日々の祈りの際に伝えられた御言葉

2019.05.07.09:40

新暦5月7日(旧暦4月3日 きのえ 寅 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日は、日々の祈りの際に伝えられました御言葉をお伝えさせていただきます。
また、本日も12時より日々の昼の祈りを執り行います。
いらっしゃいます場所から、世の中の平和、平穏、平安、安定を願い祈りいただけますと幸いです。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*5月2日 昼の祈り
*趣旨
太陽の清め改める力が強い時間帯に於いて、人間が自らの勝手により犯してきた罪穢れを、清め、改め、善き流れ、物事が更にこの後進化発展するように祈りを致しました。

*伝えられた御言葉
命達が 溢れいずる 緑多く 碧き地球が
この 宇宙とゆう存在に於いて 大切なること
人々は 深く 理解しなければならない
人々が この星を 守りゆくために 
その行動を 起こした時 
人の意識だけではなく 
命達の答えも
命達の存在も 
命達の行動も
地球も
また 宇宙も
大きく 変わりゆくことになる
人々の意識は 物事を 大きく 動かしゆくものとなりゆく
善き世へと 進みゆくためにも 
一人ひとりが 行うべきこと 
そして更に 行えること 広げゆき 
大切なる 生きとし生ける命達 この星を守り 
共に共存し 歩みゆき
命に於いて 輝きゆくこの星を 共に 成し遂げ続けゆく
それが 人の役目役割
大切な 役目 役割であることを 忘れなきように 伝えゆく



*5月3日 昼の祈り

*趣旨
太陽の浄め改めの強いこの時間帯において、人間が自らの勝手により犯してきた罪穢れ、これまでに続いてきた悪しき習慣や悪しき事柄、負の流れ、負の連鎖、また争いを引き起こす 流れ、道筋や世の中の政治経済の混乱への流れ、これらを祓い清め、善き流れ、善き物事、善き循環、更なる進化発展へと進みゆくように願い祈りいたしました

*伝えられた御言葉
命たちのことを思い 命たちに寄り添うということは 
相手の立場や 相手のことを思い 考えを巡らせ 行動を起こすということでもある
生きとし生けるものとの共存は 人の心を育て
人が 人と共に 命たちと共に この星と共に 生きゆくという 心 精神 意識の基礎基盤を作ってゆく
一人だけでは 人間だけでは 物ごとは 作られゆくことはない
命たち 生命たち この星の支えがあり 人は 世を作ってゆくことが出来る
善き世の中へと 支えられている感謝と 
生命 命たち この星と共に 
生きとし生けるもの この星との共存の未来を
平和の世を
今 生きているものたちが 作ることが出来るからこそ 
この時間 この時は あり続け
希望を託されているからこそ 時は流れ続けゆく
命たちに 自らの命を託されていることを忘れることなく 
この星を 善き世の中へと 変え続けてほしい
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR