5月28日の陰陽祭の際にお話しした内容:2

2020.06.06.15:20

新暦6月6日(旧暦 閏4月15日 かのえ 辰 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸、比嘉りかです。
昨日掲載しました5月28日陰陽祭にてお話しました内容の続きを掲載します。

長文ではございますが、ご一読いただけますと幸いです。
夫の体調ですが、昨日よりは少し落ち着きまして、痙攣や攣りの状況に間隔があります。ただ、慎重に体を動かさないとすぐに痙攣をおこしてしまうようで、用心しております。
ただ、大雨や水害の啓示が伝えられているようでして、本日は、水害回避の祈り、御神事をおこなっております。
近年。水害の規模は、大きくなっております。お住いの地域において水害の指定地域等の確認を是非されまして、防災の意識を高め、備えを今一度見直してくださいませ。

比嘉良丸
比嘉りか

*5月28日 陰陽祭にての話より*

<良丸氏>
私の儀式は1週間先、1ヶ月先、1年先に対する内容だけではなく、全体を見渡しまして、中には、数百年以上先の出来事にたいしての啓示をもとに、それを回避する為の儀式も行います。これは日本国内の内容ばかりではなく、外国での対応について神事をする場合も同様です。実際に起きた例として、2011年3.11の場合、前年の2010年にチリで大地震が起き、日本に津波が到達したことがあります。私は、このチリでの地震の後、来年地震が来るという事や福島にある原発の臨界事故についての警鐘を中継放送やブログ、勉強会等で伝え続けてきました。このチリで起きた地震による地殻の動きは数年かけて日本の大地、プレートを動かす運動へと繋がりました。1kmから5km程、大地が太平洋側、チリ側へ引き寄せる運動、もしくは、日本側に押し付ける動きが起きる為です。
1年かけて少しずつズレながら地殻がズレたり、押されてくっ付いていた断層に隙間が空きズレたり、裂けたり、そういった事が起きて発生した地震が3.11です。この動きは、日本における地震についても同様です。日本で起きる地震を少しずつ力抜きで起こしてゆけば、その動きは外国へ大きな影響を与え、地震が起きるという事にもなります。地球全体でバランス調整をしてゆかなければいけない。そういう計画の下に、これまで儀式を執り行ってまいりました。だからといって祈ってすぐ通るという話ではありません。常に儀式を執り行いながら動かしているといったらおかしな話ですが、先々の計画に基づいて、神々の指示、協力のもと調整の儀式をおこないます。神々は、この神事を神の仕組みを立てるといういいかたを言ってきます。

ただここ数年、体力の問題もあり思うように動けなく、沖縄での儀式が中心になっており、そのツケが今年大きく起きようとしています。何度かお伝えしていますが、2016年12月28日の朝日の御神事。北海道の日本の最北端のノシャップ岬で朝日の儀式を行った際の啓示で、「我々は動く」「もうそのまま人間に託すのは限界。我々は動く。人間を排除する」という言葉があり、自然界が人間を排除する動きが始めるという啓示で、神々とやりとりをおこないました。最初は確実に人間を排除するという言葉でした。御神事を終え、沖縄に戻り、2017年からは、その感染症を完全に回避する儀式に力を入れました。2017年は必死に感染症回避の御神事をおこない、伝えられていた警鐘の啓示は全部回避してまいりました。日本国内だけではなく、海外も同様におこないました。中でも中国は本当に何度も足を運びました。今回の感染症は、武漢から始まりましたが、教えられていた啓示では、当初西安から始まると言われておりました。その為、西安は年に3度、多い時には4回入って抑えてまいりました。同時に、人口が多く、感染が始まれば一気に拡がる恐れが強い北京、上海、福建省、韓国、台湾といった地域も何度も足を運んで回避の御神事をおこなってまいりまして、これらもうまくいっておりました。
しかし、大自然界を司る神々や生きとし生ける生命、そこに一緒にいて守護する精霊や霊界の御霊達が、このままでは全てが無くなる。地球そのものが無くなる。輪廻転生する場所、生まれ変わる場所がなくなる。と強く訴えてきます。地上にいる多くの神々が消滅する、精霊が消滅する、多くの御霊が消滅すると伝えてきます。地球そのものがなくなるという事は、人間だけの問題ではないといい、私の動きを止める、阻止する動きに出て、様々な障害を受けました。
その結果が2017年の心臓や肺炎、腎不全、2018年には再度の腎不全や肺炎をおこし、体力的にも一気に落ちて動けなくなりました。そして18年の末に、ここにいらっしゃいます我が宮の主祭神である陰陽三様の大神様が間に入り、神々や精霊達と話し合を持ち、彼らがおこなおうとしている感染症の拡大という方法では、地球そのものが滅ぶという状況になるが、現状、地球事態が窮地にある事は確かだという事で、主祭神は、取り敢えず一気に人間を排除するのではなく、警鐘、そして警告、それでも分からなければ排除と3段階でおこなうことを提案され、警鐘の段階まではとりあえず動かないでおく。警鐘に対しての儀式は一切行わないと約束しました。しかし、二段階目にあがる状況になれば、全力で阻止するともおっしゃられていました。
しかし私は5月からその約束を破って、儀式を執り行っております。それは何故かと言いますと、このままいけば6月、7月には、第二段階の警告にいく可能性がある。最初に言っていたものよりもかなり早い段階で、二段階目の警告に移る可能性が出てきたからです。
先程も申し上げましたが、警鐘で、全世界で30万から50万の人の命が失われると伝えられ、二段階目に進むと、全人口の20%から30%。14億人から21億人の人が失われると教えられました。それでも分からなければ、三段階目がおき、全人口の70から80%の人を排除すると言ってきました。それは49億人から56億人の人が命を失うという事。生き残るのが、14憶から21億という予想です。
今の警鐘でさえ、全世界が混乱し、経済が大混乱を起こしています。ここから第二段階に入るとなれば、第三次世界大戦へと進む道となる、第二次世界大戦を起こした暴落を遥かに超える状況を作りかねない。そうなると確実に生き残るための戦争が起こり、第三次世界大戦は確実に起こってしまいます。避けようもなくなる。警告だけではすまなくなる。感染症だけでは本当にすまなくなる。第三次世界大戦に進めば、もう人間はまともな判断が出来る状況、精神状態にありません。正しい判断が出来ない状況になれば、最終戦争に突き進むのはもう確実です。だからこそ、5月に入って感染症の儀式を執り行うことにしました。
今後、意識、警戒を強めてゆかなければいけない事柄が、地震、火山噴火、台風、低気圧による大雨、大水害。そして、今回も台風1号が去った後、極端な気温上昇からくる熱中症がありましたが、この熱中症は人間の体力を奪う、免疫力を奪い、感染症を拡げる可能性があります。気象異常や自然災害、感染症を抑えつつ、同時に経済の安定も意識を強めて祈りをおこなってゆかなければいけない分野です。経済の安定を進めてゆくには、感染症の広がりが緩くならないといけません。お陰様で感染症が緩やかに落ち着くと、日ごとに日本の株が上がっており、少しずつ安定する兆しが見えます。しかし、再び一気に感染症が拡がると、リーマンショックや、1990年代に起きた大バブルの崩壊、それを遥かに超える経済危機が起きます。倒産する多くの企業、そして多くの失業者がこの世に生まれます。日本国内の経済が崩壊になりかけると確実に増えるのが、外国でしたら軍人、日本でも自衛隊に就職する人が多くなります。国自体も、自分の国、国民を養うために、自衛隊で多く雇い始めます。それと戦争を向けて、武器を作る工場が増え、そこに職を与えます。
この流れは、これまでの歴史上同じことを繰り返してきた流れです。その結果、確実な戦争への道です。これは、啓示で見なくても、結果はもう分かります。そして、その流れの啓示をもう何十年も前から見せられ、回避の御神事をおこなってきましたが、結局、その流れが見えてきたという事は、私達が、確実に回避する儀式を充分に行えなかったという反省をしないといけない状況があります。その為、0から新しく神の仕組みを作り直さないといけないという状況になりました。もう一度、確実に仕組みを作り変え、全ての難局を乗り越えて、確実にこの地球、人類、日本、世界の国々が未来に突き進むような仕組みを作らなければいけないと思っております。
このような事を言うと、お前に何が出来るかと言う人も多くいます。些細なことで中傷する人もいますが、何を言われようが構いません。過去に自分の身内からも、お前の神事は間違っていると言われたこともありますが、何とも思いません。私は自負を持って言えます。確実に全てのものを回避し、全てを改善し、未来を創ることが出来ると。自信を持って答えることが出来ます。それはこれまで私自身がおこなってきた結果、進んできた結果をもとに、私自身、確認し、確信しているからです。それが早いペースか遅いペースかは別として、それでも確実に出来ると信じています。

夫婦で儀式を行うことによって、災いの回避は確実に出来ます。しかし未来に繋ぐことは、かなり厳しい事です。そこで、私は、日本全国、外国を巡り、災い回避の仕組みを作り、沖縄に戻り宮、聖地に結び繋ぐという仕組みと、沖縄に結び繋がれた仕組みを常に回し続ける為の儀式をおこない続けるグループという役割分担の仕組みを作りました。これによって日本、海外にて作られた神の仕組みが沖縄で繋がれ、更に循環し続ける。2つの仕組みが動く事で、確実に未来に善きものを繋ぎ、過去の因果因縁、全ての因果因縁を清めていくという、意味の仕組みを作ったのですが、仕組みが壊されてしまいまして、改めて仕組みを作らなければならない状況に陥ってしまいました。その為に、今回改めて0からもう一度作り直しになります。ですから、数年間、改めて数年間は、私は回避だけに神事を集中します。
2000年から戦争回避に向けて、本格的に始め、まずは、2007年まで神の仕組みをつくり続けてきました。そして、続く2008年から2019年の子から亥年までの間でも継続した儀式、御神事をおこない続けて来ました。戦争回避へ向けてトータル19年、儀式をおこなってきました。 
昨年、2019年は、私が2007年から本格的な神事を進めて丁度12年目となり締め括りの年でした。そして今年子年から、改めて12年間、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥と12年間に全ての仕組みを作り、未来へ善きものを繋ぐ仕組みを改めて作る出発の年になります。その出発の年にこのような感染症が流行りました。本来でしたら年の始めに善い世の中の出発を創り上げなければならないのですが、年の始めから最悪な事態を迎えました。すでに5月末となり、やがて半年が経とうとしております。しかし、まだ修正は間に合う。来月の6月から12月いっぱいまでに、まず感染症を確実に無くし、地震は確実に極力、最大限、小さく、神が今言われている全ての厄災を確実に最大限軽減するよう願う儀式を行い、丑年、寅年と、確実に改善の方向に進み、午年までに厄災を完全に回避しながら、善い未来の為の仕組みを作り、午年の半ばからは未来へ善きものを作り上げ繋いでゆく世の中になるよう儀式を進められるように仕組みを作ってゆくという計画です。
その為、まず6年間、これから起きる全ての厄災を回避し続ける。その間に新たな仕組みを作り、午年の6月、未年(ひつじとし)からは、確実にこの宮を中心に神の仕組み、神車(かみぐるま)を回すという仕組みが動かせるよう、作り上げてまいります。

動いてゆく基本として、西は大阪を中心に九州、四国を含む西日本を巡り、東は東京を中心に北海道、本州を含む東日本で仕組みを作ります。そして、八ヶ岳の周辺でも仕組みを作り、東と西を八ヶ岳の神の仕組み、神車で組み合わせて作り上げる計画を立てております。ただ、このような仕組みを作る御神事は、1回で作り上げることが出来ません。最低6回程は繰り返し巡り、きちんと整った形を作っていければと思っています。そして、これとは別に、常の儀式として、北海道から沖縄まで日本列島を儀式しながら巡る御神事は行い続けてゆきます。常の儀式と並行してこの東西の儀式、正回転、逆回転で東西を回り仕組みをつくり、八ヶ岳で結び、沖縄で結び繋ぐことで、神の世界において螺旋を描く仕組みを作りゆきます。早速今年6月に1回目の仕組み作りの御神事に出発する計画をお伝えしました。来年2回を行う計画を立てています。そして日本全国を回りながら、西日本全体と東日本全体と 八ヶ岳の歯車をしっかりと組み、土台を作ったあと、沖縄の八重島に全てを繋ぎ、宮で神車を回す仕組みを6年かけて作っていく。そして6年後には、繋いできた神の仕組みを現実の世へと反映させる為の儀式をおこない、もう一度組み立て直す計画でおります。
神々より教えられているこの仕組みを作ってゆかなければ、ゆくゆくは国が崩壊すると伝えられています。目先に日本の国が崩壊する物事が起きようとしています。とにかく厄災を回避するために、もう一度きちんとした仕組みを作らなければいけないと思っております。
祈りに入る前に、神が6月から動くことを強く拒否してきたため、このような話をさせていただきました。とにかく地震、火山噴火、津波、台風、低気圧、高気圧、気流、海流といった全ての自然現象の厄災を回避する事。そして政治経済の安定をもたらすために、今、世界中で猛威を奮っている感染症を確実に縮小する事。感染症が縮小出来ない間は、経済の安定は訪れません。感染症をきちんと安定させて初めて経済が安定しますので、それを踏まえた儀式をしっかりと行ってまいります。
それに、毎年、今の時期は水害が起きていてもおかしくありません。今後も引き続いての警戒が必要です。地震や台風についても防災の意識を伝えておりますが、救助や非難の状況は、今のコロナ感染症が一気に広がる可能性があります。 

戦争に関しては、6月2日にロシアのプーチン大統領が、核使用についての書面に署名したというニュースも流れており、本当に気が気ではありません。 
*参考ニュース*
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3994713.html

冒頭にお話ししました、私自身の身体における不調。痙攣や攣り、一瞬意識や目の前が真っ暗になるような現象を抑えて欲しいと神にお願いしましたが、簡単に言えば、私が動けるだけの体力をいただきたいという事です。
神と折り合いがつかないのは、私単独で動くことに対して許可が下りないのは分かっています。確実に、妻を連れてゆくようにと言われていますが、感染症に罹ると言われている状況で妻を連れて行き、夫婦とも感染症になっては問題です。本当に、本当に神々によって守護してもらえるなら、3泊4日とかではなく、しっかりと動く為にも1週間から10日使いたいと考えています。それに神々は、自分の車ではなく、直接現地へと入り、祈りをするように、レンタカーで動くようにとも伝えてきます。神々の言っていることは十分わかっていますが、お金がかかります。現在の資金繰りが無い状態で行えるのかが不明ではあります。
やり遂げる意志は揺らぎません。気力は衰えないです。体力さえ与えていただければ、儀式は確実にやり遂げます。そして、いかなる病もはねのける免疫力を与えて下さい。是非お願いします。40代、50代の時のように飛び回ることは現在の私の体力では出来なくても、これからの12年間、儀式を飛び回る事が出来る、体力と気力を確実に与えていただきたいと思います。それさえ与えていただければ、確実に成し遂げることを誓います。確実に成し遂げます。それだけの自信、自負を持って伝えます。確実にやり遂げます。どうか私に体力、気力を与えて下さい。よろしくお願いします。

*以上*

以上が、5月28日の陰陽祭の際に、神々と話ながらやり取りをした内容と、その後に追加のやり取りの内容となります。

当初、関西、関東の順で御神事に出ようと思っておりましたが、まだ、神々様とはっきり折り合いがついてない為、どのように動くのかが正直分かりません。ですが、6月8日にレンタカーを借りて、4日間動くこととして、飛行機のチケットとレンタカーを予約しました。ただ、この予約を6月3日に行いまして、翌日4日の夜中から全身痙攣と攣った状態になり、動けない状況になっております。前回の4月も、出発間際に動けない状況になりましたが、今回は何とか8日に本州入りしようと思っております。

神々においては、御神事を滞りなくおこなえるように守っていただきたいと切に願っております。
そして、どうか、今後の御神事が滞りなくおこない続けることが出来るよう、大変な時期ではございますが、確実に御神事が行えるように、何卒、真心のお力添え、ご支援の御支えをいただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。


比嘉良丸
比嘉りか

*国内の地震
2020年6月6日 6時08分ごろ 千葉県北東部 M3.3 "震源深さ 50km" 最大震度1
2020年6月6日 0時38分ごろ 日向灘 M3.1 "震源深さ 40km" 最大震度1

日本列島で相次ぐ地震、東京湾群発も 首都圏では「三重」のリスク、関西地方も巨大地震の前段階の兆候
https://news.yahoo.co.jp/articles/d28b27c597875a17da4c4fd00d8ea3822ed8b1a1

海外の地震(マグニチュード5以上))
マグニチュード5以上の地震は観測されていませんでした。
2020年5月29日8:00頃 モルディブ M 4.6 震源深さ10.0km
2020年5月28日21:54頃 パプアニューギニア M 4.6 震源深さ89.0km

*コロナの状況
コロナ状況6月6日
ダイヤモンド・プリンセス号※712(0) /13(0)
コスタ・アトランチカ号 ※148(0/0(0)
https://newsdigest.jp/pages/coronavirus/

「コロナを予防」は未実証 宣伝表示に注意呼びかけ
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200605-00000052-ann-bus_all

メキシコ、新型コロナ新規感染者が連日過去最多 死者816人増
https://news.yahoo.co.jp/articles/bd01a4e4677049c934222ae29fefa99c0a57a821

コロナワクチン、2021年前半の接種開始目標…厚労省
https://news.yahoo.co.jp/articles/14e5d02e76be7819d9474369fe1bde721980dc64

【新型コロナ】10万円申請書、路上や公園に放置相次ぐ 横浜・保土ケ谷区、郵便受けから持ち出されたか
https://news.yahoo.co.jp/articles/9d1daa01020be4b7d5dc9e7348648b1b6fdc01e2

情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

資料
御神事における参考資料を掲載
イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR