現在の状況と日々の祈りの際に伝えられた御言葉

2017.10.20.08:00

新暦10月20日(旧暦9月1日 かのえ 辰 先負)

*庚(かのえ)とは
金(五行) 
剛金を意味。変更・改まる状態(十干の意味)
*先負(せんぶ)とは
「先んずれば負け」の意味で、勝負事や急用は避けるほうがよいとされる。
午前中は凶、午後は吉。万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされる。


**********************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉りかです。
夫は、現在北海道から本州へと進み移動途中との事です。
移動中の為、あまり詳しい話せませんでしたが、お伝え出来る状況になりましたたら改めてお伝えさえていただきます。

無事に御神事が出来ておりますのも、皆様のおかげでございます。ありがとうございます。
どうか、今後も神様のお伝え通りの御神事が滞りなく行え、進みゆけますように、ご支援いただけますよう、心からお願い申し上げます。

比嘉りか

*この後の行程*
※画像をクリックすると少し大きくなります
10月20日 連絡のあった行程

*10月17日 昼の祈りより伝えられた御言葉*

地球に生きゆく人々よ
地球の命は 他の誰でもない 地球の 分け御霊達であり 
人々もまた 確かに 地球の 分け御霊である
けれども だからといって 地球を 己の欲望のまま 己の思うまま むさぼり続けてはならない
何故ならば この星自体は 命達の宝であり 人だけのものではない
そして この広き宇宙の中に於いても 貴重な存在 大切なる宝であり 
人々が この星に 生きている 存在しているとゆうことは
この貴重な星を 大切に 守りゆくための 貴重な 尊い 役目役割を担っているとゆうこと
それを 忘れずにいてほしい
この星だけの 宝ではなく 
宇宙全ての 宇宙全体の 大切なる 貴重な 宝である
これを 失わせる 損なってはならない
この星に 生まれたからには この星を守る この星を支える この星に生きゆく 生きとし生ける命達が
大切な その命達が 健やかに 生きゆくための 手当て 支え 補助 ケアをしてゆかなければならない
それが 人間の 本来持ちし役目である
人は社会に於いて 人間のその生活に 翻弄され 
そして その忙しさのあまり 全ての事柄を 忘れ続けてきている
しかし今こそ 思い出さなければならない
何故ならばそれは この星自体が 窮地に瀕しているからである
薄々 皆 分かっている筈である
乗り越えてゆけるか ゆけないかは 人間の意識ひとつになりゆく
争うことなく 平和な 調和の道を 
それこそがまさに 命溢れる星を任された 人とゆう種の 誇り高き その役目役割でもあり
それを担い 果たし しっかりと やり遂げることこそが
この星に生まれた魂の 満たされゆく 充足感 満たされゆく その 万遍なる 喜びに溢れ出でる その目的を達成することになるのである
間違ってはいけない
争うことこそが 解決の道ではない
歩みより 調和をもたらすことこそが この星にある本来の エネルギー 力を 十分に発揮させることに繋がるのである

情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR