事務局からお礼とご案内

2018.10.29.11:27

大国ミロク大社「こころのかけはしセレモニー2018」も無事に終わりました。
ご支援いただきました皆様、会場にお集まりくださいました皆様、お水やお手紙にその思いを託してくださいました皆様のお力添えがなければこのセレモニーを成功させることはできませんでした。
帰国しましたエルダーたちからも「魂が震えた素晴らしいセレモニーだった」と感謝のメールが届いております。
改めましてセレモニー事務局より素晴らしい時間を共有できましたことを感謝申し上げます。
そして、このセレモニーは「戦争を回避し、平和を祈る」ことを趣旨としておりました。
どうか皆様方も日々のニュース、世の中で起きていることをこれまでより注意深く気に留めていただけましたら、その思いが悪しき流れを止める抑止力となります。
これからも皆様の誠真心をどうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

比嘉夫妻は昨日シンガポール御神事に向けて出発いたしました。
以下は10月18日掲載のブログからの抜粋です。
(全文はこちらです)http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-3429.html

今回、セレモニー終了後には、シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイの御神事があります。そこから戻ってきまして11月15日は当宮の大祭艮祭があります。その後12月にイタリア、イスラエル、中東、アラブ首長国連邦の御神事がありますが、この間に、体力的、実際には資金面ですが、その都合がつくようでしたら、ニュージーランドの御神事を考えております。現在は、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイの御神事と12月のイタリア、イスラエル、アラブ首長国連邦、中東の御神事は、確実に確定しております。後は、私の体力、気力、信念、決意がゆるがないように、確実に御神事をおこない続け大きな戦争への流れ、大きな地殻変動への流れを善き方向へ向けるよう努力してまいります。

抜粋以上

今後比嘉良丸から現在の状況は神々様とのやり取りにもよりますが、月に1~4回程度ブログでお伝えしてまいりたいと考えております。比嘉りかも毎日祈りを欠かさず、世の中の平安・安定・平和を祈念しております。
どうか、比嘉良丸・りかに皆様の心からの願い思いをお寄せくださいますようお願い申し上げます。

さて、来る11月15日(木)は当宮の大祭の一つ「艮祭り」です。当日は比嘉りか先導のもと、聖地洞窟に入りお宮でお祈りの後御言葉を頂きます。
一般の方のご参加も受け付けておりますが、聖地への正式参拝ですので、何か白いものを身につけていただけますようお願いしておりますのと、玉ぐし料として3,000円申し受けます。お越しになられる前にご連絡をいただけますと幸いです。
お問い合わせフォームはこちらから↓↓
お問い合わせはこちらからどうぞ


以下は2012年の艮祭りで伝えられた言葉です。

沢山の世の中が間違って来た
間違って来たからには それなりの理由があり 
それなりの意味があり それなりの結果が出て
そして それなりの最初の事の発端があったはずなのである 
多くのものたちがその想いと その考えとその状況を忘れて来ている
だがそれは再び 思い起こさねばならない

その思い起こす事によって 冷静な判断とともに 
人びとが何処へ流れ行こうとしているのかをしっかりと見届けゆかねばならない
だがそれは見届けゆくだけではならないのである しっかりとひとりひとりの身の内 
ひとりひとりの内側に
何が大切であるのか 何を起こさねばならぬのか 何をしなければならぬのか
それはしっかりと覚えておかねばならない

善き未来へと歩み進むには 一日にしてならないのである

日々の繰り返しとともに 日々の健やかなる成長とともに 営みとともに
それにより 積み上げ 重ねられ そしてなし得てゆくものなのである 

今日の今この時に初めゆけ そしてしっかりと歩みゆけ
大切なものはこの星とともに 大切なものはこの歩みゆくその力とともに
命とともにある事を忘れてはならない

大切な命達を忘れてはならない またそして独りよがりになってもならない 

多くの命達は そなた達ひとりひとりの命を支え 
そしてそなた達ひとりひとりの命は 多くの命を支えている
それが命の根源でもあり 命の循環 理でもある

忘れてはならない 
命の理とは何であったのか 循環 そして めぐりめぐりゆく流れである
しっかりと命の言魂 命の音 命の声をしっかりと聞きゆくがよい 

ひとりひとりの耳に届きゆけば
ひとりひとりの想いになれば
ひとりひとりの想いが高まれば
その道はしっかりと開けゆくはずである

何が面白いのであるか 
何がつまらないのであるか
それもしっかりと見極めてゆかねばならない
楽しいとは何であるのか
つまらぬとは何であるのか
そう その奥深くを考えてゆくその時を持たねばならない

人々は今 時に埋没しそして流れに流され そして見えなくなって来ているのではないであろうか
その奥深くにある考えると云う力を 想像すると云う力を 想うと云う力を
今再び思い出しゆかねばならない

今再びしっかりと その想い その願い その力を揮い(ふるい)おこせよ
考えるという事は大切な事である
しっかりと 地に足を着けると云う事もまた大切な事である
しっかりと命の理とともに 多くの命達とともに進みゆくがよい



神様の御言葉以上

お宮で直接比嘉りかの口を通して聴く神様の言葉は、書いてあるものを読むのとはまた違う思いが湧いてきます。
お時間がございましたら是非大祭にお越しください。

事務局
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR