現在の状況について**事務局掲載**

2018.06.13.08:00

新暦6月13日(旧暦4月30日 ひのえ 子 先負)

*丙(ひのえ)とは
火(五行) 
燃え上がる炎・太陽を意味。万物が明らかになる状態。
*先負(せんぶ)とは
「先んずれば負け」の意味で、勝負事や急用は避けるほうがよいと される。
午前中は凶、午後は吉。万事に平静であることが良いとされ、勝負 事や急用は避けるべきとされる。


千葉・房総沖プレート境界動く 今後の地震活動に注意
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180612-00394089-fnn-soci
6月12日6:28ヤフーニュース

NHKも以下のように注意を呼びかけています。
千葉県東方沖 プレートが緩やかに動く 念のため地震に注意
2018年6月11日 21時56分

今月、小規模な地震が相次いでいる千葉県の東方沖で、地下のプレートの境界がゆっくりとずれ動く「スロースリップ」と呼ばれる現象が起きていることがわかりました。過去にはこの現象に伴い、震度4前後の揺れを観測する地震も起きていて、専門家は、念のため今後の地震活動に注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、今月、千葉県東方沖で小規模な地震が相次いでいて、3日には千葉県で震度1の揺れを観測しました。
0603.png

政府の地震調査委員会が11日に開いた会合で、国土地理院や防災科学技術研究所の観測データが示され、房総半島では今月に入り、GPSによる観測で地盤が南東におよそ1センチずれ動く変化が捉えられたということです。

地震調査委員会によりますと、千葉県東方沖やその周辺では海側のプレートが陸側のプレートの下に沈み込んでいて、これらのプレートの境界がゆっくりとずれ動く「スロースリップ」と呼ばれる現象が起きているということです。

この現象は数年おきに発生し、周辺の地震活動が活発になるということで、最近では4年前の平成26年1月に千葉県で震度3の揺れを観測する地震が2回起き、平成19年8月には震度5弱の揺れを観測する地震も起きています。

地震調査委員会の委員長で東京大学地震研究所の平田直教授は「過去には体に揺れを感じる地震も起きている。念のため今後の地震活動に注意してほしい」と話しています。

以下比嘉良丸より
これらの記事で、これまで伝えてきた関東で起きる大きな災害が実際に起きる状況にあると理解出来ると思います。

実際に起きる状況を御神事で凌ぎ状況を変えていかなければならないと言う事、そして実際の御神事で大きな負の流れを分散分割しながら穏やかに回避しながら流れを変えていく御神事を行っている事をご理解いただければと思います。ただ、いまだ油断が出来ない状況が常に有り、この負の流れを変えてゆく御神事は、今後も常に継続的におこなって行かなければならない御神事で、大変重要な御神事の一つです。

2018年に入ってから千葉県東方沖で起きたM5以上の地震
2018年3月19日千葉県東方沖 M5.2 震度2
2018年4月21日千葉県東方沖 M5.1 震度3
2018年5月17日千葉県東方沖 M5.3 震度4
そして6月12日にもM4.9でしたが、地震が起きています。
0612.png

過去房総沖で起きた巨大地震
1605年2月3日 (慶長9年12月16日)M8前後。
1677年11月4日(延宝5年10月9日)M8.0
1909年3月13日8時19分にM6.5、23時29分にM7.5
1953年11月26日M7.4
1984年9月19日房総半島南東約200km沖合の海溝三重点付近で発生M6.6

以上
事務局






情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR