現在の状況について

2017.08.29.08:55

新暦8月29日(旧暦7月8日 つちのえ 子 友引)

*戊(つちのえ)とは
土(五行)大きな山・硬い土を意味。成長した後に変化・退化して行く状態。(十干の意味)
*友引(ともびき)とは
「凶事に友を引く」の意。朝は吉、昼は凶、夕は大吉。可もなく不可もなくの日。
現在あることが継続・停滞することを表し、良き事象なら継続を、悪き事象なら対処することとし、「状況を推し量り行動する日」。


******************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

昨日8月28日から29日にかけて5名を富士山の頂上に上がってもらい、北海道、九州、関東、愛知、大阪、沖縄にもこれと合わせ人を配置して総勢18名の人々で祈りを行っております。富士山と沖縄の大国ミロク大社の本宮では、28日の13時、15時、18時、21時、0時、3時、富士山のご来光の時間、29日朝9時と祈りを行っており、北海道、九州、関東、石川県の自然災害に対しての祈りをするよう指示をいたしました。ただ、石川県だけは、直接現地での人をお願いすることができず、10月いっぱいまでの先送りをしてもらえるように祈りをするよう指示をいたしまして、10月10日にその自然災害に対しての御神事を直接現地石川県にてこの時は13人になりますが、祈りをしてもらうようにいたしました。

私たち夫婦は、日本の太平洋側、日本海溝を南下しながら27日の朝日の時間から、9時、12時、15時、21時、0時、3時、28日の朝日の時間に政治、経済、近隣諸国との軍事緊張緩和に対して祈りを行いました。
28日は、この日の朝日の祈りの際に啓示がありました事から、朝9時に船から下船し城ヶ島、埼玉、茨城と地震に対しての小難無難の祈りを改めて行ってまいりました。本日29日、沖縄、鹿児島、関東、北海道、富士、愛知、大阪での御神事の報告を確認します。

さて、今回、本日北朝鮮から発射されたミサイルは、啓示では、日本列島を越えることができず東北地方に落下する可能性が高いと伝えられており、この難を防ぐのが27日の朝日からの御神事でした。ミサイルが発射されたことによって軍事緊張が高まったことになりましたが、日本列島に落下するという最悪の事態の難は逃れることができました
自然災害のことについては、今回18人で行ってもらいましたが、改めて私に行うように指示があり、その事から28日関東の御神事を行うことになりました。
本日は、御神事の報告を確認しまして、明日一旦沖縄に戻ります。
その後8月31日に先月おこなった検査結果と眼科の治療を受け、9月3日までは打ち合わせや沖縄での御神事を行った後、4日頃に沖縄から本州へ移動して御神事を行う予定にしております。詳細の日程や場所などは、沖縄に戻りましてから確認をいたします。

御神事に回れますのも、ご支援くださいます方様のおかげにより行う事が出来ております。本当に、ありがたく、深く感謝申し上げます。ありがとうございます。一旦沖縄に戻り、今回の報告並びに次の御神事の指示を仰ぎ、計画いたしましてまた続けてまいります。
本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR