御神事の際に伝えられました御言葉

2019.05.14.08:00

新暦5月14日(旧暦4月10日 かのと 亥 先勝)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
本日は、4月1日から6日までおこなっておりました、九州から小笠原への御神事の中にて伝えられました御言葉を掲載いたします。

ご一読いただけますと幸いです。

大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

*4月1日から6日までの航路*
全体的な航路
※どの写真も、クリックすると大きくなります

玄界灘の祈りの際に伝えられました御言葉
対策は受けておく
きちんと努めてゆく
しっかりと進めてゆく為に
防御をしてゆかなければいけない
これからも引き締めて進めてゆかなければいけない
守るべきことを しっかりとおこない
努めてゆく
防ぎ続け 防御し続け

玄界灘


関門海峡の祈りの際に伝えられました御言葉
守るべき繋がりが途切れない様に
支えつつ 護りつつ 見守りながら
良い状態になるように進めてゆく
往来の動き 気も 良い状態になるように
動きを見ながら 働きゆく
潮の出入りは小さいが
これが仇とならない様に
最良の結果を生めるように
風も 温度も 海流も 動きをよく見ながら
動かし続けてゆく

関門海峡へ 関門海峡へ2
関門大橋


伊方沖の祈りの際に伝えられました御言葉
人が動く事で 悪しき流れが動き出す
どうしても止められないのならば
仕方のない事が起きる事も 想定しておけ
第一 人の能力では 動かすことが出来ない原子力を
自らは 他とは違うという意識で いまだに使っている
大きく変わらないと思うのだが
何故 自分は大丈夫 と思うのだろうか
第二 第三の被害が出ない様に努めて欲しいものであるが
人間が今の意識のままでは 同じ事の繰り返しをするだけに留まるであろう
同じ事の繰り返しにならないように
違った道を進むという勇気も
未来を護る為の選択の一つなのだが
解かることなく終わるのではないかと 
繰り返しの状態にならないように 事前の動きや 知らせは努めるようにしてゆく
人が気づけばよいが その勇気があるかどうか
未来を考えられるか 今しか見れないか
 
伊方沖


足摺岬へ向けての祈りの際に伝えられました御言葉
連鎖連動は抑えてゆけるであろうが
ここから先が問題である
どの様に力加減を起こしてゆくか
問題は 力加減であり
皆には 冷静な判断を求めているが
どうしても 一気に動こうとする存在がいることも確かであり
止めようとする存在もいて 始末にならない
良い調整が出来るように調整し続けてゆきながら
皆をまとめ 良い結果が出るようにしてゆく


室戸岬へ向けての祈りの際に伝えられました御言葉
動いてしまえば どうにもならない
連鎖連動を抑えるべく 駆使してゆくが
時に 抑えが 別の場所へ強い影響を与えてしまい
違った形で 進むこともある
その為 慎重に進めつつ 危うい状況にならないように気をつけて
物事を進ませている
慎重に 慎重に 進めつつ
物事を抑えてゆく


日向灘へ向けての祈りの際に伝えられました御言葉
地震連鎖連動に対しての対策は あと少しで整う
調和和合を目標にして進み続ける
皆が 納得をしているわけでは無いが
それでも大方のもの 存在が 事の重要性を理解し
準備を整えている
仕方ないと思っている存在もいるが
人間に希望を見出せない存在は そのように捉えている
しかし 全ての存在が 同意ではないように
人間の世界もまた 同じである
だからこそ 伝え続け 見せ続け 守り続けてもいる


大地は 大きく変わろうとしている
そこに ついて来れるのか 来れないのか
人間ごときの争いなぞ 構っている事は出来ない
そのようなことに構う気がおきないほど
自然は今 瀬戸際に立っており
これからの変化を必要としている
人間がそこにどう関わってくるのか
よく考えて行動しなければ 道を誤ることがないように気をつけて行け


21時の祈りの際に伝えられました御言葉
全ての者が 気づくという事
自然と共に生きてゆく事や生命 命に対して改めての意識を持つこと
それが成し遂げられることが 平和の世の始まりになる
全ての者という事で 無理だと決めてしまうか
希望を持って進むか
この世に生かされている事は
平和の世を作る事が出来るからこそではないのか
自らが おこなえる行動をとっている者もいる
世の中を見ない者もいれば 見ている者もいる
世界の関連は 自らに返ってくる
どのような意識を持って 過ごしてゆくのか 生きてゆくのか
それが 今の人々に問われている事の一つになる



*4月2日 航海中
9時の祈りの際に伝えられました御言葉
ひとつ 一つを繰り返しながら
そこから 改善や改良 進化を遂げてゆき
新しい状態に進み続け
良い状態を保ち続ける事も大切ではないのか
常に同じ状態を保つことも 確かに大切ではある
変わらない伝統を残し続ける事も 大切な事でもある
しかし 人が 日々成長し続けてゆけば
おのずと おこなっている物事も 進化発展を遂げてゆき
古びた状態ではなく その時 その時を生きている
良い状態を現し続ける事が出来るのでないのか
人は 成長し続けることができる
そして そこからより良い状態に発展し続ける事が出来る

12時の祈りの際に伝えられました御言葉
どれだけの奇跡が起きてこの状態
この星が存在することになったか分かるか
それを 人は一瞬で無にしようとしている
自分達の存在も どれだけの奇跡が起きてのことかわかるか
貴重さを理解する事が出来れば
おのずと 大切にし 残し続けようとするのではないか
人の行動は大きい
大きく影響を及ぼしてゆく
だからこそ 負の行動ではなく 
善の行動を続け 星も 生命も 護って欲しいのである

15時の祈りの際に伝えられました御言葉
人は 多くの存在に支えられて生きている
変わらない支えを求めるのであれば
この星という存在を大切にし 生命命達を 大切にし続ける事
そうすれば その恩恵は 正しく与えられ
人は 支えられ続けることになろう


航海中

鳥島沖
※鳥島沖らしいのですが、実際の島は肉眼では見えませんでした・・・

18時の祈りの際に伝えられました御言葉
物事は そう一気には 進まない
少しずつ 少しずつの変化でしか 人もついては来れないのだから
留まることなく 変化を恐れずに
善き方向へと進み続けられよ
自分自身の目指す方向性は どこにあるのか
見失わずに進む事 見失わずに進む事


21時の祈りの際に伝えられました御言葉
大きく揺れ動くときは そう遠くはない
近々というわけではないが
段々とその準備が 整っている
地割れに関しては 地震 噴火の予知となり
次の準備の段階に入ったことを示唆している
これらは 前教えであり 事前の準備が出来る事になる


4月2日の夕日
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR