現在の御神事状況(関東)

新暦12月6日(旧暦11月13日みずのと 巳 大安)

*本日の記事
1.お知らせ
2.現在の状況
3.地震情報
4.ニュース

1.お知らせ
大国ミロク殿本宮新年の御守りのご案内です。
御守り三色
御守りの中には「生む・育む・愛しむ」と書かれた御札が入っています。
こちらも毎年中身の入れ替えを承っております。
ウェブショップ「ミロク結び」はこちらからお入りください。

2.現在の状況
先日、比嘉氏による奈良から配信した動画の内容に、加筆した内容をお伝え致します。

(良丸氏)
我が御親 宇宙創成陰陽母大神様、陰陽結び大神様、宇宙創成陰陽父大神様、宇宙創成核大神様、我が主祭神の大神々様にことあげて申し上げます

本日、2022年12月2日です。
今年の6月9日にこの大国ミロク殿本宮奈良分社から食断ちの儀式を伝えられ、行いましてから、今月の7日でちょうど半年、180日目を迎えることになります。伝えられている啓示の内容は、この半年、本当にぎりぎりのところで、日本が外国から攻められる、戦争へ突入する、大自然災害に見舞われる、感染症の更なる拡大といった大厄災への流れを伝えられ続け、それらを何とか凌いでまいりました。
世間ではそんなに大変とは思わない方も多いかと思います。ですが、表に出ていない、見えないところでの動きとして伝えられている内容は、ロシア、中国、北朝鮮、韓国、台湾、アメリカ、そこにフランスやイギリス、オーストラリアといった日本を取り巻く国々が見えないところで暗躍していた事を伝えられています。
日本という国は中国とロシアから、いつ攻撃を受けていてもおかしくない状況にあり、ウクライナよりも、東ヨーロッパよりも先に、中国とロシアの連動で、日本、台湾、韓国が攻められていた可能性が高かったことを伝えられ、それは今も変わりません。

この内容を伝えられまして、これまで半年、正確にはまだ半年までは来ておりませんが、私なりに精一杯努めてまいりまして、悪い方向へ進まずに何とか今年を凌げればと思っております。
しかし、まだ、戦争に関しては、完全回避が出来ておりません。かなりの確率でヨーロッパ、そして日本を中心とした戦争、それも核戦争に発展する、いや、発展ではなく確実に核を使用された戦争となると未だに伝えられております。ヨーロッパ、日本のどちらが先に起きたとしても、最終戦争に突入するということを伝えられております。
自然災害につきましても、日本を中心にした東西南北、環太平洋を中心とした大地殻変動の動きが、いつ本格的に動き出してもおかしくないと教えられています。
この大地殻変動の動きのスタートが、日本、または、アラスカやカムチャッカといった地域の北極、中央アメリカ、そして南のニュージーランドや南極辺りを伝えられており、中でも本格的に動くならこの日本からという事を教えられています。しかし、この啓示についても完全な回避は出来ておりません。
自然の動きに関しては、地球が生きている以上、大地は動き続けてゆきますから、いずれは大きな地震や火山の噴火、もしくは破局的大噴火へと繋がる動きが起きてゆきます。伝えられている啓示の一つとして、一つの火山の動き、地震の動き、プレート型、構造線、活断層等、全ての動きが一気に連動的、連鎖的に起きることになれば、今の地球の状況が一変するほどの大変動が起き、このような連鎖連動が起きれば、日本は地理的条件からしても海の底に沈んでしまうという事だけではなく、全生命が絶滅に近い状況まで追い込まれる未来、地球自体がリセットに入る可能性も教えられています。そのような状況下でも僅かな生命の生き残りから、再び一万年、十万年、百万年、一千万年、一億年といった年月をかけながら、地球の新たな再生、誕生、再生となる流れの啓示を教えられており、その流れに進む可能性が高いという事を伝えられています。確かに大地の動き、自然の動きを完全に止める事が出来ない事ではありますが、連鎖連動へと繋がってゆく事がないように、神々と仕組みをつくり、伝えられている大災害への流れを回避し、現状が大きく変貌する事なく、穏やかな動きの中、多くの生命が未来へ命を繋ぎゆく事が出来るように、継続出来る儀式を行わなければなりません。

感染症に関しても、第一波、第二波と言われ、変異した株が生まれてきておりますが、啓示的には、まだ、第一段階であり、第二段階ではないと伝えられています。啓示でいうところの第二段階は、感染力以上に致死率の上昇となります。感染者の致死率が5%、10%、15%、20%、そして、最悪40%まで上がる可能性がある事を伝えられており、更に第三段階となると、致死率が40%以上、50、60、70、80%を超える可能性すらあると教えられ、私自身もそのような状況下にならないよう必死に感染症の小難無難の祈りも継続しております。

戦争回避においては、政治経済の安定は大切になります。そして、それには、自然災害の回避は大きな要因になります。自然の動きを穏やかに、緩やかにし、大地殻変動が緩やかな流れになる事により、大規模な火山噴火や地震の連鎖連動へ繋がることなく、もし、起きたとしても連鎖連動せずに、他所への影響が無い単発の動きで何とか抑える事が出来るようにと、私自身、その流れになるよう今は努めるしかなく、何とか伝えられている啓示の厄災を凌ぎ回避する事を精一杯努めております。
また、感染症に関しても、第八波とも言われ、これが第九、十と幾度も波を迎え続けてしまう事で、致死率が一気に高くなると伝えられている第二段階に入る可能性が高くなることもあり、こちらについても拡大、段階の上昇を阻止する儀式も継続しておこなっております。

今回の食断ちにつきましても、多くの命を救うために多くの命を得るのではなく、自分の生命力を中心に儀式を行えと神の教えの中で伝えられたことによるものです。完全に食を断つことは出来ません。やがて180日目を迎えますが、完全に断ってしまっていては、もうとっくに命は尽きています。最低限の栄養を摂り、自分の生命力と意志と気力で何とか儀式をおこなう形で進めております。形ある物、穀物や野菜だけではなく、魚介類等も取ることを避け、飲料に近い形で栄養を摂り、1日、カロリー的に400から多い時に500カロリーで何とか凌いできております。私としては、当初今年いっぱいで何とか目途が立てばと思っておりましたが、今回、11月27日から本日12月2日、関西を中心に儀式を行っておりますが、なかなか先の見通しが暗く、神々との話し合いの結果、食断ちの儀式の継続をすることで話がつきました。食断ちを行っている間、私が神との約束を守り切り、達成出来れば、確実に全ての厄災を回避出来るよう、導き下さりますようお願い申し上げますと願い、約束をおこないまして、2024年2月7日まで今の儀式を継続となりました。承諾し、延長を行うことを決めましたが、私も生身の人間です。途中どうなるか分かりません。だからこそ神が私の心身を御守りいただけますようお願い申し上げます。

今回、食断ちの儀式の継続になりましたが、私個人といたしましては、妻が共に行動している場合には運転を交代したりして対応出来ますが、今後、場合によっては妻を沖縄に戻し、私単独での御神事を行うこともあります。その際に、日本全国を車を運転しながら移動してゆく中、運転中に意識を失いかけたり、車を降りた際に一瞬意識を失い倒れたり、トイレで意識を失ったり等がこれまでも実際に起きておりまして、それが、心配の要素になります。運転中、突然意識をなくし、交通事故などを起こしてしまいますと、私自身は自分の責任になりますが、他人を巻き込む訳にはゆきませんし、そのような事はどうしても避けないといけません。神々様におかれましては、どうか交通事故や様々な事故などで、私の御神事により他人を巻き込むことがないようにお願い申し上げます。2024年まで儀式を継続していく間、どうか護り、導き下さり、私が儀式をきちんと達成出来るよう、お力添えいただけますようお願い申し上げます。そして、私がそれをやり遂げた際、行い続けている間も、全ての戦争の流れを回避し、大地殻変動が一気に進む流れを穏やかに、緩やかにし、感染症もすぐにとはゆかずとも収束、勢いをなくし、最終的には感染症が消滅するように、どうか力添えいただきたいと思います。改めて約14ヶ月間、儀式の延長を行い、現在の全ての厄災を出来る限り改善、回避するよう努力してまいります。

このような話しをお伝えすると何を馬鹿なこと言っているのかと思われる方もいるかはと思いますが、目に見える範囲ではなく、国や世の中、自然の流れ、感染症の流れは、見えないところで様々な動きがあり、恐いのは目に見えない範囲での動きが本当に恐いものです。私の神事、儀式というものは、これから先に起きる災いを神々から教え伝えられ、厄災が起きる前に流れを改善、回避、そして流れを善き方向へ仕向ける、そういった仕組みを神々と共に作るのが私の役割であり、私の御神事、儀式であります。だからこそ、目に見えない、先に起きる流れを教えられ、様々な動きを含め、最悪の流れを変え、回避してゆく儀式となる訳でございます。これから先について伝えることは、動画配信では止めておきます。
(※動画配信でお伝えした内容を主体にしており、そのまま文章に入れております。何卒、ご理解いただけますようお願い致します)

どうかもう一度神々様には、約束しました約14ヶ月の今の儀式の延長、それをやり遂げるまでにきちんと全ての厄災が改善、回避出来るようお力添えいただけますようお願い申し上げます。

私の言動、行動は理解しづらいかもしれませんが、どうか、少しでもご賛同いただけます方々がおられましたら、今後も、この活動が続けることができ、最後まで儀式が行えるよう、御力添え、ご支援、お支えくださいますようお願い申し上げます。車を運転し、伝えられます各所を周り神事をおこなってまいりますにも、様々な経費がかかってまいります。
皆様の御力添え、お支えがなければ、御神事の継続が出来ません。どうか今後も、今年、来年と、お支えいただけますよう心からお願い申し上げます。

神々におかれましても、御力添えいただき、導き、護り下さいますよう、改めてお願い申し上げます。そして私の活動、儀式を皆様の御力添えで最後までおこなえるよう、ご支援賜りますことを心からお願い申し上げます。ありがとうございました。


3.地震情報
青文字は海外で発生した地震
12月6日 4:21頃 十勝地方南部 M 3.6 深さ70km 最大震度1
12月6日 3:31頃 福島県沖 M 3.7 深さ60km 最大震度1
12月6日 3:17頃 アルゼンチン M 4.7 深さ117km
12月6日 3:06頃 浦河沖 M 4.1 深さ60km 最大震度1
12月6日 1:19頃 トンガ M 5.7 深さ35km
12月6日 0:33頃 アラスカ M 4.9 深さ25km

12月6日 0:21頃 青森県東方沖 M 4.5 深さ30km 最大震度2
12月5日23:21頃 トンガ M 5.3 深さ104km
12月5日16:11頃 アラスカ M 4.9 深さ10km
12月5日14:35頃 ソロモン諸島 M 5.7 深さ92km

12月5日13:30頃 茨城県沖 M 3.5 深さ50km 最大震度1
1206jisin1.png 1206jisin2.png 1206jisin3.png
1206jisin4.png 1206jisin5.png


4.ニュース
■米原子力潜水艦、アラビア海に続きインド洋や沖縄にも出現 米軍の異例の公表続く ロシアや北への警告か?
12/6(火) 9:05
10月、米中央軍がツイッターで、通常は航行中の動きがほとんど明かされることがない米原子力潜水艦がアラビア海に出現したことを伝える“異例の公表”をしたが、その後も、米軍は、米原子力潜水艦の寄港地の公表を続けている。
11月1日、米軍は、アラビア海に出現した潜水艦と同じクラスの米海軍オハイオ級弾道ミサイル搭載原子力潜水艦「USS・ロード・アイランド」が、地中海西端のイギリスのジブラルタル海軍基地に寄港したと公表した。
スコットランドのクライド海軍基地でのアメリカの潜水艦の目撃数も増加している。米海軍は、7月に潜水艦が同基地に寄港したことを公表したが、同基地では、米原子力潜水艦が、今年はこれまでに23回と、昨年の13回の2倍近い数で目撃されていると言う。
増えているのはアメリカの潜水艦の目撃だけではない。スコットランドでは、NATO加盟国の潜水艦の目撃数も、2021年の43回から今年は85回に増加している。ウクライナ戦争が長引く中、アメリカとNATOが連携を強化している状況がうかがえる。
続きを読む→https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20221206-00326926

■あらゆる投薬法で「七転八倒」「遺骨は青く」 熊本・ハンセン病療養所で「虹波」人体実験 園長の目の前で…入所者が証言 菊池恵楓園
熊本日日新聞12/5(月) 9:43配信
戦時中、国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園(熊本県合志市)の入所者に「虹波[こうは]」と呼ばれる薬剤が投与され、9人が死亡したことを示す文書群を同園が初めて開示した。同園で治験が始まったのは1942年末。静脈注射や筋肉注射、座薬などあらゆる投与法が試された。入所者の長州次郎さん(95)は、紫色の錠剤を一日3錠飲まされた経験を入所者自治会機関誌「菊池野」などにつづっている。
厚生労働省の「ハンセン病問題に関する検証会議の提言に基づく再発防止検討会」の聞き取りによると、43年に入所した長州さんは終戦まで虹波を服用させられた。
飲み始めると月に1回は胃がけいれんし、数日は食事を取れなかった。夕飯を朝に吐き出すこともあり、「虹波のせいで七転八倒した」と語っている。治験後に死亡した入所者の遺骨は青っぽく、「骨に色が付くほど強い薬だったのだろう」とも証言している。
続きを読む→https://news.yahoo.co.jp/articles/f8cae294f3409d990b84c8aecc378acfe986a86e

お知らせ

活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸


ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ

ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
(ミロク大社HPへ移動)
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください


募集のお知らせ
ミロク殿本宮では、儀式で使用いたします聖水を募集しております。
全国の気をたたえ、皆様の真まごころのこもった聖水は祭壇でご祈祷をさせていただきましたのちに、風水火の儀式で使用させていただいております。
ありがとうございます。
聖水
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし 聖水係

ボランティアのお願い
ミロク協友会として、儀式を行うための資料を日々集め
更新し作成をしています。
皆様に各種作業のお手伝いのお願いがございます。
お力添えをいただけます方、是非ご協力をお願い致します。
詳細はicon 2016

検索フォーム

関連サイト

↓クリックで関連サイトへ icon <ミロク結びバナー icon13 隙間 icon4 隙間 時系列 隙間 祈りの和TV 隙間 隙間 itiran

↓特別掲載サイトへ itiran

年別アーカイブ

2024年 02月 【21件】
2024年 01月 【27件】
2023年 12月 【36件】
2023年 11月 【25件】
2023年 10月 【32件】
2023年 09月 【28件】
2023年 08月 【17件】
2023年 07月 【26件】
2023年 06月 【26件】
2023年 05月 【32件】
2023年 04月 【30件】
2023年 03月 【21件】
2023年 02月 【26件】
2023年 01月 【24件】
2022年 12月 【30件】
2022年 11月 【22件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【24件】
2022年 08月 【24件】
2022年 07月 【28件】
2022年 06月 【22件】
2022年 05月 【6件】
2022年 04月 【26件】
2022年 03月 【15件】
2022年 02月 【16件】
2022年 01月 【17件】
2021年 12月 【20件】
2021年 11月 【25件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【7件】
2021年 07月 【2件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【6件】
2021年 03月 【12件】
2021年 02月 【14件】
2021年 01月 【26件】
2020年 12月 【34件】
2020年 11月 【20件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【2件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【13件】
2020年 04月 【3件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【6件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【3件】
2019年 06月 【6件】
2019年 05月 【22件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【9件】
2018年 08月 【15件】
2018年 07月 【9件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【15件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【13件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【23件】
2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【30件】
2017年 09月 【16件】
2017年 08月 【11件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【24件】
2017年 04月 【22件】
2017年 03月 【35件】
2017年 02月 【22件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【33件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【23件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【20件】
2015年 11月 【18件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【18件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【18件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【20件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【20件】
2014年 12月 【16件】
2014年 11月 【27件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【25件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【14件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【13件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【24件】
2013年 08月 【23件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【25件】
2013年 05月 【30件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【22件】
2012年 11月 【31件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【21件】
2011年 05月 【27件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【24件】
2010年 06月 【27件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【40件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【51件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【61件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【62件】
2008年 10月 【28件】
2008年 09月 【60件】
2008年 08月 【63件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【4件】
2008年 04月 【6件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【5件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【3件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【5件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【2件】
2005年 04月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【3件】