ロシアカムチャッカ半島・ペトロハブロフスクカムチャッキー、アメリカ・アリューシャン列島~カナダ・バンクーバーまでの間、ベーリング海横断御神事

2017.05.19.09:00

新暦5月19日(旧暦4月24日 ひのえ 午 先負)

皆様もお力添えに心から感謝申し上げます。
現在船の上からのご神事を行っております比嘉夫妻より連絡がありました。
以下そのまま掲載いたします。

神様からの御言葉の内容と神様とのやり取りに関しては、お伝え出来る範囲を書き込みしております。

メードヌイ島、アッツ島、この間に日付変更線と国境線がある。
カムチャッカ半島からアリューシャン列島を経て、カナダ・バンクーバーまでのベーリング海を横断~ロシア領~コマンドルスキー諸島を経て、アメリカ領アリューシャン列島~ニア諸島、バルティア島、ラット諸島、アンドリアノフ諸島、フォーマンウンテンズ諸島、フォックス諸島、アラスカ州アラスカ半島と手前のアリューシャン列島のフォックス諸島の最初の島、アドゥガク島と二番目の島、エイクタック島の間を通り抜けて、カナダ・バンクーバーに入る。

5月14日、カムチャッカ半島、ペトロハブロフスク、カムチャッキーに入港。
カムチャッカに入る手前でロシア軍艦(軍艦の種類はわかりませんでした)を見かけたのですが、とても大きな軍艦でした。
私が乗船している船も高さ12階建て(実際の高さはわかりませんが、船内は12階まであります)長さ300メートルをこえる大きさですが、この船よりもはるかに大きく見えました。
14日はカムチャッキーで寄港地のツアーに参加し現地へ足を入れました。そうする事で、自分自身でロシアのビザを取らずにすむからです。その後船内で祈り、御神事を行いました。カムチャッキー周辺には、ロシア海軍基地、潜水艦や軍艦等の軍港があるようで、その関係からか、ロシア軍から私達が乗船している船への出港の許可が下りず、予定していた出港時間が4時間遅れるというアクシデントがありました。

5月14日の御神事のおおまかな内容
14日カムチャッカ、ペトロハブロフスクカムチャッキーでは、ロシアとアメリカ、カナダ、極東国家間とロシア、アメリカ、中国、日本、韓国、北朝鮮を含めた極東アジアの国家間に政治的、思惑、駆け引き、陰謀を駆け巡らせ、そこに経済も取り込み、これ以上の軍事緊張が進み、実際の軍事衝突がおきる事無きように。国家間の対話において、現在の北朝鮮問題や中東、ヨーロッパ全体を含め世界中に広がろうとしている戦争への流れが平和的解決へと進み、この世の中が平穏、平安、平和へと進みゆきますようにという事を願い祈り致しました。

自然界に対しては、千島海溝、千島火山帯、日本列島の本州、北海道を含んだ日本海溝、那須火山帯、鳥海火山帯、東日本とアリューシャン列島、アメリカ・アラスカ州、カナダ、アメリカ本州全体の北米プレート。北米大陸、西太平洋側からアラスカ半島にある海嶺からでるプレートが太平洋プレートとなり、動き、アラスカ州、カムチャッカ半島、日本列島東日本側へとベーリング海、太平洋を移動し、カムチャッカ半島から日本列島東日本側、北米プレートの後ろにあるユーラシアプレートへと沈み込む際の衝突と摩擦によって生じるとてつもない力が火山帯、火山を作ってきました。また、火山噴火や地震を引き起こす大きなエネルギーの元、海嶺と海溝の力は、アラスカ州~カムチャッカ半島から日本列島に500を超える数の火山を作り出し、そのエネルギーの影響範囲は、アメリカのイエローストーンへも繋がっております。その為、自然界母体である地球、生命の営みが大地殻変動を一気におこし、地上に生きる全ての生きとし生けるもの、生命が失われる事ないように。穏やかに安らかに自然界が動き全ての生命が、明日へと明日へと未来、未来へ繋ぎゆきます事を願い内容の御神事を致しました。

そして、北極圏、南極圏、北極海、南極海、南極海流及びベーリング海は地球で生命体が生きてゆくための自然環境、海流や気流、気温、海水温、オゾン層等の自然界のバランスを整える役割と、地球全体の海、大海、太平洋、大西洋、インド洋、地中海等の全体に栄養素をめぐらす役割を担う大変重要な役割があります。
これ以上自然環境が破壊される事無く、自然環境が確実に改善なされる事、人類、人間の行動により確実に未来が今日よりも明日、明日よりも明後日と1日1日良くなりますように願い祈り御神事を22日までの間繰り返し、繰り返し行いました。


神様の御言葉
14日(現地日付)

連鎖連動の流れ 更に加速しゆくが
これは 調整 バランスが整いゆくという意味の流れでもある
連鎖連動は 東 西 と 調和の取れた流れに進みゆこう
どちらも 静かになるのではない
どちらも 互いに応えるかのように 震えゆく
それでは 人は 何ができるのか
邪魔すること なきように
生命たちの 安全を守れるように
要らぬ事をせずに
守りゆかれよ

3時の祈りの際にいただいた御言葉

人が出来る事
生命たちを 守る事
当初の 目的 役目 役割のように
生命たちを守りゆく事を 進められよ
人だけではない 命の星であることを 忘れず
守る事を 主たる目的として
現在の状況を 良く見つめ
争いの無い世へと 自らを律し 進まれよ


以上
事務局が掲載いたしました。
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR