えながらでは3月には間に合わない為、確実に行えるなら秋分にしても構わない。

今、新しくそなたを支える為の男性2人が加わったが、それでも祈り人を養成するには足りず、祈り人を管理、指導する者を一人。そして、そなたはあまりにも祈り人(神子)に御神事への意識を奪われ、うまくかみ合わないことが多々ある。そなたと管理者や祈り人の間に立って、そなたの意思、神の意思をきちんと伝え、間に立てる者、管理者に意思を伝え神子をきちんと動かす事が出来るように置かなければいけない。ウェブショップもやめるか 続けるか。これもそなたの意識を奪う事の一つ。だから、辞めるならば、誰かに責任代行をさせなさい。そなたは、月に一度沖縄に戻り、確実に船の御神事を今年中からきちんと指導させなさい。そして、沖縄にてきちんと祈り人及び世間へ御神事の意味と内容を教え伝える為の勉強会を遅くとも今年6月からは始めなさい。それは毎月のあなたに課する義務とする。

と伝えられ、まだノシャップにおります。

その知床の神々様が、全国の神々様に号令をかけ、今、日本列島龍体の龍頭をまず寒波を使い 大浄めを行い、清めが入った後に話し合いの結果、上記の事が神々様の会議の中できちんと決まりました。来年、秋分の日に行う事は決まりましたが、私が今神々に強く願い出ていることがあります。それは、当初伝えられていた、琉球、関西、富士の麓、関東とこの4か所で儀式(セレモニー)を行う事です。
これら各場所で長老たち全員を連れて、全ての場所で儀式を行い周ると全体の経費が800万から1000万かかります。それでは、今の状況では半分以上赤字になりかねません。当初はそれも覚悟しておりましたが、一度だけではなく、今後も毎年続けて行くならば、大きな経費の損失になります。収益を求めたとしても、半分以上の経費をまかなうことが出来ないという事で、沖縄と関西だけを来年行う計画をしておりました。
しかし、神々様からは、琉球、関西、富士の麓、関東という当初の場所に戻すだけではなく、北海道を含めよと言ってきました。
そこで今、私の方で、そこまで行うととんでもない経費を準備しなければなりませんので、琉球と関西だけでおさめる事で、勘弁していただきたいという打診をしましたが、神々様からは、

そなたは、御神事を何と心得ている。これからの未来、本当にそなたは誰よりも一番、知っているはずである。
それは、そなたが幼少の頃からずっと見せ伝えられてきた。それらが御神事をきちんと行わなければ、現実になるという事も体感で理解しているはずである。今、金が大事なのか、世の中、そして未来が大事なのか、理解出来るはずである。と強く叱られました。しかし、今後、以前より言われている内容で船の儀式を沖縄で行うならば、その準備として沖縄に5月早めに戻り、船の購入資金を銀行から借りたり、その準備も5月で行う事になりますし、様々な儀式、御神事も行いながら、新しい人をそこに加える事になれば、人間社会では何事をするにもきれいごとだけでは出来ず、実際には、資金が必要になります。人を二人増やすには、その人の生活を保障しなければなりません。それに加えネットショップも誰かを雇う事になると3人分の給与が発生します。私自身、神様から言われてきた事を出来る限り現実に努力してそれをきちんと行ってまいりました。儀式についても(セレモニー)一回限りではなく、継続して行くならば、来年の儀式 (セレモニー)を琉球、関西、富士の麓、関東、北海道ではなく、琉球とどこか一か所での儀式(セレモニー)にさせていただきたいという事を伝え、昨日は夜の7時までノシャップにてやり取りが続きました。そして、来年の儀式の行う個所に関しては、神々が納得する内容、仕組みの案を、きちんと未来に繋がる 事柄を出しなさい。その結果でどうするか決めよう。現在の所、開催する場所については 決定せず、保留している。

という内容となりました

本日これから、積丹、カムイに向かいます。皆様、祈りの力添えを妻の3時の祈り合わせの際には宜しくお願い致します。

このように御神事が出来ておりますのも、ひとえにご支援くださいます方様のお蔭でございます。本当にありがとうございます。
神々様より伝えられている内容を今後もきちんと行い続け、善き世となるよう邁進してまいります。
本当に御心ありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

*行程図とノシャップ岬での朝日
※画像をクリックすると少し大きくなります
4月14日 御神事 行程 北海道北ノシャップ 4月 ノシャップ岬


*4月12日の3時の祈り合わせにて伝えられた御言葉*

いかなる行動も その結果が伴いゆく
どんなに 進みゆこうとも その結果が 後から その証拠となり 表に現われゆく
大切なる世の中 守りゆこうとするならば 
戦 争いを 起こさぬように 進みゆくならば 
それは その結果がきちんと出てくる筈である

何が出来るのか
争うことなきように進むことは出来る筈である
争わないと 主張する者 伝えている者を 選んだり 
代表として 選ぶとゆうこと
反対しゆくこと

争う分野ではなく 協力することにより 争うことが出来なくなるようにするのも 一つの方法であろう
人の心を溶かすのは 人である
誠心誠意をもって 向き合うことにより その痛手 苦しみ 悲しみは 徐々に癒されてゆくものである
無論 それを 私利私欲により 手放すことが出来ない者達もおる
それには それなりの報いが 返ってくるものでもある
誠心誠意努めるとは 全て相手の言いなりになるとゆうことでもない
自分が 今 最大限に出来ることを行うこと
それが 誠心誠意でもある
向き合っている姿勢が分かれば それ その心に 意識に
人は 人々は しっかりと 受け止めることが出来るものでもある
人の心を失うことなく 優しさと 慈しみと また 強さを
強さとは 力 暴力とゆう意味ではない
権力や 戦力とゆう意味でもない
信念を貫くとゆう 真意を持ち続けるとゆう その くじけないとゆう強さである
それを持ち続けゆくことにより 人々は しっかりとした足下を 歩みゆき
次なる段階へと進みゆくことが出来る筈である


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

お知らせ

活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸


ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ

ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
(ミロク大社HPへ移動)
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください


募集のお知らせ
ミロク殿本宮では、儀式で使用いたします聖水を募集しております。
全国の気をたたえ、皆様の真まごころのこもった聖水は祭壇でご祈祷をさせていただきましたのちに、風水火の儀式で使用させていただいております。
ありがとうございます。
聖水
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし 聖水係

ボランティアのお願い
ミロク協友会として、儀式を行うための資料を日々集め
更新し作成をしています。
皆様に各種作業のお手伝いのお願いがございます。
お力添えをいただけます方、是非ご協力をお願い致します。
詳細はicon 2016

検索フォーム

関連サイト

↓クリックで関連サイトへ icon <ミロク結びバナー icon13 隙間 icon4 隙間 時系列 隙間 祈りの和TV 隙間 隙間 itiran

↓特別掲載サイトへ itiran

年別アーカイブ

2024年 05月 【22件】
2024年 04月 【27件】
2024年 03月 【31件】
2024年 02月 【24件】
2024年 01月 【27件】
2023年 12月 【36件】
2023年 11月 【25件】
2023年 10月 【31件】
2023年 09月 【28件】
2023年 08月 【17件】
2023年 07月 【26件】
2023年 06月 【26件】
2023年 05月 【32件】
2023年 04月 【30件】
2023年 03月 【21件】
2023年 02月 【26件】
2023年 01月 【24件】
2022年 12月 【30件】
2022年 11月 【22件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【24件】
2022年 08月 【24件】
2022年 07月 【28件】
2022年 06月 【22件】
2022年 05月 【6件】
2022年 04月 【26件】
2022年 03月 【15件】
2022年 02月 【16件】
2022年 01月 【17件】
2021年 12月 【20件】
2021年 11月 【25件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【7件】
2021年 07月 【2件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【6件】
2021年 03月 【12件】
2021年 02月 【14件】
2021年 01月 【26件】
2020年 12月 【34件】
2020年 11月 【20件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【2件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【13件】
2020年 04月 【3件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【6件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【3件】
2019年 06月 【6件】
2019年 05月 【22件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【9件】
2018年 08月 【15件】
2018年 07月 【9件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【15件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【13件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【23件】
2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【30件】
2017年 09月 【16件】
2017年 08月 【11件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【24件】
2017年 04月 【22件】
2017年 03月 【35件】
2017年 02月 【22件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【33件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【23件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【20件】
2015年 11月 【18件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【18件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【18件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【20件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【20件】
2014年 12月 【16件】
2014年 11月 【27件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【25件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【14件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【13件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【24件】
2013年 08月 【23件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【25件】
2013年 05月 【30件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【22件】
2012年 11月 【31件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【21件】
2011年 05月 【27件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【24件】
2010年 06月 【27件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【40件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【51件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【61件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【62件】
2008年 10月 【28件】
2008年 09月 【60件】
2008年 08月 【63件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【4件】
2008年 04月 【6件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【5件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【3件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【5件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【2件】
2005年 04月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【3件】