現在の状況について

2018.10.08.11:40

新暦10月8日(旧暦8月29日 みづのと 酉 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

10月6日にカナダ・バンクーバーからアラスカ、アリューシャン列島、カムチャッカ、北海道、横浜と回る海からの御神事より戻りました。
10月2日に、皆様に日本国内、愛知県や九州、日本海側においての地震や東南アジアへの御神事が伝えられていることをお伝え致しました。皆様の真心のお力添えをいただきまして、何とか東南アジアのインドネシア、シンガポール、マレーシア、タイの御神事に10月中に行ける目途が立ってきました。ありがとうございます。しかし、連休という事もあり、現在日程の調整となっていると伝えられまして、調整待ちになっております。詳しい日程などが決まりましたら、改めてご報告させていただきます。実際に渡航できるような状況になった事を本当に感謝いたしております。皆様の真心本当にありがとうございます。

さて、先日、愛知にて震度4の地震がありましたが、啓示として伝えられておりますのは、愛知はまだ油断が出来ないという事、そして、それとは別に大きく避けたいと伝えらえております地域が、茨城、神奈川、九州とあり、これらの地域についても地震は出来る限り縮小に努めるが、大地殻変動のその大きさを考えると、縮小といっても震度7クラスでないと 今後の大地殻変動を抑える流れは抑えられないという事も言われている状況です。
こういった状況の中で何とか東南アジアの御神事に行ける事になり、この御神事においてこれらの日本国内の動きの縮小に努め、また、その後、御神事を継続しておこなってゆく事が出来れば、更に縮小をしてゆく事も出来る事は伝えられております。現在も環太平洋で大きく分散分割をしてくれており、台風も、伝えられております注意しなければいけない地域を通過していることからも自然界が大きく清めをしてくれている事が分かりますが、神々様より伝えられております御神事を継続してゆく事が更にバランス調整が取れる事を伝えられております。これには、今回の東南アジア・インドネシア、シンガポール、マレーシア、タイの他に、一つは、オセアニア地域、オーストラリア、ニュージーランド、もう一つは、アメリカの西海岸地域の御神事をおこなうようにも伝えられてきております。しかし、今年につきましては、その後の日程として戦争回避の為のイスラエルや中東周辺諸国の御神事として12月に20日間にわたる御神事がある為、予定を組むとしても、今年あと一か所、オセアニア地域かアメリカ西海岸のどちらかの御神事を組む事しかできません。その為、年内の御神事については神々様と相談しながらやり取りをして、より一層バランスが取れるように私達も精一杯努めて行きます。

今回の海の御神事についての内容をお伝えしたいと思っておりましたが、横浜到着直前に立て込んだやり取りが入ってきたこともあり、もう少しまとめさせていただきました後にご連絡したいと思っております。
祈りの際に妻に伝えられております御言葉もその際にお伝えしたいと思っております。

本日ですが、沖縄の御宮の周辺においてかなり台風の被害が大きいという事から、一旦沖縄に戻りましてその対応をおこなう事になりました。セレモニーの準備として草刈等をお願いしておりましたが、台風後、倒木も多く通行が困難な状況になっているという連絡を受けました。その為、一旦戻りましてその対応をいたしてまいります。

皆様の真心のお力添えありがとうございます。
今後ともどうかお支えいただけますよう、何卒宜しくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR