現在の御神事状況(関東)

新暦11月23日(旧暦10月11日 きのと 酉 友引)

*本日の記事
1.お知らせ
2.現在の御神事状況
3.地震情報
4.ニュース

1.お知らせ
ウェブショップ「ミロク結び」より、新年の御守りブレスレットのご案内です。
ブレスレットをリニューアルいたしました。パワーストーンは近年、鉱山の閉鎖や採れる量も減っており、質の良い石を手に入れることが難しくなってきております。
天然石が持つエネルギーを調和させて組み上げた身に着ける御守りをぜひご覧ください。
ブレス集合3 ブレス1②
<<NO1>>
黒を基調にしたブレスレットで厄祓い、心身の清め改め、ネガティブな思い、邪念からの守護、危険回避がなされ、お持ちになる方が健やかに日々の暮らしを営みゆけるよう守護を願い作成しております。
物事を進めてゆく中で、いつも邪魔されてしまい、完成までたどり着けない。思うように物事が進めない等を感じる時の守護として、また、仕事運・洞察力を高める。信念を持ち、諦めずにやり遂げる力を与えるという意味を持つ石もあるため、きちんと最後までやり遂げたい。物事を成し遂げたいという強い意思を、途中でくじけないように支えるといった思いを支える組み合わせでもあります。
困難に立ち向かう、物事を成し遂げる際、大きくじゃまされる事なく達成へと導くという意味も兼ね備えている御守りです。

2.現在の御神事状況
11月22日のルート
231122route.png
①日光東照宮
②中禅寺湖・女峰山・男体山
日光は江戸から見ると真北に位置し、 これは江戸城の鬼門の方向にあたり、家康を「東照大権現」つまり江戸城の守護神として祀ったからと云われます。
比嘉夫妻の御神事では艮の方角にある日光は関東の守りの地として、年に何度も祈りを行っております。

11月15日、良丸氏がお話された内容について後半部を掲載いたします。
(良丸氏)

***つづき

それと同時に、日本という国は自然災害が起きなくても、今の政治、経済の流れからすれば、どんどん衰退してゆき5年、10年後には、先進国から脱落し、発展途上国の地位まで落ちる可能性すらあることも伝えられています。中国には既に抜かれており、このままであれば、韓国、台湾、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムといった国々にも追い越される可能性があります。今、国としての政治や経済の見直しを本気でやらなければ、取り返しのつかない状況に陥る可能性があり、そこに自然災害が重なると本当にとんでもない事態になってしまうと警鐘を促されています。
それとこのまま変わらずにいたら、東アジアで中国の絡む戦争に日本は確実に巻き込まれてゆくか、もしくは自然災害による経済の破綻がおきる事で、巻き込まれるだけではすまず、自ら隣国へ攻めてゆくという可能性も実際にあります。よその国に攻め入り、そこの国の国益を取り、それによって自分の国を大きくまた復興させるというこれまでの古い流れを繰り返し、日本が自ら再び戦争へ向かう可能性もある事を伝えられてまいります。今のところは、中国、北朝鮮、ロシア、そういった所からの侵略が本当に心配であり、起こる可能性が高いです。また逆に自ら戦争へ向かう可能性も伝えられてきます。

このように啓示で伝えられてまいります内容は、緊迫しております。第三次世界大戦は口だけで「本当は起きない」「プーチンは核を使うと言っているが、ロシア言っているだけの核兵器は持っていない」「使用する度胸はない」と甘く見てしまい、使用されたらおしまいです。実際に言っている核兵器があれば、一つの核弾頭でフランスの国土を1発で灰にするといわれている規模になります。フランスという国は日本の2倍の国土を持っている国です。それだけのとんでもない爆弾、核兵器を持っているならば、その1/10であっても大変なことです。どれだけの威力の核兵器を持っているかではなく、一つ使われれば日本という国は本当に滅んでしまいます。一つ使用すれば確実に最終核戦争へ繋がる可能性もあるわけです。
今、本当に世の中がとんでもない状況に陥ろうとしています。その流れを回避するために儀式を続けております。今後も諦めずに継続する必要があり、私の中では、地震も経済の破綻も戦争も、実際にはもう起きていてもおかしくない状況にあるものを、祈り儀式によって先延ばししてきたという自負を持って儀式を行っております。これら災い、厄災を先延ばししながら、最終的には完全に回避し、善い流れへ変えてゆくという儀式を行っております。これは、つもりではなく、行っております。現状を軽く見ている人からすれば、そんな恐ろしいことは実際に起きないと思うかもしれません。そして、そう思う方も多くいるかもしれません。しかし、伝えられている状況が実際に起きてしまえば、取り返しのつかない状況になります。私が視ているビジョンが、本当に起きる可能性がある以上、儀式を中断することが出来ません。継続して儀式を行っていくつもりでございます。

しかしながら、11月、10月の末辺りに、動画配信やブログでも書きましたが、実際、11月以降の儀式がかなり厳しい状況ではあります。来月の頭までの儀式は何とか継続出来ますが、それ以降の儀式はかなり厳しい状況にあります。年明けたら1月にインドに行く予定にしております。インドは今、各地で小さな紛争から大きな戦争が起きております。

** 良丸氏の話に対しての関連記事・ニュース **
■部族衝突で54人死亡 インド、デモ隊が暴徒化
時事通信 2023年05月07日07時14分
【グワハティ(インド)AFP時事】インド北東部マニプール州で6日までに、部族間の衝突によって54人が死亡した。他の部族に対する優遇措置に反対する少数派部族のデモ隊が暴徒化。当局は数千人の兵士を派遣して事態の鎮圧を図っているが、暴動が続いている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023050700121&g=int


■アングル:インドの悲惨な宗派対立 終わりなき暴動の連鎖
2020年2月29日
[ニューデリー 26日 ロイター] - ニューデリー北部にある地元のモスクから自宅に戻る途中、モハマド・ズバイルさんは大勢の群衆に出くわした。混乱を避けようと側道へと足を向けた。それが失敗だった。
ほんの数秒後、10数名の若者たちがズバイルさんを取り囲み、木や金属の棒で殴りかかった。地面にうずくまったズバイルさんの頭部から血が流れ、衣服を染めた。殴打は激しさを増し、ズバイルさんは「このままでは死んでしまう」と思った。
37歳のズバイルさんは、ニューデリーの別の地域にある親戚の家で、その日の出来事をそう語った。頭部には包帯が巻かれていた。
24日午後に起きたこの襲撃には、住民同士の対立と暴力という背景がある。
続きを読む→https://jp.reuters.com/article/india-citizenship-protests-survivor-idJPKCN20L1D1

>>良丸氏からの話 続き
ロシア、ウクライナ、そして近隣諸国の小さな衝突や軍事衝突、紛争なども実際に起きています。そこに至ってイスラエルでの戦争。そのままいけばインドでも何らかの形の紛争か内戦、隣国のパキスタンとの戦争か、中国との戦争に流れが行くかという啓示が伝えられてきております。その為、インドに入る必要があり、1月に行く予定にしております。
そして2月は横浜から船に乗りまして、伊豆七島から小笠原、硫黄島を経由してサイパン、グァムまで行き戻ってくるという儀式を予定しております。その後はまた日本列島の本州一周をおこない台湾までの儀式や、並行して日本列島を車で移動しながら内陸部における儀式も常におこなうことになり、これは今年、また来年も継続していく必要があります。現状では来年1月のインド、そして2月の硫黄島、サイパンまでの儀式に出向くことがかなり厳しい状況で、本土に上がりたくても上がれない状況に陥る状況があります。

今年2月、伝えられておりました地震の啓示が、硫黄島まで巡ったことにより何とか大難にはならない状況となる儀式を行う事が出来ましたが、急遽硫黄島辺りの大きな破局的噴火の影響による途轍もない災害が起きるということで、沖縄に戻り儀式を行いました。先だって硫黄島で海底火山の噴火が起きましたが、啓示では、それは一時の力抜きであると教えられています。来年2月の儀式をしっかり行うことによって、完全に改善する方向へもっていけるかと思っております。様々な要因が絡み、上手く事が運ばなくとも先送りにはなるよう、出来る限り最悪の事態を先延ばししながらも改善していく流れを作ってゆくことは出来るかと思っています。
来年は外国はインド、そしてサイパン、グァムだけではなく、何ヶ所かの外国での御神事も再開して行わなければいけないかと思っております。コロナ感染症の影響で、海外や船での儀式がなかなか行えない状況が続いておりましたが、今年、渡航や船の乗船が以前のように行えるようになった為、一気に海外や海上における御神事の啓示が強く伝えられてくるようになり、行う必要が出てきております。来年も年明けから外国における儀式が続く形になります。日本国内だけでなく、外国での御神事をおこなって初めて世界の中で日本という国の政治経済の安定、平和の守護を強める事が出来ます。そして、日本は、太平洋プレート、北米・オホーツクプレート、アムールプレート、フィリピン海プレート、そして沖縄プレートといった大きなプレートに囲まれた中にあります。それらのプレートは世界と繋がっています。これらの事を踏まえ、含めて儀式を行うことによって、大地殻変動を緩やかにすることが出来る事から、外国に行く必要が出てまいります。外国における御神事をおこなうことによって、地球規模における地殻変動の仕組みを緩やかにし、出来得れば、仕組みが変わって、本当に善い方向へ仕組みが作り上げられればと思っております。
それと大きな地震や火山の噴火による世界規模の災害、そこから連鎖する戦争や紛争、政治経済の混乱、そして治安悪化、戦争による衛生悪化による感染症の拡大など、これら全てを一つ一つ改善の道へもっていくためにも儀式、御神事の継続は欠かせません。
どうか、どうか私に改めて儀式を継続できるよう、ご支援を賜りますことを心からお願い申し上げます。今年12月、そして来年、1月から1年間、御神事が出来るよう、どうか力添えいただけますようお願い申し上げます。どうか私に御神事させていただきたく、心から皆様にお願い申し上げます。いつも最後にはこういったご支援のお願いになってしまいますが、どうか、どうか御力添え賜りますことをお願い致します。

今日11月15日の大祭には私の妻が宮にて儀式を行い、私はこちらにて神様とやりとりをしながら、今後の儀式の内容を詰めておりました。これが終わりましたら私は改めて本土に上がります。今度は単独で上がり儀式を行っていく形になります。妻が沖縄に残り、宮を中心に儀式を行っていく予定としております。ただ私も実際も単独で上がって、これまでみたいに1日1,000km運転して移動するという儀式は本当に難しくなっており、よく頑張って500km、それも日が暗くなったり、目が疲れてくると、視力がかなり落ちてしまう為、出来るだけ明るい内に移動をすませて、翌日、朝早く移動するという形で行っていきたいと思っております。ですから、明るい内に御神事をしながら移動となりますと300kmから500kmを移動しながらの御神事とさせていただきます。
どうか、このような儀式を行いながらではありますが、今年あと1ヶ月半、そして来年1年、確実に儀式を継続し、最悪の事態、大きな地殻変動へ繋がる地震、連鎖連動を出来るだけ緩やかにしていき、政治経済の安定、日本国の経済の復興、安定を取り戻しつつ、平和な世の中を作り、そこに感染症の撲滅という流れを含め儀式を行ってまいりたいと思っております。
それでは、最後にこれらの儀式が確実に行えるように、何卒皆様にお力添え、善きご支援をいただきまして、今年12月、そして来年の1月からの1年間、来年辰年を確実に儀式を行えるようにお力添えいただきたいと思っております。私に御神事を継続させていただけますよう、皆様の御力添え、ご支援賜りますことを心からお願い申し上げます。それでは本当にありがとうございました。
動画配信、終了させていただきます。

比嘉良丸

3.地震情報
青文字は海外で発生した地震
11月23日 6:00頃 岩手県沖 M 3.2 深さ60km 最大震度1
11月23日 2:45頃 エクアドル M 4.8 深さ9km
11月23日 2:23頃 山形県最上地方 M 3.6 ごく浅い 最大震度3
11月22日23:07頃 伊予灘     M 3.6 深さ90km 最大震度1
11月22日16:21頃 チリ M 4.8 深さ107km
11月22日13:47頃 バヌアツ M 7.0 深さ10km
11月22日13:38頃 アルゼンチン M 4.5 深さ201km

11月22日13:06頃 薩摩半島西方沖 M 2.6 深さ10km 最大震度2
11月22日12:34頃 石川県能登地方 M 2.5 深さ10km 最大震度1
11月22日11:48頃 インドネシア M 6.0 深さ115km
11月22日11:03頃 奄美大島近海 M 3.5 深さ20km 最大震度2
231123jisin1.png 231123jisin2.png 231123jisin3.png 231123jisin4.png 231123jisin5.png 231123jisin6.png

231123world.png 231122world.png

4.ニュース
■イスラエル・ハマス戦争の実況:イスラエル、予想される停戦に先立ってガザを攻撃
アルジャジーラ 2023 年 11 月 23 日
カタールの仲介による一時停戦がいつ 発効するかは依然として不透明な中、イスラエルはガザ全域で致命的な空襲と激しい砲撃を続けている。
イスラエルのネタニヤフ首相は、予想される戦闘休止後も戦争は続くと改めて警告し、イスラエル人捕虜全員を帰国させると約束した。
国連の人道担当責任者は、ガザでの停戦が永続的な停戦に変わることへの希望を表明した。
ガザでは10月7日以降、1万4500人以上が死亡した。イスラエルでは、ハマスの攻撃による公式の死者数は約1200人となっている。
続きを読む→https://www.aljazeera.com/news/liveblog/2023/11/23/israel-hamas-war-live-israel-pounds-gaza-ahead-of-expected-truce


お知らせ

活動のご支援を今後とも宜しくお願い致します

啓示は常に伝えられ続けております。
比嘉夫妻の御神事は、皆様のご支援により執りおこなえております。
どうか、今後とも引き続き御神事を執り行ってゆけるよう
皆様の変わらぬお支えを何卒宜しくお願い申し上げます。

御支援用 社団法人口座

沖縄銀行 コザ支店 
普通 1887649
一般社団法人 こころのかけはし 祈りの和 代表比嘉良丸


ゆうちょ銀行
記号 17000 番号 5821671
一般社団法人こころのかけはし祈りの和
シャ)ココロノカケハシイノリノワ

ゆうちょ以外の金融機関から
七〇八店 普通 0582167

御神事支援口座に法人名義の口座を用意いたしました。
こちらの口座への御支援も、
比嘉夫妻の御神事に活かされてまいります。
他の口座は大国ミロク大社のHPに掲載しております。
(ミロク大社HPへ移動)
御都合の良い口座へ何卒ご支援を宜しくお願い致します
領収書が必要な方は問い合わせ窓口にご連絡ください


募集のお知らせ
ミロク殿本宮では、儀式で使用いたします聖水を募集しております。
全国の気をたたえ、皆様の真まごころのこもった聖水は祭壇でご祈祷をさせていただきましたのちに、風水火の儀式で使用させていただいております。
ありがとうございます。
聖水
〒904-0006
沖縄市八重島1-3-9
こころのかけはし 聖水係

ボランティアのお願い
ミロク協友会として、儀式を行うための資料を日々集め
更新し作成をしています。
皆様に各種作業のお手伝いのお願いがございます。
お力添えをいただけます方、是非ご協力をお願い致します。
詳細はicon 2016

検索フォーム

関連サイト

↓クリックで関連サイトへ icon <ミロク結びバナー icon13 隙間 icon4 隙間 時系列 隙間 祈りの和TV 隙間 隙間 itiran

↓特別掲載サイトへ itiran

年別アーカイブ

2024年 02月 【18件】
2024年 01月 【27件】
2023年 12月 【36件】
2023年 11月 【25件】
2023年 10月 【32件】
2023年 09月 【28件】
2023年 08月 【17件】
2023年 07月 【26件】
2023年 06月 【26件】
2023年 05月 【32件】
2023年 04月 【30件】
2023年 03月 【21件】
2023年 02月 【26件】
2023年 01月 【24件】
2022年 12月 【30件】
2022年 11月 【22件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【24件】
2022年 08月 【24件】
2022年 07月 【28件】
2022年 06月 【22件】
2022年 05月 【6件】
2022年 04月 【26件】
2022年 03月 【15件】
2022年 02月 【16件】
2022年 01月 【17件】
2021年 12月 【20件】
2021年 11月 【25件】
2021年 10月 【19件】
2021年 09月 【7件】
2021年 07月 【2件】
2021年 06月 【2件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【6件】
2021年 03月 【12件】
2021年 02月 【14件】
2021年 01月 【26件】
2020年 12月 【34件】
2020年 11月 【20件】
2020年 10月 【3件】
2020年 09月 【4件】
2020年 08月 【2件】
2020年 07月 【3件】
2020年 06月 【10件】
2020年 05月 【13件】
2020年 04月 【3件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【4件】
2019年 10月 【6件】
2019年 09月 【11件】
2019年 08月 【2件】
2019年 07月 【3件】
2019年 06月 【6件】
2019年 05月 【22件】
2019年 04月 【4件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【18件】
2018年 11月 【3件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【9件】
2018年 08月 【15件】
2018年 07月 【9件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【15件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【17件】
2018年 02月 【13件】
2018年 01月 【26件】
2017年 12月 【23件】
2017年 11月 【16件】
2017年 10月 【30件】
2017年 09月 【16件】
2017年 08月 【11件】
2017年 07月 【11件】
2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【24件】
2017年 04月 【22件】
2017年 03月 【35件】
2017年 02月 【22件】
2017年 01月 【24件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【17件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【33件】
2016年 06月 【31件】
2016年 05月 【23件】
2016年 04月 【14件】
2016年 03月 【11件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【20件】
2015年 11月 【18件】
2015年 10月 【24件】
2015年 09月 【29件】
2015年 08月 【18件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【18件】
2015年 05月 【14件】
2015年 04月 【20件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【20件】
2014年 12月 【16件】
2014年 11月 【27件】
2014年 10月 【25件】
2014年 09月 【25件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【14件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【18件】
2014年 01月 【13件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【21件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【24件】
2013年 08月 【23件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【25件】
2013年 05月 【30件】
2013年 04月 【27件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【22件】
2012年 11月 【31件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【19件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【35件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【18件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【25件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【15件】
2011年 06月 【21件】
2011年 05月 【27件】
2011年 04月 【24件】
2011年 03月 【24件】
2011年 02月 【17件】
2011年 01月 【21件】
2010年 12月 【21件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【24件】
2010年 06月 【27件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【40件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【13件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【10件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【15件】
2009年 06月 【51件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【61件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【25件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【62件】
2008年 10月 【28件】
2008年 09月 【60件】
2008年 08月 【63件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【4件】
2008年 04月 【6件】
2008年 03月 【18件】
2008年 02月 【15件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【1件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【4件】
2007年 09月 【7件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【3件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【7件】
2007年 04月 【6件】
2007年 03月 【4件】
2007年 02月 【5件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【3件】
2006年 07月 【4件】
2006年 06月 【5件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【15件】
2006年 03月 【5件】
2006年 02月 【5件】
2006年 01月 【5件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【2件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 07月 【1件】
2005年 06月 【4件】
2005年 05月 【2件】
2005年 04月 【2件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【1件】
2005年 01月 【3件】