現在の状況と祈りの際に伝えられた御言葉

2017.12.13.08:30

新暦12月13日(旧暦10月26日 大安 きのえ 戌)

*大安(たいあん)とは
大いに安しの意。何事においても吉、大吉日。終日吉
*甲(きのえ)とは
木(五行) 
大木を意味。押さえ込まれ芽が出ない状態(十干の意味)


***********

いつも真心の御力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
日本国内においてのテロ発生の啓示が回避されていないという事は以前お話しました。年末という事もあり、この件についても回避、無難の願い祈りの御神事を行いました。
その際に、妻に伝えられてきました内容をお伝えさせていただきます。

比嘉良丸
比嘉りか


*日本におけるテロ回避の祈りの際に伝えられた御言葉

安心 安堵は 禁物である
気の緩んだところに スキのある所に
大騒ぎを起こせば 世界へと反響を起こす場所にて起きる事
日米の関係性は 世界の知るところ
そこにおいて 危機管理の薄い国では
物事が起きやすい
誰もが怪しいという事ではなく
起こさない為の人の世の仕組みが 薄い 浅いのである
この日本という国が 日本という名において
アメリカとの連名や連携ではなく 
平和に対し 対処しているという事を知らしめなければならない
各国との調和 協力 支え合い
他国からの侵入という点において
見直し 考え直し 対処のし直しが必要な時
地位や権力 権威というものを模索するのではなく
武力 戦力という強化ではなく
武力や戦力を強化しても テロという行為の発生を防ぐことは出来ない
大難が起きる事が無いように 対処の仕組みを持つことは
人の世として手本となろう
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR