現在の状況(北海道) ※11時追記しました

4月12日(旧暦3月12日 きのと 未 友引)

比嘉夫妻から連絡があり以下のように伝えられました。

4月11日網走からの動画配信の中で北海道を延長し儀式を行うことをお伝えしておりましたが、網走を終え旭岳で御神事を行った際に関東や東北の神々から「北海道は今回これだけ周り、御神事を行ったのだから北海道の神々で十分対応ができるであろう、関東は限界に来ているから早く来てほしい」と要請がありました。

しかし、北海道も先日改めての東西南北の祈り神事の追加を言い渡されていたことから、昨日11日から本日12日にかけ神々と協議しました。その結果、明日13日、苫小牧港から大洗へ向けて出港することとなりました。

また、当初の予定では本日12日に妻は千歳から沖縄に一旦戻る予定でしたが、北海道を出る前にどうしても儀式を行ってほしい場所として、神威岬、羊蹄山、支笏湖、洞爺湖、有珠山、地球岬が伝えられており、その祈り、神事があるため、こちらも変更になりました。これらの場所を改めて夫婦で祈り周りました後、一緒に苫小牧から本州へ移動。関東に入った後2~3日共に御神事を行いましてから、妻は一旦沖縄へ戻る事になり、その後は、私が単独で関東・東北での御神事を行うこととなりました。

220412,13route
(4月12日)
㊺千歳
㊻羊蹄山
㊼神威岬 ※ここから泊原発に向けての小難・無難のお祈りもします。
㊽千歳 ※小樽・札幌を経て戻ります。

(4月13日)
㊽千歳
49支笏湖
50洞爺湖・有珠山
51地球岬
52苫小牧 ※フェリーに乗船し茨城・大洗へ

******

北海道各地で伝えられた御言葉

*4月11日
(黒岳)

大地にある姿は そのまま自らに反映する
人々が 不穏な陰に気づいた時には
既に遅い事も多い
日ごろから 注意している事が大切だが
日々の中の慌ただしさに 埋没している今
難しいかもしれぬが
気づかねばならぬ事でもある
その気づきが遅くなればなるほど
人の生きる場所が 失われてくる


+++

(旭岳)

少しずつ 当たり前になってゆく時間と
気の緩みの時間は 同じ
当たり前の中にある 注意や意味を知る事や
忘れずにいることは
これからの未来においても 大切な事
それは 今の中にある 当たり前の事にも
当てはまる
その元 根源を忘れてしまうと
知らぬ間に 同じことを繰り返す事に繋がってゆく
忘れぬように 
原因と結果 その両方を伝える事で
繰り返すことなく 防ぎ
進化発展をすることは可能となる


******

*地震情報
4月12日 4:15頃 ウォリス・フツナ M 5.2 震源深さ10.0km
4月12日 4:15頃 台湾     M 5.1 震源深さ10.0km
4月12日 2:38頃 トルコ     M 4.5 震源深さ13.89km

4月12日 2:24頃 硫黄島近海 M 4.7 最大震度1
4月11日 23:41頃 ウォリス・フツナ M 5.0 震源深さ10.0km
4月11日 23:32頃 台湾     M 4.5 震源深さ12.06km

4月11日 23:01頃 父島近海 M 4.4 最大震度1
4月11日 22:47頃 台湾     M 5.3 震源深さ10.0km
4月11日 21:29頃 インドネシア M 4.7 震源深さ10.0km
4月11日 21:15頃 ソロモン諸島 M 4.9 震源深さ37.81km
4月11日 20:15頃 フィリピン M 4.6 震源深さ39.79km
4月11日 19:17頃 パプアニューギニア M 4.6 震源深さ43.09km

4月11日 16:29頃 京都府南部 M 3.5 最大震度2
4月11日 16:11頃 パプアニューギニア M 4.6 震源深さ57.18km
4月11日 15:53頃 パプアニューギニア M 4.6 震源深さ56.28km
4月11日 10:46頃 チリ      M 4.6 震源深さ130.3km
4月11日 10:41頃 パキスタン M 4.7 震源深さ41.55km
4月11日 7:29頃 アラスカ M 4.6 震源深さ68.7km
4月11日 5:56頃 インドネシア M 4.9 震源深さ117.6km

4月11日 4:37頃 熊本県熊本地方 M 2.5 最大震度2
4月11日 2:09頃 日向灘 M 3.1 最大震度1
4月11日 0:34頃 長野県南部 M 2.4 最大震度1
4月11日 0:00頃 パプアニューギニア M 4.9 震源深さ10.0km

******

*ニュース
■米原子力空母エイブラハム・リンカーンが日本海へ派遣
スプートニク 2022年4月11日, 22:54 (更新: 2022年4月11日, 23:04)
11付けの韓国の聯合通信は情報筋からの話として、米国の原子力空母エイブラハム・リンカーンが「北朝鮮による煽動の可能性を抑止」する名目で今週、5年ぶりに日本海の国際水域に入ると報じた。
記事を読む

■台湾有事、沖縄にも影響 紛争に巻き込まれる恐れ ウクライナ侵攻の波紋
沖縄タイムス 4/10(日) 6:26配信
ロシアによるウクライナ侵攻で台湾有事の懸念も強まり、地理的に近い沖縄の軍事拠点としての重要性が高まっている状況だ。その場合、広大な米軍基地や自衛隊基地を抱える沖縄は攻撃対象になりかねず、専門家は米中衝突などで紛争に巻き込まれる危険は高いとの見方を示す。
記事を読む

*情報提供ありがとうございます。 神奈川県C.S様
■3800年前に超巨大地震 南米チリ北部、Mw9.5か 津波堆積物を掘削調査・国際チーム
(時事通信)Yahoo!ニュース 4/9(土)7:15配信
南米チリ北部沿岸で約3800年前に超巨大地震と津波が起きた可能性が高いと、チリ大などの国際研究チームが8日までに米科学誌サイエンス・アドバンシズに発表した。津波による堆積物を掘削調査した成果で、規模は大きな震源断層面の滑りを正確に反映できるモーメントマグニチュード(Mw)で9.5と推定された。
記事を読む

2021年12月20日の阿蘇山で伝えられた言葉
*12月20日の阿蘇山での祈りの際に伝えられた御言葉

地球の裏側を覗きゆけば 
対する物事が どのような流れになってゆくのかを 理解することが出来る
再び この地上に 現れゆく 多くの自然の 動き
大地が鳴り 大地が吠え 火が上り 火が湧き出づる
けれどもそれ自体は 大地の息吹 大地の流れ 大地の時
進みゆく未来へと より善い道を 歩み続けゆくためにも
人々がまた 善き流れへと 歩み続けゆくためにも
人と人 人と神
互いが それぞれの 己が役目役割を 果たしゆくことにより
双方からの 善き流れを 作り続けゆくことが叶いゆこう
人は 己の 行い
己が やらなければならぬこと
己が 果たさねばならぬこと
善き流れへと 進みゆくためにも
平和なる未来
大切なる未来
見失うことなく
何よりも 人としての心を 見失うことなく
支え合い 協力の下 生きゆかねばならない
人が 人の優しさ 人の心を失った時にこそ
この地はまた再び荒れ 多くの死者が出ゆくものとなりゆく
不毛の地となりゆき 大地は二度と 作物を実らせることはないであろう
より善い流れへと進みゆくためにも
人は 人の心を忘れてはならない
そしてそれは 慈しみの心であり 
育みの心であり
学びの心であり
優しき心でもある
より善い道へと進みゆくために 
道を見失い 道を踏み外し 道をさまよってはならない

2021年12月21日のブログを見る

お知らせ

活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸


ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ

ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
(ミロク大社HPへ移動)
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください


募集のお知らせ
ミロク殿本宮では、儀式で使用いたします聖水を募集しております。
全国の気をたたえ、皆様の真まごころのこもった聖水は祭壇でご祈祷をさせていただきましたのちに、風水火の儀式で使用させていただいております。
ありがとうございます。
聖水
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし 聖水係

ボランティアのお願い
ミロク協友会として、儀式を行うための資料を日々集め
更新し作成をしています。
皆様に各種作業のお手伝いのお願いがございます。
お力添えをいただけます方、是非ご協力をお願い致します。
詳細はicon 2016

検索フォーム

関連サイト

↓クリックで関連サイトへ icon <ミロク結びバナー icon13 隙間 icon4 隙間 時系列 隙間 祈りの和TV 隙間 隙間 itiran

↓特別掲載サイトへ itiran

年別アーカイブ

2024年 02月 【21件】
2024年 01月 【27件】
2023年 12月 【36件】
2023年 11月 【25件】
2023年 10月 【32件】
2023年 09月 【28件】
2023年 08月 【17件】
2023年 07月 【26件】
2023年 06月 【26件】
2023年 05月 【32件】
2023年 04月 【30件】
2023年 03月 【21件】
2023年 02月 【26件】
2023年 01月 【24件】
2022年 12月 【30件】
2022年 11月 【22件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【24件】
2022年 08月 【24件】
2022年 07月 【28件】
2022年 06月 【22件】
2022年 05月 【6件】
2022年 04月 【26件】
2022年 03月 【15件】
2022年 02月 【16件】
2022年 01月 【17件】
2021年 12月 【20件】
2021年 11月 【25件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【7件】
2021年 07月 【2件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【6件】
2021年 03月 【12件】
2021年 02月 【14件】
2021年 01月 【26件】
2020年 12月 【34件】
2020年 11月 【20件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【2件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【13件】
2020年 04月 【3件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【6件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【3件】
2019年 06月 【6件】
2019年 05月 【22件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【9件】
2018年 08月 【15件】
2018年 07月 【9件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【15件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【13件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【23件】
2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【30件】
2017年 09月 【16件】
2017年 08月 【11件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【24件】
2017年 04月 【22件】
2017年 03月 【35件】
2017年 02月 【22件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【33件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【23件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【20件】
2015年 11月 【18件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【18件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【18件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【20件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【20件】
2014年 12月 【16件】
2014年 11月 【27件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【25件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【14件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【13件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【24件】
2013年 08月 【23件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【25件】
2013年 05月 【30件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【22件】
2012年 11月 【31件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【21件】
2011年 05月 【27件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【24件】
2010年 06月 【27件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【40件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【51件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【61件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【62件】
2008年 10月 【28件】
2008年 09月 【60件】
2008年 08月 【63件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【4件】
2008年 04月 【6件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【5件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【3件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【5件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【2件】
2005年 04月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【3件】