現在の状況について

2017.05.12.08:00

新暦5月12日(旧暦4月17日 つちのと 亥 友引)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

昨日の室蘭から地球岬、襟裳岬と北海道の外洋を移動し、現在、根室半島沖合にきております。ここから十勝沖地震や旭岳、摩周湖や屈斜路湖へ意識を向けて祈りを行っております。
この地域は、北海道の大きなプレート型地震を起こす地域であり、内陸側では大きな火山性の地震を引き起こす地域、千島海溝と日本海溝との繋ぎになっている場所でもあります。
ここから日本領土北方四島、カムチャッカ、アリューシャン列島に進みます。
この後のカムチャッカ、アリューシャン列島からバンクーバーへ移動する間は、これからの地殻変動の中で北半球での地球規模での地殻変動の重要な地域の御神事となります。

北方四島においては、平和的な返還、政治経済、軍事的な緊張がおこらないように日本及び世界の平和を脅かす事がないようにと祈りをささげてまいります。
また、ロシアの極東におけるアメリカに対する重要な軍事拠点となっているシベリア地域でもあり、そこには、ロシア側では長距離弾道弾、核弾頭があります。今回初めて公開された核弾頭でありますが、一発の核弾頭で日本国土の2倍の面積を破壊、壊滅させる威力があるといわれており、アメリカ本土まで10分ほどで到達する超高速弾道弾でもあります。 重要な極東での軍事機密を今回の戦勝パレードで公開したという事は、世界にロシアの軍事力を示したという事になります。先にイギリスの国防省の最高責任者が、ロシアに対して核兵器の先制使用も辞さないという発言に対し、ロシアの軍の最高指揮官も、それに対してイギリスを焼け野原にするという発言がありました。それが実際に現実を帯びた内容である事がこのパレードからわかります。
この超高速、破壊的核弾頭はロシアからイギリスまで15から17分で到達するといわれています。それは核戦争が実際に起きるという事になります。
今回は、そのような重要な拠点での祈りの御神事になります。
これに対抗しアメリカもアラスカ本土での対抗処置をとるはずです。先制攻撃を視野においての対抗、対応を整えるはずです。それに対しても御神事を行ってまいります。
世界で一番怖いのは、北朝鮮ではなく、ロシアであり、ロシアを甘く見過ぎて追い込むと世界が、地球という星が壊滅するというほどの破壊兵器を保有しているという事を忘れてはいけません。核戦争に至れば、この地球は、壊滅してしまいます。
このような現実が起こりかねない現状が目の前にあるという事を認識し、強い危機感を持っての御神事となります。

これからロシア領の方に進みますので、これ以降は電波が届かず状況をお伝えする事は難しくなると思われます。
外は、霧で何も見えない状況となっており、船内にある船の位置情報の画像だけではございますが、掲載致します。

今回この地域での御神事が出来ますのも、ご支援くださいます方様のおかげでございます。本当にありがとうございます。
平和の世となるように御神事に邁進してまいります。

ありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

5月12日 根室沖
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR