アイスランド御神事にて伝えられた御言葉

新暦8月19日(旧暦7月9日 みずのと 未 先負)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日は、先日に引き続きまして、アイスランドの御神事の際、各地の祈りの際に妻に伝えられました御言葉をお伝えさせていただきます。

比嘉良丸
比嘉りか

*** 7月から8月 アイスランドの御神事にて伝えられた御言葉 ***
※写真はクリックすると少し大きくなります

*8月3日 アイスランド イーサフィヨルズにて伝えられた御言葉*
どこへ行こうとも
自然がある
そして 地球は繋がり 大地 大気がある
人がどの様に受け止めるのかはわからないが
地球は繋がっている
どこかの出来事は 遠い場所でも影響を受けるのである
良きにしろ 悪しきにしろ
安全な場所など どこにそんざいしているのか
地球との共存を考えてゆかなければ
人の場所は どこにも無くなってしまう
しかし 人も地球の子である
地球との共存は 確かにできるはずである


20180803 御神事 アイスランド イーサフィヨルズ1
20180803 御神事 アイスランド イーサフィヨルズ2 20180803 御神事 アイスランド イーサフィヨルズ3 20180803 御神事 アイスランド イーサフィヨルズ4
20180803 御神事 アイスランド イーサフィヨルズ5 20180803 御神事 アイスランド イーサフィヨルズ6


*8月4日 アイスランド レイキャビック 停泊の際に伝えられた御言葉*
人は そこから 何を 学ぶか
自然の前での無力を知り 自然を侮らず 共存してゆく事が出来るか
いや それをしなければ 人間の道は狭く 先は ない
大地の子 地球の子として
人間は このままの横暴さで生きてゆくのか
自然界の問いかけに対し 人間はどのように答え 生きてゆくのか


20180804 御神事 アイスランド レイキャビク1 20180804 御神事 アイスランド レイキャビク3

20180804 御神事 アイスランド レイキャビク2 20180804 御神事 アイスランド レイキャビク4 20180804 御神事 アイスランド レイキャビク5
御神事 アイスランド レイキャビク6 御神事 アイスランド レイキャビク7


*8月5日 アイスランド レイキャビックにて伝えられた御言葉*

・大地の裂け目(ギャウ)(シンクヴェトリル国立公園内)にて伝えられた御言葉
小さき者よ
己の小ささをどれほど感じるか
そして どれほど 自然界に 地球に囲まれているのかを
実感する事が出来るか
人は このような中で生きている
どこにいても たとえ ビルの中にいても
地球という大地に 地球という場所に生きている
どこまで行っても 果てしなく続くのでは無い
限りはあり 全ては循環の中にあり 無限では無い
さて 人は これから どうやって生きてゆくのか
争いもまた 再現されてゆくのか
争ったところで 何も変わらない
変わるのは 自分自身の生活や命の限りを早くするということ
それは 自然界との歩み寄りも
急速に そして 絶望的に
立ち止まる事も必要であろう
変えられないのでは無い
変える気がないのであろう
人間が変われば 自然は それに答える
自然は 人間の行いによって 否応無しに変わり続けてきた
今度は 人間が 変化した自然に対し 変化するばんではないのか


20180805 御神事 アイスランド 大地の裂け目(ギャウ)(シンクヴェトリル国立公園内1 
20180805 御神事 アイスランド 大地の裂け目(ギャウ)(シンクヴェトリル国立公園内2 20180805 御神事 アイスランド 大地の裂け目(ギャウ)(シンクヴェトリル国立公園内3 
※大変大きく人との差がよく解かります
20180805 御神事 アイスランド 大地の裂け目(ギャウ)(シンクヴェトリル国立公園内4
※自然のバランス※

・滝(グトルフォスの滝)にて伝えられた御言葉
大地は 今 変わろうとしている
そうしなければ 生きとしいける存在を 保つ事ができないからである
それまでに 人は どうしてゆくのだろうか
人間の事は わからない
不安や恐怖によって 不可解な行動に出るものもいる
恐れの中に巻き込まれる事なく
冷静に判断して進むことでもある
冷静さを失わない事は 大切でもある
見ないようにするのではない
眼をふせるのではない
理解して 最善の判断をして行動する
逃げる事は出来ない
この星に生きているのであるから
この星の子であるのだから
共に歩む道を 未来へ進め


20180805 御神事 アイスランド 遠くの氷河 20180805 御神事 アイスランド (グトルフォスの滝)
※左の写真の山間の白い部分は氷河です

・間欠泉(ストロックル間欠泉)にて伝えられた御言葉
人は 地球を愛し 自然を愛している
その気持ちはよくわかるが
では その愛は どの様に差し出されているのか
ただ 観覧するだけの 得るだけの楽しみ
そのような愛か
この自然は 人が守らなければ 保つ事ができない事が多々ある
人が 自然に目を向け その行動という手を差しのばさなければ
自然は 消滅してゆく
人の生活において
人の愛は 受け身なだけか
自然が 衰退していっている事に対して
見て見ぬ振りか
自らの行動 生活によって 自然が衰退していっていることに
何も行動を取らないのか
人が行える事は沢山ある
何も行わなければ この様な自然は 二度と戻らない


20180805 御神事 アイスランド ストロックル間欠泉
20180805 御神事 アイスランド どこでも地熱 20180805 御神事 アイスランド どこでも地熱2
※あちらこちらで地熱の利用施設がありました

20180805 御神事 アイスランド 地図で見るアイスランドの歪み 20180805 御神事 アイスランド 地図で見るプレート境界
※地図では、アイスランドの大地の歪みがよくわかります ※プレートの境目に間欠泉があるそうです

*8月6日 航海にて伝えられた御言葉*
未来を しっかりと考えて進まなければ
今のままでの道の継続は 難しい
今のままでは 自然界も 地球も 人も保つことは難しい
それを 少しでも 気づいているからこそ
不安や恐怖 刹那が 湧き上がってもくるのであろう
これらの思いに飲み込まれてはいけない
これを克服するには 人間の意識 行動によって変化をもたらす事が出来る
ここまで 地球 自然界び手を入れてきた人間である
それを修復するにも人間の手が必要である
冷静に 自分に何が出来るのか
行えることを行なってゆくことによって
その変化は 着実に現実になってくる


20180806 御神事 アイスランド 航海中1 20180806 御神事 アイスランド 航海中2 20180806 御神事 アイスランド 航海中3
※この日は海が大変荒れていました・・・

*8月7日 イギリス インバーゴードンにて伝えられた御言葉*
後世に残し続けられること
残し続けられないこと
生命 命を 考えて
平和の世に ふさわしく
地球人として誇れるように
そのような 良き習慣を 残しゆけ
生命 豊かなる星の者として
ふさわしき 存在に 人よ 成長せよ


20180807 御神事 スコットランド インバーゴードン1 20180807 御神事 スコットランド インバーゴードン2
20180807 御神事 スコットランド インバーゴードン3 20180807 御神事 スコットランド インバーゴードン4 20180807 御神事 スコットランド インバーゴードン5

*8月8日 航海にて伝えられた御言葉*
古からの負の連鎖を 断ち切り
後世に残る 良き連鎖を繋ぐように
良き流れは 意識して続けてゆかなければ
知らぬ間に 失せてゆく
習慣化することは 良いことでもあるが
当たり前として その意味も受け継がれず
人は その重要性や必要性を忘れていってしまう
それでは また同じ事の繰り返しの 世を迎えることになろう
良い連鎖が残り 続いてゆくように
人が 意識をしてつないでゆく事が 大切なのである
当たり前として 言わないのではなく
伝えるからこそ その深さを知る事が出来る
赤子 から大人になるまで
経験を活かして 伝えられることは 伝えゆけ
今からでも 伝えられる者に 伝えてゆけ


20180808 アイスランド 御神事 ドイツへ航海中1 20180808 アイスランド 御神事 ドイツへ航海中2
20180808 アイスランド 御神事 ドイツへ航海中3 20180808 アイスランド 御神事 ドイツへ航海中4
※途中、ベランダに鳥が休みに来ました

*以上*

お知らせ

活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸


ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ

ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
(ミロク大社HPへ移動)
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください


募集のお知らせ
ミロク殿本宮では、儀式で使用いたします聖水を募集しております。
全国の気をたたえ、皆様の真まごころのこもった聖水は祭壇でご祈祷をさせていただきましたのちに、風水火の儀式で使用させていただいております。
ありがとうございます。
聖水
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし 聖水係

ボランティアのお願い
ミロク協友会として、儀式を行うための資料を日々集め
更新し作成をしています。
皆様に各種作業のお手伝いのお願いがございます。
お力添えをいただけます方、是非ご協力をお願い致します。
詳細はicon 2016

検索フォーム

関連サイト

↓クリックで関連サイトへ icon <ミロク結びバナー icon13 隙間 icon4 隙間 時系列 隙間 祈りの和TV 隙間 隙間 itiran

↓特別掲載サイトへ itiran

年別アーカイブ

2024年 02月 【23件】
2024年 01月 【27件】
2023年 12月 【36件】
2023年 11月 【25件】
2023年 10月 【32件】
2023年 09月 【28件】
2023年 08月 【17件】
2023年 07月 【26件】
2023年 06月 【26件】
2023年 05月 【32件】
2023年 04月 【30件】
2023年 03月 【21件】
2023年 02月 【26件】
2023年 01月 【24件】
2022年 12月 【30件】
2022年 11月 【22件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【24件】
2022年 08月 【24件】
2022年 07月 【28件】
2022年 06月 【22件】
2022年 05月 【6件】
2022年 04月 【26件】
2022年 03月 【15件】
2022年 02月 【16件】
2022年 01月 【17件】
2021年 12月 【20件】
2021年 11月 【25件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【7件】
2021年 07月 【2件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【6件】
2021年 03月 【12件】
2021年 02月 【14件】
2021年 01月 【26件】
2020年 12月 【34件】
2020年 11月 【20件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【2件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【13件】
2020年 04月 【3件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【6件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【3件】
2019年 06月 【6件】
2019年 05月 【22件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【9件】
2018年 08月 【15件】
2018年 07月 【9件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【15件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【13件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【23件】
2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【30件】
2017年 09月 【16件】
2017年 08月 【11件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【24件】
2017年 04月 【22件】
2017年 03月 【35件】
2017年 02月 【22件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【33件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【23件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【20件】
2015年 11月 【18件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【18件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【18件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【20件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【20件】
2014年 12月 【16件】
2014年 11月 【27件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【25件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【14件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【13件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【24件】
2013年 08月 【23件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【25件】
2013年 05月 【30件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【22件】
2012年 11月 【31件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【21件】
2011年 05月 【27件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【24件】
2010年 06月 【27件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【40件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【51件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【61件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【62件】
2008年 10月 【28件】
2008年 09月 【60件】
2008年 08月 【63件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【4件】
2008年 04月 【6件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【5件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【3件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【5件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【2件】
2005年 04月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【3件】