現在の状況と御神事について<4月9日午前の部の続き>

本日、4月9日午前中に掲載しました内容の続きを掲載いたします。(午後掲載の予定でしたが早めに掲載させていただきます)

*続き*

私としては、できる限り震度5弱で抑えながら溜まっているエネルギーの分散分割をし、多くの地域、多くの国々でその力の分散を受け持ってもらえればと思っておりますが、場合によっては大きな被害が出る場所もあります。このような事をお伝えすると大変拒絶される場合もありますが、しかし、今、目の前にある危機は、とてつもない大きな危機です。日本という国が無くなり、全地球の滅亡、地球のすべての生命の滅亡、絶滅に繋がるか。計り知れないエネルギーの放出と連鎖連動が、起きる可能性がある状況です。 
この連鎖連動は、一度に起きる形ではなくとも、数年、数十年をかけて、確実に破局へ持ってゆく流れが生まれる可能性があります。

3.11以降の余震、前震、火山の噴火というものは、結局、連鎖連動に繋がっております。しかし、それは時間をかけての連鎖連動ですので、緩やかな緩やかという言い方はおかしいですが、時間をかけながら何とかバランス調整を取り、落ち着く流れへと進め続けるという流れは作れます。

この3・11が起きた頃、今回と一緒で九州の鹿児島の薩摩硫黄島周辺にある鬼界カルデラ、そして、大隅半島の先端、薩摩半島にある開聞岳などがある阿多、桜島のある姶良、霧島連峰のある安楽カルデラ、阿蘇の阿蘇カルデラの地域において、破局噴火が起きる状況にあり、そこで大きな力抜きをどうしてもおこなわなければならない状況がありました。その時も、新燃岳の力抜きがありましたが、それだけの力では、どうしても抜くことが出来ない力を自然界が分散したのが 3・11となり動きました。その後、2014年から2015年に、再び薩摩、九州辺りで大きな破局噴火が起きる可能性が伝えられ、外国で分散分割して凌げるように御神事をおこなってまいりましたが、それでも国内においても力抜きとなる大きな地震が起きました。
3.11以降、その余震、前震を神々様とやり取りしながら本来発生するエネルギーを分散し、発生の時期をずらしながら力を抜いている状況にあります。最悪の事態をずらし避け続け、分散している状況の中、改めて今薩摩が動く事が伝えられ、そして、南海トラフも動く時期に来ております。双方を動かさず、一気に連鎖する事が無いように、分散しバランスを整える事が、大切な時期に来ております。2010年2011年の状況と今は大変酷似している時期にあり、どう乗り切るのかが課題になっております。
南海トラフおよび関東の四連動、特に、東南海から始まった場合には、それは一気に繋がってゆきます。四連動は、一気に発生し、そして、数か月おきには、様々な形で連鎖の動きが出て、数年後に、その流れは、世界中、地球規模に広がってしまっているという結果に繋がります。ですから、どちらにしても東南海からの連鎖は避けたい。
それと同時に、直接の鬼界カルデラ、阿多、姶良、阿蘇カルデラでの直接の動きは避けたい、ここの本格的な動きは絶対に避けたいのです。それは、ここが動けば、数か月待たない時間で破局へ進むからです。鹿児島へと進む中、これらの内容を改めて伝えられてまいりましたので、連動する事がなく、何とか力抜きがなされてゆくようにという事を祈り、御神事を続けてゆきました。
今、様々な場所に注意を払ってゆかなければいけません。九州から関東の範囲だけを注意しているわけにはゆかず、北の北海道、東北も油断できない場所です。カムチャッカからクリル列島、千島列島、北海道への連鎖や、逆に本州から北海道へ連鎖連動が起き、屈斜路湖へ影響があれば、摩周湖、阿寒湖、支笏湖、洞爺湖とここでも巨大カルデラがあり、油断できない状況があります。
屈斜路湖は、日本最大のカルデラです。阿蘇が日本一、世界一といわれてきましたが、現在では屈斜路カルデラが日本最大であり、世界一は、先だって御神事にまいりましたインドネシアに存在します。
本州の北、青森の十和田湖や那須火山帯を代表する火山なども注意しなければなりません。日本列島、火山、プレート、活断層の動きを注意しながら、一気に大きな連鎖を促す、前震となる地震を避けながら、できる限り震度5弱、最悪でも震度6の地震、M(マグニチュード)にして6クラスで力が抜けるように、そして、大きな連鎖連動に繋がる場所での前震となる地震や噴火、活断層の動きなどは極力回避しながら、ピンポイントでの力抜きを行っている状況にあります。そして、その規模でも極力、人命被害や巨大災害にならないように、出来るだけ災害が小さくなるように御神事をおこなっております。
私を使っている、協力してくださっている神々様との話の中で打ち合わせ、そこまではこれまでの御神事の中で伝えられている内容から、何とかしのいできていると受け止めています。
しかし、今後またどのように物事が動き、変化してゆくのか、まだ先は見えないので、常に集中して御神事をおこないながら、善き流れになるよう仕組みをつくってゆくことになります。今、その仕組み作りというのは、どういうことかという事や、ピンポイントで力を抜く場所もお伝えする事は、避けておきます。

とにかく、日本という国が無くなるようなことがあれば、結局すべてが失われます。この地球のひな型である日本。その日本列島、北海道から本州、四国、九州、琉球沖縄まで、その場所場所が、すべて崩壊、国、島というものが無くなるようなことがあれば、それは地球、全ての生命の絶滅を意味し、最悪の場合には、地球そのものも破壊される、地球内部での大爆発が起きる可能性すらあるのです。ですから、どんなことを言っても、この日本という国は守らないといけない。世界のひな型として、日本という国、日本列島を守りながら、新しい大地殻変動の仕組みを作る事が、すべての命を未来へ繋ぐことになります。人類を一つにまとめることが出来ます。日本だけは決して無くしてはいけない。守らなければいけない、日本列島であり、国であります。
とにかく、神戸から鹿児島へ向かいながら、様々な角度からの御神事を行い、沖縄へ向かいました。

最後に、私が動画配信したものを、今YouTubeから一旦削除しております事についてお伝えしたいと思います。中継配信や書き込みもそうなのですが、中継配信の際や書き込みの文章作成中に、様々な精霊、神様、時には霊界の存在、多くの先祖の方々ですと霊界というよりも御霊の方々が、様々なことを伝えて来ます。あれこれと話しかけ、伝え、訴えてくる状況で、各々が、それぞれに伝えてくる内容を私自身整理しながら話をしているのですが、どうしても整理が出来ずに言葉を発したり、早口になってしまったり、先ほど話していた存在と次に話してくる存在の内容が異なり、そのまま話してしまい、内容が入り交ざって話してしまったり、それぞれの存在が、それぞれの立場から話してくるので、頭の中での情報が混乱し、先日は、歳差運動を600万年などと間違った数字で言ってしまったり、他の内容と混乱してしまい、入違った情報や言葉を発したりしてしまいます。特に中継の際には、伝えたい、聞いて欲しいという様々な存在の思いが強く、様々な内容を伝えられてきます。本来は整理してお伝えするべきなのですが、動画は中継なので、そのまま流れてしまいます。また、書き込みも、内容を口頭で妻に話してゆき、それを妻がそのままタイピングし、文章を整え編集します。編集後も構成、確認しておりますが、やり取りが続いている中で行うと、どうしても見落としてしまう事や更に伝えたいと中継同様増え続けてゆく事があります。
そして、書き込み、ブログへの掲載時間に関して、御神事的にも大きな意味があり、私が、都度、時間を定めておりますことから、内容の量によってはきちんと確認構成が出来ないまま、文章を掲載してしまう事があります。
その為、時間内に一旦文章は掲載いたしますが、改めて整理しまして、長文になりますが、今一度整理した内容、文章をお伝えしたいと思います。
私が、ブログや動画の中にてお伝えしている内容につきまして、上記のような理由から、正直、辻褄が合わない内容だったり、間違った内容を話すこともございます。今後は出来るだけしっかりと確認しました後に掲載出来るように努めて参ります。

そして、はっきりとお伝えしておきますが、私は預言者ではありません。私は世の中の出来事を当たる当たらないの判断で、おこなっているわけではありません。私が聞いている啓示は、現実化してしまうと全てが失われる、消えてしまう内容であります。ですから、これらを言い当てるということではなく、事前にできる限り改善し、回避できるものは回避し、緩やかにできるものは緩やかにし、私がおこなえる全ての事をおこない、全ての命、生命の循環、命の循環を未来に繋ぎ続けながら、人間社会の循環を発展、進化するように、人間自体の意識の進化がおこなえるようにというが目的であります。
ブログや動画にてお伝えするという事も、多くの意識が向く事によって、改善の糸口、変化が生まれるからです。恐怖でおののき、何も手を打たないというのではなく、事前に知ることによって、回避、改善、対策、対応という意識へ向かい、何らかの防災の意識、行動の発生から、厄災を乗り越える流れが生まれる事で、私に見せ、伝えられている啓示の内容も変化してまいります。多くのよい流れへと向かう為の意識やそれに伴う行動が発生する事で、世の中に、見えない世界に、改善、回避への動き、流れが生まれ、現実に起きる現象が改善されてゆく為でございます。
とにかく、見せ、伝えられているそのビジョンが現実のものとならないように、何事にも気を取られることなく、集中しやり遂げてゆけるよう努めてまいります。見えない世界での話、内容ではございますが、これが現実化すればとてつもない状況になります。
国内、国外とどうしても要所、要所、抑えてゆかなければいけない場所、今後の大きな地殻変動の動きに対し、善き流れになるよう新たに仕組み作りも続けてゆかなければなりません。鬼界カルデラ、阿多、姶良、阿蘇のカルデラの動きをできるだけ抑えながら、一気に出ようとする力の噴出を先送りしながら、徐々に噴出し溜まっているエネルギーを穏やかに解消しながら、落ち着けるように新たな仕組みを作ってゆく御神事をおこない、できる限り無難にしたいと思っております。
私が、行えるできる限りのことをおこなってまいります。どうか、今後も御神事を続けてゆく事が出来るよう、お力添え、ご支援を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。どうか、今後とも御神事が出来るように、お力添えいただけますようお願いいたします。

長文をお読みいただきまして、ありがとうございました。


比嘉良丸
比嘉りか

お知らせ

活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸


ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ

ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
(ミロク大社HPへ移動)
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください


募集のお知らせ
ミロク殿本宮では、儀式で使用いたします聖水を募集しております。
全国の気をたたえ、皆様の真まごころのこもった聖水は祭壇でご祈祷をさせていただきましたのちに、風水火の儀式で使用させていただいております。
ありがとうございます。
聖水
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし 聖水係

ボランティアのお願い
ミロク協友会として、儀式を行うための資料を日々集め
更新し作成をしています。
皆様に各種作業のお手伝いのお願いがございます。
お力添えをいただけます方、是非ご協力をお願い致します。
詳細はicon 2016

検索フォーム

関連サイト

↓クリックで関連サイトへ icon <ミロク結びバナー icon13 隙間 icon4 隙間 時系列 隙間 祈りの和TV 隙間 隙間 itiran

↓特別掲載サイトへ itiran

年別アーカイブ

2024年 02月 【21件】
2024年 01月 【27件】
2023年 12月 【36件】
2023年 11月 【25件】
2023年 10月 【32件】
2023年 09月 【28件】
2023年 08月 【17件】
2023年 07月 【26件】
2023年 06月 【26件】
2023年 05月 【32件】
2023年 04月 【30件】
2023年 03月 【21件】
2023年 02月 【26件】
2023年 01月 【24件】
2022年 12月 【30件】
2022年 11月 【22件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【24件】
2022年 08月 【24件】
2022年 07月 【28件】
2022年 06月 【22件】
2022年 05月 【6件】
2022年 04月 【26件】
2022年 03月 【15件】
2022年 02月 【16件】
2022年 01月 【17件】
2021年 12月 【20件】
2021年 11月 【25件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【7件】
2021年 07月 【2件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【6件】
2021年 03月 【12件】
2021年 02月 【14件】
2021年 01月 【26件】
2020年 12月 【34件】
2020年 11月 【20件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【2件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【13件】
2020年 04月 【3件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【6件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【3件】
2019年 06月 【6件】
2019年 05月 【22件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【9件】
2018年 08月 【15件】
2018年 07月 【9件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【15件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【13件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【23件】
2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【30件】
2017年 09月 【16件】
2017年 08月 【11件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【24件】
2017年 04月 【22件】
2017年 03月 【35件】
2017年 02月 【22件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【33件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【23件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【20件】
2015年 11月 【18件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【18件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【18件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【20件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【20件】
2014年 12月 【16件】
2014年 11月 【27件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【25件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【14件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【13件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【24件】
2013年 08月 【23件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【25件】
2013年 05月 【30件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【22件】
2012年 11月 【31件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【21件】
2011年 05月 【27件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【24件】
2010年 06月 【27件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【40件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【51件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【61件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【62件】
2008年 10月 【28件】
2008年 09月 【60件】
2008年 08月 【63件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【4件】
2008年 04月 【6件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【5件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【3件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【5件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【2件】
2005年 04月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【3件】