現在の状況と祈りの際に伝えられた御言葉

2017.12.20.09:25

新暦12月20日(旧暦11月3日 かのと 巳 先勝)

*先勝(せんしょう)とは
先んずれば即ち勝つ」の意。万事に急ぐことが良いとされ、午前中は吉、午後2時より午後6時までが凶。
*辛(かのと)とは
金(五行) 
加工された金属・貴金属を意味。成長を極めて変革する状態。(十干の意味)


*************

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸です。

本日は、少し御神事についてお伝えいたします。
年末年始に向けて、日本国内、世界も政治、経済において各々の思惑、駆け引きが活発になってまいります。しかし、一国だけの政治経済で成り立つことではなく、アジア、ヨーロッパ、アメリカと世界中の先進国、後進国、世界の様々な国々の中で行われており、最終的には自分の国にすべての利益を得るために、国益を優先しての駆け引きをしています。
この時期、裏でこういった大きな駆け引きが行われている時に、自然災害やテロが起きてしまうと、とてつもない混乱が発生する状況にもなりますし、逆に、国民が一つにまとまる場合もあります。どちらに進むかは、政治、経済のその時の状況、裏での駆け引きの内容によって異なってまいります。
この数日間、冬至に向けて日本国内で起きるといわれている自然災害回避について御神事を行っております。この自然災害は、日本をとてつもない混乱に陥れるか、経済を混乱に陥れるか、または、この地震の発生によって、次のとてつもない破壊的な災害に拍車をかけるようなことになり、地球そのものに大きな影響を与えてしまう壊滅的な災害になりかねないと啓示で伝えられ回避の御神事を行っております。
本日12月20日も、冬至の御神事、自然災害を完全に回避する為の御神事を行っております。
今回の冬至の御神事が成功すれば、来年の春分まで伝えられている大きな災害を先送りし、抑える事が出来るという事が伝えられており、今、御神事を成功に導くという事に集中し 進めております。
しかし、今回の22日冬至の御神事は、これまで共に御神事を行なってきた祈り人によって行う事になっております。今まで、一人一人の考えがまとまらず、うまくかみ合わなかったことが続きましたが、この冬至につきましては、本当に今後も力を合わせておこなえるのか、最低限この御神事を成功に導くか神々様より試されることになっております。
私達夫婦としては、まずこの御神事がうまくゆくように、行う為の趣旨、目的をきちんと理解し、力を合わせ、祈り人がしっかりと認識し、目的を一つにし、成功に導くために学び、それを御神事に活かすことが出来るようにする。
そして、それを支える神々も一つの調和をうみ、神々の調和と祈り人の意識が、調和、和合し、祈り人と神々とが一体となって、目の前の災いを回避することができ、そして、未来に繋げる為の御神事が出来るようにする。世づくり、国作り、未来作りが、成功した先にまた動き出すことが出来るという事を、自分の身を持って知るための御神事でもあります。
私たち夫婦も、ただその人達にすべてを託し任して、何もしないという訳でありません。毎日、夫婦にてこれから起きる自然災害が、どういうものか神々様とやり取りを行い、それを祈り人に知らせ、そして夫婦で御神事を行い、きちんとした仕組み作りをしながら冬至の御神事がうまくゆくように、どのようなことになろうとも、夫婦にて明日、未来へとすべての命、生命、そして社会が新たな未来へ発展してゆく為の御神事を続けております。どのような事に発展しても必ず未来へ、今の時の流れが良き方向へ流れてゆくように、毎日毎日欠かさず行ってまいります。
さて、昨日おこなった御神事の内容ですが、政治や経済に対して祈りを行いました。人間の思惑、人間の表裏、人間の欲と憎悪が未来に大きく左右します。それらは、地球そのもの、大地そのものにも 大きく影響を与えます。このような思いが、大きな自然災害を呼び込む、突き動かす、テロや戦争へ流れる、想念、憎悪を生み出す強いエネルギーとなりますので、そのような事柄に繋がらないよう祈りを行いました。
本日は、その際に妻に伝えられました御言葉を本日はお伝えさせていただきます。

*祈りの際に伝えられてきた御言葉*
経済の立て直しにやっきになっているが
戦争を起こそうとする動きでは 潰される
自然界も 人間の戦争がおきれば
どのような状況になるのかは 理解している
命生命を守るためにも 人間たちの起こす戦争という物事は
大きく起きないように動こうとする
それは 人間の排除につながる
そうでもしなければ 人間は争う事はやめないと
しかし どのような状況になっても
戦争が起きないように 自然界が止めたとしても
人間は 変わらない
今のままの人間では 何も変わらない
何故なら 戦争という手段が何かを変えるという意識がある限り
その手段を使おうとするからである
それでは なんの解決にもならないという事や
惨事や憎悪 負の連鎖しか残らないという事を
十分に理解していないからでもある
命達 人間を含む 自然界との関連性や地球との関連性
これらを知れば 汚染という事が
どれほどまでに 自分の命を危ぶませるかわかると思うのだが
そこまでの意識に発展しない
その利益は 金銭だけを生むのか
金銭が大事か 命が大事か 
金銭が大事か 子供達が大事か
何が大事なのか
考えて 進めれば 違った糸口 道は 見つかる
争いではない道を もういい加減進め


皆様の真心のお支えにより御神事が行えております。
深く感謝申し上げます。ありがとうございます。
善き流れになるよう、本日も努めてまいります。
いつも、いつも、本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR