現在の状況

2020.07.04.09:10

新暦7月4日(旧暦5月14日 つちのえ 申 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸です。
今年も半年が過ぎ7月に入りました。本日の書き込みは、まず6月の状況について報告させていただきます。
6月14日から18日まで、東京、埼玉、千葉、神奈川と回りコロナ感染症の鎮静並びに、自然災害回避に対する儀式を行いました。18日の日に沖縄に戻りましたが、途中16日あたりから倦怠感と頭痛等、言い表すことができないダルさが本日まで続いており、私自身体調があまりよくない状態ではございます。兎に角、なんと表現したらよいのかわかりませんが、体全体がきついという状態が16日から起きました。この16日は、北朝鮮が南北の平和の象徴であった会館を爆破した日でもあったことから、啓示的な知らせも踏まえて、神事的に体調が悪くなったと受け止めております。沖縄に戻りました後、1週間位経っても症状がよくなることなく、少し微熱が出るようになった為、病院へ行きました。診断としては、とりあえずコロナウィルスの心配はないと診断されてきました。高熱が出ていない以上、検査は できないということでしたが、症状に不安があるので、薬をいただきました。
いただいた薬が終わるまで、10日間程ですが、できるだけ人と接触することは避けて欲しいといわれ、10日過ぎても高熱が出なければ、問題ないのではといわれてきました。ただ、現在もすごい疲労感、全体的に体調がよくない状態と、頭痛が変わりなく続いており、啓示的に何を意味しているのかということも含めてやり取りもおこなっております。 

さて、本題に入りますが、6月の御神事の内容は、これまでずっと言い続けてきた啓示の回避の御神事の引き続きです。今日本列島で起きようとしている地震、火山噴火といった自然災害に対して、常に危機を訴えてきました。北海道を含め、かなりの地域で大きな地震が起きる可能性があります。実際に、日本列島、北海道から沖縄までの太平洋側、そして、内陸部、千島海溝、日本海溝、伊豆七小笠原海溝、三重会合点を経て相模トラフ、駿河トラフ、南海トラフ、琉球海溝、そして、沖縄トラフから日本海側や九州から北海道までの日本海側にある活断層や海底地形にある大小様々な海溝や海盆、海丘、海底火山、関東、九州あたりでは、小さな亀裂の海溝等も存在します。そして、霧島火山帯、鳥海火山帯、富士火山帯、乗鞍火山帯、白山火山帯、瀬戸内火山帯、霧島火山帯といった多くの火山帯が存在し、中央構造線、仏像構造線、糸魚川静岡構造線、柏崎千葉構造線と代表的な大きな構造線があり、これらの周辺にも、活断層よりも深い亀裂があり、日本列島のどこで何が起きてもおかしくありません。そして、その日本列島の地下で、大きなエネルギーが動き出そうとしております。一度動き出すとこれまでの周期的な動き、数十年、数百年、数千年、数万年という一定周期で起きていた火山やプレートの動きが、連鎖連動してゆくと教えられています。それは、この21世紀に各周期の時期が重なるようになってきていることからで、数十万年規模の大地殻変動期に入っていると教えられています。日本列島における周期的な地震や火山噴火、南海トラフや富士の火山は代表的ですが、長野、山形、滋賀、大阪、愛知、和歌山などの周辺や中国地方、四国、九州までのどこかで、M6や7クラスが起きれば、一気に地殻変動へと繋がる連鎖連動の動きが起きる可能性があると教えられ続けています。周期が近づいているということは、大地が動きやすい状況になっているという事でもあります。地震であれば、M7以上震度7クラス、火山噴火であれば大噴火が、一気に起き、5から6回の大きな地震の後、余震が連日連夜起きる可能性がある状況であることも教えられています。大きな地震は、地殻変動へ繋がる連鎖連動の地震もあれば、震度7クラスの地震が起き、次に、つられて起きる巨大地震や津波、火山の噴火などを引き起こすものもあります。反対に、大きな地震や噴火によって、動こうとしている地殻変動の流れを抑える動きとなる地震、噴火もあります。起きる場所によっては、一気に連鎖連動してしまう、突き動かしてしまう場所もあります。この連鎖連動を避けるためにも、連日連夜、なんとか回避、分散分割といった形で、大きく連鎖連動する所を極力避け、大きな地震の分散をおこない、大惨事にならないように神々様と調整し乗り切っている状況です。

先月も大きな地震や大変危険な状態がありました。東南海地震を引き起こす可能性があった19日に起きた地震。この後の厄災回避をするため、この地震から誘発される地震や火山噴火など様々なことを想定し回避の儀式をおこなっておりました 
その結果、私は、胸を張ってその後の連鎖連動を鎮静したと思っております。時には外国に分散分割の請負を願いました。東南アジア、インドンネシア、ニューギニア、オーストラリア、ニュージーランドを経て、南アメリカ、中央アメリカ、北アメリカと多くの場所に、大地が大きく動く力を受け持ってもらい、地球規模での分散分割の整えがなされました。

6月は、国内外を含め、確実に大きな地震、火山の噴火は、分散分割、縮小、連鎖連動を抑えきったとはっきり言えます。それとは別に、熱中症、水害につきましても、いくつか起きましたが、とてつもない水害に発展することは抑えきったと受け止めております。しかし、水害に関しては、今月7月、8月と注意、意識を高めてゆかなければいけません。これからの時期、大きな台風が連続来るようなことがあれば、本当に水害は免れない状況になってきます。継続的に大雨が続くと土砂の水はけが悪くなります。また、土砂に水分が吸い込まれて、山崩れ、崖崩れ、土砂崩れ、川の氾濫といった大きな水害に繋がる可能性があります。 

更に問題なのは、新型コロナについてです。自粛を解除した後、繁華街に人が足を運び、全国的に繁華街からのクラスターが発生しています。東京では、はっきり言って第二波に陥っていると思われます。にもかかわらず、都道府県や国も含めて、今の状態は、第二波に入ったという認識はないと、現状の把握を先延ばししておりますが、この件に関して、第二波に入っていると言い切ってもいいと思います。正直、本当に対応が遅い状態になっている。このままでは抑え込む対応が間に合わない、手遅れになる可能性もあるというしかありません。多分、都道府県や国が第二波を認めないのは、国内の経済に対しての配慮からだと思われますが、もう一度見直し、危機管理が必要な場所等様々な事柄を深く考えて、自粛を求める場所や営業を中止する場所や企業などきちんと選り分けなければなりません。そうでなければ、日本の国は、経済に対して配慮した結果が、逆に自分の国の経済を大きく停滞させ、混乱させてしまう結果へと繋がり、下手をすれば取り返しのつかない状況まで陥る可能性があります。今、何らかの決断を急がなければ、本当に手遅れになります。経済は破綻に導かれるかもしれません。判断を見誤った末の未来もまた見せられていますから、現実をどのように考え、判断するか。都道府県や国だけで判断するのではなく、企業や様々な角度から話し合いをしなければいけません。このままでは手遅れになりかねない。経済が、大混乱に陥るかたちになります。
そして、感染症に関しては、いくら祈っても、なかなか難しいところがあります。
人々一人ひとりの意識や行動には、その人自身の意識が大きく影響してくるからです。繁華街や様々な場所に動き、接触を深めてゆくと、そこからクラスターが多く発生し、一日に 外国のように数千人、数万人、数十万人と一気に膨れ上がる可能性すらあります。これまで 大丈夫だったから、その先が大丈夫だという保証は何もありません。
感染症の状況が落ち着かなければ、見せかけの経済の安定が図られたとしても、その先に待つのは経済の混乱。下手をすれば崩壊であり、そこには政治が絡んで、政治の混乱、崩壊を招きかねないという状況があります。

6月は、何とか乗りきしましたが、7月も6月同様、様々な分野に意識をもって回避、縮小の御神事をおこなってまいります。
自然界に対しては、地震や津波、火山噴火、洪水、熱中症等、様々な分野に広い視野を持って、教えられている啓示の警告を全て7月も何とか乗り切る意識で行ってまいります。
感染症も出来るだけ縮小し、経済の安定の訪れの儀式を行ってまいりますが、現実社会において、都道府県や国が、早急に何らかの処置をとらなければ第二波の状況は、止めようがなくなるほど深刻化し、一気に感染者、死者を増やしかねません。そして、この恐怖から混乱が起き、経済の混乱を招きかねない状況もあります。祈り、御神事も最善を努めてゆきますが、都道府県も国も、もうそろそろ本気で動かなければ、取り返しのつかない状況になります。啓示で教えられていますが、これ以上拡大してゆくと、せっかくのワクチンが出来上がった頃には、ウィルスは変異してしまっており、ワクチンが効かない状況になりかねません。
神々様から伝えられている第二段階(世間で言う第二波ではありません)に進むということは、世界規模における人口の20~30%の人達の命を失う、14~21憶人の命が失われると教えられております。そのような状況へと発展してしまえば、世界は本当に混乱します。そうなれば、どのような道に進むか予想ができません、いや、予想が出来ないではなく確実に破滅に進むのは間違いないでしょう。このような状況が決して起きないように、熱中症や水害を含めた自然災害回避、感染症縮小、政治経済の安定と全ての視野において小難無難の儀式を7月は行ってまいります。

さて、先月は北朝鮮と韓国の緊張が高まりましたが、現状は、何とかそれ以上に発展せず、 収まっています。しかし、今後の展開は油断できません。特に、韓国の動きが、どのように動くか。そして韓国が必要以上に日本に対して、経済攻撃、中傷攻撃をやり続ける限り、日本の韓国への歩み寄りはないかと思います。実際、日本の対応は、生ぬるいと受け止めています。日本政府がおとなしすぎるのか、韓国が自分の言い分だけで日本を敵視し、法律まで作り、改正し、日本を経済的にも社会的にも政治的にも明らかに敵視しすぎています。
韓国はやりたい放題やっていますが、日本もそろそろはっきり、強い姿勢で意思を示すべきです。経済に対しても、やりたい放題を許すということはやめるべきです。そこはまた、政治的な話になりますから、これ以上発言するのはやめておきますが、日本は、好きにさせておくのはやめるべき時期にきております。
しかし、何度かお伝えしていますが、韓国、北朝鮮、中国、アメリカ、そして、日本に対する対応を間違うと、戦争へと発展しかねません。韓国が原因で、極東アジア、東アジアにおける戦争勃発という道です。それは、1950年代に起きた朝鮮動乱とは違い、それよりも遥かに危険性を秘めた戦争へ発展してしまい、後に、第三次世界大戦へと進みかねない状況を作り上げる可能性があります。今の韓国、韓国政府、大統領、そして、その大統領を支持する人々によって、負の状況へ進みかねない道を教えられております。こういった内容の未来も踏まえて、平和の大切さ、近隣諸国との平和を願うことは、絶えず行ってゆかなければ なりません。この件も含めて、引き続き、平和、調和、協力、支え合いを願い祈り、御神事を続けてまいります。

7月は、一度早くて10日、もしくは、13日頃から4泊5日か5泊6日位で、関西へ儀式に行ければと考えています。現在は様子見ではありますが、微熱は続いていますが高熱には至っていません。今一度診察を受けて様子を見まして、問題無いようであれば、関西の大阪から始めて、兵庫、奈良、京都、滋賀、そして、出来れば福井までの2府4県の儀式が出来ればと思っております。そして、18日か19日頃に沖縄に戻り、23日からの儀式の準備し、7月23日24日25日26日と儀式を行おうと思っております。
8月からは出来るだけ全国を儀式で回り各地にて厄災祓いの儀式を行ってゆきたいと思っております。そして、毎月、月末辺りに沖縄に戻り、護摩焚きの儀式を行おうと思っております。

7月の23日24日25日26日の儀式ですが、ミロク殿本宮の聖地内で護摩焚きの儀式を行い、世の中の 厄災を祓い清め、世の中、社会に害なすものを祓い清める儀式を行います。
今回お伝えした内容、感染症や自然災害の回避、政治経済の安定を願い儀式をおこないます。
引き続き日々の儀式でも確実に大きな災い厄災を回避し、7月も何とか乗り切ることができるよう頑張ってゆきます。地震についての内容は、この数年間お伝えし続けていますから、またかと思われるかもしれません。しかし、継続的に御神事を続けて、やって何とか地殻変動の調整バランスが出来ている状況です。毎月、分散分割、小難無難の祈り儀式を行い、地球が破滅するような大地震、巨大地震、超巨大噴火、地震の連鎖連動、火山の連鎖連動をなんとか少しでも抑えながらバランスを整え、大惨事を乗り切っています。政治経済、感染症においても、感染症をおさえつつ政治経済の安定も視野に入れながら、平和も含めて世の中が安定するように願い祈りを行い続けてまいります。
毎回、同じことしか言えませんが、わかる方にはわかると思います。これまで、ずっと伝え続けてきた事柄が、多少なり現実化し、多少なり軽減され、多少なり一気に大ごとならず何とかとどまっていること。韓国、北朝鮮、日本との軍事的な内容も含めて、韓国と日本、韓国と北朝鮮、韓国と中国、韓国とロシア、韓国とアメリカ。そして、尖閣列島では、日本と台湾、日本と中国との問題を抱えております。そして、極東ロシアでは、北方四島に対して日本とロシア、日本とアメリカ、尖閣列島では、日本と中国、日本と台湾、中国と台湾、そして、ここには確実にアメリカが絡んでおります。これらのところを一気に大きく戦争に流れる動きを改善しつつ、自然災害、地殻変動も改善しつつ、コロナウィルスを消滅へ導く儀式を根気よく続け行くことしかありません。

今後も、どうか、皆様の真心のお力添えを何卒宜しくお願い申し上げます。
護摩焚きの儀式を4~5日間継続して行うということにも、かなりの経費を伴います。
本格的に、沖縄を出て動くのは8月からになると思いますが、今月7月は、上旬の2府4県の儀式と沖縄での護摩焚きの儀式を行いながら、伝えられている厄災を何とか乗り切り、その後も確実に日本列島を巡りながら、月末には一旦沖縄に戻り、護摩焚きの儀式を行って祓い浄め、至福の呼び込みをおこない、また本土に上がるという形を繰り返しながらの御神事をおこなってゆきます。国や都道府県は認めておりませんが、7月8月は、第二波に入ると思われます。そのような中、儀式で本州を回るということは、感染するリスクは抱えますが、沖縄での儀式だけでは、なかなか思うような結果が出てきません。
毎回、同じことしかお伝えしていませんが、でも、私は、確実に大地震、大津波、大噴火等を抑えつつ、海外に分散分割して受け持ってもらい、地殻変動へと繋がるような国内の大きな被害を抑え続けてゆきたいと思っております。今のところ水害も何とか抑えているといえるかは、わかりませんが、何とか見せ伝えられている最悪の事態は何とか避けていると 思っております。これからの時期も含めて、もっと水害に関しては、縮小を努力しないといけないと思っております。そういった事柄も含めて、これまでほどき使ってきた御神事の仕組みをもう一度作り直して、再強化した仕組みつくりの御神事をさせていただきたいと思っております。どうか、儀式が滞りなく行うことができるように、皆様の真心のご支援をお力添えを何卒宜しくお願い申し上げます。 
ありがとうございました

比嘉良丸
比嘉りか

6月12日の日々の祈りの中で伝えられた御言葉
人の子らよ よく聞くがよい
善き流れへと 転じゆくためには 人々の心が 一丸となりゆき 進みゆかなければならない
人の力は 大きなものである
物事を動かしゆくには 欠かせない力である
善き流れへと進みゆくためにも 人々は 互いを理解することは 大切なことになりゆく
戦 争いもなく 平和な世とゆうものは 
互いに理解をすること
尊重し合うこと
それもまた 大きな元の一つとなりゆく
戦 争いのない世の中は そのように 一人ひとりの意識の芽生え 変化から 生まれてくるものである
誰もが皆 遠い未来へと 想いを馳せることになるであろう
現実にはならない 夢の世界と 思うかもしれぬ
しかし 今から変えゆけば それは 大きな現実となり 変わり続けてゆくことに繋がるのである
人は 大きく動くことが出来る
また 共感もすることも出来る
支え合うことも出来 導き合うことも出来 助け合うことも出来る
人は 互いを理解することが出来る
全く 完璧なるまでの理解には遠くとも 
それでも 悲しみ 痛み 苦しみ 寂しさ 孤独 
様々なる感情に 寄り添うことは出来る筈である
そして また歩みゆくために 未来を 希望を 進みゆくために
寄り添い 共に歩む力を 支え合うことは出来る筈である
叶えることの出来る未来
人はそれを 原動力とし しっかりと力を持って 行動する力を持って 進みゆくことにより 叶えることは出来る
夢物語で終わらせるか 現実のものと引き寄せるか 
人々はその 行動する力によって 未来を変えることが出来るのである



国内の地震
2020年7月3日 22時33分ごろ 千葉県南東沖 M3.7 震源深さ70km 最大震度1
2020年7月3日 21時44分ごろ 栃木県北部 M3.6 "震源深さ 10km" 最大震度2
2020年7月3日 14時13分ごろ 福島県沖 M4.7 震源深さ50km 最大震度3
2020年7月3日 12時21分ごろ 長野県中部 M3.1 "震源深さ ごく浅い" 最大震度1
2020年7月3日 11時36分ごろ 長野県中部 M3.9 "震源深さ ごく浅い" 最大震度2
2020年7月3日 0時08分ごろ トカラ列島近海 M2.2 "震源深さ ごく浅い" 最大震度1

※参考資料
※クリックすると記事へ移動します
長野県中部で地震相次ぐ 岐阜県境の一連の地震は184回に
西之島、噴煙4700メートル 観測史上の最高高度に
正体不明の悪臭まで…大地震の前兆に震える日本
沖縄県辺野古、震度2で護岸の大半が崩落か

海外の地震
2020年07月03日 22時54分 プエルトリコ M5.2 震源深さ5.0km
2020年07月03日 22時42分 南大西洋 M5.2 震源深さ13.3km
2020年07月03日 11時59分 トンガ M5.1 震源深さ188.7km
2020年07月03日 01時17分 メキシコ M5.2 震源深さ24.8km



コロナ状況
7月4日 コロナ状況
※クリックすると大きくなります

※関連記事
※クリックすると記事ページへ移動します
国内の感染確認、最多250人 累計2万人に迫る

感染拡大「第2波の恐れ」 専門家、対策強化訴え 東京連日100人超え

ショーパブで36人新型コロナ集団感染 鹿児島

【速報】山梨県知事「東京行き控えて」 注意呼びかけ 茨城県知事も



※災害情報
水害の多い自治体
※クリックすると大きくなります

鹿児島県と熊本県に「大雨特別警報」発表

鹿児島県で50年に一度の記録的な大雨
3日、鹿児島県の甑島(こしきしま)では、50年に一度の記録的な大雨になっています。
鹿児島県で50年に一度の記録的な大雨に
3日(金)、停滞する梅雨前線の影響で、九州南部では局地的に雨雲が発達し、鹿児島県の甑島では「50年に一度の記録的な大雨」となっています。
鹿児島県では断続的に活発な雨雲がかかり、薩摩川内市中甑では午後8時15分までの1時間に35.5ミリの激しい雨を観測しました。

4日にかけて土砂災害に厳重に警戒
九州では、4日(土)夕方までに多い所で1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る見込みです。また、鹿児島県や宮崎県には土砂災害警戒情報が発表されています。引き続き土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

夏至の御神事

2020.06.22.16:00

新暦6月22日(旧暦5月2日 ひのえ 申 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸、比嘉りかです。

昨日、夏至の日に、護摩焚きの儀をおこないました。
皆様からおよせいただいております、全国各地の聖水を使用いたしまして、世の中の祓い浄めの祈りをいたしました。
コロナ感染症の終息はもとより、近隣諸国との関係悪化による戦争の回避や世界の大国における圧力の掛け合いなどからの戦争回避の祈祷をいたしました。
また、コロナ禍における地震や火山噴火などが重なり避難生活を余儀なくされるような複合災害が起きることが無いようにという事を願い祈り、祈祷をいたしました。
当日は、沖縄に古くから伝わる空手の型にて、祓い浄めをおこなっていただき、聖地に設置しました祭壇と、その前に据え置きました囲炉裏にて、護摩焚きの儀式を執り行いました。

御神事における啓示ですが、日本国内における災害は、回避することが出来るようでございますが、その分、諸外国においての分散分割となる内容を受け取りました。環太平洋において、東南アジアやオセアニアにて分散の受け持ちがおこなわれました。
また、場合によっては、中央・南アメリカ、シベリア、アラスカ辺りで大きく受け持ってもらう可能性があるという事を教えられました。

今後とも、戦争回避、厄災回避の祈り、御神事を継続してまいります。

比嘉良丸
比嘉りか


夏至の様子
祭壇(写真)
6月21日 夏至

祓い浄めの空手演武(動画)
6月21日 夏至御神事 空手演武

護摩焚きの様子(動画)
20200621 夏至御神事 護摩焚き
※今年の事件事故や火山の名前などを一つひとつ奏上し、厄災回避の祈りをおこないました。
その為、5時間位かかっております。動画はその一部となります。

現在の御神事について

2020.06.16.12:45

新暦6月16日(旧暦 閏4月25日 かのえ 寅 仏滅)

いつも真心のお力添え、ありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸、比嘉りかです。

これ迄に、自然災害、並びに、熱中症や感染病、及び、政治経済等の厄災に対して幾度も幾度もお伝えしていますが、やはり、本州に入り、現場で直接祈り御神事をおこなうと感じてくるのは、大変危機的状況にあるという事です。

それらの現状を少しでも改善回避する為、昨日は埼玉県での祈り御神事となりました。内容は、全国の空港、新幹線駅、利用者の多い駅、人が集まる場所等において、感染症の拡大を抑え、1日も早く治ること願い御神事を行いました。
その後、夜になりましたが、筑波山の麓で祈りをおこない、自然災害の回避、縮小を含め、埼玉と同様の内容で願い祈り、御神事をいたしました。
今日私達夫婦は、引き続き茨城県の東海第二原発、大洗を祈ります。そして、千葉県の犬吠埼、九十九里浜、野島岬迄の御神事を行います。
世の中の混乱が一日も早く終息し、安心して暮らしてゆくことの出来る状況となるよう、 願い祈り御神事をおこなってまいります。

比嘉良丸
比嘉りか

6月15日 埼玉・川越にて祈りの際に伝えられた御言葉

遠き地において 現代の世は難しく
せせこましく 複雑であり 混沌としている
次に迎える世代は 簡単にそして平穏であって欲しいものである
何を望み これまで歩んできたのか
ここまで来た軌跡は 大変重要であるが
今 その道から学び 繰り返す事の無いように
努める事が 大切な時期であろう
多種多様な改善があるが
簡単に済むものもあれば 複雑な物事もありはする
そこに向かう焦点を見失ってはいけない
あちらこちらと目移りする事や損得等を考え始めてしまうと
事は 複雑化してゆく
焦点はずらさない事 そして 見失わない事
一致団結している者達は
目的とする焦点を共に成し遂げる為に来ているのであろう
そこに利害や損得というものは 甚だおかしな話である
人間は 闇に潜むその思いから脱却しなければ
いつまでたっても 腹の探り合いにしかならない
腹の探り合いと損得で動き続ける限り
変わらぬ日常 時代が繰り返されてゆく

現在の御神事について

2020.06.15.08:00

新暦6月15日(旧暦 閏4月24日 つちのと 丑 先負)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸、比嘉りかです。

13日、沖縄から東京羽田空港にはいりまして、レンタカーを借り、早速、東京湾アクアラインの海ほたるへ向かい、御神事をおこないました。
ここでの祈りの内容は、関東圏の自然災害に関してです。
近年の地震として茨城北部、南部、茨城沖、千葉県北部、北西部、北東部、千葉県沖、千葉県東方沖、東京湾、神奈川県東部、西部、伊豆諸島、静岡東部や福島、宮城、岩手、青森沖。群馬、長野、岐阜、山梨、富士五湖など関東圏、並びに、その近郊で頻繁に発生しております。これらの地震の影響は、中央構造線の太平洋側の最終地点 柏崎千葉構造線や相模トラフ、伊豆小笠原海溝、日本海溝の重なる三重会合点を刺激すると共に、関東にある活断層や長野盆地西縁断層帯、三浦半島断層帯

関東の活断層
※関東の活断層
画像をクリックすると少し大きくなります

1:関谷断層
2:内ノ籠断層
3:片品川左岸断層
4:大久保断層
5:太田断層
6:長野盆地西縁断層帯
7-1:深谷断層帯
7-2:綾瀬川断層
8:越生断層
9:立川断層帯
10:鴨川低地断層帯
11:三浦半島断層群
12:伊勢原断層
13-1:塩沢断層帯
13-2:平山-松田北断層帯
13-3:国府津-松田断層帯
14:曽根丘陵断層帯
15:富士川河口断層帯
16:身延断層
17:北伊豆断層帯
18:伊東沖断層
19:稲取断層帯
20:石廊崎断層
21:糸魚川-静岡構造線断層帯

20200614 資料 ブログ掲載 関東近郊火山 自作資料4
※関東と近郊の火山リスト
画像をクリックすると少し大きくなります


関東中部地方内にある火山やカルデラ等を刺激してゆきます。その為、これらのプレートや構造線や活断層、火山カルデラが大きく動く事が無いように意識して、小難無難、分散分割祈り儀式をおこないました。翌日6月14日は、引き続いての地震や火山といった自然災害の回避と共に、河川、湖、ダムなどを含めた水害の回避、熱中症の縮小、コロナの拡大阻止と消滅の祈りをおこない、更に、政治経済の安定を祈り、特に経済に関しての祈りを重点的におこないました。
昨日にて、東京の儀式を一旦終えまして、明日より埼玉、千葉、神奈川と祈りをおこないます。回る各地で、先程の自然界の地震や津波、火山、洪水、熱中症、コロナ感染の終息、消滅の祈りと経済、政治の安定の祈りを基本としておこないまして、その都度、その地域で気になったことを祈りの中に追加して、より良い状況へと転ずるように願い、儀式をおこなってまいります。18日に再度、東京に戻りまして、もう一度祈りをおこない、沖縄に戻ります。
沖縄に戻った後、21日の夏至の日に、日本列島、北海道から本州、四国、九州、沖縄までに対して、全ての厄災、災いを回避、浄化する為の儀式として護摩焚きの儀式を執り行います。その後、22日か23日に、この大地の浄め、そして、大地に至福をもたらす為の火と水の儀式をおこないます。

比嘉良丸
比嘉りか

*海ほたるの祈りにて伝えられた御言葉
大地は 分散分割し続けている
次第に それは 大きな動きに変化してくるであろうが
基本的には 極力動くことが無いように努めている
ただ これも更なる協力があってこその事
誰も 彼もが 自分の思うように動いていては
埒があかない
それよりも 重大な事に進んでいってしまう
その為 更なる結束を固める為に
より一層の連動となるよう
大きな動きではなく 
細かい連動によって 事態を回避してゆくことが出来るように
努めてゆく
ただ 気を抜くな
気を付け続けてゆかないと
思わぬ連鎖 余波が訪れ
共倒れになってしまう
気を付けて進みゆけ


*14日の祈りの際に伝えられた御言葉
互いが 互いを支え合い
導き 共に進んでゆく
人のそれと 似ているようであるが
内容は全く違っている
相手の肩代わりをすることもある
相手が肩代わりしてくれることもある
そうやって 自らの力を抜きながらも
他地域における力の加減を調整している
地域的には 大きく動く海原もある
しかし 教訓を活かして
次なる対策に 知恵を活かしてゆけ


*国内の地震
2020年6月14日 22時33分ごろ 宮城県沖 M3.8 "震源深さ 50km" 最大震度1
2020年6月14日 5時19分ごろ 与那国島近海 M5.5 "震源深さ 60km" 最大震度2
2020年6月14日 0時52分ごろ "震度3(鹿児島県十島村 
・鹿児島県奄美南部)" … 震源深さ… 最大震度3
2020年6月14日 0時51分ごろ 奄美大島北西沖 M6.3 "震源深さ 160km" 最大震度4

海外の地震

2020年06月14日06:08 マリアナ諸島 M6.2 震源深さ614.7km

参考資料
下記タイトルをクリックすると参考資料に移動します
14日(日)に奄美大島北西沖でM6.3の深発地震が発生

西之島で噴火 気象衛星も噴煙を捉える

*コロナ状況
コロナ状況6月15日掲載分
クリックすると少し大きくなります

参考資料
タイトルをクリックすると参考資料に移動します
世界で船員数十万人、上陸できず 新型コロナで渡航制限

コロナ生還の男性に1億2000万円の請求書、米国

東京都で新たに47人感染 「夜の街」の同じ店で18人

現在の状況と御神事について

2020.06.12.10:00

新暦6月12日(旧暦 閏4月21日 ひのえ 戌 赤口)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸です。

近状と啓示についてお伝えいたします。
当初の計画として6月8日に本土に上がる予定でチケットも購入し計画を立て、進めておりましたが、6月5日から全身の痙攣や攣り、挙句に内臓まで痙攣をおこす状況がおき、8日の出発は断念しまして、改めて10日にチケットを延長し、そこに向けて準備しておりましたが、やはりどうしても体調が万全とならず、出発日を延長しております。当初、松葉杖をつかないと歩行が出来ない状況でございましたが、ストレッチ、マッサージをおこない病院からの薬なども使用しまして、今は、松葉杖をつかずに、自力で歩くようにはなりました。まだ少し階段の昇り降りやトイレや椅子などでの座った状態から立ち上がるといった際に、突然攣ったりする状況が続いておりまして、一旦は、10日を変更して12日にしましたが、それでも、どうしても本調子にならず、また変更しました。ただ、それ以上遅れるとその後の夏至に沖縄での御神事に間に合わなくなることと、今後、日本列島を車で単独で回りながら儀式をおこなえるか見極めがある為、13日(土)に本土へ上がる予定にしております。

沖縄においての御神事、儀式については、感染症の縮小とこの時期に複合災害とならないように地震や噴火の分散分割や回避、経済の復興、安定の内容をおこなっております。
今年に入りお伝えした内容で、WHOの対応では世界に感染症が広がってしまうという事をお伝えした事があります。それは、感染症を甘くみた結果の広がりであると啓示がありました。神々からは、手出し無用という事を当初言われておりましたこともあり、この事も伝える事を止められておりましたが、何とか流れが変化して欲しいという思いもあり、お伝えいたしました。しかし、実際に、世界中で感染者数は、累計で700万人を超え、死者は40万人を超え、感染の広がりは201を超える国々地域に広がっているという状況があります。
教えられていた啓示では、これも何度かお伝えしておりますが、第一回目の広がり、警鐘の段階では、世界中で30万から50万の命が失われるだろうと言われ、感染者数は言われませんでした。そして、そのような状態に至っても今の人間の愚かさ、地球という星と共に 共存する意識、地球を守り、全ての生きとし生ける命と共に共存するという心が芽生えなければ、少しでも気づきが起きなければ第二段階目に入ると言われていました。
(この神々の言う第一段階、第二段階というのは、ニュース等で言われている第二波とは異なる内容と理解していただきたいです)気づきが無いままと判断され、自然界が次におこなう第二段階目は、警告という段階となり、この状態になれば地球の人口の20%から30%の人々、約14憶から21億人を超える人々が亡くなると教えられました。それでも、気づきがないと自然界に判断された場合、第三段階目に行く。これは、完全なる排除となる。排除として全人口の70%から80%の人間を排除するという事を教えられました。排除といっても、地上に20%から30%の人類を残し、人類が作り上げた地球上に害を及ぼす物、放射能や汚染物質、化学兵器や核兵器をといった汚物を排除させるために残すというものでした。更に、それでも気づかなければ、遺伝子が突然変異した人間が生まれ、今の人類とは異なる種となると言われました。この新しい人類に関していえることは、今までの人類とは、姿、形、繁殖、知能等、様々な面で、特に、姿形、繁殖の面で、大きく異なってくる形になると伝えられております。そのような状態に一気になるのではなく、突然変異の形が定着するまで、 5世代から6世代位の時間をかけて確実に形が変わると教えられております。正直、あまりお話したくない内容という事もあり、今は、控えさせていただきます。
ですが、そのような状態になってしまっては、御神事をおこなっている意味もありません。啓示は、警鐘であり、警告です。このまま進めば、このような状態に陥るという事を事前に教えられており、そうならない為の行動をすることで、回避が出来る事を示唆されています。とにかく、そのような状態に至らないように全力を尽くし、その負なる流れを阻止、回避、改善をしてゆくよう、全身全霊で御神事を努めてまいります。
皆様におかれましては、日々の祈りの中で教えられている御言葉にもありますが、地球環境の事や生物、生命、命の事。身近なところでは、人間の生活が自然に及ぼす影響等を知る事から始め、知った上で、自分自身が行える事から、改善をしてゆく。団体の設立や大きな事を突然行おうとするのではなく、自らがおこなえる事から、徐々に行動や活動の範囲や質を上げてゆくことだと思います。地球、生命、命に人間がどのように寄り添えるのか。今、そこを試されているのだとも思っております。

感染症の啓示と共に、常に言われてきた啓示でこちらも何度もお伝えしておりますが、日本列島の大地殻変動の動きによる、超巨大地震や破局的噴火と、その前震や前噴火となる超巨大地震や超巨大噴火。地殻変動を突き動かしてしまう前震や連鎖連動の前震、それらの前震を抑える為の地震、噴火は、まだ教えられ続けています。大地殻変動へと繋がる地震や噴火を回避する為の噴火や地震も、回避しようとしている規模が巨大な為、その力抜き、分散であるにも関わらず、M7から8、場合によってはM9というとてつもない地震災害になると教えられ、私としては、それらを抑えるのに毎日必死です。ただ、大きな被害にならないようにと回避するために分散分割、小難無難の地震や噴火が、自然界の流れに反しているという状況があるのも事実です。
今年に入ってからでも構いません。発生した地震、震度1から発生した場所を全部見てゆくとわかりますが、その多くが、フィリピンプレート、北米プレート、ユーラシアプレート、太平洋プレートの4大プレート同士が重なる地域や、これらのプレートに関連する琉球海溝、南海トラフ、伊豆七小笠原海溝、日本海溝、千島海溝。沖縄トラフ、駿河トラフ、相模トラフ、日本海にある海底地形。そして、北から千島火山帯、那須火山帯、鳥海火山帯、白山火山帯、霧島火山帯、富士火山帯、乗鞍火山帯といった、大陸の重なり合い、沈み込み、海嶺や地球内部からの浮き上がりといった地域で多くの地震が起きております。それらは 全て関連があります。日本列島には、北は北海道から本州、四国、九州、沖縄、琉球、先島諸島、台湾に至るまでの地域に、数多くの構造線や活断層があります。また、一か所の巨大カルデアが噴火する事で日本列島が消滅してしまう場所が複数個所存在しますし、小さな地震も場所によっては、大きな地震の引き金になりかねない、日本列島で超巨大地震の連鎖連動に繋がるという場所が山ほどあります。
数十年、常にバランスを見ながら、大地震にならないように仕組みを作り、力抜きをし、大きな地殻変動を少しでも緩やかにするために、常に儀式をおこなっております。特に今世紀にはいり、大地殻変動の啓示が伝えられ、日々緊張の中にあります。
そのような時期に、昨年、中国から感染症が始まり、あっという間に世界に広がり、日本も今年の1月から本格的に広がり始め、現在、日本だけでもかなりの数の方が感染しています。

6月11日 午前0時00分の段階では、
累計感染者数 17297名(前日より+42名)
累計死亡者:922名(前日より+0)
累計退院者数:15507(前日比+109)
現在の患者数:868(-67)


感染症が、世界に広がるにつれ世界の経済が混乱し、日本国内も経済が混乱しております。
今のところ、少し落ち着いたように見えますが、感染が再び広がる、第二波や、神々の言うところの第二段階へと入ってしまうと、経済の破綻、崩壊に進み、国の崩壊になりかねない状況すらあります。神々には止められておりましたが、これから先の事も考え、一連の流れにならないように、負の流れを回避するために、5月から本格的に回避の儀式を開始いたしました。儀式の中では、まず、自然災害回避、地震や津波、火山性地震や火山の噴火といった事柄を回避するようにしました。そして、沖縄は、5月から梅雨に入りました。本州も次第に梅雨入りとなりますが、梅雨前線による大雨洪水やその後の台風による大水害の回避。ここ数年、大水害が発生し続けています。更には、これから本格的になる熱中症。6月1日から7日までで、熱中症で搬送された人が1194人、内死亡者が2人と言われております。これから夏にかけて、梅雨前線や台風が大雨を降らした後に晴れると、猛暑となり、熱中症になりやすくなります。本格的な夏になれば、更にその数が格段に上がります。
今、意識を集中して、回避の御神事をおこなっておりますのは、感染症の状況下による災害の発生と避難生活に陥る事です。感染症の状況下においての地震の被害による、救助、支援活動の困難。多くの人が被災し、過密な状況での避難生活からくる精神的な面からの免疫力の低下や肉体的な体力の低下による免疫力の低下からの感染拡大。このような状況は、水害も、地震も噴火も自然災害全般に当てはまる事です。被災による避難生活、救助活動、支援活動という必要な事が、新型ウィルスの感染を広げる状況になってしまいます。季節によっては、熱中症も体力低下、免疫力の低下となり、感染拡大の要因として例外ではありません。
繰り返しのお伝えとなっておりますが、こういった状況に陥らないように、意識を広げ、集中し、小難無難、回避の儀式を行っております。 

このような日々の儀式の中、当初の予定の6月8日に上がるには、体力的にどうしても難しく、啓示的な事からも、6月13日には確実に本州、関東に入り、最低でも東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県は、小難無難、厄災回避の儀式を行いたいと思っております。希望としては、本来なら出来れば茨城、栃木、群馬、山梨、静岡の一部までは、おこないたいとおもっておりますが、現状を考えると先ほど言った、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県にて、御神事、儀式をおこなうこととなると思っております。内容としては、自然災害回避。そこには、地震、津波、火山性地震、火山の噴火、台風、梅雨前線による大雨、洪水、土砂崩れといった全ての内容の回避、分散分割、小難無難です。伝えられている啓示や私自身が想定出来る内容の全てに対して儀式をおこなうつもりでおります。
これまで、沖縄でおこなってきました、感染症の拡散を抑え、確実に縮小してゆく儀式とそれに伴う政治経済の安定、特に経済の安定の儀式を日本の中心の関東、東京を中心におこない、結び繋ぎとしまして、より一層の守護と良い流れへの導きを願いいたします。
しっかりとおこないました後に、その後の儀式をどのように進めてゆくか、再度、神々と相談し計画を立ててゆこうと思っております。
ここで、神々というところを少し説明をさせていただきます。
今回、感染症に対する祈りを控えるように伝えてきたのは、私共のミロク殿本宮の七主祭神の神々様ではありません。主祭の四柱の神々様は、宇宙創生陰陽母大神様、宇宙創生陰陽父大神様、宇宙創生陰陽結大神様、宇宙創成核大神様です。母神、父神達で、生み出し、作り出し、全てを調和和合統合するという働きがあり、結大神様は、全ての対極を結ぶという 役割をなされます。核大神様は、地球そのものの命の根源、宇宙そのもの、太陽系そのものの命の根源、すべての自然界、生きとし生けるすべての生命に対する命の根源、元の仕組みを担う神様になります。この主祭四柱の神々に使われ、地球の仕組み、生きとし生ける全ての命、生命を護り、その仕組みの循環を護る、天地艮大神様、輪廻転生の仕組みを司る、天地ミロク大神様、そして、人間だけでなく生きとし生ける生命の子孫を次につなぎゆく、天地夫婦大神様といった七柱の神々様がおります。
この神々様が、新型ウィルスの感染症の終息を願う儀式を控えるようにと言っているのではなく、この地球に存在する自然界を司る神様や自然界の生きとし生けるすべての生命 命を護る精霊達や守護する存在達が、このままでは地球という星が、消えてなくなる。このままでは、全ての生きとし生ける物が絶滅し、地球という母なる星すら消えてしまう。地球上での子孫繁栄の道、輪廻転生の道が無くなる。地球が無くなるという事は、全ての神、自然界を司る神々、精霊や守護する霊の御霊達といった存在が、無になる状況に陥る。その為に、人間に気づきをという事で、感染症という方法で知らせようとしています。このような方法をとるまでの長い年月の中、別な方法で人間へ伝え導こうとしておりましたが、現段階で、地球という星が、自分の力で自然を再生する能力を失いつつあり、更に悪化させてしまうと地球は滅びに進む一方という事から、人間に強制的にでも気づきを与えると言っております。自然界の神々や様々な存在は、確実に人間に気づきを与える。それでもわからなければ、排除する。それでも出来なければ、先程もお伝えしましたが、人間自体、人類自体のDNAを突然変異させ、変えてしまうという事を言っており、こういった存在達とのやり取りも行いながらの日々の儀式、祈りとなっております。

とにかく、何とか13日には、確実に本州、関東に上がり、沖縄との結びとして儀式を行いまして、繋げてゆきたいと思っております。
皆様におかれましては、予防と防災を心掛けていただけますよう、心よりお願い致します。
私共も、大災害、複合災害にならないように努めてまいります。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました 

比嘉良丸
比嘉りか

5月19日の日々の祈りの際に伝えられました御言葉
目の前の全てのものが 命の塊である
動こうと 動かまいと
命の欠片の集まりであり 形を成している
人は その命達に何が出来るか
粗末にするのか 大切にするのか
それら命の欠片は すべて地球の欠片でもある
どのような形であったとしても
全ては 地球の恩恵において存在しており
その形を成している
動物であろうと 植物であろうと
地球の恩恵から与えられし 地球の欠片 命の欠片である
たとえ人間が作ったものであったとしても
素は 地球からのもの
知恵の導き 技術の導きは 地球があってこそのこと
自分たちが 何に支えられているのか
忘れてはいけない
足元を見失った時
人は 自らの着地点を失ってゆき
漂流し 帰る所を失ってしまう


*以上*

*国内の地震
2020年6月12日 4時36分ごろ 長野県中部 M3.5 "震源深さ 10km" 最大震度3
2020年6月12日 2時09分ごろ 根室半島南東沖 M4 "震源深さ 60km" 最大震度2
2020年6月12日 1時20分ごろ 富山県東部 M2.9 "震源深さ 10km" 最大震度1

2020年6月11日 13時00分ごろ 岩手県沖 M3.4 "震源深さ 40km" 最大震度1
2020年6月11日 8時03分ごろ 長野県中部 M3 "震源深さ ごく浅い" 最大震度1
2020年6月11日 0時19分ごろ 鳥取県中部 M2.7 "震源深さ 10km" 最大震度1

*海外の地震
2020年06月10日13:29   フィジー M5.9 震源深さ548.1km
2020年06月10日02:18   イラン M5.7 震源深さ10km

*コロナの状況
コロナ状況6月12日掲載

*参考資料
※タイトルをクリックすると参考資料へと移動します
病院での集団感染102件発生 医療関係者の感染は500人超

インド首都、医療崩壊の危機 7月末までに感染者17倍の恐れ 責任回避の中央政府

村八分や離縁も…根強い新型コロナへの偏見 アフリカ



日々の祈りの際に伝えられた御言葉

2020.06.10.10:00

新暦6月10日(旧暦 閏4月19日 申 先負 仏滅)
(※昨日の十干干が、巳ではなく、未でした大変申し訳ございませんでした)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮、比嘉良丸、比嘉りかです。

本日も、引き続いての感染症の終息と共に、気温上昇による熱中症拡大の回避の祈り、経済の安定の祈りをおこない、一日も早い衣食住の安定、安心して生活してゆける世の中となるように願い祈りいたします。厄災がこれ以上広がらないように御神事をおこないます。

本日は、日々の祈りの中で伝えられました御言葉をお伝えいたします。

重ねまして本日は、中継放送での祈り合わせの日ではございますが、諸事情により放送をお休みさせていただきます。何卒ご了承くださいませ。


比嘉良丸
比嘉りか

5月17日の祈り中で伝えられた御言葉

想いもよらぬ速度で物事は変化する
ずっと変わらないと思っていると
足元をすくわれる 形になる
変化にはついてゆけるように
柔軟な心構え 意識を持っておくこと
それには 備えという物も一つに入る
人は 突然のことに早急に対応することが難しいが
目の前の事だけにとらわれず
物事を深くまで考えるように心がけてゆければ
対応の変化を変えてゆくことも可能となる
もちろん全ての者が うまく出来る事ではないことも
充分承知している
だが 多くの者が 日常の中で 無意識のうちに
先を考え 準備し行動することが出来ているはずでもある
少しばかりのその応用をすること
固定され続けてきた物事に対して
少しずつの良い変化をつけてゆく
変化の時間を これから進む


*以上*

*国内の地震
2020年6月10日 0時22分ごろ 土佐湾 M4.6 "最大震度 20km" 最大震度4
2020年6月10日 0時15分ごろ 沖縄本島近海 M3.2 "最大震度 40km" 最大震度1

2020年6月9日 23時44分ごろ 釧路沖 M3.8 "最大震度 80km" 最大震度1
020年6月9日 19時30分ごろ 静岡県中部 M2.5 "震源深さ 30km" 最大震度1
2020年6月9日 13時43分ごろ 鳥取県中部 M3.4 "源深さ 10km" 最大震度2
2020年6月9日 7時54分ごろ 日向灘 M2.5 "源深さ 10km" 最大震度1

*海外の地震
マグニチュード5以上の地震は観測されていません。

参考記事
・高知県で震度4の地震 土佐湾が震源 津波の心配なし
https://news.yahoo.co.jp/articles/dba8b03af4d789e585e53a3e72c89aefa74cc546

・地震の前兆? 神奈川・三浦半島で原因不明の異臭騒ぎ 専門家「プレートが跳ね上がると岩をすり潰すようなにおいも」
https://news.yahoo.co.jp/articles/8cd939513897e8c63a43a7510fbdab23b63893a7


*コロナ状況
コロナ状況6月9日(10日掲載)
ダイヤモンド・プリンセス号※712(0) /13(0)
コスタ・アトランチカ号 ※148(0/0(0)
https://newsdigest.jp/pages/coronavirus/

新型コロナ、中国での流行開始は昨年8月の可能性=ハーバード大
https://news.yahoo.co.jp/articles/3bb887fe307257ac77000b4ac97439396cdb0c41

コロナ、非正規解雇5千人に迫る 1週間で倍増、厚労省
https://news.yahoo.co.jp/articles/6fc919f48b3cac0c2dddedac4b7fea024162da7b

札幌「昼カラ」集団感染 名指しで「悪者」困惑
https://news.yahoo.co.jp/articles/7a818df09cb5e79bd502ba80b07f3984d18861fa?page=2

日々の祈りの際に伝えられた御言葉

2020.06.09.09:30

新暦6月9日(旧暦 閏4月18日 みずのと 巳 先負)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮、比嘉良丸、比嘉りかです。

本日も、引き続いての感染症の終息と共に、大雨、豪雨による水害の回避、気温上昇による熱中症拡大の回避の祈りをおこない、二重三重の厄災発生とならないように御神事をおこないます。

掲載内容は、昨日行いました中継での祈り合わせの中で伝えられました御言葉をお伝えいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

*6月8日の祈りの趣旨
本日も引き続き 新型感染症がこれ以上拡大することがありませんようにお願い致します
人々の精神 心が 闇に呑み込まれることがないように 救いの道を指し示し お助け下さりますようお願い致します
毎日 人の命を救い続けている医療現場の方々に於いては 一日の中で 自らの行動に対しての充実感 やりがいの意識が持てる時間が 瞬間がありますように
緊張から解き放たれ 安らぎと安堵の時間を持つことが出来 明日 再び現場へと赴く気力が湧きますように お支え お導き お守り下さりますようお願い致します
病に倒れている人は 今受けている治療が功を奏し 一日も早く回復し 再びの元気な姿を取り戻すことが出来るように
病に冒され この世を去りし人々に於いては 神々様の御前へと 留まることなく
安らぎの時間の中へと 進みゆくことが出来ますように お導き お救い下さりますようお願い致します
また この感染症の影響により 経済が滞り 倒産や失業する方々が 数多く増えてまいります
どうか 生き残る道 再出発の道 継続の道が切り拓かれ 一人ひとりの衣食住が確保され 決して命を落とすことがありませんようにお守り下さい
希望の道 未来の道を指し示しいただきまして どうかお救い下さりますようお願い致します
そして今 世界に アメリカで起きた 黒人の男性が警察からの行き過ぎた対応により 命を落とされたことに対して 各地にてデモが広がっております
年齢 性別 宗教 人種 肌の色を超えて 人が互いを尊重し 支え合い 助け合い
共にこの星に住む住人として 差別や偏見なく生きゆく日々を 過ごしゆくことが出来るように より善い道を指し示し お助け下さりますようお願い致します
そして これらの出来事から 人々が 世の中や環境 地球 生命 命へ改めて関心を持ち
今後これからの生活や社会 世の中を 人間を含む生命 命 そして地球との共存の道へと 進みゆくことが出来ますように
一人ひとりに分かる形にて 知恵 知識 そして気付き 促しを 心よりお願い申し上げます
皆で創る より善い地球を成し遂げるために 地球を守る 地球人となりゆくために
全ての事柄が 善い展開へと結びゆくことが出来るよう どうか一人ひとりに分かる形にて その道筋を指し示し下さりますよう 何卒心より 願い祈り申し上げます


*祈りの際に伝えられました御言葉*
世の中が 諍い 戦 争いが無くなれば 
どれだけ平穏な日々が 過ごし 暮らしてゆくことが出来るであろうか
人々の心は 彷徨いやすく また 刺激を求めやすい
しかし 本当に 刺激が無ければ 生きてゆくことが出来ないのであろうか
迷い悩むことは 人々にとって 成長でもありゆく
自らを見つめ直し 考えを改めることもまた 一つの成長でもありゆこう
問題となっていることは 溢れかえってくる
解決の糸口は そう簡単には見つからない
しかし 皆で 頭を突き合わせ 考えあぐね
そして 解決へと導きゆくことこそ 善き流れへの展開の一歩となりゆく
継続してゆく中に於いて 最初に考えた事柄が すべて完璧な訳ではない
改善と修繕を繰り返しながら 更に善き状態へと 繋ぎ続けてゆくことこそが
その継続こそが 難しいのである
そして 人々は 様々な物事に対し 注意深く見つめ
そして 時折 改善を 行いゆかなければならぬのである
出来たらそれが 継続し続けゆくことが 望ましい状態ではない
更に善い状態へとなるように
更に進化発展を遂げ続けてゆくことこそが 大切なのである
それに 戦 争い それは 必要ではない
人が考え そして行動することが 大切なことである
皆で創ってゆく世の中である
皆で創ってゆく星である
人間だけではない
この星に生きているのは 生きとし生ける全ての命のことを考え
救い続けてほしい
守り続けてほしい
助け続けてほしい
そしてこの世が 平安で 安定した 満たされた世となるように
地上の楽園となるよう 楽園の星となるように 務め上げてほしいのである
余が願っていることは そのことに他ならない
善き流れへの展開は 更なる進化発展へと 繋がってゆくことになる
善い世の中は 皆で創り上げてゆくもの
一人ひとりが 真剣に 己のこととして受け止め考え 
改善を求め続けゆくことこそが 善き流れへの出発点となりゆく

*以上*
*祈り合わせの動画*
日々の祈り

*国内の地震
2020年6月8日 18時36分ごろ 薩摩半島西方沖 M2.8 "震源深さ 10km" 最大震度2
2020年6月8日 0時17分ごろ 茨城県南部 M3.4 "震源深さ 50km" 最大震度2

*海外の地震(マグニチュード5以上)
マグニチュード5以上の地震は観測されていません。

参考記事(自然災害)
6日の関東北部突風は「ダウンバースト」か 気象庁
https://news.yahoo.co.jp/articles/d9305728d522646c936bfff386cec471eef4afeb

中国・桂林が水没 大雨で河川氾濫 被災者70万人
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200608-00000044-ann-int

ノルウェーで大規模な地滑り、住宅など8戸が海へ押し流される
https://news.yahoo.co.jp/articles/51c68d5feaa1afca73bb59d4ab21dfd75f19f1f2

香港の空港付近で竜巻発生 雷雨の影響で
https://news.yahoo.co.jp/articles/af0919941066783c8a5f90dab741e23be831b0db


*コロナ状況
コロナ状況6月8日

ダイヤモンド・プリンセス号※712(0) /13(0)
コスタ・アトランチカ号 ※148(0/0(0)
https://newsdigest.jp/pages/coronavirus/

世界の感染者700万人超す 新型コロナ増、ペース加速
【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると・・・
https://news.yahoo.co.jp/articles/212ca6675142c294d6846ea86ddd80e266960070

目標は患者数ゼロではなく、大流行させないこと
https://news.yahoo.co.jp/byline/takayamayoshihiro/20200608-00182383/

日々の祈りの際に伝えられた御言葉

2020.06.08.10:00

新暦6月8日(旧暦 閏4月17日 みずのえ 午 友引)

いつも真心のお力添えありがとうございます。
大国ミロク殿本宮の比嘉良丸、比嘉りかです。

本日は、引き続きの感染症終息の祈りと共に、水害回避の願い祈りをおこなっております。

日々の祈りの中で、伝えられました御言葉をお伝えいたします。

比嘉良丸
比嘉りか

*5月16日の祈りの際に伝えられた御言葉*

続く未来をどのように思っているのか
今までの継続か それとも変化 進化か
確かに物事を動かすことは 容易ではない
忍耐も 努力も必要な事であろう
より良い状態になるために
なにがしかの行動は必要な事
そして 思いと行動は繋がっており
思いは 行動の原動力でもある
行動し続ける事は 物事を動かす
そこにも思いの継続が必要になる
今の時代に合わせた瞬間的な変化を望むことは難しい
これまでの流れを変えてゆくのには
時間が必要になる
だが 知って欲しい
今の状況も 様々な思いがあり今に至っている
未来においても 様々な思いが寄せ集まってつくられてゆく
思考 行動の変化が 未来を変えてゆく

*以上*

国内の地震
2020年6月8日 0時17分ごろ 茨城県南部 M3.4 "震源深さ 50km" 最大震度2
2020年6月7日 21時44分ごろ 茨城県沖 M3.8 震源深さ30km 最大震度2
2020年6月7日 10時47分ごろ 茨城県南部 M2.9 "震源深さ 40km" 最大震度1
2020年6月7日 9時26分ごろ 千葉県東方沖 M3.5 震源深さ50km 最大震度1

・原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か
https://news.yahoo.co.jp/articles/dc893c490c1cfd7c41aa1e13b49b8e61d9031121

・桜島で連続噴火が継続
https://news.yahoo.co.jp/articles/e288d22e61f664eaee43e83677694d53d42c3753

・山形県沖地震から1年 村上市 避難誘導灯 整備へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/f56124b6baee7370719e74e834ef33090dfa7a48

*海外の地震(マグニチュード5以上)
マグニチュード5以上の地震は観測されていません。

*コロナ感染症状況

コロナ状況

ダイヤモンド・プリンセス号※712(0) /13(0)
コスタ・アトランチカ号 ※148(0/0(0)
https://newsdigest.jp/pages/coronavirus/

3カ月ぶりに死者ゼロ、感染は全国で39人 新型コロナ
https://news.yahoo.co.jp/articles/bd1c68359d562a7a9808ff2edbd03dc8bc6160ee

中国、コロナ対策正当化へ白書 「汚名着せるな」米けん制
https://news.yahoo.co.jp/articles/7a799857b3edb91c07420ffa14e01037c7c23d96

ブラジル、累計死者数など公表取りやめ 感染拡大隠しか
https://news.yahoo.co.jp/articles/8acf3ece2245c235097c72c46a62549b8f797c9b







情報サイトリンク

◆地震情報《気象庁》
◆火山情報《気象庁》
◆台風情報《気象庁》
◆警報・注意報《気象庁》
◆海外の地震情報《JIS》
◆マーケット情報《ロイター》

資料
御神事における参考資料を掲載
イベントのお知らせ
セレモニーバナー
最近の記事
関連サイト
検索フォーム
年別アーカイブ
携帯用QRコード
QR