事務局掲載自然災害ニュース

2018.06.14.08:30

新暦6月14日(旧暦5月1日 ひのと 丑 大安)

いつも皆様のお力添えに心より感謝申し上げます。
リトアニアに移動しました比嘉良丸より、気になるニュースとして下記を掲載するようにと伝えられました。

■霧島連山に大規模マグマだまり 気象庁など解析、最大で長さ15キロ
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6285761
6/11(月) 10:20 掲載ヤフーニュース
2011年以降、断続的に噴火する新燃岳(しんもえだけ)や、今年4月に250年ぶりに噴火したえびの高原(硫黄山)など活発な火山活動を続ける宮崎、鹿児島県境の霧島連山の地下に、最大15キロに及ぶ大規模なマグマだまりがあることが、気象庁気象研究所(茨城県つくば市)などの研究グループの解析で明らかになった。新燃岳の噴火を受けて国や大学、自治体などの観測網が強化され、豊富なデータが利用可能になったことが地下構造の解明につながった。

■十勝岳で火山性微動観測、北海道 登山客らに注意喚起
2018年06月11日 16時25分西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/423712/
気象庁は11日、北海道の十勝岳で5月末以降、一時的に火山性地震が増え、短時間の火山性微動を観測していると明らかにした。今後の火山情報に注意し、火口付近など危険な場所に立ち入らないよう登山客に呼び掛けている。噴火警戒レベルは1(活火山であることに留意)を維持している。
十勝岳は地震計などのデータを気象庁が24時間監視している常時観測火山の一つ。2004年2月にごく小規模な水蒸気噴火があり、その後も断続的に火山性微動が観測されている。

===転記以上===
その他気になる自然災害のニュースを掲載いたします。

■バリ島アグン山が噴火 噴煙2000メートル 再び活発化か?
インドネシアのバリ島で13日午後12時5分(日本時間)、アグン山が再び噴火した。2月の爆発後、目立った活動は見られなかったが、今月10日夜から火山性地震が観測されていた。
同国国家災害管理局(BNPB)によると、現地時間13日午前11時過ぎに発生した噴火では、噴煙が火口上空2000メートルに到達。
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/5/25176.html
ハザードラボ

■コロンビア ガレラス山で火山性地震M4.9 建物損傷 死者2人 噴火の前兆か?
南米コロンビアで日本時間12日午後、ナリニョ州のガレラス火山を震源とするマグニチュード(M)4.9の地震が発生した。地元メディアによると、地震発生直後にエクアドルとの国境近くで2人の死亡が確認されたという。
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/5/25175.html
ハザードラボ

■硫黄島、火山活動で急激に隆起…滑走路にひびも
(中略)国土地理院によると、直近の隆起は2006年頃に始まり、11年頃から加速した。防災科学技術研究所によると、観測が始まった1976年から現在までに約10メートル隆起しているという。地下のマグマが上昇し、地盤を押し上げているとみられる。長期間にわたる隆起のペースとしては世界的にまれという。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20180608-OYT1T50082.html

2015年のブログになりますが、勉強会の内容を書き起こししたものです。地球規模での比嘉良丸の御神事について説明しております。
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-2452.html


以上
事務局

情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR