現在の御神事状況と各地で伝えられたお言葉

新暦3月4日(旧暦2月13日 かのと 酉 友引)

*本日の記事
1.各地で伝えられたお言葉
2.地震情報
3.ニュース

1.各地で伝えられたお言葉
(3月1日)
長崎平和祈念公園
人の子の望む未来とは
年月が経てば 忘れられてしまうような
そんな脆いものなのか
経験者が居なくなれば
当時の凄惨さは 推測する事すらも出来なくなるほどの
忘れてもいいような 事柄なのか


佐世保
絵空事のようであったとしても
実現する為に その道へと進むことは
無駄ではないであろう
平和という 漠然とした状況であっても
平和という事が実感できなくとも
それでも 安心して暮らしてゆく事の出来る世の中をつくる
その未来へと進む行動は 忘れてはいけないのではないのか
その意識は 忘れてはいけないのではないのか
伝え 教え 共に考え抜いてゆかなければいけない
人として 大切な事は 忘れてはいけない


玄海原発
気づいた者から より良い未来へと
平和の未来へと 出来る事を進めてゆく
先人が付けた足跡を 更に 広げてゆけるように
より良い未来となるよう
進化発展を 忘れないように
再び 訪れるこの地を
未来に向けて より良い状態へと手渡せるように


(3月2日)
門司
切り離されないように 繋ぎを強固なものへと
繋ぎ続け 結び続け
連鎖連動 分散分割を
調和と協力を 見失わず
未来の命達の為に 連携を続けてゆ


下関
自然界の大地も 海も その奥底にて
動きの調整と調和 協力と支え合い
分散分割の動き 
動きの鈍い部分では 調整がなされてゆく
活動が大きい部分では 自重されてゆく
動く事で バランスが整えられてゆく
大地 奥深くの動き
この地域だけではなく
惑星全体によって その調整がなされ
落ち着きゆく為の行動がなされている


岩国
変われるのか 過去を知り 
負の流れが 繰り返されないように
人は 努めてゆけるのか
繰り返さない為に 居るのではないのか
それを 証明する為に 魂の繰り返しがあるのではないのか
人の子の世は 大きく星へと影響を与える
負の流れ 繰り返さないように
今を生きる人として 
未来を紡ぐ者として
深く考えて 行動してゆかなければなるまい


広島平和記念公園
風化してゆく歴史
段々と 人は その心に受け取る事が難しくなるのか
現実となってからでは 遅い
現実を経験してからでは遅い
繰り返してはいけない事は
繰り返さないように 伝え教える
過去におきたことは 変えられない
いかに これから未来におきる物事を
変化 阻止してゆくことが出来るか
経験しなくてもよい苦しみを 経験させないように出来るか
感覚を 精神を 心を 失わないように
見えぬ部分であるが それらを育てる事も
同じ過ちを繰り返さない策の一つになろう


2.地震情報
青文字は海外で発生した地震
3月4日 8:54頃 千葉県北西部 M 3.4 深さ70km 最大震度1
3月4日 4:31頃 西表島付近 3.4 深さ20km 最大震度2
3月3日22:24頃 インドネシア M 4.5 深さ86.684km
3月3日19:18頃 八丈島近海 3.9 深さ30km 最大震度2
3月3日18:41頃 パプアニューギニア M 5.2 深さ50.994km
3月3日16:02頃 インドネシア M 4.6 深さ10.0km
3月3日13:37頃 トンガ     M 4.6 深さ203.017km
3月3日11:53頃 トルコ     M 5.0 深さ10.0km

3月3日11:35頃 沖縄本島近海 3.3 深さ20km 最大震度1
3月3日11:10頃 福島県沖 3.9 深さ50km 最大震度1
3月3日10:53頃 ペルー     M 5.2 深さ10.0km
3月3日 9:54頃 バヌアツ M 5.1 深さ10.0km
3月3日 9:36頃 インドネシア M 5.1 深さ62.208km

230304jisin1.png 230304jisin2.png 230304jisin3.png 230304jisin4.png 230304jisin5.png

(世界中で起きた地震。左は3月3日~4日にかけて、右は3月2日~3日にかけて発生した地震)
230304world.png 230303world.png

3.ニュース
■30年以内に70%の確率で起こるとされる南海トラフ地震 過去の例では49日後に富士山噴火も
ポストセブン 3/3(金) 19:13配信
トルコの大地震は世界中に衝撃を与えた。そして知ってのとおり、日本もまた地震大国。同じ規模か、それ以上の大地震がいつ起こるとも限らない。起こりうる被害を予測しておく必要があるだろう。【全4回の第3回。第1回から読む】
そもそも、何月何日にどれほど大きな地震が来るかなど、誰にもわからない。わかったとしても、地震が起きることを防ぐすべはない。しかし、過去の膨大なデータやそれを解析する研究により、どんなことが起こりうるか予測することはできる。
東京都は2022年5月、首都直下地震の被害想定の見通しを10年ぶりに更新した。最大の被害が想定されるのは「都心南部直下地震が冬の夕方、風速8mの状況下で起きた場合」で、約3600人が地震の揺れによって、約2400人が火災によって死亡すると予測されている。東京工業大学教授の山中浩明さん(地震工学が専門)が言う。
続きを読む→https://news.yahoo.co.jp/articles/62eb60e8178f68a3461246f98dfdd4efadec82a7

■拡大する北方林火災、地球温暖化の「時限爆弾」になる可能性 衛星データ解析で判明
CNN 3/3(金) 17:00配信
世界最北の森林は地球温暖化汚染の「時限爆弾」になりかねないとする研究結果を、米国や中国の研究チームが発表した。こうした北方林では森林火災が拡大し、記録的な量の温室効果ガスが放出されている。
研究チームが新たな衛星データ解析技術を使って調べた結果、世界の極北地を覆う北方林で2000年以来、夏の森林火災が拡大していることが分かった。
続きを読む→https://news.yahoo.co.jp/articles/42690cabd1de1f14d145dfad2a6086cc09e781a8

■ロシア潜水艦 日本海から巡航ミサイル「カリブル」を発射
スプートニク2023年3月3日, 15:39 (更新: 2023年3月3日, 17:05)
ロシアのディーゼル潜水艦「ペトロパブロフスク・カムチャツキー」は、軍事訓練の一環として、日本海から地上標的に向けて巡航ミサイル「カリブル」を発射した。ロシア海軍太平洋艦隊の情報保障部門が発表している。
ミサイル発射は、ロシア極東ハバロフスク地方にあるシュルクム戦術場の沿岸に設置された標的に向けて行われた。この標的は、架空上の敵が発射すると思われる位置に設けられた。発射前、同艦は発射指定エリアを密かに確保していた。
続きを読む→https://sputniknews.jp/20230303/15137837.html

お知らせ

活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸


ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ

ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
(ミロク大社HPへ移動)
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください


募集のお知らせ
ミロク殿本宮では、儀式で使用いたします聖水を募集しております。
全国の気をたたえ、皆様の真まごころのこもった聖水は祭壇でご祈祷をさせていただきましたのちに、風水火の儀式で使用させていただいております。
ありがとうございます。
聖水
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし 聖水係

ボランティアのお願い
ミロク協友会として、儀式を行うための資料を日々集め
更新し作成をしています。
皆様に各種作業のお手伝いのお願いがございます。
お力添えをいただけます方、是非ご協力をお願い致します。
詳細はicon 2016

検索フォーム

関連サイト

↓クリックで関連サイトへ icon <ミロク結びバナー icon13 隙間 icon4 隙間 時系列 隙間 祈りの和TV 隙間 隙間 itiran

↓特別掲載サイトへ itiran

年別アーカイブ

2024年 04月 【9件】
2024年 03月 【31件】
2024年 02月 【24件】
2024年 01月 【27件】
2023年 12月 【36件】
2023年 11月 【25件】
2023年 10月 【31件】
2023年 09月 【28件】
2023年 08月 【17件】
2023年 07月 【26件】
2023年 06月 【26件】
2023年 05月 【32件】
2023年 04月 【30件】
2023年 03月 【21件】
2023年 02月 【26件】
2023年 01月 【24件】
2022年 12月 【30件】
2022年 11月 【22件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【24件】
2022年 08月 【24件】
2022年 07月 【28件】
2022年 06月 【22件】
2022年 05月 【6件】
2022年 04月 【26件】
2022年 03月 【15件】
2022年 02月 【16件】
2022年 01月 【17件】
2021年 12月 【20件】
2021年 11月 【25件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【7件】
2021年 07月 【2件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【6件】
2021年 03月 【12件】
2021年 02月 【14件】
2021年 01月 【26件】
2020年 12月 【34件】
2020年 11月 【20件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【2件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【13件】
2020年 04月 【3件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【6件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【3件】
2019年 06月 【6件】
2019年 05月 【22件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【9件】
2018年 08月 【15件】
2018年 07月 【9件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【15件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【13件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【23件】
2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【30件】
2017年 09月 【16件】
2017年 08月 【11件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【24件】
2017年 04月 【22件】
2017年 03月 【35件】
2017年 02月 【22件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【33件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【23件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【20件】
2015年 11月 【18件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【18件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【18件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【20件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【20件】
2014年 12月 【16件】
2014年 11月 【27件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【25件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【14件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【13件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【24件】
2013年 08月 【23件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【25件】
2013年 05月 【30件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【22件】
2012年 11月 【31件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【21件】
2011年 05月 【27件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【24件】
2010年 06月 【27件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【40件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【51件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【61件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【62件】
2008年 10月 【28件】
2008年 09月 【60件】
2008年 08月 【63件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【4件】
2008年 04月 【6件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【5件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【3件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【5件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【2件】
2005年 04月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【3件】