現在の御神事状況(九州)

新暦8月23日(旧暦7月26日 つちのえ 申 友引)

*8月22日の行程
0822route.png
㉝熊本
㉞高千穂
㉟延岡
㊱日向
㊲宮崎
㊳志布志(志布志湾の中心として)
㊴東串良(志布志湾の入り口は、都井岬に対応する岬として「火出崎」に行きたかったのですが、時間の都合で行けなかったため)


*日々の祈り
(8月18日)
0818hibi.png

桜島から 池田湖に至るまでの間の地域を代表する神様から伝えられたお言葉

幾重にも重なりゆく 大地の動き
その奥底のマグマの動きは 人の計り知れるものではない
重なりながら 出会いながら
調整 バランスを整えるために 様々な働きをし続けている
限界まで 達する前に 動きを穏やかに してゆくことも 考えてはいるが
限界を 突破することがないように 努め続けてゆく
小難無難とは より善い流れを目指しゆくものである
人が 作りしもの
人が 自然と共に歩みゆくことを忘れ 
私利私欲へと走ってしまった結果 成し得られたものに対しては
自然の前に 倒れてゆくものもあるであろう
同じことを繰り返すことがないように
ただただ それだけのことである 


+++

池田湖 開聞岳を代表する神様から伝えられたお言葉

仕方がないと 諦める前に 先人達が残した想いを 汲み取り
己が出来ることを 最善努めることも 大切な行動ではないのか
命繋がれ 託され続けてきた者達に
その者達が 先人達の想いを汲み取り 争うことがないように努めゆくことは 
今を以てもなお 平和を守り続けてゆくとゆう その心 その意志を
繋がれている 証ではないのか
争うことなきように
平和を願い より善い未来を願い 託した 守った者達
その者達の意を 想いを 命を 無駄にすることなく
今 生きている者達は 守り続けてゆかなければならぬのではないのか
戦 争い 起きることなく 回避の道へと 進みゆくためにも
一人ひとりが 正しき情報 正しき智慧を得て
そして 正しき行動を行ってゆくことこそが 大切である
これに関する 正しき行動とは 戦 争いをしないように 努めてゆくことではないのか
先人達の死を 無駄にしないためにも
先人達のその願いを 踏みにじらないためにも
想いを受け継ぎ 大切にし
そして その者達が想い 描いた 
安心して暮らしてゆくことの出来る 平和の世を 繋ぎ続けてゆくことこそが
その者達の願いであり 想いであり 命を汲み取る 
そして 無にしない その心ではないのではないか


+++

開聞岳から 川内原発に至るまで地域を代表する神様から伝えられたお言葉

繋ぎ続けてゆく未来を 何処に焦点を当てているのか
老い先短いと思っている者達が考えることと
この地にて この星にて あと何十年も生きてゆかなければならない者達と
その想いは 大きな差があるであろう
老い先短いと思っている者達は 後の者達に託せばよいと
ある意味 放り投げてゆく者もいるであろう
私利私欲 権力にまみれていたとしても 今の自分のことだけであり
後世に繋いでゆく物事については ほぼ皆無に考えていないのではないのか
片や これから先 何十年も生きてゆかなければならぬ者達
汚染された地で また 生きてゆくには困難な地で
その命を 生きてゆかなければならぬ 育んでゆかなければならぬとゆうことは
どれだけ先人達の勝手によって 生きてゆかなければならないことになるのか
よく 考えてみることである
繋いでゆく命達に 安心と安定と平和をもたらせることが出来るのか
短い者達が その先々まで考えているとは 到底思えないような者達が
実際に 指揮を取り 牛耳っていることに 本当にそれで よしとするのか
大切な者達を 守りゆくこと
その暮らし生活 笑顔を守ってゆくことが出来るのは 
やはり 身近にいる者達であろう
心繋がり 共通の想い持つ者達であれば
一致団結し しっかりと未来を創ってゆくことは 可能な筈ではないのか
未来とは 次世代の者達にある
その者達が 更に 生きゆくことが 出来るように
生きとし生ける者達との共存 
健やかに 笑顔で 平和に生きてゆくことが出来るように
その それを教え それを伝え それを継続出来るように支えてやるのが
今 生きている者達ではないのか


+++

鹿児島から 日南に至るまでの地域を代表する神様から伝えられたお言葉

大地の揺れ動きは 徐々に徐々に強まってくる
一時は収まったとしても それは 大きなものの 動く前触れ
徐々に徐々に動いている時は 
徐々に徐々に その力を発散している
一度止まったら その時 一気に放出される危険がありゆく
まずは落ち着き 冷静に判断し
守るべき者 支えるべき者を守り 支え
道を確保し より善い流れへと進みゆくように
皆で 皆での守護を努め 争うことのないように 支え合い続けてゆかれよ


******

*地震情報
※青文字は海外で起きた地震 
8月23日 2:15頃 日向灘 M 3.4 最大震度1
8月23日 1:35頃 アラスカ M 4.5 震源深さ173km
8月23日 0:03頃 茨城県沖 M 3.6 最大震度2
8月23日 0:00頃 フィリピン M 4.5 震源深さ99km
8月22日 22:50頃 チリ     M 4.5 震源深さ45km
8月22日 21:34頃 メキシコ M 4.5 震源深さ126km
8月22日 17:36頃 インドネシア M 5.5 震源深さ140km

8月22日 13:37頃 茨城県南部 M 4.0 最大震度2
8月22日 12:42頃 伊勢湾 M 3.2 最大震度2
8月22日 11:58頃 福岡県筑後地方 M 2.8 最大震度1
8月22日 11:53頃 石垣島北西沖 M 5.4 最大震度1
8月22日 8:15頃 ロシア     M 4.9 震源深さ35km
※この二日間海外の地震がどれも深いところで発生しています。

0823hyuuga.png
(昨日お祈りをしながら通った場所です)

******

*ニュース
■半導体7%減・通信機器24%減…韓国10大品目の半数で輸出額減少
朝鮮日報 8/23(火) 11:17配信
韓国の貿易収支が8月1-20日に100億ドル以上の赤字を記録したのは、10大輸出品目のうち半導体、無線通信機器、コンピューターなどIT品目の輸出額が急減したのに対し、3大エネルギー(原油・ガス・石炭)の輸入額が大幅に増えたためだ。貿易業界は今後の貿易収支にも悲観的な見方だ。対中輸出不振とエネルギー輸入急増という二重苦が続く中、韓国の輸出全体の20%を占める半導体輸出にも赤信号が灯ったためだ。産業研究院のキム・スドン研究委員は「世界経済の低迷が予想される中、韓国の輸出は現在の傾向から抜け出すことは難しいだろう。ロシア・ウクライナ戦争と利上げ、エネルギー価格など悪材料が重なっており、当分黒字転換は難しいのではないか」と話した。
元の記事を読む→https://news.yahoo.co.jp/articles/f7a25845e75210beed95a3b834a8f563a45b228d


+++

■北朝鮮 米韓軍事演習に「必ず相応の軍事的対応伴う」とけん制
2022年8月23日 5時32分
北朝鮮は、22日から始まったアメリカ軍と韓国軍による定例の合同軍事演習について「侵略勢力による演習には、必ず相応の軍事的対応が伴うものだ」として、米韓両国をけん制しました。
アメリカ軍と韓国軍は、9月1日までの日程で、朝鮮半島有事を想定した定例の合同軍事演習を22日から始めています。
元の記事を読む→https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220823/k10013783271000.html

お知らせ

活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸


ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ

ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
(ミロク大社HPへ移動)
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください


募集のお知らせ
ミロク殿本宮では、儀式で使用いたします聖水を募集しております。
全国の気をたたえ、皆様の真まごころのこもった聖水は祭壇でご祈祷をさせていただきましたのちに、風水火の儀式で使用させていただいております。
ありがとうございます。
聖水
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし 聖水係

ボランティアのお願い
ミロク協友会として、儀式を行うための資料を日々集め
更新し作成をしています。
皆様に各種作業のお手伝いのお願いがございます。
お力添えをいただけます方、是非ご協力をお願い致します。
詳細はicon 2016

検索フォーム

関連サイト

↓クリックで関連サイトへ icon <ミロク結びバナー icon13 隙間 icon4 隙間 時系列 隙間 祈りの和TV 隙間 隙間 itiran

↓特別掲載サイトへ itiran

年別アーカイブ

2024年 02月 【21件】
2024年 01月 【27件】
2023年 12月 【36件】
2023年 11月 【25件】
2023年 10月 【32件】
2023年 09月 【28件】
2023年 08月 【17件】
2023年 07月 【26件】
2023年 06月 【26件】
2023年 05月 【32件】
2023年 04月 【30件】
2023年 03月 【21件】
2023年 02月 【26件】
2023年 01月 【24件】
2022年 12月 【30件】
2022年 11月 【22件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【24件】
2022年 08月 【24件】
2022年 07月 【28件】
2022年 06月 【22件】
2022年 05月 【6件】
2022年 04月 【26件】
2022年 03月 【15件】
2022年 02月 【16件】
2022年 01月 【17件】
2021年 12月 【20件】
2021年 11月 【25件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【7件】
2021年 07月 【2件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【6件】
2021年 03月 【12件】
2021年 02月 【14件】
2021年 01月 【26件】
2020年 12月 【34件】
2020年 11月 【20件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【2件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【13件】
2020年 04月 【3件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【6件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【3件】
2019年 06月 【6件】
2019年 05月 【22件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【9件】
2018年 08月 【15件】
2018年 07月 【9件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【15件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【13件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【23件】
2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【30件】
2017年 09月 【16件】
2017年 08月 【11件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【24件】
2017年 04月 【22件】
2017年 03月 【35件】
2017年 02月 【22件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【33件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【23件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【20件】
2015年 11月 【18件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【18件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【18件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【20件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【20件】
2014年 12月 【16件】
2014年 11月 【27件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【25件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【14件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【13件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【24件】
2013年 08月 【23件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【25件】
2013年 05月 【30件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【22件】
2012年 11月 【31件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【21件】
2011年 05月 【27件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【24件】
2010年 06月 【27件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【40件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【51件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【61件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【62件】
2008年 10月 【28件】
2008年 09月 【60件】
2008年 08月 【63件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【4件】
2008年 04月 【6件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【5件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【3件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【5件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【2件】
2005年 04月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【3件】