【2007/01/03】 満月の祈り [ 祈り ]

2007.01.16.12:46

【2007/01/03】 満月の祈り [ 祈り ]
今年もあと僅かとなりました。
みなさんにとって今年はどんな一年だったのでしょう。
そして来年はどんな一年になるのでしょう。
年末の忙しい最中ではありますが、大掃除を通して今年一年の自分を振り返り、御魂(みたま)を磨いてまいりましょう。(^^)

今年一年、祈りを通してみなさんと意識を共有させていただいたこと。
本当にありがとうございました。
来年もまた素晴らしい未来の為、祈りを共にしていただけたら幸いです。

来年初めての満月の日(1月3日)1/3(22:58が満月の時間)
素晴らしい自分であるように、素晴らしい家族であるように、素晴らしい日本であるように、素晴らしい地球であるように。。。
共に祈りましょう!

祈りについて
みなさんに再度お知らせしたいことがあります。
自然の理を捻じ曲げるような祈りをしてはならないということです。
地震や噴火は大自然の生命運動です。それを押さえつけるような祈りをしてはならない。そう教え(啓示)を受けています。
地震や噴火など、恐怖のビジョンをもって祈りをすると、それは念によって地震を縛りつける祈りになってしまいます。
大自然の生命活動を縛りつければ、それは違う形で噴出したり、徐々に蓄積されたエネルギーはやがて弾けて、一気に放出されることになります。
私たちの祈りは縛りではないはずです。
私たちの祈りは創造です。
素晴らしい未来を創造するために…幸せな未来をイメージしましょう♪

良丸さんだけではなく多くの方が受け取っている啓示
大きな自然災害(地震・噴火)が起こるという啓示
アセンションという言い方だったり、大祓いという言い方で表現されたりしていますが、内容的には同じことです。
どうしてそういうメッセージを受け取る人がいるのか。。。
みなさんひとりひとりがその意味を考えていただけたらありがたいです。

神(地球)は私たちに気づきを求めているのだと思います。
神のメッセージを受け取り伝えること。
良丸さんは「我が言葉を伝えよ!」とメッセージを受けています。
一部の神人(かみんちゅ)が神に祈りを奉げれば良いという段階ではなくなってきています。傲慢の誹りをうけたり、嘘つき、狂人呼ばわれされようとも、伝えなければならないことがあります。

それは…99.9999%の普通で平凡な私たちにできること。
それこそが真に大切なことなのだと感じています。

イメージしてみていただけませんか!

 真に平和な世界を!
 互いを尊重する思いやりのある世界を!
 いじめの無い世界を!
 自然と共存している世界を!

イメージ(想像力)
リアルな社会生活においても想像力は求められます。
自らの行動がどのような未来をもたらすのか。。。
想像力を働かせて生きてゆきましょう。
いじめられている人は、どれほどの苦痛を味わっているのか。
自分に置き換えて考えてみましょう。
心無い言葉、振る舞いがもたらす諍いを。。。

そして・・・
痛めつけられている地球の想いを。。。

地球が私たちにメッセージくれています。

 北・・・千島の地震
 東・・・伊豆諸島の群発地震
 南・・・フィリピンの噴火、台湾の地震

そして良丸さんは西、大陸のほうに気配を感じています。

2007年 最初の満月の日
私たちの創造する素晴らしい未来を!
自然と共存して生きてゆく未来をしっかりとイメージして、
みんなの笑顔があふれる場所を築いてゆきましょう!

そのために、どう行動してゆくのかを自分自身に問いかけながら。




最終更新日 2007年01月16日 20時54分54秒


情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR