御神事で伝えられた御言葉と本日の祈り合わせのお知らせ

2017.04.30.08:30

新暦4月30日(旧暦4月5日 ひのと 亥 友引)

*丁(ひのと)とは
火(五行) 
蝋燭の様な弱い火・ともし火を意味。成長後に勢いが止まった状態。(十干の意味)
*友引(ともびき)とは
「凶事に友を引く」の意。朝は吉、昼は凶、夕は大吉。可もなく不可もなくの日。
現在あることが継続・停滞することを表し、良き事象なら継続を、悪き事象なら対処することとし、「状況を推し量り行動する日」


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日、船の御神事が終了し、下船しました後、関東にあります葛西臨海公園にて祈りを行います。
これからの未来に共に願い祈りいただけます方、私の活動に賛同いただけます方は、どうか現地葛西臨海公園に午後2時30分(14時30分)に駅前の噴水付近に集合いただきまして、その後の3時30分(15時30分)の祈りに共に願い祈りくださいますようお願い申し上げます。
※当初より祈りの開始時間が30分遅くなりました。

現地に来れない地域の方は、いる場所から共に平和の願い祈りを行いいただけますと幸いです。
この祈りの時には、現地より放送も試みてみます。祈りの和TVにて放送致します。
ですが、様々な不具合にて中継が出来ない事もございます。もし、その時間に放送が見れずとも、現地からは祈りを行っておりますので、どうか共に願い祈りいただけますと幸いです。

今回も無事に御神事が出来ました。御支援くださいました方様本当にありがとうございます。
今回の御神事につきましても改めまして、お伝えさせていただきます。
御神事ができております事に深く感謝申し上げます。
ありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

以下は、今回の御神事の際に伝えられました御言葉をお伝えしております。

新潟港~青森港の間
新潟県、山形県、秋田県、青森県と日本海側から津軽海峡に入り陸奥湾青森港入港。新潟港を出港の際、佐渡ヶ島、山形鶴岡、酒田、秋田八郎潟、入道崎、青森黄金崎、十三湖、竜飛崎、北海道松前白神岬、津軽半島と下北半島の間を陸奥湾に入る、夏泊半島感染病伝染病の祈り。鳥海火山帯や那須火山帯の連鎖連動、新潟港~青森港まで日本海側及び内陸部の活断層の活断層などの地震火山噴火の連鎖連動抑えの祈り。日本国の西側の近隣諸国からの軍事圧力軍事攻撃の改善回避の祈り。日本海側から津軽海峡海流の祈り、感染病伝染病の祈り御神事を行いました。その時妻に伝えられました御言葉をお伝えします。

ゆっくりと進行してゆく 人が気づかぬうちに変わってしまう事もある
注意深く見て行く事によって その変化を知る事 気づく事が出来よう
恐ろしいのは 気づかぬうちに進む事
きちんと見てゆかれよ 気を付けてゆかれよ
人は そのうちに巻き込まれる事もあろう
しかし しっかりと見極め 見定め 争いを嫌い 平和を貫け
争いは何も生まない 古よりの憎しみと恐怖 不安と減退 負しか生れぬぞ
思うのと現実では 本当に大きく異なり 想像をはるかに超える事になる
始まれば 後悔では済まない いや 後悔などできない
後悔してもしきれぬ それを 魂に刻みゆくのか
争うな 争うな 平和を求め進まれよ 調和を求め進まれよ
口だけではない 現実の行動において 穏やかに物事を おさめられよ


青森港から宮城県仙台港までの祈り
青森港を出港し陸奥湾を北上しながら、左に津軽半島竜飛岬、右に下北半島間を抜ける。その時、向かいの北海道、函館湾、函館山に向けて祈りをしながら進む。大間岬、北海道の恵山を祈りながら津軽海峡を大きく右に曲がり太平洋へ抜けました。ここでは下北半島を抜けた時に、向かいの北海道、函館で日本の竜体の頭と胴体の繋ぎの祈りを行いました。入港時にもお祈りしましたが、太平洋側に抜けながら鳥海火山帯、那須火山帯、津軽海峡の祈りをしまして、抜けたと同時に今度は日本海溝の祈り、プレート、地震に対する小難無難の願い祈りを行いました。
太平洋側を西へ南下し仙台港に向かいながら、下北半島の東通原発、六ヶ所村原子力施設に対しては無難無事故の願い祈り。その付近にあります小川原湖を含めた大小様々な沼、湖、十和田湖も含め、それらに向けて感染病、伝染病の小難無難の祈りをしました。十和田湖、八甲田山に対しては那須火山帯の重要な場所となる為、火山帯、火山の動きに対しての小難無難の祈りを行いました。
三沢基地、米軍基地では戦争にならないように、軍事的な緊張緩和の願い祈り、平和の願い祈りを行いました。八戸、久慈、宮古、釜石、気仙沼には、太平洋プレートの動きに対しての小難無難の祈り、内陸部には活断層の動きに対して小難無難の祈り、そして、牡鹿半島・女川原発では、無難無事故の願いいのりを行い、金華山、そして、仙台港に入りました。仙台港では三陸沖地震に対する祈りを行いました。その時妻に伝えられました御言葉をお伝えします。

一つ一つ 達成してゆくこと それは 善き事も大切な事
降って湧いてくるものではない 地道な積み重ねが そこに現れてくる
大地は動く 今 人間はあらぬ道へ進もうともしている
それに恐れを抱き 立ち止まるのではなく
何をどうしたら 防ぎゆけるのか 何をどうしたらよいのか
個々各々 それぞれに 全ての行いは違う
しかし 争わぬほうへ進む選択をする事は 多々出来よう
惨事にならぬように防ぐ手筈を整える事は 多々出来よう
人が違えば 立場も違う 行える事も違えば 発想も違う
しかし 争わぬ方へ 惨事にならぬように 皆真剣に考えれば
おのずとその道筋は 様々な方向からの行動によって
整えられてくるものでもある
まずは 恐れずに 耳をふさがずに 眼を閉じずに 
現状を知る事である そして 考える事 更に何が出来るのか考え
行動する事も必要である
大それたことをせよという事ではない
大そうな事も 小さきことの積み重ねによって 成し得られた事
小さき者達 人間たち 小さき善行を積み重ねよ
その善行が 後の大業になりゆこう


*以上*

祈りの和TV
http://inorinowa.org/tv/
http://lve.jp/369musubi/

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

御神事の状況について:動画より

2017.04.29.08:00

新暦4月29日(旧暦4月4日 ひのえ 戌 先勝)

*丙(ひのえ)とは
火(五行) 
燃え上がる炎・太陽を意味。万物が明らかになる状態。(十干の意味)
*先勝(せんしょう)とは
先んずれば即ち勝つ」の意。万事に急ぐことが良いとされ、午前中は吉、午後2時より午後6時までが凶。


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
昨日青森を出港し、本日は仙台に寄港しております。

さて、本日の文章ですが、先日4月13日に私(良丸)が北海道にて御神事をしておりました折にお伝えしておりました、ノシャップ岬での動画に加筆しました内容をお届けさせていただきます。

各地にて祈り御神事をしており、様々な状況を伝えられております。
少しずつ整理しました後に、皆様にもお伝えさせていただきます。
何卒ご了承くださいませ。

このように御神事が出来ますのも、ご支援くださいます方様のお蔭でございます。
これからも一つ一つ丁寧に御神事を行い続け、神々様と共に善き流れになるよう諦めることなく進んでまいります。
ご支援の御心、深く感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

2017年4月13日 ノシャップ岬にて

(良丸氏)
おはようございます。大国ミロク大社の比嘉良丸です。現在(4月13日)ノシャップ岬におります。
先日網走で予定外の御神事となり2日間の足止めになりました。4月6日に苫小牧、8日に納沙布岬、根室半島、そこから宗谷岬に向かう為網走にて御挨拶をと祈りをしました所、網走に入った途端、神様ら強い啓示が伝えられてきまして、そのままやり取りとなり、神様伝えたい、行いたい御神事が始まり、集中しての御神事となりました。その為、8日、9日、10日と網走でやりとりが続きまして、やっと昨日12日、網走から宗谷岬に入りました。宗谷岬で14時ぐらいからお祈りを始めまして15時頃に終わり、その後放送を行いました。そして12日中にノシャップ岬で日の入りまで祈りを行いまして積丹半島へ向かう予定でございましたが、今日13日の日の出にも来るように言われ、ここに4時半頃からまた来まして、先程8時頃終わりました。これから積丹半島、神威、泊原発に向けて出発しますが、今回皆さんと共に祈ることをこれまで行っておりませんでしたので、今日はここで祈りをさせていただきます。

わが御親 宇宙創成陰陽結び大神様 お願いの儀がございまして申し上げます
宇宙の奇跡の連続で 地球が生まれ この太陽系が生まれ 地球が生まれ
その地球上の 地上に 命 生命が 誕生しました
そして その生命 命は 生と死の循環の中で 大自然のその仕組みの中で
生と死の循環の中に 多くの生きとし生ける全ての命が存在します
そしてそこで育まれております
私達人間は この自然の恩恵をいただき 人々の満ち溢れる愛情と優しさに触れ
戦と 争いない世の中で 笑顔で 安心して育ちゆくこと叶えることが出来ますように
また この大自然界の恩恵をいただく その自然界の育む その生きとし生けるその命 生命と共に
この地上の中で 共存し この地上の 地球の一員として 人生 歩むこと叶いますように
この大自然界の恩恵の意味 この恩恵を以て 私達人間が 命を繋ぎゆくことが出来ること
その意味を知り 理解し 
我々が この命 自分自身の命を 先祖から頂いた命と その だけのことと勘違いすることなく
我々は 人間は 先祖から 繋ぎ頂いたその命は この世に誕生し また次に命を繋ぎ
日々 暮らし生活を営むために 生きてゆくために 多くの命を この肉体に 肉として 血としてなるように 我々は食という形で その命を戴いております
その命が 私達の血となり 肉となり 私達の命の素となっております
この世の仕組み 自然界の仕組み
この仕組み 生と死の仕組み
生命の循環の仕組みの中で 我々は生かされております
今 この地上を 人間は 神の如く振る舞い 
その自然とゆう その大切な 私達の命の素であり 生命の素であり 
この地上にある全ての生きとし生ける命の素である大自然界を破壊し 壊し 
その破壊を止めることなく 私利私欲のために 物や金のために 壊し続けているばかりか
この自然からいただく恩恵 恵み そして 古から その生と死の中で積み重ねてきた 自然の化石 資源を取り合い 
人間の欲 私欲 国の国益 そして 一人ひとりの 裕福だけを望み 目先を望み
この先 未来に 生命 生きとし生ける命 これは人間も含まれて 
この生命の循環を断ち切る行為を行っていることを 未だに 気付きながらも止めることが出来ません
それどころか その欲を満たすために 人間同士の争い 戦 戦争とゆう行為に走り
多くの人間 そしてそこに巻き込まれた 生きとし生ける命をも 奪い合う その人間の姿
本当に 我々が 人として 人間として 地球人として
この地上で この地球で この大自然の中の一員として 本当の意味での気付き 目覚め 
一人ひとりが 持って生まれた使命 天命を 果たすことが出来るように
本来の人間の使命 天命をもって 大自然界を守る
これ以上壊すことなく 人間の知恵と力で 改めて 自然界の整え 育み 
その自然界を整え 育むことにより 
草木 木を植えることにより 育むことにより
新たな生命が ここに魂 命 生と死の循環の中で 新しい命が芽生え 生まれ 育み 育ち 次に また命を繋ぐことが出来ます
そしてその生と死の循環が 我々人間の命 そして 我々の人間の子孫を未来に 命を繋ぐことが出来ます
どうか 我々が その大自然の尊さを知ること
それと同時に 今 争い合うことではなく 自分の私利私欲のために 殺し合いをすることなく
全ての部族 民族 人種 宗教
全ての人間の これからの未来のために 一人ひとり 国と国が 調和和合し
真の 平和の中 日々暮らしの中に 笑いと 喜びと 至福が訪れ
自然界と共に 生きとし生ける命と共に 生命と共に 共存し 生きてゆくこと 叶いますように
我々に 真の気付き 目覚めを 与え下さりますよう お願い申し上げます
これは決して 精神的な 超能力的な力ではなく
人として 人間として 地球人として持って生まれた 使命 この地上で果たす役割
その一人ひとりの使命 天命を思い出し 気付き
そこから一人ひとりが それを本当の目覚めとし 自分の人生のやるべきこととし
実行 行い致していくこと 導き下さりますよう
どうか 気付きと 実行と そして調和の中 協力し 新たな世造り 未来創りが 人間の手で行われていくことが叶いますよう
神々の御光 御力 親愛をもって 
どうか 我々人間 一 ひとりに 真の気づきを与え下さりまして
気づいた者から 1日24時間 1年365日と 片時も目を離すことなく
神々の懐の中で 暖かく 見守り 導き お支え下さりますよう
どうか どうか お力添えいただけますよう お願い申し上げます

ありがとうございました。
今日このノシャップ岬に朝日と共に話があると呼ばれ、明け方4時半から入り8時頃までやりとりをしておりました。伝えられてきた内容ですが、地球上では自然の仕組みの崩壊、生命、命の循環の乱れが進んでいる場所もあり、それが後に崩壊へ繋がる。人間のこの地上での繁栄をなくし、人間がこの地上から、神からではなく、自然界からこのままでは排除されることになると伝えられました。自然界から人間を排除ということは、感染病や伝染病といった類の流行病(はやりやまい)によって、一気にこの地上に住む人間の8割を超える命が失われる。これは冗談ではない、脅しでもない。このまま自然を破壊し続けるどころか、自分の私利私欲により、また新たな大きな戦、核を使う戦まで発展するような状況に至るならば、自然界は躊躇なく人間を排除する動きに出ることなるぞ。
全ての生きとし生ける生命・命、この太陽系、地球の命の仕組み、生命の仕組み、循環、それらは、地球も含め何度も生まれ変わりをしている。地上にいる全ての命が絶滅し、新たな命が生まれるということを何度も繰り返してきている。しかし、今回に至っては過去のように多くの命を絶滅に追い込むのではなく、地球が未来に命を繋ぐ為、地球そのものが命を繋ぐ為に、大地殻変動の際に全ての生命が絶滅することが無いようにする為人間は存在している。人間に与えた想像する力、ものを考える力、ものを作り出す力、神が人間に与えたそれらの力を発揮し、全ての命を未来へ繋ぐ使命・天命を持っている。
しかし、その使命・天命を果たすことなく、相反する対極の武器を使用し、地球を破壊する行為に至るならば、自然界は躊躇なく人間を排除する。といった内容の話を今朝は伝えられてきました。
実は、こういう話は何度か聞かされており言葉だけではなく、ビジョンも見せられています。私のたわごとだと捉えるならばそれで構いませんが、これは冗談ではすみません。本当に考える時が来ました。
ここで神様から言われたことの一つとして、どうか私と共に賛同、協力して下さる方、真剣に動いて下さる方、信念ある方を求めます。今、私は御神事に精一杯です。73歳までこの地上の仕組みを整えながら、戦を止め、戦をなくし、未来に人間の気付きがあるよう御神事を続けてゆきます。これは私の母が、神様の啓示より第二の天岩戸開きと称し、まず最初に陰陽三様の大神様を表に出しました。陰陽結の大神様、それは宇宙創成の父・母、結び神様の三神です。それは同時に地球、地上の命を生み出すための、地球、地上の父・母、結びであり、宇宙、地球との結びでもあります。そしてその三神を守護しながら、その三神の神々の意思を受け、この地上にいる全ての自然界の神、精霊を束ね、ミロクの世を造るための神々として、大国ミロク大神様と艮光明大神様、艮金神様を、改めてこの世に出したのが第二の天岩戸開きという御神事でした。そして神開き・神結び・高霊結びという神事を行い続け、多くの神々様のお力を合わせてまいりました。
これからは次なる第三の天岩戸開き、人間の心、考え、人間の目覚め、気付きをもたらす、新たな天岩戸開きになります。私は時々、御神事の中で怖いこと、厳しいことを言います。決して上品な人間でもなく、学がある人間でもありません。子供の頃から神様、霊と共に育ち、母の厳しい御神事を目の前で見ながら育ってきました。そして私も神懸りを経験し今に至っております。私は叩けば埃は沢山出てきます。隠しはしません。小学校の頃から乱れた人生を歩んできました。神の道に入った修行、難行の中で、どん底に落ち、やっと這い上がって、そこからまた人が集まり、その時にも私は過ちを犯しました。自分は神事だと思いつつも、世間から見れば大きな過ちでございます。これは否定はしません。

これから起きる大自然界の地殻変動は、多くの命、多くの種がこの地上から失われる、絶滅を意味する程大きな地殻変動です。しかし、そこに至る前に、人間が自らの愚かな行為によって戦争へ発展し、人間が作った愚かな破壊兵器、原爆や水爆や化学兵器や細菌兵器などで、人間のみならずこの地上そのものも破壊しうる状況であります。毎日様々なビジョンを見せられ、様々な事柄を伝えられ、これだけは避けたい、これだけは絶対あってはいけないと、真剣に神事に邁進しております。毎日、朝、昼、晩、夜中と関係無く現状を訴えてくる存在や神々様とのやりとりの中で、次に命を繋ぐために新たな仕組み作りを行っております。どうかこのような私、罪多き人間ではございますが、どうか共に賛同し、共にこの未来、世の中、仕組みを、生命の循環を未来に繋ぐため、新たな世造りの仕組み作りを一緒に歩む人を求めます。

当大国ミロク大社、陰陽結び大神様、父、母、結び大神様、大国ミロク大神様、艮光明大神様の働き、御教え、意思を学び、知り、一人一人が自分の役割・天命を果たすため、本当にこの神々様、御神事を理解し、共に歩み、次に未来を繋ぐため共に歩む方を呼びかけます。何度か一緒に協力してくれる方の募集をかけておりますが、今共に歩んでいる10人の神子には、束ねる人がいません。彼らがまとまる事によって私の御神事に大きな支えになるのですが、現在出来ていません。また、現在10人でありますが、新たに来る人達もおりましょう。そういった人達を纏めていくことの出来る方を募集します。そして、今ミロク会という事務局を作っております。現在は、今の神子が事務局の対応を行っておりますが、円滑な運営が出来るように事務局もしっかりとしてゆきたいと思っております。神子として本格的に修行する方、祈り合わせを主体として行って下さる方、きちんとその仕組みが動くよう体制をしっかりしていきたいと思います。出来たら御神事や神々様の事、当宮の事を修行する為にも最低でも沖縄で3ヶ月学びいただければありがたいですが、どうしても来る事が難しければ、今の時代ネットを使えば、どの場所からでもTV電話やメールが出来ます。どうかお力添えいただける方、声を上げていただきたいと思います。まずそこがしっかりすれば、なんとか進めるのではないかと思っております。そして、私と神子、私と妻の御神事を支えるような働きを出来る方も、お力添えいただければ幸いです。

実際に御神事するので精一杯の中、このように募集にかけてその人の生活を保障できるのか、私も本音不安でございます。収入源が殆どない状態でこのようなことを申し出ておりますが、特に今日(4月13日)の朝日でのやりとりの中、私達の御神事をしっかり形作る、ミロク世を創るためには私は御神事に集中しながら、月に1回、きちんとした形で神々の意志を伝える為、勉強会として沖縄で行う事を改めて伝えられました。それは、私、妻とで行う御神事もありますが、ミロク会の神子達の意識をもう一つ、二つ、三つ纏め、しっかりとし更にもう一つ、二つ、三つ、成長させ、本格的な御神事に参加させられるようにという意味もございます。そして新たな多くの人達と共に、御神事を行う為という意味もございます。
御神事までと言わずとも、祈り合わせに参加したいという方々を増やし、皆の力を合わせ、新たな世造りを行っていかなければ、本当にこの地上から人間が排除されます。
どうか私が話しております事を理解し、自分の使命・天命を今こそ果たすべきだと感じられた方は、どうか名乗りを上げ共に歩んで下さい。人を束ねる事に自信がある方、ミロク会を纏める事に自信がある方、どうか名乗りを上げてくださいまして、共に歩みいただけますと幸いです。
それでは放送を終わりにさせていただきます。ありがとうございました。

*以上*

*4月28日の青森港とその時の位置
※画像をクリックすると少し大きくなります。地図上の青い丸がその時の位置になります。
4月28日 青森1 4月28日 青森2
4月28日 青森3 4月28日 青森4

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

御神事の際に伝えられた御言葉

2017.04.28.08:00

新暦4月28日(旧暦4月3日 きのと 酉 赤口)

*乙(きのと)とは
木(五行) 
草木花を意味。擦れ合いながら抜け出す状態(十干の意味)
*赤口(しゃっこう)とは
火の元、刃物に気をつける日。午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉、それ以外は凶。


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

おはようございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
先日起きました南米での地震について、そしてイスラエルのシリアへの攻撃について、事前に啓示で知らされ小難無難、回避の御神事を行ってまいりましたが、現実に起きてしまった事について、なんのために御神事を行っているのか自分自身に腹が立っております。
この件につきましては、改めてお伝えさせていただきたいと思います。

また、この船の御神事が終了します4月30日に、関東にあります葛西臨海公園にて祈りを行います。
これからの未来に共に願い祈りいただけます方、私の活動に賛同いただけます方は、どうか現地葛西臨海公園に午後2時30分(14時30分)に駅前の噴水付近に集合いただきまして、その後の3時の祈りに共に願い祈りくださいますようお願い申し上げます。

さて、現在本州の外洋を一周する船にて、外洋からの災いが来ないように、近隣諸国との調和和合、日本の自然界において穏やかに緩やかに動き行くようにという事にて御神事を行っております。
本日は、一昨日寄港しました韓国釜山から昨日寄港しました新潟港までの間日本海側北上の折に祈りをしました際に、妻に伝えられました各地の御言葉をお伝えさせていただきます。

*祈りの際に伝えられた御言葉

韓国釜山から新潟港までの間日本海側北上する船上から山口県、島根県、鳥取県、兵庫県、京都府、福井県、石川県、富山県、新潟県までの間を日本海側北上しながら、山口萩、阿武火山群、島根原子力発電所、島根日御碕、きたt出雲、松江及び鳥取境港宍道湖、隠岐島と周辺の島々、兵庫神鍋火山群、京都福井、舞鶴若狭湾、福井高浜原子力発電所、大飯原子力発電所、美浜原子力発電所、もんじゅ原子力施設、敦賀原子力発電所、石川金沢、志賀原子力発電所能登半島の先端禄剛岬、富山、富山湾、白山火山帯、新潟糸魚川糸魚川静岡構造線、柏崎千葉構造線、フッサマグナ、柏崎狩羽原子力発電所に対しての祈り御神事を行った際に伝えられてきた御言葉。

真実を隠し 見て見ぬふりをするから 惨事になるのだ
誤魔化し 蓋をするから あとで大事になるのだ
知っていながら 何故 きちんと伝えない
地の事 その上に建てられているものの事
我らは伝え 警告を促してきた
後に 未来に 命に影響を受けるのは 自らでもあり 成長した子や孫でもある
責任とは何であるのか
未来に対しても 責任を果たすなら 子や孫に責任を果たすなら
現状だけではなく 未来に対しても 善き状態となるよう 今を努める事が
先に生まれた命の人の 責任ではないのか


日本海側にある古から現在にいたる国際交流港場所を近隣諸国、中国、台湾、韓国、ロシア、アメリカ、日本国との平和維持と政治経済の御神事祈り北朝鮮に関しては北朝鮮国内部から崩壊し近隣諸国との軍事緊張戦争を回避し極東アジアでの平和維持の御神事祈り、原子力発電所及び施設の震災人災などによる臨界事故などの大事故の回避、日本海側に有る活断層及びサハリン~日本海側海底朝鮮半島黄海中国内陸部に走る構造線(神々様からの啓示)、阿武火山群、瀬戸内火山帯、神鍋火山群、白山火山帯、乗鞍火山火山帯、富士火山帯、那須火山帯、鳥海火山帯、糸魚川静岡構造線、柏崎千葉構造線、フッサマグナ、内陸部に有る活断層に対して、宍道湖を中心に釜山~新潟港まで間の河川や湖沼を含むくめ感染病伝染病の祈り御神事を行った際に伝えられてきた御言葉。

協力とは 調和とは
今の現状をしっかりと見極め 進まなければなるまい
国と国の画策をしている場合ではない
策略を練ってゆく場合でもない
大地 地球 その上に生きているという事を思い出せ
そして その事を深く理解されよ
大地は動くという事である 地形は変わるという事である
その上に生きているという事を 改めて知る 理解する事
それが 解れば 何が起きるのか 予測も 予想も出来よう
それを理解していれば 何を建てられるのか 建ててはいけないのか
解るであろうに
今からでも修正する事は 大切になろう
自らの命も そして未来の命も 利益によって 脅かす必要は無かろう
汚物を残され 後の者達が 本当に喜ぶのか
良く考えてから 行動せよ
汚染は自らの行為によっても生み出している
当たり前ではない 改善しようとすれば 改善出来る事なのである
それをしようとするか しないかによって 大きく未来は変わりゆく


*以上*

このように必要な場所を周り御神事が出来ますのも、ご支援くださいます方様のお蔭でございます。本当にありがとうございます。
感謝の言葉と私共に出来る事として精一杯の御神事を努めてまいります。
本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

*4月27日の新潟港とその時の位置
※画像をクリックすると少し大きくなります。地図上の青い丸がその時の位置になります。
4月27日 新潟港
4月27日 新潟 現在地1 4月27日 新潟 現在地2


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

現在の状況と動画からのお話

2017.04.27.08:00

新暦4月27日(旧暦4月2日 大安 きのえ 申)

*大安(たいあん)とは
大いに安しの意。何事においても吉、大吉日。終日吉
*甲(きのえ)とは
木(五行) 
大木を意味。押さえ込まれ芽が出ない状態(十干の意味)


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日は、一昨日25日の釜山から日本海を北上し、新潟に寄港しております。

さて、本日は少し前の事になりますが、北海道での御神事の際に宗谷岬から放送しました内容に加筆しました文章を掲載致します。
この時の御神事にて神々様より伝えられております啓示についての事もお話ししており、重要な内容でもありますことからお伝えします。
また、放送内容の文章後には、啓示を示唆するような内容の記事を見つけましたので、参考に掲載致します。
どうぞ、ご一読くださいませ。

啓示に伝えられております日本海海上を御神事出来ましたのも、ご支援くださいます方様のお蔭でございます。
ご支援がある事により、船での海上御神事や海外の御神事、日本国内の御神事が出来ております。
本当にありがとうございます。
一つ一つ回避、改善し善き流れになるよう努めてまいります。
深く感謝申し上げます。ありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

*2017年4月12日 宗谷岬にての動画配信より* 
※昨日や一昨日という表現につきましては、カッコ内に日付を入れております。ご了承くださいませ

(良丸氏)
大国ミロク大社の比嘉良丸です。今日は中々声が出ず、すみません。
昨日(4月11日)まで網走での御神事になりました。最終的に終わりましたのは23時ぐらいまでかかり、その後、宗谷岬に行くのは体調的にも厳しい為に断念しまして、昨晩までは網走で宿をとり、今日、宗谷岬に向かいました。2時前ぐらいに着きまして宗谷岬を御神事して、今放送を開始しております。
体調ですが、咳は止まりまして、痰がまだかなり絡む状況です。昨夜3時頃、かなり咳き込み、起き上がり痰を切ったら、吐血に近い状態で、私自身かなりびっくりしました。ですがその1回のみで、咳き込みや痰の絡みはありますが、当初よりだいぶ楽になりまして、その吐血後は、体調的には逆にだいぶ楽になってる状態です。熱の方も38度2分ぐらいとまだありますが、それでも体力的には楽になったという状況でございます。

では、本題に入ります。この宗谷岬、稚内、ノサップ周辺ですが、この先にサハリン、元の日本領土の樺太といった場所がありますことからもロシアとの政治的な絡みがあります。過去には私もサハリンに行きまして、現在においては毎年足を運ぶという状況にあります。私自身は利用した事はありませんが、サハリンの空港を使うと国後・択捉に入ることも実際には可能だということも聞きました。実際、日本政府はビザを取得してサハリンそして、国後・択捉に入る事を嫌がります。それは、国後、択捉といった場所場所をロシア領土として認めることになることから、日本政府側は控えてほしいということです。私も本音は、国後・択捉、北方四島は日本の領土として早く返還してもらいたいという気持ちは深くあります。
しかし、今ロシアとの関連性で、北方四島全てを取り戻すということになると、現実的には話し合いでは難しいところはあるかと思います。諦めたらもうそこで終わりですが、歯舞・色丹の二島の返還を先に済ませ、国後・択捉は四島の内でもかなり大きな島ですが、ここに関してはロシアと経済のところから共有、協力しながら、最終的に返還という流れが良いのではないかと思っています。ただ返還しても、ロシアにかなりの経済的な考慮がなければ中々難しいとは思いますが、色々やり方はあると思います。いずれは、北方四島返還について、様々な駆け引きをしながら、経済的な交流や、政治的な配慮から、最終的には平和的に返還はさせることは出来るかと思っています。それが出来ずに焦ってしまい、ロシアとの戦で取り戻すという悪い状況になると、返還は、はっきり言って難しいです。
この様な事をお話ししますと反感を買うかもしれませんが、ロシアと本格的な戦になると、勝つ・負けるの話ではありません。ここにアメリカが絡んでくると、もうこの地球上は終わりです。ロシア、アメリカで3万発近い核弾頭、核兵器を保有しています。原爆、原水爆、水爆等がありますが、ロシアが保有している核兵器、水爆を含めて1万5千発以上ある筈です。EU、ヨーロッパ、アメリカといった国々がロシアを簡単に追い込める、倒せると思い、もし本気で戦争になれば一気にロシアは捨て身の戦になります。そこでもし原爆、核兵器のスイッチ及び指示を出すならば、1発2発の核弾頭という訳にはいかなくなる筈です。
1発使うということは、それに対し報復があります。ですから、核兵器を使うということになると、全て使い切るぐらいの覚悟で戦に向かう筈です。中途半端な決断で核兵器は使わない筈です。戦争の勝ち負けの駆け引きで、1発使って戦争を有利にしようという認識で使えば、ロシアは世界中から潰されます。一気に核弾頭がロシアに攻めて飛んでくる形になります。そして、そういった流れのビジョンをずっと見せられております。だから本格的な戦争になれば、1万5千発以上の核弾頭がロシアから世界中に放たれる。そうなると実際に戦争を行っていない国々まで、一気に発射する筈です。中国やパキスタンといった核保有国及び軍事的な攻撃、報復を受ける事にもなります。日本には数百発ぐらいの核弾頭が一気に飛んでくる可能性があるということです。パトリオットという、核弾頭ミサイルを打ち落とすミサイルシステムを作ろうが、先に地上ミサイルが3百発ぐらい打ち込まれ、その中に核弾頭を発射する。そのような事が起きれば、日本には40、50ぐらいの核弾頭が着弾するという羽目になり、確実に日本はおしまいです。

私が見せられているビジョンですが、変な話、それはあり得ないことではなく、あり得ることです。ヨーロッパもアメリカもロシアを追い込んでおりますが、ロシアはかなり強硬的な態度をとるでしょう。どのような和平、政治や経済的協力をするべきか、ヨーロッパも近隣諸国もアメリカも十分わかっている筈です。今回の納沙布岬、この宗谷岬の祈りで、怖いのは中国、北朝鮮ではないと言われております。中国も経済第二の大国になり、これからどんどん軍事的な技術も発展してゆくだろうが、今、追い込まれて確実に戦争に進む怖い国というのはやはりロシアです。ロシアという国が本当に捨て身になってしまうと、数時間で地球は破滅になります。米ソの冷戦時代が終わり、ロシアには力が無いとたかをくくっている人達もかなり多いですが、ロシアを侮り軽視して扱うと、とんでもないことになります。
本来、今年のロシアは自分で行かなければいけませんでしたが、イギリスと重なったためイギリスを優先しました。それはイギリスのEU離脱やテロ、これから起こる政治、EUでの問題に対して、EU全体を揺るがすことがイギリスを通して起こり得るからです。その中で第一歩として、かなり大規模なテロということで見せられておりましたが、確かに規模的には小さくなりましたが、やはり起きたことが次に連鎖しロシアでも起きました。これからEU全体、イギリス全体の政治の絡みというものは、御神事をした後も継続しながら注意深く見てゆかなければいけません。ニュースや新聞、メディアというものは、国の駆け引き、軍事産業や皆さんが言うイルミナティ、フリーメイソン等、そういった類の支配下にあるため、情報は確かではございません。その為私としては啓示で受け取った内容を、メディアが発する情報と、実際に過去から現在の世界情勢、経済情勢を見ながら、啓示の内容に沿って判断し御神事を行ってまいります。

今、ロシアの核兵器の話をさせていただきましたが、東ヨーロッパではバルト三国、ウクライナが、EUを含めヨーロッパとロシアを揺るがす問題をおこし、極東アジアでは、北朝鮮、中東、アフリカではシリア、トルコ、そしてイスラエルといった国々が地域で問題を起こしてきます。その極東アジア、ヨーロッパ、中東の問題に、中国、アメリカ、ロシアが絡み、地域での問題や紛争が、第三次世界大戦へと進むという啓示があります。
どのような状況で世の流れが善い方向にいくのかよく判断して行かなければいけません。他の国の出来事ではなく、自分の国、それよりも地球全体の将来がかかっていると言っても過言ではないということです。そこだけはお伝えしておきます。今までこの事柄については発言しないように神々様より抑えられてきましたが、今の段階で言うということ、今、言わされている、伝えているということは、本当に核戦争への危機があるということを伝えられいると理解してほしいということです。
北朝鮮が1発でも核兵器を使えば、それは世界中から一気に潰されます。しかしロシア国内、モスクワやサンクトペテルブルグやその周辺都市に1発でも通常兵器でもミサイルが発射されれば、おしまいです。その近郊に、ヨーロッパやアメリカが、軍事作戦として大量に軍隊を配備するようなことになれば、それは戦争をしましょうと言っているのと一緒です。
取り敢えず今の情勢は鵜呑みに出来ませんがニュース等を見て、時系列と啓示と照らしながら、また確認をする。啓示に照らした内容をまた神様に確認するというやり方を繰り返しながら、御神事をしっかり行っていき、物事を善き方向へ向かわせます。

もう一つは、ここ宗谷岬は本州の栃木の那須の地名を取った那須火山帯の最北端、出発点です。火山帯の動きというのも、多くのエネルギーを地殻大変動に繋げる動きであります。ここの動きも、北海道から本州、関東、フォッサマグナと繋がる危険があり油断出来ない状態にあります。
そして、サハリンから朝鮮半島を経て上海辺りまで走っている大きな構造線があると伝えられております。啓示では、これは日本の中央構造線の2倍の距離だと言われています。それが実際にあるかないか、殆どの方が否定するかもしれません。しかし私は啓示で伝えられてくること、啓示の情報は確かだということを、今までの経験で100%確信しております。ただこの構造線についてはまだ確認出来ていませんが、いずれは科学、地質学で確認出来るものであると信じておりますし、私は、この海底に構造線が走っていると認識、確信をもって御神事を行っております。

この後、稚内の大沼という沼へ行き、そこからノシャップ岬、積丹、神威岬、泊原発、恵山、函館山と行きます。昨日(4月11日)も少し放送でお伝えしましたが、昨日(4月11日)まで網走で御神事が集中したため、日程が2日~3日ずれました。これから移動してゆきます先々においてもノシャップや神威岬等、その場所場所で時間をかけてお祈りをしながら進みますので、結果的には予定が3日ぐらいずれます。そして、祈りの内容を含めて今よりももう少し集中したい為、この放送を行った後、大変申し訳ございませんが3日ぐらいは放送を行わず、そのまま御神事に集中し移動するという形になります。そして大体当初のスケジュールに戻れば、お祈りした所の内容等もお伝えしてまいります。

これまで起きた火山や地震は、大体が周期的に起きています。活断層のずれの時期についても、少し時期がずれたとしても起きます。この稚内、ノシャップ岬から北海道の西を下り恵山、函館辺りまでの地域で活断層の動きによる地震というのは確実に起きます。火山の噴火も周期がありますので、確実に起きます。南海トラフも必ず動きます。南海地震・東南海地震・東海・関東、富士の噴火は確実に動く。大噴火も必ず起きる。大地震も確実に起きる。このままでは確実に40万、50万の人々、それ以上の人達が命を失う。国の地震のシミュレーションで南海・東南海・東海・関東を計算しており47万人の命が失われるだろうと予測しています。しかし、この中には富士山の噴火は入っていません。南海トラフからの三連動、四連動の地震というのは、遅かれ早かれ確実に起きます。御神事でその規模は小さく出来ます。方法としては、連動する地震をそれぞれ単独にする。南海地震、東南海地震、東海地震、関東地震をそれぞれ連動しないように単独になるようにし、更に単独の地震のエネルギーを分散分割、バランス調整を行ってゆく事によって、他の大きな余震、構造線との連鎖連動、様々な火山帯との連鎖連動、活断層との連動というものがかなり縮小されてきます。地震の規模も最悪の状況よりも小さくなり震度7クラス、起きたとしても最小限の被害でしょう。
単独で起きるようにきちんと仕組みが出来れば、震度6弱から強クラス、震度7ぐらいが起きたとしても、最大限の被害を縮小することは可能です。しかし連動型で、完全に連動して繋がってしまうと、エネルギーは倍・倍・倍のエネルギーの連鎖連動になり、その破壊は壊滅的な破壊になります。それだけは知っておいて下さい。
日々の生活の中で、実際起こり得ることを見ないようにすることが一番怖い事です。確実に起きるのは起きる。それをどう自分達、そして自分の命を守るか。そういう認識、意識はとても重要です。
それでは、本日の放送はここまでで終了させていただきます。
皆さんの多くの力添え、本当に誠にありがとうございます。私も自分の出来ることを確実に、毎日行ってまいります。どうか皆さんの真心の力合わせよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

*以上4月12日の宗谷岬の動画より*

*現在の場所*4月27日 0時頃
※画像をクリックすると少し大きくなります。地図上の青い丸が位置になります
4月26日 現在地 その1 4月26日 現在地 その2


*参考記事*

英「ロシアに核の先制使用も辞さず」--欧州にもくすぶる核攻撃の火種
(ニューズウィーク日本版 4/26(水) 19:28配信より抜粋)

<イギリスのファロン国防相が「核兵器の先制使用も選択肢」とロシアを威嚇。ロシア側はイギリスを「地上から抹殺する」と応酬するなど、ヨーロッパでも緊張が高まっている>

ロシアの政府高官がイギリスに噛みついた。イギリスの防衛相がロシアに対する核兵器の先制使用も選択肢になると示唆したのに対し、ロシアは直ちに反撃し、イギリスを壊滅させると応酬した。

ロシア上院国防安全保障委員会のフランツ・クリンセビッチ委員長は月曜、「ロシアの反撃を受けてイギリスは文字通り地上から抹殺されるだろう」と言った。ロシアのモスクワ・タイムズ紙によると、マイケル・ファロン英国防相はそれより前に英BBCのラジオ番組に出演し、イギリスは核による先制攻撃も辞さないと発言した。

「極限まで差し迫った状況になれば、先制攻撃の手段として核兵器を使用する選択肢を排除できないという立場を、我々は非常にはっきりと示してきた」とファロンが同番組で語ったと、英インディペンデント紙が報じた。

核兵器の使用が正当化されるのは具体的にどんな状況かと司会者が尋ねると、ファロンはこう切り返した。「抑止力で最も重要なのは、我が国を標的にして核兵器を使用する意図がありそうな敵に対し、(もしかすると相手も撃ってくるかもしれない、と)躊躇する余地を残すことだ」

イギリスは核兵器保有国9カ国に含まれ、保有する核弾頭数は推定215発。一方、世界最大の核兵器保有国とみられるロシアは、推定7300発の核弾頭を保有、核戦力の増強も計画中だ。クリンセビッチはファロンの脅しは口だけだと一蹴した。

対立が深まるロシアと西側諸国

クリンセビッチは第二次大戦末期の1945年に、アメリカが日本の広島と長崎に原子爆弾を投下したことにも言及。偉大な大英帝国の時代が終焉したように、核攻撃で一方的に勝てる時代は永遠に過ぎ去ったと言った。米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のアジア・アメリカ研究センターによると、日本での原爆投下により少なくとも22万5000人以上が犠牲になった。

イギリスは、アメリカやフランス、ドイツなど多数の西側諸国と足並みをそろえ、クリミア併合以来のロシアの著しい拡張主義に批判を強めてきた。NATO(北大西洋条約機構)とロシアはヨーロッパの国境付近で軍備増強を進め、挑発的だと互いを非難している。

アメリカは昨年、ロシアの軍事的圧力の高まりに対抗してNATOの防衛力を強化するため、バルト3国(リトアニア、ラトビア、エストニア)とポーランドに4つの多国籍軍部隊を展開した。ロシアはリトアニアとポーランドの間の飛び地カリーニングラードに核搭載が可能なミサイルを搬入し、バルト海周辺で軍事演習や訓練を繰り返している。

*以上記事抜粋*

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

現在の状況と御神事にて伝えられた御言葉

2017.04.26.11:30

新暦4月26日(旧暦4月1日 みづのと 未 仏滅)

*癸(みずのと)とは
水(五行) 
雨や露や池を意味。規則正しく萌芽する状態(十干の意味)
*仏滅(ぶつめつ)とは
仏も滅する凶日の意。何事も遠慮する日。六曜の中で最も凶の日。


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

昨日、韓国釜山に寄港し、現在新潟へ向け航海中です。
鳥取県沖の隠岐に差し掛かっており、かろうじて電波が届きますことから、掲載しております。

本日は、各場所場所にてお祈りをしました際に伝えられました御言葉をお伝えさせていただきます。
私からの祈りや御神事については改めて掲載させていただきます。
何卒ご了承くださいませ。

このように各場所にて祈りをすることができ、神々様より御言葉を頂戴し御神事が出来ますのも、ご支援くださいます方様のお蔭でございます。
深く感謝申し上げます。ありがとうございます。
御言葉をしっかりと受け止め、御神事に反映させ、災い回避を努めてまいります。
御神事が出来ておりますことに、深く感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

大隅半島佐多岬、鹿児島湾、薩摩半島開門岳、鹿児島湾入り口から左右に佐多岬、開門岳と桜島、霧島連山及び種子島屋久島、トカラ列島奄美列島琉球列島まで意識を向け太平洋側は南海トラフと琉球海溝のプレート型地震の連鎖連動とエネルギーが伝わらない様に、霧島火山帯の動きが九州全体の火山及び種子島屋久島から琉球列島、台湾まで連鎖連動とならないように中央構造線が九州から四国、本州まで連鎖連動などの自然災害人災などの災い厄災が起きない様に祈り御神事致しました。その際に妻に伝えられました御言葉です。

渦を巻く流れをきちんと整えさえできれば
その渦は回転しながら 先々を清め 改め 流れを整えてゆく渦になる
回転数はそう大きくなく しかし その力は絶大である
きちんと整えさえすればよい 慎重に 的確に 辛抱強く 流れを見極め
きちんと対処対応してゆく事である
その流れが きちんと整えさえずれば あとは ずいぶんと軽くなってこよう
社会の流れもそうであるが 自分自身の各々個人の流れも同様である
慌てふためき 見間違う流れに 賛同もしくは同調 参加する事によって
知らぬ間に 争いの道の加担をすることにもなる
自らの事ばかりではなく 相手の思いも考える事によって その真実が見えてこよう
流れが大切な事柄もあれば そうではなく 辛抱しなければならない事柄もある
気が浮く時こそ 慎重に 乗せられていると思う時こそ 慎重に
流れはあらぬ方向に進ませようとしている 気を付けられよ


薩摩半島開門岳、天草地方、長崎島原普賢岳、長崎港に意識を向け沖縄トラフ、白山火山帯の動き、活断層連の動きが連鎖連動など薩摩半島川内原子力発電所の臨界事故などの自然災害人災などの災い厄災が起きない様に及び平和公園、東京湾横須賀米国海軍基地空母の母港基地と佐世保米国海軍基地空母の母港基地、関東から九州長崎の間米国軍の海陸空軍基地及び日本国自衛隊民間施設などの空港港湾他の施設が実際に近隣諸国との戦争で使われることなく戦争への道進まない様に、近隣諸国と平等な立場で調和平和が保たれる事が出来ます様に祈り御神事致しました
その際に妻に伝えられました御言葉です。

人は 作れば使用したくなる
しかし その結果を考える事はない 違うのか
物言わぬ地球に対し そなた達人間は何をしでかしているのか
古よりの歴史の中において 日々の暮らし生活の中において
何をしているのか
改善策がなぜ 広まらない 何故 一部の者のみ 一部の地域のみの事柄になるのだ
協力とはなんであるのか この星に住みゆく命達は 皆同じ境遇を
多かれ少なかれ持つ 違うのか
対策は本当に 一部の地域のみの事なのか 被害は本当に一部の地域の事なのか
汚染は本当に 一部の地域の事なのか 影響は本当に一部の地域の事なのか
感謝と尊重の思いを持ちゆけば 己の欲だけに走らず 共存という道を選べるだろうに
皆とは言わない しかし 何も言わぬということは 一部の者の行動を認め 承諾し 容認しているという事である
蓋をされていることを 気づかれよ
大地が大きく動き時は 人に見切りをつけたその時
争うことなく進めれば 見込みありしと受け止められよう
戦争への道は 自分達が切り開いている事を 忘れるな
その道を閉ざすのも 自らの意思 行動 意識である
開いている事をやめれば 新たなる道が現れよう


長崎港から隣国韓国釜山へと入港、九州西側海域佐賀県玄海原子力発電所臨界事故、豊後水道入口九州、山口間、関門海峡、四国愛媛伊方原子力発電所臨界事故、サハリン樺太、日本海、朝鮮半島、黄海、上海間に神様の啓示で有ると伝えられた構造線、白山火山帯の、活断層等が連鎖連動と自然界動き自然災害人災などの災い厄災が起きない様に
また朝鮮半島、北朝鮮、韓国、中国、アメリカ、ロシア、日本国が政治判断を戦争へと突き進まない様に、世界中でテロ紛争、戦争への動きが良き方向へと進む様に祈り御神事致しました。
その際に妻に伝えられました御言葉です。

真実がどこにあるのか 見抜く事
争う事にて 何も益はないことを誰でも知っている
しかし 行いたい者達にとっては 自分達のみの得がある 
それに多くの者の命が使われようとしている
他人事ではない 自らの身に降りかかる事
対岸の火事ではない 自らの土地に降りかかる事
大地のゆらぎ 自然界の判断も 人間の行動如何によって変わってくる
誰が命を守るのか 誰が地球を守るのか 
一人一人が守り 愛しむ事出来なければ 多くの者が翻弄され 命無駄に終わりゆこう



*現在の場所
隠岐近くを航海中
※画像をクリックすると少し大きくなります。青丸印が現在地です。
4月26日 現在地

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

今回の御神事について:出港時の動画より

2017.04.25.11:30

新暦4月25日(旧暦3月29日 みづのえ 午 先勝)

*壬(みずのえ)とは
水(五行) 
海や泉や大河を意味。芽が出ようとして膨らんでいる状態(十干の意味)
*先勝(せんしょう)とは
先んずれば即ち勝つ」の意。万事に急ぐことが良いとされ、午前中は吉、午後2時より午後6時までが凶。


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日は、韓国釜山に寄港しております。しかし、あまり電波の通信状態が思わしくなく、本日は、少し短いですが、出発時に放送しました22日の動画の内容をお伝えさせていただきます。
通信状況が良くなり次第、先だっての北海道での御神事にてお伝えしておりました内容や今回の洋上にてお祈りをした動画や長崎にて寄港した際の動画の内容をお伝えさせていただきます。

韓国釜山は、あまり天気が良くなく寒い状況です。
とにかくここでは、近隣諸国との調和、戦争回避の祈りを行います。
動画配信は難しいと思われますが、午後3時には祈り合わせの祈りを行いますので、どうか皆様も共に願い祈りいただけますと幸いです。

そして、このように現地に訪れ、その土地にて願い祈りする事が出来ますのもご支援くださいます方様のお蔭でございます。本当にありがとうございます。
心からお礼申し上げます。
夫婦共々、神々様の教えの元しっかりと御神事を邁進して行きます。

本当にありがとうございます。

比嘉良丸
比嘉りか

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

*4月22日 横浜港にて配信した動画からのお話

(良丸氏)
大国ミロク大社の比嘉良丸です。
今、神奈川県横浜、横浜港に来ております。これから本州・四国・九州・釜山と回って横浜に戻る、本州・外洋一周を回るクルージング船の船内から動画配信を行っております。
今日(22日)の書き込みでもある程度今回の御神事の内容をお伝え致しましたが、改めてお伝え致します。この横浜港を出ましたらまず東京湾、東京、関東の内陸部の地震や政治経済の祈りをまず行います。その後、東京湾の出口、千葉県の洲崎、房総半島の洲崎、三浦半島の剣崎、三崎との入り口に当てて東京湾外洋のお祈り、自然災害及び外洋から来る災いを清める祈りを行います。湾を出ましたら、まず伊豆大島と相模トラフ、富士火山帯の祈りを行います。伊豆七島、伊豆大島からは、伊豆七、小笠原海溝、小笠原火山帯にかけての祈りと、相模トラフ、駿河トラフ、そして南海トラフがそこへ連鎖し、日本海溝との連鎖連動とならないようにという祈りになります。そして富士火山帯の動き、富士山の噴火、そしてフィリピンプレート、太平洋プレート、北米プレート、ユーラシア・アムールプレートの大地殻変動の動き、フォッサマグナに対しての小難無難を祈りながら九州へ南下していきます。
相模湾、駿河湾の手前の伊豆半島の石廊崎、そして駿河湾からは、糸魚川・静岡構造線に沿って、外洋から駿河湾の富士川河口、そして御前崎を意識し、その糸魚川・静岡構造線の祈り、そして浜岡原発の臨海事故、そして東海地震に対しての祈り。次に、伊勢湾の入り口に外洋から差し掛かった際に、伊勢湾の入り口、神島を中心に愛知県の渥美半島の伊良湖、三重県の鳥羽、知多といった、渥美湾、知多湾、伊勢湾にて自然災害の小難無難の祈り、そして東南海地震の祈り。そこから紀伊半島先端、潮岬、紀伊水道の入り口に差し掛かった際に改めて東南海地震に対して祈ります。四国の室戸と紀伊水道での津波の被害、伊勢湾の津波の被害に対しての無難の祈り。再度改めて、駿河、相模湾、東京湾の地震による津波の被害というものを祈ってまいります。紀伊水道の外洋からの祈りではございますが、紀伊水道、大阪湾への自然災害の祈りと共に、津波の被害が起きないようにと祈りを行いまして、そのまま四国を南下しながら土佐、足摺岬、佐伯と移動し、豊後水道の入り口にて南海地震の祈りをさせていただきます。宮崎、日向に差し掛かった際には、南海トラフ全体と琉球海溝との繋ぎ目の連鎖連動、地殻変動の動きが起きないように。そしてそこから霧島火山帯、中央構造線の連鎖連動が起きないように。鹿児島の佐多岬、薩摩の開聞岳、天草、琉球海溝、霧島火山帯、桜島、沖縄トラフの動きに対しての祈りをしながら、長崎に4月の24日に入港します。その間、船内から集中して御神事を行ってまいります。
取り敢えず24日までの流れを今お伝えいたしまして、これから大自然災害の無難、連鎖連動の回避、全ての火山帯、南海トラフ、南海地震・東南海・東海、東京湾、中央構造線の祈り、近隣諸国との軍事的な緊張、政治経済の祈り、平和の祈り、感染病・伝染病の祈りといった内容の祈りを24日の長崎まで行います。そして長崎から後、釜山から日本海へと移動してまいります。このような御神事をこれから行ってまいります。
では、祈りをさせていただきます。

わが御親 宇宙創成陰陽結び大神様 お願いの儀がありまして申し上げます
我々人間は 幾度も幾度もこの地球上に於いて 親から子へ 繰り返し広がってきた 生命の循環があります
それは人間だけではなく 全ての生きとし生ける命 その命の循環 
地球上の全ての命あるものは 食物連鎖によって命を繋いでおります
全ての命が和合をとって 次の命を繋いでゆきます
生きるとゆうことは 命を繋ぐとゆうことは 他の命を取り込み 自らの命の糧としてゆくこととなります
自らの命は多くの命に そしてその命の源を戴き 私達一人ひとりの命の根源として成り立っております
だからこそ 言葉でではなく 感謝の心を忘れることなく 生きてゆく 行動で示すことが 大切なことになります
命の循環が途切れることない 全ての命 全ての生命 その仕組みが 傷付くことがないように
人間の自然環境の破壊に於いて 命が傷付けられることなく 
地球上に於いて全ての自然の循環が 善き方向へ整い
自分自身の行いで その流れと共に 多くの命 生きとし生ける全ての命と 共の 
育ちゆく 行動出来るように 導きいただけますことを 願い祈り申し上げます
我々 人間の日々の暮らし 生活 何ごともなく 穏やかに 緩やかに 心安く 幸福に満ち 幸せを感じ 
そして 生きる喜びに満ち 日々 暮らし過ごせるよう お導き お守り下さりますよう お願い申し上げます
全ての生きとし生ける その命と共に 歩みゆくこと叶いますように
我々人間が この宇宙の 地球の一員として 命の仕組みが その あぁすみません 
地球の一員として 自然や環境を破壊することなく 自然環境の全ての命の循環を狂わすことなく 奪うことのないように その道筋 お指し示し下さいませ
我々 人間一人ひとりの肉体の仕組みが 命の仕組みが 宇宙のそのもの 地球そのものであり 一体であるということに気付き 自分自身の使命 天命を果たすことが出来ますよう
一人ひとり 1日24時間 1年365日 見守り下さりまして 導き下さりますよう お願い申し上げます

これから、改めて本州一周の御神事に向かうこととなります。
動画配信は、船内、外洋からは行うことが出来ません。外洋で御神事中の放送も出来ませんが、3時に祈り合わせを常に行っておりますので、どうか皆様、共に祈り合わせ、ご参加下さりますようお願い申し上げます。ありがとうございました。
本当にこれも皆さんの力添えをもって御神事が出来ることを感謝申し上げまして、今日の放送を、動画配信を終了させていただきます。ありがとうございました。

2017年4月25日 現在地
※画像をクリックすると少し大きくなります。画像内の青い丸印が現在地。この後韓国釜山に向かいます。
4月25日の現在地

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

現在の状況と祈りの際に伝えられた御言葉

2017.04.24.08:00

新暦4月24日(旧暦3月28日 かのと 巳 赤口)

*辛(かのと)とは
金(五行) 
加工された金属・貴金属を意味。成長を極めて変革する状態。(十干の意味)
*赤口(しゃっこう)とは
火の元、刃物に気をつける日。午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉、それ以外は凶。


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

おはようございます。
大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
昨日22日神奈川県横浜港を17日に出港し東京湾の出口、神奈川県三浦半島剣崎、千葉県房総半島、洲崎の間を通過するまで東京湾内での御神事となりました。
その後、太平洋側を南下しております。本日はその折々に祈り、妻に伝えられました各地の御言葉をお伝えさせていただきます。

*東京湾の出口、神奈川県三浦半島剣崎、千葉県房総半島、洲崎の間を通過するまで東京湾内での祈りにて伝えられた御言葉

伝えておこう
人は 世の中をどのようにしてゆきたいのか
人の子が起こしてゆく 世の変化
人の子が起こしてゆく 自然の変化
操作しておきながら その結果を安らかにと求めるのは
おかしな話ではないのか
何故 生きている場所 この地について
何も知ろうともしない
何故 生きている存在達を知ろうともしない
人間だけの世界ではない
多くの命達が生きている事を 知れ
大地のずれは 大きくなり
地震の動きも 少しずつ 予測通りではなく変化してこよう
早まってくるはずである
少しずつその周期は早まる 気をつけよ 気をつけよ


その後、太平洋側に抜けましたので、次に伊豆大島に意識をむけて伊豆七小笠原海溝と相模トラフと日本海溝との連鎖連動、相模湾富士火山帯と伊豆七小笠原火山帯と連鎖連動及び富士山の噴火フォッサマグナ、中央構造線、活断層、関東全体に意識を向け自然災害の災い厄災が起きないように祈り御神事致しました。その際に伝えられた御言葉です。

ある意味 いくつかある地球上のへその部分の一つでもある
この地にある事柄をきちんと認識する事によって その回避は容易ではないが
出来なくもない
人の意識が自然の動きを必要以上に大きくもする
いや その時を思ういう事ではなく 認識不足が招く結果という意味である
認識不足や備えの不足によって その被害は拡大されるという事である
意識は人を支えるが それもまた 自然の立ち直りや命の支えにもなっているという事である
地球は生きている その為に大地は必ず動く 命達の為にも動きゆく


伊豆半島石廊崎、駿河湾富士川河口及び御前崎に意識を向け糸魚川静岡構造線、フォッサマグナ対し及び駿河トラフ、相模トラフ、伊豆七小笠原海溝、日本海溝との連鎖連動及び東海地震、富士山噴火、浜岡原子力発電所の臨界事故、中央構造線、活断層、東海全体に意識を向け自然災害の災い厄災が起きないように祈り御神事致しました。その際に伝えられた御言葉です。

人が 動いている地球の上に生きていることを 忘れてしまうと
その影響は計り知れない状況になりゆく
今も そして 過去も そして このまま進み未来も同様にするのか
地球は生きている 人間と同じように生きている
その事を忘れるな


伊勢湾入り口神島、愛知県渥美半島伊良湖、知多半島、三重県鳥羽、渥美湾、知多湾、伊勢湾及び紀伊半島潮岬に意識を向け中央構造線、活断層、東南海地震、東海全体に意識を向け自然災害の災い厄災が起きないように祈り御神事致しました。その際に伝えられた御言葉です。

迫りくる海に 何を思うのか
大地が動けば 地上もまた混乱を起こす
穏やかにする為にも 人は 何をすべきなのか
人だけでこの世が存在していないことを全ての者が知らなければならない
気付きし者から知らせてゆくこと 理解し者から行いゆく事
何を 何を行いゆくのか それすらも 解らぬとは
人はそれぞれにおいて 全て異なる
皆 同じ事が出来るのか 皆 同じように出来るのか 
違うであろう
知恵 知識 見聞 その為の頭であり 知能ではないのか
その者自身の度量や行動力 経済力 様々な条件において 
行える事は異なる
そこは 己の事を振り返る為にも 自分自身で判断し 進め


紀伊水道入り口付近から紀伊水道、大阪湾、四国室戸岬、関西近畿全体に意識を向け中央構造線、活断層、東南海地震、南海地震と東南海地震、連鎖連動などの自然災害人災などの災い厄災が起きない様に祈り御神事致しました。その際に伝えられた御言葉です。

渦を巻く 渦を巻く 取り巻く地形を変えながら 渦を巻く
一つ一つ乗り越えてゆく 橋も港も道路も港も
大災害にならない為にも その時に何が出来るか いや 何をするのか
備えあれば 憂いなし
その昔の者はよくいったものである
人の造りし物は 自然には敵わない 何をどうしても無理である
ならば どうするのか
自然の流れを知り 自然の地形を知り 自然の動きを知り
自然との共存にて作りゆく事一つあろう
人間の愚かさよ 傲慢さよ 謙虚さを忘れてはいけない
自然の中にて活かされている事 地球にて活かされていること
それを忘れては 道を踏み外し 地を踏み外す


四国室戸岬、土佐湾、足摺岬、豊後水道、大分佐伯四国全体に意識を向け中央構造線、活断層、南海地震、南海地震と東南海地震の連鎖連動などの自然災害人災などの災い厄災が起きない様に祈り御神事致しました。
その際に伝えられた御言葉です。

結局人は どこまで 自らの都合の良いようにしてゆくのか
受けとめている存在が どれほどになっているのかは 露も知らず 
自らの思い 考え 行動のみの範疇にて考える
その結果 何をもたらすのだ
しわ寄せは いつもどこにくるのか
それすらも考えられないような者が 未来を考える事が出来るのか
自分 人間 中心ではない 人間中心ではない
助け合い 支え合い 協力し合い 補い合い それを忘れてしまっては
人間という本質を見失っている
自然の動きは それらを知らしめる為ではない 地球の地球である為の
動きである
人間は何によって支えられているのか 
それも解らなくなってしまっては 誰も支え切れない


大分佐伯、宮崎日向灘、鹿児島佐多岬、九州全体に意識を向け中央構造線、霧島火山帯、活断層、南海トラフと琉球海溝との連鎖連動などの自然災害人災などの災い厄災が起きない様に祈り御神事致しました。その際に伝えられた御言葉です。

忘れてしまっている人間に どのようにしたら教えられるのか
幾度となく 過去から現在まで起きてきた出来事も もう既に忘れている
忘れていいことと 忘れてはいけない事があろう
その区別もつかなくなっている者達に どのように伝えたらよいのであろうか
伝える事すらも 忘れられてしまうのか
人は 単にこの星に生きているのではない
その存在に意味があり 生きている
地球という自らの本体になる星を支える為に 存在してもいる
共に生きている多くの命達を支える為に 存在もしている
しかし たったそれだけの事柄においても 忘れてしまっている
現在の状況を善き流れにする為に 全てが壊れるのではない
新たにまた造ったとしても また 同じように出来上がる
それが 今迄の経験 今迄の経過の結果であり 今である
ならば 現状の状態を 変えて行く事 修正してゆくこと 善き状態にしてゆく事が必要であろう
その為には 現状を知り 改善の道へと行動を起こす事が必要になろう
行動は波紋を生む そこから 問題点への注目があり 変化への切り口がある
単なる愚痴や文句は 何も生まない
行動が きっかけと糸口を見つけ 更なる行動が その先の繋がりに進める


本日は長崎港に寄港しております。

改めて本日の祈りの御言葉はお伝えさせていただきます。

南海トラフを西に進んできましたが、各水道や南海トラフと琉球海溝の繋ぎ目、また、桜島近海等に差し掛かりますとやはり厳しい状況が伝えられてまいります。
このように内陸ではなく海上から祈り、御神事する事によって日本の内と外とそれぞれで御神事をすることが出来ます。
このように御神事が出来ますのも、本当に支え、ご支援くださいます方様のお蔭でございます。
本当にありがとうございます。
神々様のお力を仰ぎながら精一杯努めてまいります・

改めまして、伝えられております啓示やその時々の御神事の内容等もお伝え致します。

本日もどうぞ宜しくお願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

*丁度和歌山県沖にて電波が届き、位置情報を取得してみました。そして、その日の夕日です。
※小さい青い点がおおよその位置です。画像をクリックすると少し大きくなります。
4月23日 和歌山県沖 23日の夕日

*和歌山以降、電波が届かずやっと繋がったら、種子島と鹿児島の大隅半島の間を通過していました。※小さい青い点がおおよその位置です。
24日日付が変わり 鹿児島県沖


*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像

本日からの御神事について

2017.04.22.09:00

新暦4月22日(旧暦3月26日 つちのと 卯 仏滅)

*仏滅(ぶつめつ)とは
仏も滅する凶日の意。何事も遠慮する日。六曜の中で最も凶の日。
*己(つちのと)とは
土(五行)柔らかい土を意味。絡まった糸を解す、秀でた物が更に伸びて行く状態。(十干の意味)

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

おはようございます。
いつも真心のお力添えありがとうございます。大国ミロク大社の比嘉良丸、比嘉りかです。
20日妻のりかが中国西安の御神事から戻り、私、良丸は4月6日から始めました日本列島を巡る御神事を21日、関東で一旦終え21日19時に成田で妻と合流しました。
22日今日から横浜港から本州一周の御神事に向かい、横浜~長崎港~韓国釜山~新潟港~青森港~宮城仙台港~横浜港と巡ります。この流れの中での祈りは下記の内容にて各地で行います。

横浜港出発後、東京湾、東京湾入口にて三浦半島先端の剣崎、千葉県房総半島の洲埼へ向けて東京湾入口を守る祈りを行います。相模トラフ、伊豆大島へ向けて、伊豆七、小笠原海溝、火山帯への祈り、富士火山帯、伊豆半島の石廊崎、駿河トラフ、糸魚川静岡構造線、富士川河口、御前崎、浜岡原発へ意識を向けて、東海地震に対して、フォッサマグナに対して、富士山の噴火に対しての小難無難、伊豆七島の大島に対しては、関東と小笠原への連鎖連動の小難無難を祈ります。
伊勢湾入口、渥美半島伊良湖、三重県鳥羽、愛知県知多半島、知多湾、渥美湾、伊勢湾と全体を意識しながら、伊勢湾入口の神島を中心に、東南海地震に対しての祈りを外洋から行います。
紀伊半島の先端、潮岬、伊勢湾入口で同じく東南海地震に対しての祈りを行います。
四国室戸岬、足摺岬、豊後水道入口、大分県佐伯にて南海地震に対しての小難無難、宮崎県日向、南海トラフと琉球海溝の連鎖連動に対しての小難無難の祈り、鹿児島佐多岬、薩摩半島開聞岳に向けて霧島火山帯、熊本県天草諸島沖にて南海トラフに対しての祈り、長崎県では、平和記念公園へ向け、平和の祈りを行います。
普賢岳を含めて白山火山帯の祈り。韓国釜山にては近隣諸国の平和の祈り。新潟へ向け、日本海側では、近隣諸国からの軍事的脅威の回避の祈り、玄海原発、島根原発、高浜、大飯、美浜、もんじゅ、敦賀、志賀、柏崎刈羽の各原発へ向けての無難無事故の祈り。
神から伝えられているサハリンから朝鮮半島、中国、上海へ通って伝えられている構造線への祈り。日本海近海での自然災害に対する小難無難の祈り。日本海側を北上し、富山湾、白山火山帯、糸魚川静岡構造線、柏崎千葉構造線、フォッサマグナに対する小難無難の祈り。秋田県男鹿半島入道崎、青森竜飛岬、北海道松前の白神岬に向けて、鳥海火山帯に対しての小難無難の祈り。津軽海峡を太平洋側に抜けながら、青森県陸奥湾の入り口と北海道函館、函館山へ向けての祈り。大間岬、北海道の恵山へ向けて那須火山帯への小難無難の祈り。
太平洋側へ抜け、青森県東通、六ヶ所村再処理施設、宮城県女川原発、日本海溝に向け、小難無難の祈り。福島第一、第二原発、茨城の東海第二原発、房総半島野島岬、千葉県銚子沖、柏崎千葉構造線に対しての祈り、フィリピンプレート、駿河トラフ、相模トラフ、日本海溝、伊豆七島海溝、太平洋プレート、北米プレート、ユーラシアアムールプレートの繋ぎの祈り、大きな地殻変動の動きが起きないようにという祈りを行います。東海第二原発や大洗辺りでは、中央構造線の祈りを行います。
日本一周外洋を周りながら、感染病、伝染病に対しての祈り、外洋の外から他国からの政治的、経済的な混乱を招く脅威の回避、軍事的な脅威、戦争の脅威を取り除く祈り。日本列島全体の自然災害の小難無難の祈りを行います。

釜山や外洋の時以外は、午後3時の祈りを現地より行います。
その時間、いる場所からで構いませんので、共に、平和、平穏、平安、安定の願い祈りを行っていただけますと幸いです。

この御神事は4月30日に横浜に戻ります。5月1日に一旦沖縄に戻りまして、4日までは沖縄にて全体の打ち合わせがあります。2日は私自身の持病の糖尿病と肺の検査を行います。この時期に検査をしないとその後も御神事が続きますので、御神事に集中する為にも今、この痛みや心配を取り除いておかなければなりません。5日に本州に戻り、修理の為に本州の移動で使用している車を預けます。7日から改めて横浜港から日本海溝を進み、北海道、カムチャッカと立ち寄り、アリューシャン列島を横切り、カナダバンクーバーへの御神事になります。戻りは飛行機にてカナダから戻ります。これが、5月7日から21日までの御神事となります。その後23日から中国側から登り、長白山(白頭山、ペクト山)へと夫婦で参ります。海外御神事の帰国やその間に日本列島内陸部の御神事を行います。

それでは、下記は、妻が中国西安の乾陵にて伝えられました言葉です。

*4月19日 中国西安、乾陵にて伝えられた御言葉

人 個人 個というもの
これが余りにも主張され その主張が 全体を見るべきものを超えた時 人々は崩壊へと 崩れゆく
何を大切にするのか
個ばかりの 小さな視野では 全体を見ることが出来ず
全体がどのようになっているかも 分かることが出来ない
そして何よりも 個ばかり見続けゆけば それは 次第に視野が狭まり 物事も狭まり 
そして全体を見た時には 途轍もない崩壊へと進んでいることに はたと気が付くものである
全体を見ること
それを忘れてはいけない
個の利益ではなく 全体の利益を
全体をしっかりと見定めることにより それは どの道へと進むことが最善であるのかを 知ることも出来よう
個の理由 個の行動 想い 
それらを しっかりと進みゆく そればかりでは 全体が見失われ 見ることも出来なくなりゆく
個が主張し過ぎてはいけない
全体を見ることにより バランスと調和がとれゆくのである
だからといって 争うことが有益であるとは伝えない
争うこともまた 個の優先により 進められることが多いからである
個ではなく 全を見ること
今 不可欠なのは その視野の広さ 
考えの深さ
全体を見つめる 意識の深さ
人々に足らぬのは そのことでもあろう


*以上*

今回もこのように御神事が出来ますのも、ご支援くださいます方様のお蔭でございます。伝えられております内容を回避するよう、御神事を精一杯努めてゆきます。本当にいつも心から感謝申し上げます。今後ともどうぞお力添えいただけます様お願い致します。

比嘉良丸
比嘉りか

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

ウェブショップからのお知らせ

ニュージーランド、中国西安、日本一周の御神事に対しての企画御守り受付中!!

南は自らの足元。西安は人との調和や関係性の良好。日本一周は、それらのエネルギーを纏め、持ち主としっかりと繋ぎ、善き状態へと進めるようにという願い祈りが込められます。
もちろん、御一人ずつのへの神様からの御言葉もお伝えいただけます。

個数限定の御守りとなっております。是非この機会にお手元にお納めください

webshop ミロク結び 
こちらからご予約ください

サンプル画像 20160820shopicon20baner5-2_201612081101504b1.png サンプル画像
情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

イベントのお知らせ
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR