現在の状況と日々の祈りの際に伝えられた御言葉

新暦12月7日(旧暦10月20日 つちのえ 辰 大安)

*戊(つちのえ)とは
土(五行)大きな山・硬い土を意味。成長した後に変化・退化して 行く状態。
*大安(たいあん)とは
大いに安しの意。何事においても吉、大吉日。終日吉


******************************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉りかです。

本日は、昨日より関東から離れ、西日本へと車を走らせ移動しております。
夫は、神々様とのやり取りが込み入っており、厳しい状況のようです。
詳細については、現時点ではお伝え出来ませんが、ご理解いただけますと幸いです。

車のメンテナンスも行いながら、場所場所での祈り、御神事を行い進むことが出来ております。
このように御神事が出来ておりますのも、ご支援くださいます方様のおかげにより行えております。
本当にありがとうございます。
神々様とのやり取りは厳しい状況のようですが、私達を支えご支援くださいます真心を持った皆様があること、共に平和、平穏、平安、安定を願い祈りくださいます方々がおられることをお伝えしながら善き流れとなるよう努めてまいります。
どうか、今後ともお支えいただけますようお願い致します。

それでは、日々の祈りの際に伝えられております御言葉をお伝えさせていただきます。
中継配信は行っておりませんが、12時、18時とその時間にいる場所からお祈りをさせていただいております。
皆様におかれましても、その時間、いる場所からで構いませんので、共に、大切な方々の笑顔が絶える事が無いようにという事を願い祈りいただけますと幸いです。

比嘉りか

*12月5日の日々の祈りの際に伝えられた御言葉*

12時の際に伝えられた御言葉
大切な日々の日常を護るために
戦 争いをすることは 解決方法にはならない
それは 一部の者の利益になるだけで
普通の 当たり前の日常を続けたい者達の
希望を満たすものではない
それよりも
日常は崩され 大切な者達の命を失う事にも
繋がってゆく
大切に育ててきた命
大切に守ってきた命
信頼してきた者たちを 大切な者たちを
失う事に繋がるだけで
幸せや豊かさには繋がらない
深く物事を考える事 思慮深くなることは
大切な事でもある
勢いや 簡単な思いだけで進むことは
時と場合による それをよく考えられよ


18時の祈りの際に伝えられた御言葉
移り変わりゆく自然をよく見られよ
その移り変わりは 昔よりもどうなっているのか
単に環境の変化 時代の変化で済まされるのか
人は 自分自身の身の回りで 精一杯になっているが
自然の 生きとし生けるものの事にも
意識を向けるようにならなければ
人は どんどん自然から離れ 取り残され
歩む道を間違ってゆく
今の自然環境を知る事は 大切なことになろう
今 命達が生きている自然界を知ることも
人の未来に対して 大切なことになる


*12月6日 移動中に見えた富士山*
※クリックすると少し大きくなります
2017 12月6日 御神事 移動中の富士山

******************************


連載:第四回「六神の願い」②大地殻変動・自然災害

② 大地殻変動
地球が誕生し、ファイヤーボールの後、様々な状態を経て地球は表 面に海を宿し、
大きな一つの大陸が誕生した。
この一つの大陸が、幾多にわたる結合と分離を繰り返し今の地球の状態になった。
この結合と分離は地球内部のマントルの対流により起きており、現在 もこの対流は、
大陸を形成しているプレートの収縮・拡大を繰り返し、プレートの上昇部と沈み込みのそばでは
摩擦により、火山やマグマだまりが形成され、地球内部の熱と圧力の調整をしている。
ホットスポットといわれるハワイ島やアイスランドは、
マントルから直接の圧力調整となっている。

地球内部の熱、エネルギーは常に地表に解放され続けているが、この解放が強く、
大きく解放されると、その動きが地球全体へ連鎖連動し、大地震、大噴火となり、
大地殻変動に繋がることになる。

元々、地殻変動は地球の本来の営みであり、地球が生きてゆく為の当たり前の動き、
必要な動きであり、この数十億年という年月の間 、何度も繰り返され、
ほぼ一定の周期で動いている。
今世紀はその周期が重なってくる時期になっている為、大地が頻繁に動き、
その動きが他の動きを誘発するという連鎖連動する時期にもなっている 。
ただ、これまで人間が行い続けてきた自然環境破壊によって、この変動の動きに
狂いが生じてきており、全ての動きが一気に動く大地殻変動へと繋がる事が伝えられている。

啓示では、次の地殻変動が一気に起きると地球そのものが崩壊して砕け散り、
再生できない状況となり地球がなくなってしまう。
その為、魂が輪廻転生で帰ってくる星がなくなってしまうと伝えられている。

※詳しい内容は今後の勉強会にてお伝えしてゆきます

大自然環境の崩壊
現在の状態のままで人間が人としての本来の役目役割(地球を守り、生命、命、自然界と
共に共存する事が出来るようにする役割)に覚醒せずに、地球環境を破壊し続けると、
自然界自身の再生機能が追いけず、地球は、金星や火星のように生命が住むことが
できない環境になってしまう。

生命、命の住むことが出来ない状況になった場合、輪廻転生で御霊が帰ってくる星が
なくなってしまう為、御霊達はさまよう霊、もしくは「無」になってしまう。
その為、神々様からは、地球を守りなさいと伝えられ続けている。

【私達が行うべきこと】
今回の地殻変動に繋がる地震、火山噴火の連鎖連動は、地球の内部、
マントル・外核・内核にも影響し、地球自体が爆発してしまう動きになる。

本来であればプレートの循環には生命体も対応できるようになっているが、
人間の私利私欲などの悪い想念が、
地球の内部に影響を 及ぼし、地殻変動や環境変化に拍車がかかってきている事、
また、人間優先の社会、人間の私利私欲、戦争、化学兵器、核兵器、細菌兵器などにより、
自然環境破壊が進み、大自然界の循環が壊れてき ていることから、地球環境、自然界も
他の生命体も再生の対応がで きなくなってきている。

祈り人、神子としては、プレートも動き続け循環している事からも 、変化に対応した継続的な
御神事が必要になってくる。
また、現在 の地球上においておきている自然環境の状態についても知り、
その事柄についても変化に対応した内容の継続的な祈りが必要になってくる。


つづく
次回、第五回は「六神の願い」③平和・政治経済についてです。

第一回から第三回まではこちらでまとめてお読みいただけます。
画像↓↓をクリックしてください。
大国ミロク大社のご神事


お知らせ

活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸


ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ

ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
(ミロク大社HPへ移動)
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください


募集のお知らせ
ミロク殿本宮では、儀式で使用いたします聖水を募集しております。
全国の気をたたえ、皆様の真まごころのこもった聖水は祭壇でご祈祷をさせていただきましたのちに、風水火の儀式で使用させていただいております。
ありがとうございます。
聖水
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし 聖水係

ボランティアのお願い
ミロク協友会として、儀式を行うための資料を日々集め
更新し作成をしています。
皆様に各種作業のお手伝いのお願いがございます。
お力添えをいただけます方、是非ご協力をお願い致します。
詳細はicon 2016

検索フォーム

関連サイト

↓クリックで関連サイトへ icon <ミロク結びバナー icon13 隙間 icon4 隙間 時系列 隙間 祈りの和TV 隙間 隙間 itiran

↓特別掲載サイトへ itiran

年別アーカイブ

2023年 12月 【2件】
2023年 11月 【25件】
2023年 10月 【32件】
2023年 09月 【28件】
2023年 08月 【17件】
2023年 07月 【26件】
2023年 06月 【26件】
2023年 05月 【32件】
2023年 04月 【30件】
2023年 03月 【21件】
2023年 02月 【26件】
2023年 01月 【24件】
2022年 12月 【30件】
2022年 11月 【22件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【24件】
2022年 08月 【24件】
2022年 07月 【28件】
2022年 06月 【22件】
2022年 05月 【6件】
2022年 04月 【26件】
2022年 03月 【15件】
2022年 02月 【16件】
2022年 01月 【17件】
2021年 12月 【20件】
2021年 11月 【25件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【7件】
2021年 07月 【2件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【6件】
2021年 03月 【12件】
2021年 02月 【14件】
2021年 01月 【26件】
2020年 12月 【34件】
2020年 11月 【20件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【2件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【13件】
2020年 04月 【3件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【6件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【3件】
2019年 06月 【6件】
2019年 05月 【22件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【9件】
2018年 08月 【15件】
2018年 07月 【9件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【15件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【13件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【23件】
2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【30件】
2017年 09月 【16件】
2017年 08月 【11件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【24件】
2017年 04月 【22件】
2017年 03月 【35件】
2017年 02月 【22件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【33件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【23件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【20件】
2015年 11月 【18件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【18件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【18件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【20件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【20件】
2014年 12月 【16件】
2014年 11月 【27件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【25件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【14件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【13件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【24件】
2013年 08月 【23件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【25件】
2013年 05月 【30件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【22件】
2012年 11月 【31件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【21件】
2011年 05月 【27件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【24件】
2010年 06月 【27件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【40件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【51件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【61件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【62件】
2008年 10月 【28件】
2008年 09月 【60件】
2008年 08月 【63件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【4件】
2008年 04月 【6件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【5件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【3件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【5件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【2件】
2005年 04月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【3件】