食と健康の和チームより

2015.06.04.09:00

新暦6月4日(旧暦4月18日 亥)

皆様 日々の祈りわせに共にお心を合わせていただきありがとうございます。

こころのかけはし祈りの和メルマガ読者の皆さま、こんにちは。

食と健康の和チームです。
配信は隔週を予定していますが、今回は健康にまつわる『食』という観点から情報を配信させていただきます。

=『低レベル放射性廃棄物質』を食していいのですか?=

“あらためて基礎知識”
《1キログラム当り100ベクレル以上は日本の法令上の低レベル放射性廃棄物(原発のメンテナンスで出る、使用済み防護服やぞうきんなど)に相当します!》

日頃、よく耳にしながらいまひとつわかりにくい放射線単位を改めて調べてみました。
「Bq (ベクレル)」
・放射線を出す能力の強さ表単位。土壌や食品検査データでよく使われる
「Sv (シーベルト)」
・放射線による人体への影響を表す単位。
体の組織・臓器毎影響を表す「等価線量」と、全身の影響を表す「実効線量」の2つの場合に使われる。

早くも震災から4年が経ちました。個人的にボランティア活動を通じて福島から子どもを連れて保養にやって来る方や、避難をされてきた方達と多く出会いました。食品に含まれる放射能をどう考えるか?体内被曝をできるだけ避けるには?お母さんお父さんが悩みながら子育てしている様子を見て、それがいかに難しいことか伝わってきました。

ひとつ、気になる情報が入ってきました。“ふくしま集団疎開裁判の会”のフライヤーからの転載です。

この表の平成24年度基準の飲料水については、世界保健機関(WHO)が基準としている被曝限度年間0.1ミリシーベルトを採用し、基準値を10ベクレル/kgとしています。また食品の50%が汚染されていると仮定し、一般食品で残りの0.9ミリシーベルトを超えないように検討したものです。

 種 類    単 位  事故前(H20年度)の 厚生労働省      対比
             食品放射線量※  H24年度基準値
上 水   Bq/L      0.00004    10        25万倍
米     Bq/Kg     0.012    100       8,300倍
根 菜   Bq/Kg     0.008    100     12,500倍
葉 菜   Bq/Kg     0.016    100      6,300倍
牛 乳   Bq/L      0.012     50      4,200倍
魚 類   Bq/Kg     0.091    100      1,100倍
製 茶(乾燥)Bq/Kg     0.240    100        420倍
日常食   Bq/人/日   0.019      ?          ?


(※セシウム137の値です。厚生労働省基準値はセシウム測定値です。)
福島原発事故前は明確な基準値がなかったので全国の食品セシウム平均値を示しました。
出典:日本分析センター平成20年度 事業報告書より
http://jcac.or.jp/uploaded/attachment/57.pdf

転載:ふくしま集団疎開裁判ブログ http//fukusima-sokai.blogspot.jp/

上表は事故前の食品放射線量と、政府が平成24年度に決めた食品の放射能基準値を比べたものです。100ベクレル/kgだとほとんどの食品が基準内になり、命より経済優先の基準と考えてもおかしくありません。身体に入った放射性物質は排泄されるまで放射能を出し、細胞を傷つけます。本当は呼吸や食品の内部被爆には、特に気をつけなければならないのです。

“ふくしま集団疎開裁判の会”には今回の情報転載について快諾をいただきました。
その会のお話から、日本分析センターというところが以前から全国の資料の測定結果を集めていて、それを文科省に報告していることがわかりました。
分析センターが測定結果を集める目的は、「原発事故時に事故前の放射線の値はどうだったのか」というバックグラウンドを調べるためでした。分析センターは原発事故後に公益財団法人になりました。

事故のあった2011年3月は2011年度ですので、2011年度報告書には3月の埼玉県の上水道から大変高い値が出たことなどがわかりました。
しかし、この分析センターのデータは2012年度からは文科省の同意がなければ転載等してはいけないことになったとホームページにありました。

この表は2008年度のデータを元にしているので、この辺りの問題にはなりませんが、事故後の情報隠しがまかり通っていて恐ろしいことだと思いました。
まさに事故の時のために調べていたのに、肝心の事故の時には隠すとは。SPEEDI (緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)と同じです。これほどの事故を想定していなかったのでしょう。

SPEEDI  https://kotobank.jp/word/SPEEDI-189089

<SPEEDI>不採用 規制委が決定
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201504/20150423_73017.html
(こんなものを税金で作っておきながら、肝心なときに隠蔽し、
さらには、都合が悪いから廃止とはびっくりです!)

これは、すでに個人の健康管理では限界のあること、被曝の問題を自分のこととして考え、多くの人々につながり将来を建設していかなくてはならないことを示していると思います。

反対の立場の人たちや行政とどう折り合いをつけるか、放射能の恐怖に囚われすぎず、どの情報を得て、どう行動を起こしていくかがポイントであると思いました。
TPPを機会に農薬の残留基準値も大幅に緩和されることが伝わってきます。同じように国の政治が国民の健康を左右する大事な時期だと思いました。

このような状況でいま私たちは、いったいどうしたら良いのでしょうか?
「食品と暮らしの安全基金」の小若代表は10Bq/Kの食事でチェルノブイリ事故後のウクライナで調査した子どもたち7割に健康被害が出ていると報告しています。免疫が下がることにより、疾病にかかりやすくなり健康な生活を送ることが困難になります。また、チェルノブイリ・ハートという生まれながらに重度の障害、心臓疾患を持った子供が多く生まれてきています。(映画/ttp://www.no-kaku.jp/)

100bq/kg 以上は、法令によりますと低レベル放射性廃棄物です。
みなさん、これを忘れないようにしましょう。
私たち、政府に
低レベル放射性廃棄物を食べてくださいといわれています。

安全基準値と誤解しないようにしたいものです。

人工放射性物質は本来、食品の中に検出されてはならないものであります。

参考に、内閣府 食品安全委員会の放射能関係のHPのリンクです。
http://www.fsc.go.jp/sonota/emerg/radio_hyoka.html
(ここには基準値を決めた経緯の書面がたくさんリンクされています。)

加えて消費者庁のリンクです。こちらは消費者からのQ&Aになっていて判りやすいです。
また海外との基準値の比較表もありました。
http://www.caa.go.jp/jisin/pdf/110530food_qa.pdf

これからはこうした状況に気を配りながら、学校や社会にも働きかけ、そして子供達にもきちんとした自衛の教育が必要であると思いました。
このまま黙っていては、社会は国の基準値で動いています。どんな影響が出るかも未知の分野です。いま私たちの自主的な行動が求められていると思います。

放射能排泄に有効な食品と考えられるのは玄米(汚染されたものは精米すると大幅に数値が下がると言われている)、味噌、梅干、発酵食品などです。
この件につきましては、また“食と健康の和”で回を変えて詳しくお知らせできたらと思っています。

食と健康の和グループより

2015.05.21.09:00

新暦5月21日(旧暦4月4日 申)

※ 食と健康の和グループより ※

「免疫力について」

こころのかけはし祈りの和メルマガ読者の皆さま、こんにちは。
食と健康の和の河野朋浩です。

ばい菌やウイルスなどが外から入っても病気になる人とならない
人がいます。
同じ外からの原因でもそこから先はからだの内側で決まります。
免疫力の違いです。
血液中の白血球から変化した免疫細胞が、体内の細菌やウイルス
を攻撃して、感染症からからだを守る働きを免疫力といいます。
免疫細胞を元気にすること、そして、それが活躍しやすい体内
環境づくりをすることで、免疫力を上げることができるといえる
のではないでしょうか。

あなたの免疫力を最大限に発揮するためにご提案です!
1.外食・インスタント食品をなるべく避け、自宅で調理しましょう。
2.バナナ、アボガド、キャベツ、ショウガ、ニンニク等の
アンチエイジング食品は、免疫力発揮のためにも有効です。
毎日の献立に取り入れましょう!
3.冷たいビールやアイスはゆっくり摂りましよう。
お腹を冷やさないことです。
4.甘酒や豆乳ヨーグルト、味噌を手作りしていただきましょう。
 甘酒の作り方→ http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/blog-entry-154.html
 手作り味噌の例→ http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/blog-entry-170.html
5.マッサージを勉強して、血行を良くして体温を上げましょう。
 足(両足どちらでもいい)の小指と薬指の股を軽く押しながら
回すと、マッサージ効果が激増します。http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/blog-entry-180.html
6.良く笑うこと。生活にユーモアを取り入れましょう!
7.祈り合わせに参加しましょう。
あなたが地球の免疫力になります。

そのわけをいいましょう。
4年前の福島原発事故以来、私たちは大気や水、食べ物を
通して被曝し続けています。
免疫細胞は放射線に弱くて死にやすいことが知られています。*1
被曝症状のひとつ、リンパ節の腫れの中味は、免疫細胞の
死骸です。

陸上自衛隊と防衛医科大学の共同研究によれば(2010年3月
発表)、放射線が直接細胞を攻撃するのが2割で、後の8割は
放射線が体内の水分と反応して、過剰な活性酸素を発生させ、
これが細胞膜やDNAを害するとのことです。*2
細胞膜は不飽和脂肪酸という油で作られています。不飽和脂酸は
活性酸素と結びつくことで酸化して過酸化脂質となり、これが老化
した状態です。
要は、鉄が酸化してさびるのと同じように、体内でも活性酸素の
影響によって酸化が生じ、体がさびてしまうのです。
ですから、抗酸化作用のある食品やビタミンCが活性酸素対策と
なります。
免疫細胞はからだの細胞の中でも、この活性酸素の影響を受け
やすいのではないでしょうか。

免疫力を上げようとする前に、呼吸や飲食等で放射性物質を
なるべく取り込まないことが重要です。しかしご承知の通り、いま
やそれは大変困難です。だから、取り込んでしまったものは出来
るだけ体外へ排泄する工夫をすることです。
食べ物に注意・工夫する、デトックスの工夫をする、免疫力を上
げる工夫をする、これらにセットで取り組むことが、からだを守る
ために必要だと思われます。

さて、免疫細胞は血液中、リンパ液、細胞間の体液に存在します。
心臓を出た血液は、動脈に乗ってからだの各部に運ばれ、末端
の毛細管から細胞間に到達します。その8~9割は再び静脈側
の毛細管に吸収されます。
そして、1~2割の血漿とリンパ球が毛細リンパ管に吸収されて
リンパ系のルートに乗り、リンパ節で防御機能を発揮します。

ところが、体温が下がると毛細血管が収縮します。すると血管が
細くなってリンパ球が血管の外に出られなくなってしまいます。
体温が1℃下がると、30~40%のリンパ球が出られなくなります。
細菌やウイルスの侵入現場に投入できる免疫細胞の数が30~
40%減ってしまうわけです。

体温が下がると免疫力が30~40%下がるという話の根拠はここ
にあります。体温を上げて、免疫細胞部隊の人員をどんどん投入
すると免疫力が上がります。
免疫細胞の6割は腸にあるそうですから、お腹を冷やすことは特
に免疫力を下げますね。
冷たい飲み物食べ物は、注意して摂りましょう。
冷房で冷えないように腹巻を!

体温を上げるひとつの手段として、からだをほぐして血流を改善
することが効果的です。
実際、食と健康の和の仲間の整体師の施術で、平熱36.5℃の
自分の体温が37.0℃に上昇しました。もちろん気分は爽快です。
体内は温水暖房、体温を運ぶのは血液ですから体温が上がる
のです。
また、リンパ循環も改善されて免疫細胞部隊を次々に投入でき
ます。おまけに、リンパ系は体内の老廃物回収の働きも持って
おり、これも改善されることになります。
手技療法は、かなり有効ですね!

からだのこわばった筋肉や組織をとても柔らかくする簡単で力の
要らない手技法の動画をご紹介します。→
http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/blog-entry-180.html

さて、免疫細胞を充分投入したら、次は細胞たちの能力をしっか
り発揮することですね。

細胞や組織が酸性に傾くと、免疫細胞のパワーが落ちます。酸性
体質ではいけません。
体内で糖分をたくさん消費すると乳酸が副産物として溜まりこれ
が酸性体質の元です。甘いものを食べ過ぎると免疫力が下がる
とはこういうことだったのですね。

また、揚げ物・肉・タバコ・アルコールの摂り過ぎはからだを酸性
に傾けるようです。
揚げ物といえば、スナック菓子の原料は遺伝子組み換え作物が
使われている危険性がありますので2重のワナが待ち受けている
ことを承知で口にして下さい。
食品添加物も考えると、3重のワナでしょうか!
ついでに、インスタント食品は消化に大量の酵素やミネラルを消
費しますので、免疫力にとって好ましくないと考えられます。

それから、笑いで免疫細胞を活性化することができます。
私たちが笑うと、免疫のコントロール機能をつかさどっている
間脳に興奮が伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に
生産されます。
“笑い”が発端となって作られた”善玉”の神経ペプチドは、血液
やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞(ナチュラルキラー
細胞:免疫細胞の種類のひとつ)の表面に付着し、NK細胞を
活性化します。
その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃
するので、免疫力が高まるというわけです。
ユーモアは免疫力に欠かせないということでしょうか。笑いヨガ、
笑い気功 などもやってみるとよいかもしれません。
普段の会話にはジョークを取り入れましょう!

さらに、発酵食品で免疫細胞を活性化することができます。
ポイントは、「手作り」してください!忙しくても、手作り甘酒や
ヨーグルトは簡単に出来ます。こちらをご覧下さい!→
http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/blog-entry-154.html

手作りだと酵素が活きていますし(市販の味噌や甘酒は加熱処理
されて酵素が変質している。)もちろん、菌が活きているのです!
(市販のものだと菌の働きがコントロールされています。コントロール
されていなければ、スーパーのヨーグルトは噴出してショーケース
にヨーグルトが飛び散るのでは?)

最後に、祈り合わせでよき世の中よき未来を祈ることは免疫力に
とてもプラスに働くのではないかと思います。
私はこのように考えております。
そして、このときには、あなたが地球の免疫力になっているのです。

出典
*1 http://www.rerf.or.jp/radefx/late/immunity.html
  公益財団法人放射能影響研究所
*2 http://ameblo.jp/64152966/entry-11567328026.html
  wantonのブログ
その他、繰り返し検索しましたので、あらゆるインターネット上
の資料を参考にさせていただきました。理解したうえで自分の
言葉で紹介させていただいたつもりです。
基本的な誤り等ございましたら、よりよい情報を皆さまにお届け
するために、お手数ですがご連絡をいただけましたら幸いです。

こころのかけはし祈りの和 食と健康の和チーム
河野朋浩 (トモ整体院 http://www.tomo-seitai.com/ )

食と健康の和便り 第15号 2015年3月30日 発行

2015.03.31.09:00

新暦3月31日(旧暦2月12日 午)

:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵
食と健康の和便り 第15号 2015年3月30日 発行
,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵
~2015春カレッジ案内~
今週末4月5日(日)、既にご案内していますように
「食と健康の和2015春のカレッジ」を開催致します。

春の陽気を感じられるようになり、今週末、会場でも満開の桜を
楽しめることでありましょう。

2015春カレッジ、より多くの皆さんにご参加頂けるよう、
第二部の内容を詳しく紹介したく今回発行しました。
ご覧頂き、是非、当日会場へ足を運んで下されば嬉しく思います。
宜しくお願い致します。                                
食と健康の和 福島仁志

=我ら地球の子として生きるため“筋反射テスト”を生活の中に
活かすことへのすすめ!=

※第二部のテーマ「”秘技”筋反射テストの実習―チャクラを
見つけてヒーリング」についての詳細です。

〈筋肉の圧痛テストについて〉  
これは、今その人が調子を崩しているかどうかが誰でも
簡単にわかる方法です。

私たち 整体師のところに来る人は肩こり、首こり、腰痛、膝痛…
など様々な症状を抱えていますが、
実は内臓での機能低下も影響していることがあります。
体調悪いと思って病院へ行かれても、潰瘍ができているか
癌になってないと検査機器ではわからないことが多くあります。
そういう場合、身体の異常、体調不良は筋肉が緊張していることで
教えてくれます。
更にはどの内臓が機能低下をおこしているかをこの
“筋肉圧痛テスト”で特定できます。

〈筋反射テスト について〉 
人間の体は次のような状態の時、本来持っている力が
100%発揮できません。

1、身体の調子がひどく悪い時 。

2、身体に合わないもの(有害なもの)を手に持つか、
口に含んだ時 。

3、外部から機能低下の内臓や歪んでいる関節などに手を当て、
脳が意識(反応)した時。
この原理から、その人の症状の何が原因なのかをつきとめられ、
改善するためには何が必要なのかを脳の反応を使って
知ることができます。
潜在意識が知っている“心と体 についての情報”を脳神経の
働きを利用して引き出す検査法が筋反射テストです。
言い方を 変えると「目には見えない気や波動やエネルギーを
自らの身体で感受する」検査法です。

今回お伝えする方法は、一般に知られている活用法より
もっと応用の効く検査法として紹介 させて戴きます。

〈筋反射テストの実用について 〉
◆身近な食べ物、薬。サプリ、嗜好品、電磁波…などが
 身体に合っているか調べられます。
◆「症状」ではなく「原因」にアプローチするために!
 いろんなものをイメージして〈ストレス反応〉が有るもの、
 無いものを見つけられます。さらに確実な情報を得ることができる
〈イエス・ノー反応〉で問いかけて答えを見つけることが出来ます。
◆チャクラを見つけてヒーリング!   
チャクラとは身体にメッセージを伝えてくれる”目には見えない
エネルギーを取り入れるポイント”です。
ペアになってお互いのチャクラに機能低下があるかどうかを
「筋反射テスト」で調べ 、その結果に基づいてチャクラの調整(
ヒーリング)を行い、改善を確認し合えることができます。
ヒーリングも難しいことをするわけではなく、
人間のエネルギーがあるポイントを選んでイメージを 描くだけで
相手のからだに変化を起こすことが出来ます。
筋反射テストやヒーリングでは、人が真剣にイメージした
その影響はその人の頭の中だけではなく、間違いなく相手へ伝わる
力を持っていることを実感できることでありましょう。

筋反射テストで出てくる結果はすべて身体の反射として
自然に出てくるものであり、生命の躍動、人(生命)と人(生命)
との関わり、生命の多様性、無限の可能性について知らせて
くれるものです。
それは、私達が本来の地球の子としての生き方を取り戻す
始めの一歩となりうるでしょう。 
そして〈祈り合わせ〉の意味の一端を実感することにも
つながると思います。

今回のカレッジではこれらの事柄を実習して頂き、日々の生活で
活かせることを学んで頂けます。
当日参加でもお子さん連れでも構いません。
是非、皆さんのご参加お待ちしております。
                文責:福島仁志

※申し込み方法こくちーず
  http://kokucheese.com/event/index/273410/
※カレッジ終了後、近隣にて懇親会も予定しています。
お時間許されればこちらへもどうぞ!
  当日ご案内します。



    こころのかけはし祈りの和
~食と健康の和 2015春のカレッジ 開催案内~
 2015年春、ソメイヨシノ開花の話題が
 南から聞かれるようになりました。
 食と健康の和カレッジ4回目となる案内です。
 今回テーマにありますように、いのちを人まかせにしない。
 あたりまえのことの様ですが、社会生活の中で学校給食だったり
 健康診断だったり与えられるままでなく、
 各人が積極的な考えを持って吟味すること、
 その大切さを知り得るカレッジになると思っています。
 内容の濃いプログラムです。是非多くの方々、
 参加して下さればとお願い申し上げます。
             食と健康の和チーム 福島仁志
 = テーマ =
「積極的に健全な食事と健康な体を育もう!」
~いのちを人まかせにしていませんか?
※ 日時 :2015年4月5日 (日) 
13時20分から16時30分まで (開場13時10分)
※ 場所 :目黒区民センター勤労福祉会館 4階和室
※ 参加費 :1500円
※ プログラム

第一部 「3年間の避難生活と給食活動においての母の思い」
     3.11後、放射能の影響で体調を崩し
     子供3人を連れて奈良へ避難した先で、
     学校給食改善に取組むようになった経緯と、
     現在、地元に戻りやはり行政に働きかけて
     給食改善取組みをしている報告です。
     行政に働きかけないといけない現状を知って頂き、
     皆さんと考えていく場と致しましょう。

第二部 
「“秘技”筋反射テスト実習 チャクラを見つけてヒーリング!」
目に見えないチャクラというものを筋反射テストで確認し、
目に見えない世界をリアルに感じられる。
Oリングテストより分かり易く、からだの叡智に聞く
方法お教え致します。これは凄い!!

〈実習内容〉
    ・圧痛テストで調子の良くない内臓を簡単に特定できる
     ことを体験してもらう。 
    ・筋反射テストで、体に合った食べ物、
     薬を調べることが出来ることを体験していただく。
    ・筋反射テストで、被曝の影響を調べてみる。
    ・人の言葉、想いがどれだけお互いにつながり、
     影響しているかを知る。
                    etc・・・

※申し込み方法こくちーず⇒当日参加お子様連れでも大丈夫です
  http://kokucheese.com/event/index/273410/

※カレッジ終了後、近隣にて懇親会も予定しています。
お時間許されればこちらへもどうぞ!
  当日ご案内します。
※食と健康の和ブログ
 http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/



★*★*祈りの和information*★*★

★食と健康の和チーム 2015春のカレッジ開催
 ※申し込みこくちーず
   http://kokucheese.com/event/index/273410/


★地震予知と予知防災
 予知防災研究者・原さんの御協力による調査レポートを掲載致します。
 http://inorinowa.org/yochibousai/yochibousai-top.html 


食と健康の和~2015春のカレッジ 開催案内~

2015.03.24.14:45

こころのかけはし祈りの和
~食と健康の和 2015春のカレッジ 開催案内~
 
 2015年春、ソメイヨシノ開花の話題が南から聞かれるように
 なりました。
 食と健康の和カレッジ4回目となる案内です。
 今回テーマにありますように、いのちを人まかせにしない。
 あたりまえのことの様ですが、社会生活の中で学校給食だったり
 健康診断だったり与えられるままでなく、各人が積極的な考えを
 持って 吟味すること、その大切さを知り得るカレッジになると
 思っています。
 内容の濃いプログラムです。是非多くの方々
 参加して下さればとお願い申し上げます。
                               
            食と健康の和チーム 福島仁志
 
 = テーマ =
「積極的に健全な食事と健康な体を育もう!」
~いのちを人まかせにしていませんか?
※ 日時 :2015年4月5日 (日) 
13時20分から16時30分まで (開場13時10分)
※ 場所 :目黒区民センター勤労福祉会館 4階和室
※ 参加費 :1500円
※ プログラム

第一部 「3年間の避難生活と給食活動においての母の思い」
     
 3.11後、放射能の影響で体調を崩し子供3人を連れて
     奈良へ 避難した先で、学校給食改善に取組むようになった
     経緯と現在、地元に戻りやはり行政に働きかけて
     給食改善取組みをしている報告です。
    
     行政に働きかけないといけない現状を知って頂き
     皆さんと考えていく場と致しましょう。

第二部 「“秘技”筋反射テスト実習 チャクラを見つけてヒーリング!」

目に見えないチャクラというものを筋反射テストで確認し、
目に見えない世界をリアルに感じられる。
Oリングテストより分かり易く、からだの叡智に聞く方法お教え致します。
これは凄い!!

〈実習内容〉
    ・圧痛テストで調子の良くない内臓を簡単に特定できること
     を体験してもらう。 
    
    ・筋反射テストで、体に合った食べ物、薬を調べることが
     出来ることを体験していただく。
    
    ・筋反射テストで、被曝の影響を調べてみる。
    ・人の言葉、想いがどれだけお互いにつながり
     影響しているかを知る。
                  
                  etc・・・

※申し込み方法こくちーず
  http://kokucheese.com/event/index/273410/
※カレッジ終了後、近隣にて懇親会も予定しています。
お時間許されればこちらへもどうぞ!
  
  当日ご案内します。
※食と健康の和ブログ
 http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/

健康

2015.03.18.09:00

こころのかけはし祈りの和
~食と健康の和 2015春のカレッジ 開催案内~
 2015年春、梅が見ごろをむかえようやく春の暖かさを
 感じられるようになりました。
 
 食と健康の和カレッジ4回目となる案内です。
 今回テーマにありますように、いのちを人まかせにしない。
 
 あたりまえのことの様ですが、社会生活の中で学校給食だったり
 健康診断だったり与えられるままでなく 
 各人が積極的な考えを持って吟味すること
 その大切さを知り得るカレッジになると思っています。
 内容の濃いプログラムです。
 是非多 くの方々、参加して下さればとお願い申し上げます。
               食と健康の和チーム 福島仁志
 = テーマ =
「積極的に健全な食事と健康な体を育もう!」
~いのちを人まかせにしていませんか?

※ 日時:2015年4月5日 (日) 13時20分から16時30分まで (開場13時10分)
※ 場所:目黒区民センター勤労福祉会館 4階和室
※ 参加費 :1500円
※ プログラム

第一部「3年間の避難生活と給食活動においての母の思い」
3.11後、放射能の影響で体調を崩し子供3人を連れて
奈良へ避難した先で学校給食改善に取組むようになった経緯と
現在、地元に戻り 行政に働きかけて給食改善取組みをしている報告です。
行政に働きかけないといけない現状を知って頂き
皆さんと考えていく場と致しましょう。

第二部 「“秘技”筋反射テスト実習 チャクラを見つけてヒーリング!」
目に見えないチャクラというものを筋反射テストで確認し
目に見えない世界をリアルに感じられる。
Oリングテストより分かり易く、からだの叡智に聞く方法お教え致します。
これは凄い!!
〈実習内容〉
・圧痛テストで調子の良くない内臓を簡単に特定できることを体験してもらう。 
・筋反射テストで、体に合った食べ物、薬を調べることが出来ることを
 体験していただく。
・筋反射テストで、被曝の影響を調べてみる。
・人の言葉、想いがどれだけお互いにつながり、影響しているかを知る。
                      etc・・・
※申し込み方法こくちーず
 http://kokucheese.com/event/index/273410/

※カレッジ終了後、近隣にて懇親会も予定しています。
 時間許されればこちらへもどうぞ!  当日ご案内します。

※食と健康の和ブログ
 http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/

食と健康の和~2015春のカレッジ 開催案内~

2015.03.10.09:00

こころのかけはし祈りの和
~食と健康の和 2015春のカレッジ 開催案内~
2015年春、梅が見ごろをむかえようやく春の暖かさを感じられるようになりました。
食と健康の和カレッジ4回目となる案内です。
今回テーマにありますように、いのちを人まかせにしない。
あたりまえのことの様ですが、社会生活の中で学校給食だったり
健康診断だったり 与えられるままでなく、各人が積極的な考えを持って
吟味すること その大切さを知り得るカレッジになると思っています。
内容の濃いプログラムです。
是非多くの方々、参加して下さればとお願い申し上げます。

食と健康の和チーム 福島仁志

 = テーマ =
「積極的に健全な食事と健康な体を育もう!」
~いのちを人まかせにしていませんか?
※ 日時 :2015年4月5日 (日) 13時20分から16時30分まで (開場13時10分)
※ 場所 :目黒区民センター勤労福祉会館 4階和室
※ 参加費 :1500円
※ プログラム

第一部 「3年間の避難生活と給食活動においての母の思い」
3.11後、放射能の影響で体調を崩し子供3人を連れて奈良へ避難した先で、
学校給食改善に取組むようになった経緯と、現在、地元に戻りやはり行政に働きかけて給食改善取組みをしている報告です。
行政に働きかけないといけない現状を知って頂き、皆さんと考えていく場と致しましょう。

第二部 「“秘技”筋反射テスト実習 チャクラを見つけてヒーリング!」
目に見えないチャクラというものを筋反射テストで確認し、目に見えない世界をリアルに感じられる。
Oリングテストより分かり易く、からだの叡智に聞く方法お教え致します。
これは凄い!!
〈実習内容〉
・圧痛テストで調子の良くない内臓を簡単に特定できることを体験してもらう。 
・筋反射テストで、体に合った食べ物、薬を調べることが出来ることを体験していただく。
・筋反射テストで、被曝の影響を調べてみる。
・人の言葉、想いがどれだけお互いにつながり、影響しているかを知る。
etc・・・
※申し込み方法こくちーず
  http://kokucheese.com/event/index/273410/
※カレッジ終了後、近隣にて懇親会も予定しています。お時間許されればこちらへもどうぞ!
  当日ご案内します。
※食と健康の和ブログ
 http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/

食と健康の和便り~第14号

2015.03.03.09:00

:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵
食と健康の和便り 第 14 号 2015年 3月1日 発行
:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵
・・・目次・・・・・・
・お味噌について
・ 編集後記
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴
草木が芽吹くという意味の弥生3月、やわらかい日差しに春を感じるようになってきましたね。卒業や新たな道へ、また年度替わりと忙しい月でもありますので、季節の変わり目として身体にも気を配りたい時期でもあります。
2月の食と健康の和便りでは身体に入れたくない化学調味料についてでしたが、
今月はぜひ身体に取り入れて欲しい調味料をご紹介したいと思います。

毎日の食事に欠かせない日本の調味料といえば「味噌」「醤油」を思い浮かべるのは日本人と思ったら、今では海外でも好評のようですね。近年では発酵食品ブームで、「麹」を使って「塩麹」「醤油麹」を作っている方も多いことでしょう。
そんな発酵食品のひとつ「味噌」は、和洋中とどれにも合いますが、汁物意外にも炒め物の調味料やソース、ディップクリーム、最近ではスィーツにと大活躍です。また、味噌は手作りも楽しいものです。普段は自分を褒めることはなかなかできないと思いますが、「手前味噌」自慢をしてみませんか?

(さらっと味噌の歴史と文化)
中国の「醤」が日本で独自発展という説もありますが、縄文の遺跡からはどんぐりから造った味噌のようなものが見つかっているそうです。戦国時代も栄養源として、焼いたり干したりして活用されたようですし、江戸っ子は納豆汁(納豆も発酵食品ですね!)が好みで、味噌を題材にした落語があったり、「東海道中膝栗毛」にも味噌料理が紹介されています。こんな素敵な調味料を作り出した古の方々の知恵に感謝です。
お味噌は地域によって、使用する麹の種類や量にも違いがあり、米味噌、麦味噌、白味噌、赤味噌など特徴のある様々な味噌があります。好みで混ぜて使ったりもしますね。

(味噌の効能)
さて、気になる効能ですが、東日本大震災3.11の際には放射能物質を排出するということで話題になったことを覚えていらっしゃる方も多いかもしれません。食べなければ、折角の効能も活かされないですね。味噌のことは今年1月18日のブログ「家庭でできる放射能物質の排出!」でも紹介されていましたので、ぜひ読んでくださいね。
海外では次のように味噌の効能を紹介しているところもあるそうですので参考に。 
・タンパク質を作るための、必須アミノ酸が含まれている。(必須アミノ酸は体内で作られません)
・胃の中の消化液の分泌を促す。
・腸内の善玉細菌を復元する。
・腸内にある食べたものの消化を促す。
・植物由来の良質なビタミンB群の源になる。(特にビタミンB12)
・血液やリンパ液の質を強化する。
・乳がん・前立腺がん、肺がん、大腸がんのリスクを低減する。
・ ジピコリン酸が放射能物質から身体を守り、重金属と結びついたアルカノイドを体外に排出する。
・免疫システムを強化し、悪玉コレステロールを下げる助けになる。
・抗酸化物質量が多い。

(私の手前味噌)
私がお味噌汁で思い出すのは、弟が真冬に出張で我が家に宿泊した時に、翌朝は早いので朝食は用意しなくていいと言われましたが、ご飯にお味噌汁を食べさせました。出張後に弟が珍しく電話をかけてきて、“味噌汁のおかげで身体が温まり、寒い外での仕事も大丈夫だった”と。私はそれを聞いて心がほっこりしました。お味噌汁のもうひとつの効能です。
因みに、私は豆を育てて味噌にしています。すっかり手前味噌自慢です。今年は3種類の豆を使いました。味噌の作り方は、WEBで調べると色々出ていますので、お好みを見つけてくださいね。
美味しくいただいて、身体も健康って最高!どうぞ皆さんもご一緒に!
それから、まだお時間ありましたら、食と健康の和ブログの方も見てくださいね。
その私の育てた豆からの手作り味噌、写真で紹介していますよ。
by“木の葉”
*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*
※ 編集後記
 日本食には欠かせないお味噌、いろいろな効能あること知りました。また、お味噌を利用したスイーツも食べてみたくなりましたね。木の葉さん、良丸さんから東日本大震災後にも味噌のこと聞かれ気になっていたと言うことでした。味噌パワーで三寒四温のこの時期も乗り越えて行きましょう!
                                    by 木の葉
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*
発行:こころのかけはし祈りの和 食と健康の和チーム
発行責任者:福島 仁志
食と健康の和ブログ:http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/

食と健康の和“カレッジ2014春”のご報告

2014.05.01.08:36



去る4月13日(日)午後、田園調布せせらぎ公園施設にて ”食と健康の和カレッジ2014春”を開催し、当日は14名の方に参加頂き、成功裏に終えられました。
ご参加頂いた皆様方、お忙しい中大変ありがとうごじました。
また、カレッジ後早々にお礼と報告をと思いつつ、私事、仕事の煩雑に追われ今日に至ってしまったことお詫び申し上げます。

さてカレッジでは・・・
=第一部 「放射能汚染を考える」=

まず、福島原発20キロ圏内、富岡町の現状を昨年秋、取材に行かれた森本氏よりDVD用いてのレポート頂き、津波で壊れたままの駅舎や荒廃したままの街、
3.11からそのまま手付かずの状況を説明頂きました。完全に時間止まったままです。

その貴重なスライドを ⇒
http://www.youtube.com/watch?v=bDENoqtsJOY&feature=youtu.be 見て下さい!

続く次のDVDは、福島原発から遠く約250キロ?離れてホットスポットとなっている松戸市の状況を小西氏より説明頂きました。
その見せて頂いたDVDは、やはり松戸市在住で八百屋さんを営んでおられる香取直孝さんによって取材された、松戸市における健康被害レポートでありました。
犬のトリマーされておられる方からのお話では、3.11後若い犬の急死事例が多くなってきているお話や、今までアトピーなどなかったのに原発事故後ひどいアトピーになった等々、
5事例含まれたDVDですが時間の関係上、端おっての上映とさせて頂きました。
松戸市では小西さん含め多数の方々が積極的に市民活動されながら闘っておられるとのことでありました。

この事例含め参加者からの声をお聞きしたところ、原発事故後関西へ引っ越された方や、三浦半島にお住いされていて体調崩され娘さんと地方へ一時期移住された方がおられました。
また、放射能汚染からのデトックスには麻衣類が良いということのお話を参加者の方から頂きました。
別件、第二部で語られたことでしたが整体師河野氏から、北ウクライナ住民の調査報告からチェルノブイリ事故5年後から急激に疾病患者が増えてきたというグラフでの実態報告があり、
福島県は言うに及ばず、首都圏でもこれから急激に疾病患者さん増える懸念あると熱い語りがありました。

今回、食と健康の和カレッジ第一部にて放射能汚染をテーマにさせて頂いたことは、一般報道から見聞きできない原発事故の実態を掴んで頂き注意喚起して頂くことでありました。
実際インターネット検索すると、被災地のお子さんで甲状腺ガンもたれたお話やもっと沢山の実態事例でてきます。
しかしながら、なぜ実態を一般報道で知ることは出来ないのでしょうか?・・・国の圧力かテレビ局の視聴率受け狙いか、これも様々な事情があることと思われます。
カレッジの場で締めくくることはできませんでしたが、このように意識もって調べない限り被災地の悲惨な状況知ることはできないことと、被災地以外の方々もより意識高め原発事故の
恐ろしさを知り広めていく必要性あるということで締めくくらせて下さい。

※参考情報
●ドイツのイアン・トーマス・アッシュさんが取材、撮影した映画”A2 B-C”(TRAILER/予告編) という題の福島の子どもの健康調査をめぐるドキュメンタリーです。
You Tube
http://ceron.jp/url/www.youtube.com/watch?v=ZD9yGONdEUY ・A2(甲状腺にのう胞等がある状態の結果の表現)

●「放射線被ばくを学習する会」にて三田先生の講演会の映像。医療活動を通してのお話しで必見です。
You Tube
http://www.youtube.com/watch?v=VfuEZPvsWm8

=第二部 「整体から見たデトックス」=

カレッジ第二部では整体師小西氏と河野氏によるお二方からの実技講習です。
小西整体師から”水平足踏み体操”指導頂き、数分であっても膝上足踏みはきついことでありました。それによりふくらはぎを柔らかくし血液とリンパの流れを良くして頂き、
続く河野整体師による”くるくるつぼ療法”、参加者お一人ずつにツボ位置と健康棒での力加減を指導頂き、それだけで体全体の筋肉がほぐれ簡単であり、しかもデトックス効果へも
大きく期待して頂けました。腰痛だった方も回復され、皆さん満足顏頂いて終えること出来ました。

以上もっと詳しくは
※ 食と健康の和ブログ↓
http://shokutokenkounowa.blog.fc2.com/ にて報告しています。是非ご覧ください。  ”食と健康の和”代表 福島仁志

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

発行:こころのかけはし祈りの和 食と健康の和チーム
発行責任者:福島 仁志
------------------------------------
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR