4月17日の桜島からの動画より

2017.05.03.11:00

新暦5月3日(旧暦4月8日 大安 かのえ 寅)

*大安(たいあん)とは
大いに安しの意。何事においても吉、大吉日。終日吉
*庚(かのえ)とは
金(五行) 
剛金を意味。変更・改まる状態(十干の意味)


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。
本日は、4月17日の本州内陸部にての御神事の際に、北海道から急遽九州桜島へと移動するよう伝えられ、鹿児島桜島にて行いました動画配信より、加筆した内容をお伝えさせていただきます。
また、この御神事を行いました後の時系列もお伝えしております。
ご一読いただけますと幸いです。

明日は、7日より横浜から北海道、カムチャッカ、アリューシャン列島、カナダバンクーバーへの御神事の為に、少し早いのですが改めて本州へと移動します。

大きな御神事が続けて行う事が出来ますのも、ご支援くださいます方様のお蔭でございます。
これだけの御神事が出来ますのも、お力添えとご支援があったからこそ行えております。
本当にありがとうございます。心から感謝申し上げます。

比嘉良丸
比嘉りか

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

2017年4月17日の日本本州内陸部の御神事・桜島からの動画より

(良丸氏)
こんにちは。大国ミロク大社の比嘉良丸です。今(4月17日)桜島に参りました。
昨日(4月16日)舞鶴から一旦大阪湾をお祈りするために大阪湾に行きまして、そこから山陽道を通って鳥取辺りに行く予定でございましたが、急遽変更を伝えられまして、神戸から淡路、淡路から四国を横断しまして、愛媛からフェリーで大分に渡り、大分から今日(4月17日)桜島に入りました。当初の予定は17日の午前中、出来たら昼までに入りたいと思っておりましたが、今に至りました。
この桜島は九州でも一番大きな噴火を秘めおります。他にも霧島や沢山の火山がありますが、まず桜島、霧島が噴火すれば九州全体の大きな火山を突き動かす形になります。その為、桜島と霧島には、何度も、本当に何度も足を運んでます。今年だけでもかなり足を運んでおります。元々、今回の御神事は東日本だけという計画でしたので、桜島は予定しておりませんでした。前回の西日本の御神事の際には、桜島に参りまして、ここ鹿児島からフェリーで奄美諸島を経て沖縄に渡るという御神事も行ったのですが、再度厳しい状況を伝えられ今回桜島まで参りました。
一昨日(4月15日)熊本の大地震から1年経ちました。一昨年から九州の御神事では、熊本は何度も足を運び、危機を伝えられておりましたので地震が起きた地域も何度も足を運び小難無難の祈りを行った経緯があります。しかし、地震は思いもよらない程大きく発生し多くの命が失われた不本意な結果となりましたのは、本当に悔しい思い、残念な思いでいっぱいです。事前に伝えられ何とか小難無難になる事柄がどうにもならないというのは、本当に無念です。本当に多くの命を失ったことに本当に自分自身に悔しくて、あの地震は、本来あのような大規模な地震ではなくかなり抑えられた地震に出来る筈でした。ですが、何て言ったら、もうこれを言ったら結果が全てです。
ただ今、桜島、霧島の大きな火山の大噴火が伝えられております。桜島は大噴火ではなく何て言ったらいいのでしょうか、壊滅的と言うのでしょうか、今回大爆発すれば九州全土だけではなく、本当に幅広い地域に壊滅的なダメージを与える可能性があります。それは九州全体が突き動く事になり、その破壊的なエネルギーは計り知れない流れになります。このエネルギーの分散をどのようにするか、今、毎回御神事の中で行っておりますが、確実に分散分割し、規模を均等に、大規模ではなく小規模、中規模あたりの噴火に押さえていきたいと思っております。
今回は薩摩半島の開聞岳には寄れませんが、本当はそこまで寄りたい状況ではございます。この放送が終わった後、少し時間をかけて御神事を行いましたら、阿蘇に向かう予定でございます。阿蘇ではもう日がかなり暮れている筈ですから、放送は出来ませんが、今日は阿蘇までは確実に行く予定でございます。
このような事を言うと、阿蘇の地震で被害に遭われた人達からは、お怒り、お叱りを受けるのは当然だと思うのですが、九州全体の火山のエネルギーを小規模にするには阿蘇の力が必要で、どのように分散分割を、多くの人達に負担なく、命を奪うことなく出来るか、ずっと神々様とやりとりをしております。出来る限り確実に大災害にならないように、分散分割を神々様にお願いしております。今後も、一部の地域に集中してエネルギーが噴出するのではなく、全ての人達が厄災、災害から家族や身を守り、そして日々暮らし生活が、きちんと営まれるようにと祈って参りたいと思います。
本日は、ここ桜島で政治経済の祈りも行います。本当は開聞岳の麓を予定しておりました。何故なら開聞岳というのは、第二次世界大戦末期、鹿児島から特攻隊の零戦が開聞岳を1周回り、様々な思いを持って沖縄に飛んで行ったという悲しい歴史があります。末期ですので死への出発でした。また同じような歴史を繰り返さないように、近隣諸国と調和のとれた平和の世の中がありますようにと祈りを捧げたいのですが、今回は開聞岳までは行くことが出来ませんので、ここ桜島から祈りをさせていただきます。

わが御親 宇宙創成陰陽結び大神様に お願い申し上げます
生きとし生ける全ての命が 共存出来るように
鳥が囀り 花がほころび 緑あふれ 大地は広がり
そして そこに 全ての動植物が 共に共存し
日の光輝く 自然豊かな星でありますように
人々の正しく善き行いを心がけ 心穏やかに 暮らしゆける世の中でありますように
人々が心正しく 善き行いを心がけ 心清らかに 安らかに 暮らしゆける世の中でありますように
人々の心正しく 善き行いが 全ての人々に 笑顔を 笑い声をもたらし
一人ひとり 本来の役目役割を果たすことが出来ますように
この世の中に 人々の 心から湧き出る笑顔 笑い声が 日々暮らしの中に 常に常に 人々の心の中に 暮らしの中に あり続けることを 願い祈り申し上げます
人類が これから歩む その地球の未来に 人種や部族・民族・国家・宗教の枠を超えて
お互いがお互いを理解し 思いやりを持って暮らし 生活をしてゆき
出会い 語り 分かち合い 命育み
全ての人々の心が私利私欲を離れ 平和を内に秘め 日々暮らし生活営むことが出来ますように
弱き者には手を差し伸べ 支え合い 全ての命 生きと生ける全ての命が 生きる幸せに満ち溢れますように
そして人々の日々の暮らしの中に 福祉・医療・教育 きちんと平等に与えられ そして偏
見・差別・迫害などが この世から無くなりますように
これから先 政治経済の混乱もなく テロや戦争の脅威をなくし 感染病や放射能を含め あらゆる平和を脅かす脅威から 守られますように
今ある幸せに感謝を以て そして 暮らしてゆけることが出来ますように
我々日々の暮らし 生活が 何事もなく穏やかに 清らかに 心安く 幸福に満ち 幸せを感じ 日々を過ごせるように
何事も この世の中で この一人ひとりの人生に 生きる勇気 生きる喜びが満ち溢れるよう どうか導き お守り下さりますようお願い申し上げます
我々人間がこの宇宙の 地球の一員として 自然や環境を破壊することなく
自然の循環 全ての命の循環を狂わすことなく 奪うこともないように 
この道筋を 正しき道筋を 神の御光 導きを以て 指し示し下さり
我々一人ひとりが 肉体の仕組みが 命の仕組みが この宇宙そのもの 地球そのものであり 一体であるとゆうことに気付き 自分自身の使命天命を果たすことが出来ますように
どうか一人ひとりに 一日24時間 一年365日 どうか どうか 見守り下さりますよう お導き下さりますことを願い申し上げます
どうか どうか これから先 今の平和を崩すことなく 戦争の道へ歩むことなく
人類が本当に協力し 未来を創っていけるよう
全ての人が 日々の生活の中に心から 笑顔で 笑いに満ちた日々暮らし生活が出来ますように どうか どうか お力お貸し下さりますようお願い申し上げます
人間一人ひとりが 自分の使命 天命に気付き 自らの言動 行動によって 自らの本当の働きによって未来は創れます
本当に平和も創れます 一人ひとりがきちんと心を 鍵 真の目覚め 覚醒を以て
人から人間 人間から地球人として 宇宙の一員として 成長していくことが出来ますように どうか導き下さりますことをお願い申し上げます
ありがとうございます
どうか どうか 我々人間が 至らぬところ沢山ございます
また罪・穢れもたくさんございます
今祈ってる私自身も 本当に罪・穢れは沢山ございます
それらも心から 戦争を無くし 自然災害から 全ての命を守り 戦争から全ての命を守り
未来へ 未来へ確実に全ての生きとし生ける命と 生命と共に 未来へ命繋ぐことが出来ますよう 心から願い祈り そして御神事を行って回っております
こういう心を持った人間は沢山おります
どうか一人ひとりの願い聞き賜りまして その者の本当に言動 行いが 本当に願いに叶う言動を以て 行うことをきちんとやっていると認めて下さりましたら 
我々の 人間の行動を本当に認めて下さりましたら どうか知 与え 
そして その平和を創るための 知識を与え 
そして 我々に 一人ひとりに それを実行する勇気を与え 
そして これを確実に行うだけの行動力を与え
一人ひとりが きちんと 神の子として 自然の子として 神の遣い人として
そしてこの地球の 神に代わる救世主として
一人ひとりが 自分の使命 天命を果たすことが出来ますよう
どうか お力をお貸し下さりますことを 願い祈り申し上げます
どうか どうか 至らぬ私ではございますが 神に万分の一でも認められるよう これからも邁進して参ります
私の言動 行動が 少しでも神に認め下さりますならば 私の願い 聞き賜りまして 力 与え下さりますよう お導き下さりますよう お願い申し上げます

ありがとうございました。中々咳が止まらず、聞き苦しいと思いますが、お許し下さい。

さて今、大地の中では、この桜島から沖縄へ向かって左に南海トラフと琉球海溝の繋ぎ目、そしてこのすぐそば、右側を霧島火山帯、更に先には沖縄トラフがあり、どれも台湾まで繋がっております。霧島火山帯は阿蘇、大分付近まで繋がっておりますし、大分から四国、本州を経て関東まで、中央構造線という大きなものがあります。
そして福井、北陸辺りには、白山火山帯があり、九州の福岡、佐賀辺りまで伸びてきております。瀬戸内海には瀬戸内火山帯があり、関西には途轍もない活断層が網目のようにあります。桜島、霧島が動けば、九州全体に寝て溜まっているマグマ溜まりが動き、これら全てを連動し突き動かすだけのエネルギーが放出され、九州全域を一度に吹っ飛ばす状況となると伝えられております。その動きが、中央構造線に亀裂を入れれば、直接ホットスポットへ繋がる状況、マントルから直接溶岩が噴き出す程のエネルギーが、この地域には眠っており割れ目噴火を起こす可能性があります。この状況は啓示で常に見せられている状況です。そのような状況に絶対にならないように祈り御神事すると共に、この九州という地域は実際に隣国との戦争が起きると、沖縄の次に攻撃を受ける場所になります。そのようなことが起きないように、本当に平和が保たれるように、心から願い、祈りをしてまいります。
それでは、これからまた阿蘇山の方に向かってまいりますが、その前に少しこちらの方で祈りを続けた後進みます。それでは放送を終了させていただきます。
ありがとうございました。

※実際の時系列をお伝え致します※

本日お伝えしております内容は、4月17日の3時頃に動画配信した内容を書き起こししていただきまして、加筆した内容です。
この桜島での祈りの後、熊本を経て一気に関東まで移動し、4月20日野島岬、21日は犬吠崎にて行い、22日は船での御神事に出発いたしました。出港後は、横浜から西へ南下し、24日に最初の寄港地の長崎に着きました。そこまでの航海中の御神事、神々様とのやり取りで、桜島のエネルギーを抜くために熊本で噴火が起きると伝えられてきました。そして、これはこの地域にかなりの被害をもたらす。連鎖連動は防げるが、かなりの被害を改めてもたらすと伝えられ、これを何とか避けたいとその為の御神事を急遽なんとか行えないかとやり取りをしました。そして、そのエネルギーが分散されたのが27日にフィリピンで起きました地震でした。そして、その地震のエネルギーをフィリピンで抜いたことにより、熊本の噴火は避けられ、同時に連動して発生する桜島の大噴火が、当初伝えられていた実際の大噴火よりも最小限に抑えられたということになります。


情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR