現在の状況 **事務局より掲載しています。**

2021.01.24.20:41

新暦1月24日(旧暦12月12日みづのえ 申 大安)

さきほど20時頃、比嘉夫妻より連絡が入りました。事務局が代理で投稿いたします。

大国ミロク殿本宮比嘉良丸・比嘉りかです。
今日北海道に向かいます。まず大阪から舞鶴へ行き、舞鶴港で(大陸に向けて)平和の祈りをいたします。
それから福井の高浜原発、大飯原発、美浜、もんじゅ・ふげん周辺で祈りをいたします。
敦賀でお祈りをした後、敦賀からフェリーに乗り、能登半島を大きく回り日本海側を北上している間中しっかりと祈りを行い、青森と北海道の間の津軽海峡を太平洋側に抜け、左手に北海道恵山、噴火湾、地球岬と進み苫小牧に入ります。
明日25日20時ごろ苫小牧に入り、車で移動し日高で祈り、そこから襟裳岬、十勝岳、黒岳、旭岳から留萌へと各場所で儀式を行い移動します。留萌、石狩、小樽、積丹半島・積丹岬、神威岬、泊原発、寿都(すっつ)を祈り、弁天岬など海岸沿いに南下し、奥尻島をのぞむせたな町、松前町、白神岬、函館、恵山、室蘭、洞爺湖、昭和新山、苫小牧からフェリーで大洗に向かいます。
太平洋側の祈りをしながら大洗に入り、いったん成田で宿泊し沖縄に戻ります。
もし北海道が途中になってしまった場合、北海道に車を置き、いったん乗り継ぎで沖縄に入ります。

走行距離:およそ 2,375km、 走行時間:42時間
1月24日からの行程


以上
事務局

情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

資料
御神事における参考資料を掲載
イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR