本日、本州へ移動致しました

2021.03.03.15:40

新暦3月3日(旧暦1月20日 かのえ 戌 友引)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸、比嘉りかです。

2月25日に関東から沖縄に戻りました。27日は沖縄の正殿にて鎮魂の儀式を執り行い、翌28日は口伝えを行いました。
その後は、神々とのやり取りの儀式をおこないまして、日本の九州から北海道まで知らされていた大難をかなり軽減出来たと自信を持って言えます。
九州トカラ列島における鬼界カルデラ内の破局的噴火については、今回もなんとか外国でその力抜きのお願いを引き受けてもらう事が出来ましてひとまず安心しております。

さて、本日3月3日沖縄を出まして関東に入り、本日の内で房総半島先端の野島岬と犬吠埼を祈り儀式をおこないます。 
明日4日は、東京の有明からフェリーで徳島へと移動します。航路上、太平洋プレート、フィリピン海プレート側、東海岸沿いを移動してまいりまして、東京湾から三浦半島、相模湾、相模トラフ、伊豆半島、駿河湾、駿河トラフ、南海トラフに沿って伊勢湾沖、そして、紀伊半島先端を祈り紀伊水道から徳島に入ります。そこで一旦、取り残していた室戸岬などにおける祈り儀式をおこないます。徳島から和歌山へフェリーで移動し、中央構造線の小難無難の儀式を行い6、7日に奈良と大阪で祈り儀式を行います。
その後は、近畿から日本海側を南下し九州を一周します。九州を祈り御神事した後、大分からフェリーで愛媛の佐田岬に入り、瀬戸内海側を北上します。そして、四国の中心を愛媛へ進み、今度は豊後水道を南下して高知を一周致します。九州から中国地方、四国をしっかり祈り儀式をおこないまして、中央構造線や周辺の火山帯や地形、南海トラフにおける動きの小難無難を願い祈り、近畿2府7県(京都、大阪、福井、三重、滋賀、兵庫、奈良、和歌山)に愛知を含めおこなってまいります。これらを周りました後は、
日本海側を北上し青森まで進む予定でおります。

皆様の御力添えがあり、今回の儀式、祈りも執り行う事が出来ます。
心から感謝申し上げます。ありがとうございます。
どうか、今後ともお支えいただけますよう、心から願い祈り申し上げます。

比嘉良丸
比嘉りか

鎮魂の儀式の様子
2月27日 鎮魂の儀式1

2月27日 鎮魂の儀式2

2月27日 鎮魂の儀式3

2月27日 鎮魂の儀式4

2月27日 鎮魂の儀式5

※大阪分支社と東京仮分支社とネットで繋ぎ、祈り儀式をおこなっております。
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

資料
御神事における参考資料を掲載
イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR